人手をかけない売上アップ・お客様満足アップの切り札に! チャットボット徹底攻略【前編】

2018年9月6日
新規のお客様からの問い合わせは、商談につながる重要なきっかけです。また、既存のお客様からの問い合わせや手続きは、お客様の満足度を高め次の注文につなげるためのチャンスです。とはいえ、問い合わせに答えるだけでは売上にも利益にもつながりませんから、できれば省力化したいもの。お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。

 新規のお客様からの問い合わせは、商談につながる重要なきっかけです。また、既存のお客様からの問い合わせや手続きは、お客様の満足度を高め次の注文につなげるためのチャンスです。とはいえ、問い合わせに答えるだけでは売上にも利益にもつながりませんから、できれば省力化したいもの。お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。

メールや問い合わせフォームと電話の「いいとこ取り」が期待できる

 チャットボットの「チャット」とは「おしゃべり」という意味。ネットワーク上で文字による会話を交わすことをいいます。ラインのトークやフェイスブックのメッセンジャーなどが代表的です。「ボット」は「ロボット」の短縮形で、作業を自動化するためのアプリケーションを指します。つまり、チャットボットとは、「文字による会話を自動化するアプリケーション」という意味になります。

 お客様から企業へのコンタクトの手段は、従来、電話やメール、問い合わせフォームが利用されてきましたが、これらには一長一短がありました。電話による受付は、お客様から見ると、オペレーターが会話で対応してくれるため安心感があります。また、質問の回答に対して生じた疑問をさらに確認することで、会話しながら知りたいことや必要な手続きを完了させることができます。一方で、受付時間が限られていたり、混雑している時は話中になってなかなかつながらないといったデメリットがありました。これらは受付時間の延長や回線増設によってある程度は緩和できるとはいえ、企業側からすれば、費用の制約もあり簡単なことではありません。

 メールや問い合わせフォームは、24時間365日受付できますが、返信するのは人間です。即時返信ができるのは営業時間中だけで、夜間や休日に届いた問い合わせに対しては回答までに時間がかかり、お客様を待たせてしまいます。また、やりとりに即時性がないため、電話に比べるとお客様が必要な回答を得るまでに時間がかかることになりがちです。その結果、「購入を検討しているお客様が、問い合わせの回答を待っている間に買う気をなくしてしまい、商機をのがしてしまう」といったことが発生しがちです。

 チャットボットは、チャットによる応答を自動化することで、営業時間に関係なく24時間365日お客様からの問い合わせを受け付け、かつ対話をしながらお客様の知りたいことや、必要な手続きを完了させることができる、電話とメールの「いいとこ取り」をしたお客様対応を可能にするのです。

 チャットボットのもう一つの優れた点は、お客様が問い合わせをする敷居が、電話やメールに比べてとても低いということです。最近の若い人の中には、電話をかけることがほとんどないためなるべく使いたくないという人が少なくありません。また、メールは用件を簡潔にまとめる必要があるため、一度のメールで的確な答えが帰ってくるような質問をするのは難しいことが多いです。その点、チャットであれば、多くのお客様がLINEのトークなどでチャットの応答に慣れており、簡潔な言葉で話しかけるだけであとは会話をしながら自分の知りたいことに近づいていけるため、利用のハードルはとても低いといえるでしょう。

ウェブサイトの情報をチャットボットで活用

 では、実際に、チャットボットはどのようなやりとりをするのでしょうか。実例を見てみましょう。

 ひとつめの実例は、通信販売大手の「ニッセン」が問い合わせ窓口に導入したチャットボット「みこと」です。ニッセンのウェブサイトの「ガイド・QA・お問い合わせ」を開くと、チャットの入力画面が開きます。「みこと」というキャラクターが質問に回答します、とありますが、この応答はチャットボットが行っています。

ニッセンのお客様問い合わせ窓口「みこと」

 「送料について教えて」「注文した商品が届かない」など、質問を入力すると、さらに知りたい内容や状況を詳しく尋ねる質問と共に、選択肢が表示されます。あてはまるものを選ぶと、詳しい情報を提供するページのURLや、配送状況であれば配送状況確認ページのURLを案内します。また、提示されたページを確認しても更に確認が必要な時のために、問い合わせフォームのURLもあわせて案内します。

 ここで注目したいのが、チャットボットはいくつかの質問と回答のやりとりの後、質問の回答が記載された自社ウェブサイトのURLを案内しているということです。ウェブサイト上に既に様々な情報を掲載している企業の場合、お客様から寄せられる問い合わせへの回答は、既にサイト上で提供されていることがほとんどなので、ある意味当然といえるでしょう。

 ウェブサイトを整備する目的の一つは、人手をかけずにお客様自身が24時間いつでも必要な情報にアクセスできるようにしたい、ということです。しかし、情報にアクセスできないお客様自身が自分で正しいページを見つけることは困難なのが実際です。だからお客様は電話やメールで問い合わせをしてきます。

 ニッセンの「みこと」は、お客様の質問を手がかりに、ウェブサイト上の必要な情報に誘導していくことで、「24時間人手をかけずにお客様が必要とする情報を提供する」ことを可能にしています。

「お知らせ」と連動した手続きで忘れない

 2つめの事例は、ヤマト運輸のLINE公式アカウントを用いた荷物問い合わせ機能です。ヤマト運輸では、メールとウェブで配達予定通知や再配達依頼などの手続きを提供していた「クロネコメンバーズ」とLINEを連動し、LINEのトークでも同様のサービスを提供しています。ヤマト運輸の公式アカウントと友達になることで、荷物の配送予定、不在通知などがLINEで届きます。これに対して、受け取り日時の変更や再配達依頼が簡単にできます。

ヤマト運輸LINE公式アカウントによる荷物配送予定の問い合わせ

 公式アカウント(チャットボット)の質問に回答していくことで、受取日時変更や再配達依頼の手続きが完了します。質問の順序は不在配達票を見ながらフリーダイヤルに電話を掛けた時と同じなのですが、LINEの着信を見てトークを確認したらそのまま手続きができるので、「後でやろう」と思っていてうっかり忘れるようなことが減ります。時間指定によって不在配達が減れば、ヤマト運輸にとっては大きなコスト削減につながるので、メリットがあるのです。

簡単なことはチャットボット、より詳しくは人が答えるハイブリッド運用

 3つめの事例は、LINEを活用した保険相談サービスです。ライフネット生命では、LINEやFacebookメッセンジャーで、チャットボットで保険に関するQ&A社やお客様にあった保険を選ぶ「ほけん診断」「保険料見積」を提供しています。

ライフネット生命のチャットボット活用

 ライフネット生命のチャットボットの特徴は、平日の営業時間内であれば、チャットボットから人間の保険プランナーに応対を切り替え、詳細な個別サービスを案内していることです。まずはチャットボットで基本データを収集してお勧めの保険サービスの選定までしているので、いちから人が話を聞くよりもスムーズに話が進みますし、一度診断してからさらに詳しく話を聞きたいというお客様なので、より確度の高い商談ができます。ライフネット生命では、チャットボットの導入後、見積請求数が導入前の1.5倍になったのだそうです。

AIを使ってより有能なボットに進化

 一昔前のチャットボットは、あらかじめ登録した問いと答えをセットにしたデータを用意しておき、入力された質問と一致する質問があれば答えを返すというものでした。しかし、実際の人間が行うチャットでは、例えば時刻を聞くにしても「今何時?」「何時?」「今の時刻」「時間を教えて」など、さまざまな言い回しがあります。そのため、問と答えをセットにする方式では、「ちょっとした言い回しの違いがあっても同じことを聞いている」という判断ができず、自由に入力された質問に対して適切に回答するのは困難でした。

 これに対して、事例として紹介したような、既にビジネスで実用化されているチャットは、AI(人工知能)によってより高度な応答が可能になっています。質問文の表現のゆれを判断して正しく答えたり、あらかじめ登録されていなかった質問に対しても類似の質問を探して答えを推定するなど、より人間に近い受け答えができるようになっています。

 後編では、チャットボットの種類や、チャットボット作成に利用できるさまざまなサービスを紹介します。(【後編】に続く)

★おすすめ記事

  • 中小企業こそ導入したい! 最近話題の「RPA」って何?

    中小企業にとって、「人材採用」による人的リソース不足の解消はなかなか解決しない問題です。解決できなければ、現在自社で働いている社員により効率よく多くの業務を担ってもらう他はありません。とはいえ、それぞれの社員が働ける時間には限りがあります。「働き方改革」の流れの中、仕事が増えるからといって労働時間を増やすようなやり方は、時代に逆行しているといえるでしょう。人を採用せず、今いる社員の労働時間も増やさず、人的リソースに対処する。そのための切り札として今期待されているのが、RPA(Robotic Process Automation)です。

執筆者: 板垣朝子 - Organnova(オルガノーバ)主宰
独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野およびサイエンス分野を中心を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannovaを立ち上げる。

コラム新着記事

  • NHKドラマ『透明なゆりかご』 私たちのすぐとなりにある現実。働く男性にこそ、見てほしい

    NHKで金曜夜10時から放送されているドラマ『透明なゆりかご』は、海辺にある小さな病院・由比産婦人科を舞台にした物語です。時代は1997年。高校の准看護学科で学ぶ17歳の青田アオイは、産婦人科で看護師見習いとして働くことになります。

    2018年9月14日

    コラム

  • 中小企業の生命保険活用法! 

    中小企業経営者で生命保険について理解しているかたは意外と多くありません。今回はそんな保険の入り方についてです。

    2018年9月12日

    コラム

  • もうインバウンド集客で悩まない!

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

    2018年9月7日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ④『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』

    今月の一冊は、シリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者によるハウツー本です。今どきのアメリカの経営者スタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には、おすすめしたくなる内容です。この一冊を長沖さんが「斜め」から分析します。

    2018年9月4日

    コラム

  • 企業の電話対応が劇的に変わる!? CTIの上手な活用方法【後編】

    会社に入ったばかり、新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか? そんな恐怖の電話対応から解放されるサービスがあります。それが 「CTI」です。シリーズ後編ではユニークな活用事例をお伝えします。

    2018年8月31日

    コラム

  • TVドラマ『dele』 二人の軽妙な会話が作り出す、今までにない“新しい”バディもの

    テレビ朝日系金曜深夜の『dele』はデジタル遺品を題材とした連続ドラマだ。物語の舞台は、依頼人が設定した時間を超えてパソコンやスマホに触らないと通知が行き、デジタル遺品を消去してくれる会社。この会社を経営する車椅子のプログラマー・坂上圭司(山田孝之)と、会社に雇われている何でも屋の真柴佑太郎(菅田将暉)の二人が、デジタル遺品の消去を依頼した故人のことを調べるうちに意外な真相にたどり着くというのが、本作の見所だ。

    2018年8月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ③ 『自己愛過剰社会』

    現代人の傾向としてあげられるのが「自分のことが大好き、自分を実際以上に素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい」。企業の発するメッセージにも同様の傾向が出てきています。とくにSNSを通じたPR活動において顕著です。さてその流れをどう分析すればよいのでしょうか?

    2018年8月9日

    コラム

  • 中小企業こそ導入したい! 最近話題の「RPA」って何?

    中小企業にとって、「人材採用」による人的リソース不足の解消はなかなか解決しない問題です。解決できなければ、現在自社で働いている社員により効率よく多くの業務を担ってもらう他はありません。とはいえ、それぞれの社員が働ける時間には限りがあります。「働き方改革」の流れの中、仕事が増えるからといって労働時間を増やすようなやり方は、時代に逆行しているといえるでしょう。人を採用せず、今いる社員の労働時間も増やさず、人的リソースに対処する。そのための切り札として今期待されているのが、RPA(Robotic Process Automation)です。

    2018年8月2日

    コラム