横浜港を彩るレストランクルーズ船! ロイヤルウイングの独自戦略

「もの」から「こと」へ。体験型消費の先駆者が語るサービスの原点

2018年9月10日
山下埠頭や新港地区の開発、IRの誘致などウォーターフロントエリアが活況を見せている横浜港。その横浜港の顔ともいえる存在が、レストランクルーズ船の「ロイヤルウイング」です。ベイブリッジをくぐり、東京湾、横浜港を周遊する観光クルーズ、そしてレストランでの美味しい料理。「もの」から「こと」へのトレンドのなか、体験型消費を象徴する記念日やウェディングなどの「ハレの日」向けのサービスも大人気です。
山下埠頭や新港地区の開発、IR(統合型リゾート)の誘致などウォーターフロントエリアが活況を見せている横浜港。その横浜港の顔ともいえる存在が、レストランクルーズ船の「ロイヤルウイング」です。ベイブリッジをくぐり、東京湾、横浜港を周遊する観光クルーズ、そしてレストランでの美味しい料理。「もの」から「こと」へのトレンドのなか、体験型消費を象徴する記念日やウェディングなどの「ハレの日」向けのサービスも大人気です。世代を超えてお客様から支持を得ている理由は、サービス品質への絶え間ないブラッシュアップがあったからでした。「株式会社ロイヤルウイング」の中村信仁 代表取締役社長に話を聞きます。

ウォーターフロントエリアが活況を見せている横浜港。その横浜港の顔ともいえる存在が、株式会社ロイヤルウイングが運営するレストランクルーズ船の「ロイヤルウイング」だ。中村信仁さんは6年前、代表取締役社長に就任した(左から5番目が中村さん)

「もの」から「こと」へ。体験型消費の先駆者

ーー横浜では、ラグビーW杯やオリンピックといった国際的イベントが続きます。体験型消費の流れという点で、ロイヤルウイングはその先駆者ともいえますね。

「もの」から「こと」へというトレンドは、特に東日本大震災後から大きくなったように感じています。着地型観光の進展もここ3年程度の印象です。お誕生日のお祝いなどの経験型サービスを専門に扱っているギフトがあるのですが、商品としてロイヤルウイングが扱われるようになったのがやはりその頃からです。いまでは扱い量的にもかなりの数字になっています。

ーー「ハレの日」の贈り物ですね。

結婚記念日、還暦、入学などの節目でいらっしゃるお客様が多いです。そのほか、特別な機会としてはプロポーズの場として使われる方も増えています。

ーー「プロポーズプラン」は人気商品になっています。

こんなにご好評いただけるとは思っていませんでした。年間で200件にもなります。週末の最上階の貴賓席はほぼプロポーズプランで使われています。いまのお客様の特徴として、消費にメリハリをつける傾向があります。それにあわせてアニバーサリー系の高額商品を増やしています。

ーーロイヤルウイングのサービスの基本は何でしょうか?

船といっても私どもは中国料理のレストランがメインの業態です。まずは美味しいものを食べていただく。そして笑顔になっていただく。ロイヤルウイングがお客様に支持されているのは、すべての調理を船内で行っていることが大きいと思っています。

ーーネットの評判を見ていると「ロイヤルウイングの料理はこんなにも美味しいのか!」と驚きの声が多くあります。

3年前に料理長が代わったのを機にサービスのオペレーションを見直しました。食事のマネジメントを改善することで、これまでの評価をさらにアップできたと思います。

「もの」から「こと」への体験型消費の流れのなか、「プロボーズプラン」など新たなサービスを提供、世代を超えた支持を集めている

船内で暮らしてみてわかった「無駄はなくそう!」

ーー中村さんは6年前に社長に就任されました。

私が着任したのは東日本大震災の1年半後のことです。売上げが25パーセント程度も落ち込んでいる状態で、私の役割は「会社を立て直す」ことでした。

ーー再建は何から手をつけたのでしょうか。 

売上げが落ちたのは世の中の動向だから仕方がありませんが、社内外のいろんな物事が理路整然としていませんでした。話し合ってコンセンサスを作るという習慣もありませんでしたし、予約管理も手台帳でやっているような状態でした。エンターテイメントの作り方は素晴らしかったし、商売の土台はあったのですが、そこから先は見えないような状態でした。

ーー中村さんはサービス業界のご出身ですか?

いいえ、前職はまったくの畑違いです。横浜港の港湾関係企業に勤めておりました。前職の会社がロイヤルウイングを支援することになり、私はその窓口役だったんです。そんななかで社長どうしが話しあって「次の社長をお前やるか?」ということになったんです。社長になるなんて思ってもいませんでしたし、こんなに大変だとも思っていませんでした(笑)。

ーー立て直すにあたって苦労したのはどの部分ですか?

やっぱりひとです。どうやって社員のマインドを変えて新たな方向にむかっていこうかということです。過去とは違う方向に進めなければいけない。その意識づけですね。でも走りながら考えなければならない状況だったので、まずは「やってみよう!」という精神で進めました。

会社を立て直すにあたって苦労したのは「やっぱりひと」と語る中村さん。走りながら考えなければならない状況のなか、まずは「やってみよう!」という精神で進めたという

ーーそれまでの会社の常識を変えるために中村さんご自身でトライしたことがあったとか。

現場の実際を見るために一ヶ月半ほど船内で暮らしてみました。同じ制服を着て同じ釜の飯を食ってみたわけです。自分の目で見て初めてわかることがあります。そこで思ったのは「無駄はなくそう!」でした。

私自身、サラリーマンだった時に無駄なことをやるのが嫌だったので、今の部下にもそうあってほしい。「金はかかってもいいから楽をしろ」と言っています。無駄なものやことがあるということは無駄な仕事をしているということ。そんな無駄なエネルギーをもっとやりたいことに振り替えるべきなんです。

ーー改革を続けてきて、会社が変わった実感はありますか。

「普通の会社」としての業務は一通りできるようになりました。次に必要なのは、社員に複数の業務をやってもらうことです。これまではチェックインカウンターの担当はその業務を行うだけでしたが、これからはほかの業務も経験してもらおうと思っています。たとえば経理を経験することでお金の流れや手間がわかる。判断の幅が広がるわけです。今後の会社の発展を考え、社内でひとを循環させようと思っています。外からひとを連れてくるのは簡単ですが、自前の人材だからこそのジェネラリストを育てたいと考えています。

複数の視点をもつことで新しい可能性を生む

ーー「エンターテイメント レストラン船」という他にない業態です。

その特別性によって、なにもしなくてもお客様は来てくださるかもしれません。横浜という場所だから選んでくださっているのかもしれません。でもそれがおごりになってはいけない。お客様視点をもつために、社員が「ひとりのお客様」としてロイヤルウイング のレストランで食事をする機会を設けるようにしています。働いている場面と違う観点で自社の業務を見つめ直してもらいたいからです。

そのほかに一般客として他社の船や客船も体験してもらうようにしています。客船は私たちとはサービス内容が違いますが、船という共通基盤があります。そこで船員さんのホスピタリティーのあり方を感じ取ることができます。

一方、レストラン業で働いてきたひとはレストランとしてのあり方はわかるのですが、私たちは空間と時間を売る商売です。レストラン的なサービスだけだと、お客様に買っていただいている時間と空間を満たすことはできません。

ひとつの視点だけだとややもすると傲慢になってしまう。それが複数の視点をもつことで、将来的にもっといいものに発展する可能性が生まれるのです。

3年後に船を新しくする計画を立てています。そのために半年をかけていろいろな国内外の客船を見に行きました。社員も順番に行かせています。

「エンターテイメント レストラン船」の魅力をさらに高めるために、ウェディングや生演奏など様々なアイディアを具体化させてきた

ーー体験型消費というと付加価値の創造が重要です。

付加価値、つまりプラスアルファの部分を上げていく努力をしています。レストランサービスの延長でないところでの演出です。生演奏やバルーンアートはもちろん、それに続くもののアイディアを日々、練っています。大きな何かを発想するというのではなく、ちょっとした発見の積み重ねを大切にしています。

ーーどういった層のお客様がいらっしゃるのですか。

20〜50代以上の幅広い層です。平日、特にお昼はシニア層がメインで、夜はお勤め帰りのお客様が多くいらっしゃいます。全体的には30〜40代がやや多いという分布です。

うちは着席でマックス450名を入れることができます。単なる外食業態で1店舗でこんな大きな箱はなかなかありません。その数をまかなうためには、限られた層だけにテンションをかけることは避けなければなりません。プロポーズなどのハレの日プランはご提供していますが、基本的には世代をまたいで複数の層に来ていただくという方針です。

ーー乗り物といえば子どもにも人気があるでしょうね。

横浜市中区の小学校の児童を順番に招待しています。大学生、社会人になって再び来てくださる方も多く、それは本当にうれしいですね。子どもの時の記憶から、ここで働きたくてアルバイトに応募してくれる人もいます。修学旅行でうちを選んでくれる学校も増えています。

――船で食事というと敷居が高いというイメージがあります。

経験のない方にはハードルがあると思います。「ドレスコードがあるんですか?」ーー初めていらっしゃるお客様の多くがこう尋ねられます。そんなお客様にとって居心地よく過ごしていただくためには、緊張を強いるような場所にしてはいけません。広告の文言も「ハレの日」と言いすぎないようにしています。中国料理レストラン、つまりフォークとナイフではなくお箸というのも、親しみやすさにつながっていると思います。

ロイヤルウイングは中国料理のレストランがメイン。「フォークとナイフではなくお箸というのも、親しみやすさにつながっていると思います」(中村さん)

ーーリニューアルしたホームページが素晴らしい出来栄えです。

ホームページを多言語化〜日英中国韓国スペイン語〜対応にしました。ウェブ上の予約システムはASPを使っているのですが、それを自社運営に切り替える検討も進めています。自社でやると制作コストは高くなりますが、自由度が全然違いますし、一気通貫でできます。それに、同じウェブで販売するのなら可能な限り自社システムでの販売に誘導できるように努めています。

リーダーに必要なのは「ぶれない」こと

ーーロイヤルウイングは横浜ベイスターズのテレビ中継にCM出稿していますね。

テレビ神奈川さんからご提案をいただきましたので、CM出稿させていただくことにしました。これも「やってみよう!」という精神から始めました。私は野球に詳しくないのですが、それがきっかけでベイスターズの試合をみるようになりました。直接球場に観にいくこともあります。

生の真剣勝負を観て思うのは、選手間の気持ちのやりとりがすごいことです。特に抑えや中継ぎののピッチャー。ノーアウト満塁で「行け!」といわれても、私にはとても無理です(笑)。彼らの集中力はみならわなければいけないなと感じます。選手の皆さんが自分の名前を告げられる時、どれだけのものを背負ってグランドに向かうのかわかるような気がします。10回登板してそのうち1回くらい打たれても仕方ないだろ、という腹の括り方をしているように感じます。成功体験にとらわれてもいけないが、失敗にとらわれてもいけない。あきらめるときはスパッとあきらめる。そして次の場面に向かう。その気持ちは経営者としてもすごく参考になるなと思います。

ーーリーダーとしての心構えに通じるものがありそうです。

リーダーに必要なのは「ぶれない」ことです。肝心なのは「ロジックは同じにする」こと。「過ちては改むるに憚ること勿れ」です。方針は変わってもいいんです。でもロジックが変わってはいけない。入れる情報の量が多ければ別の答えが出てくることもあります。なにかにこだわって変えないというのは最悪です。そもそも人間は間違える生き物。間違えたら直せばいいんです。

リーダーに必要なのは「ぶれない」こと。「方針は変わってもいいんです。でもロジックが変わってはいけない」(中村さん)

ーーロイヤルウイングは横浜という風景のひとつです。港とずっとかかわってきた中村さんから見て、横浜の魅力とは何でしょうか?

新しいものと古いものがぎゅっと狭い空間にあるのがいい。歴史とモダンが混在してエキゾチックな感じがいいんですね。東京は広すぎます。この辺りに昔から住んでいる方は桜木町から山手までのエリアを横浜と呼ばれているように感じます。つまり港周辺が「ザ・横浜」なんでしょうね。

ロイヤルウイングの汽笛が聞こえると、「もうそんな時間なんだ」と思われる皆さんも多いとうかがいます。昔は苦情がきたらしいんですが、いまは馴染んでいるので、聞こえなかったら、「どうしたんだ」と心配される方もいらっしゃるそうで(笑)。新しい船になってもこの汽笛だけはもっていきたい。最近では電子音がスピーカから流れる方式が多いのですが、うちはずっと圧縮空気で鳴らしているんです。船が変わっても、サービスや料理はオーソドックスなスタイルを守りたいと思います。

★おすすめ記事

  • 人口400人の離島が生き残り賭ける「着地型観光」

    兵庫県南あわじ市の離島「沼島」は淡路島の南東、紀伊水道に浮かぶ周囲約9.53kmの小さな島です。かつては「沼島千軒金の島」と称えられるほど繁栄をみましたが、近年は衰退傾向にあります。そんな中、2007年沼島で始まった交流人口拡大による地域活性化の取り組み。沼島の着地型観光は確実に成果を上げつつあります。小さな島の生き残りを賭けた挑戦を追います。

  • 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    我が国のツーリズム産業は、変化すべき方向性を理解しているように見えて、その変化はなかなか進まない。本当に「旅行者一人ひとりが、自身の興味関心に基づく内容のオーダーメイド旅行を、ストレスなく予約し、ストレスなく実行できる」環境が実現するためには、商品(往復の交通、現地での観光や宿泊)サイドと、流通(「行ってみたい」と感じる→旅程作成→予約完了まで)サイドの両方が、バランスを取りながら変化し続けなければならない。構造的な変化を求められているのだ。

  • なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    日々、日本全国を歩く中、地域観光の広報プロモーションツールで目に付くのが「〇〇街道」や「おすすめ観光ルート」です。しかし、それを見て「いいね!ここ行ってみよう」と思うことはほぼ皆無です。日本の「〇〇街道」に象徴される広域連携の形成とブランド化はことごとく上手くいかないのでしょうか。今回はその処方箋を国内でも数少ない成功例に学んでみましょう。

  • 富裕層インバウンドの法則その1

    富裕層ビジネスは、日本では2000年代前半に話題の言葉でランキング1位となって以来、二極化への企業活動対応という意味からも無視できない言葉になっている。「富裕層インバウンド」という、21世紀の新型キーワードが生まれてくることは時代の必然だったと言えるだろう。

執筆者: 加藤陽之 - HANJO HANJO 編集長
コンピュータ関連の出版社からキャリアを始め、カルチャー雑誌などの編集長を歴任。これまで数多くの著名人をインタビューしてきた経験を活かし、HANJO HANJOでは中小企業経営者の深く掘り下げた話を引き出し続ける取材の日々。

インタビュー新着記事

  • 中小・小規模事業者に新たな可能性!いま注目の「スキルシェア」の必然【後編】

    シェア経済はビジネス領域だけのものではありません。それはローカルコミュニティを活性化させるインフラになる可能性を秘めています。自治体や会社が支えてきた日本の基本的な仕組みが崩壊しつつある今、「シェア」が様々な問題を解決しています。いち早くその潜在能力をシステムとして具現化したのがスキルシェアの「ココナラ」です。

    2019年3月22日

    インタビュー

  • 中小・小規模事業者に新たな可能性!いま注目の「スキルシェア」の必然【前編】

    「シェアリング経済」がようやく一般的になってきた日本。なかでもインターネット上で個人のスキルや知識を売り買いする「スキルシェア」が注目を集めています。その状況を牽引するのが、2012年のサービス開始から累計210万件の取引実績を誇る「ココナラ」です。これまで主にCtoC(個人間利用)として使われてきましたが、このところBtoB(会社やプロ間の利用)で急激に利用者数を増やしています。いまなぜココナラなのでしょうか? 

    2019年3月20日

    インタビュー

  • 地域に新しい共創を生み出す! 本業との一体型社会貢献を目指すリノベーション会社

    中小企業や小規模事業者にとって「地域」というのは非常に大切な場所です。そこで人と出会い、そこで仕事が生まれるからです。その最新形の「リビングラボ」という方法で成果をあげているリノベーション会社が横浜市にあります。「株式会社太陽住建」は、「本業との一体型社会貢献」を掲げ、地域社会にしっかりと根付くための施策を次々と打ち出してきました。

    2019年1月25日

    インタビュー

  • 教育と人材で「介護」の未来を変える! 前例なきビジネスモデルの革新者 

    超高齢社会を迎える日本。その中で「介護」の重要性は増すばかりですが、そこに携わる人材が不足していることは、皆さんもご存じの通りです。その危機的状況を打破するべく、介護業界の未来を担う人材の育成、引いては業界全体における労働環境の健全化に取り組んでいる会社があります。2008年創業の「株式会社ガネット」が運営する「日本総合福祉アカデミー」は、これまでにはない「分校」というビジネスモデルで急速にその展開数を拡大し、いま注目を集めています。

    2018年12月14日

    インタビュー

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

    2018年12月7日

    インタビュー

  • 「自動車整備工場」の二代目女性社長という生き方

    町工場を思い描く時、脳裏に浮かぶ代表的な業種のひとつが自動車整備工場です。どこの地域にもあり、油まみれで働く工員の姿が“勤勉な日本の労働者”をイメージさせるのでしょう。そんな日本の高度経済成長を支えた会社を事業承継し、新たな時代に向けて活力を与えようとする女性社長がいます。横浜の町の一角で昭和39年に創業した「雨宮自動車工業株式会社」代表取締役の小宮里子さんです。

    2018年11月26日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【後編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。後編では代表取締役・杉山智行さんの現在のビジネスに至るストーリーをお送りします。

    2018年11月22日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【前編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。金余りの国・日本から資金を必要とする発展途上国へとお金の流れをつくる「インパクト投資」がいま、国内外で大きな注目を集めています。金融の新しい波とは何か? クラウドクレジット代表取締役の杉山智行さんに前後編の2回で話を聞きます。

    2018年11月20日

    インタビュー