斜めから見る〜今月の一冊 ④『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』

わかりやすい方法でかなり楽に最強になれるのが今どきのエリート経営者

2018年9月4日
今月の一冊は、シリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者によるハウツー本です。今どきのアメリカの経営者スタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には、おすすめしたくなる内容です。この一冊を長沖さんが「斜め」から分析します。

 何十年か前まで、アメリカ人のように、朝はジャムやバターのたっぷりのったパンケーキを食べて、昼はポンドステーキをガツガツ食べて、甘い香りのタバコをバフバフ吸って、燃費の悪いでかい車に乗って、夏はキンキンに冷房の効いたオフィスで仕事して、夜は遅くまでドライマティーニ、みたいなスタイルをとることのほうが良いような気がしたもものです。少なくとも罪悪感を感じないほどポジティブにととらえられました。いま考えると何でかわからない。

 そういう欲望を達成するためにがんばりましょう、ということだったのか、そういうアメリカンなライフを送ると、彼らのように鷹揚で豊かな態度、身のこなしが身につくと思ったのか。ともあれ、目的と手段が切り分けられてない、というのが“憧れ”の特徴です。

 さて、分析的で節度の効いた理性的な現代ビジネス社会に生きているはずなのに、やはりそういう罠にかかったりします。これも後生からみると同じような、と思いつつも、何とも抗しがたい魅力に溢れた「シリコンバレー式」を今回は紹介します。

 経営の理想像も巡りめぐって、昨今では、大学院で経営工学なんかを学んでシリコンバレーなどでスタートアップベンチャーをしていたりすのが上等とされています。この本は、そういう経営学を紹介した本ではありませんが、今どきのアメリカの経営者風のスタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には──ついでに最強の脳を手に入れたり痩せたりしたい人には──、おすすめしたくなるのです。

 本書に色濃く滲んでいる、アメリカンでエリート経営者が今どきなスタイルとは以下のものです。

1)望むところのものは叶う。そのための解決法が必ずある。
2)その解決法は意外に単純で、そしてラクだ。
3)それを最新の学説が証明している。
4)いま私が言っていることは、最高で最善だ。

 斜に構えていてそのくせ、世を知ったふりしがちな私のような人間からすると、これはもう、書いていてもう気恥ずかしいようなことですが、ずばりそれが成功への最短経路です。

 第一に、解決しない望みなど持つだけ時間の無駄です。望みが無駄にならないために解決法は当然に見つかるのです(?なんか変か?)。第二に、「人間は弱い」ということを前提に解決法が考えられています。そこがアメリカンの今風。弱いに人間でもできるくらいに明快な解決法でないと不確実でなりません。

本書の頭の方には、こうあります。

==
同級生はみんな僕より頭が切れるのだろうか。どんなに頑張っても結果が出ないことが理解できなかった。そして僕は、仕事は成功したが、自分は思っていたほど切れ者ではないのだと結論した。

そのときわかっていなかったのは、疲労、集中力の欠如、忘れっぽさ、怒りやすさ、食物への渇望でさえも、僕のせいではなかったということだ。僕は怠け者でも、悪人でも、失敗作でもなかった。問題は、脳からエネルギーが漏れていて、どんなに頑張っても求めるレベルまで機能してくれなかったということ、エンジンが壊れた車はどんなに強く踏み込んでも速く走らない。

(中略)

この日、僕の脳機能の不調は、道徳的な問題ではなく、体というハードウェアの課題となった。
==

 自分の“脳力”不足は自分のせいではない。少なくとも自分の精神のせいではない。だから車の故障を直すように修理する方法があるはずだ、というわけです。「弱い人間」のホッとすることができる考え方、そして、こうした思考の先には、「精神力を高めよ」というような難しい改善法ではなくて、車を修理するようなもっと単純明快な方法が組み上げられるのです。

 なかなか良い思考・行動様式だなあと思いつつも、後ろの3)4)の2点は若干なじめなかったりもします。「最新の学説」が証明してくれるような世界は、すぐ次の「最新の学説」がでてきて覆されやすかろう、ということ。「最高・最善」と自分で言うようなことは次の瞬間にはライバルに追い抜かれているということ。つまり謙虚になりましょう、ということ。いやしかし、かといって、疑ってかかっていては一歩も前には進めません。恥をかかないようにしたり間違わないようにしたりするのが目的ではありません。前に出ることが目的なのです。

 本文にはこうあります。

==
これで脳の性能を「5倍」よくできる
==
空気を「最強のエネルギー源」に変えることができる呼吸法
==
完全無欠コーヒー…この朝食は本当に世界に冠たるものである〜
==

 おそらく早晩恥ずかしく感じることになるだろう、新しい学説に置き換えられるであろうこれらのフレーズを、しれっと言えること、それが成功と最高に近い「シリコンバレー式」です。

 新説が出たら“来期に修正すればよい”のです。

 この本の著者は、その典型的なシリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者です。なので説得力がある。訳者もそういうこの著者のメンタルを上手に表現しているので、フレーズのひとつひとつも真似したくなる、参考になるものです。

 この種の実用書はこれまで書いてきたような事情もあって往々にして隙だらけで、紹介する場合でも若干オトしてほうが、書き手(私)としてもリスクが少ないのですが、あえて今回はこれを推します。なぜか? それは著者デイヴ・アスプリーの前著『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』を、書いてある通りに実践したら、書いてある通りラクに、書いてある通り十数キロやせて頭もすっきりしたためです。バターを除く乳製品、揚げ物、パスタを食生活から排除しても──ん、それが簡単か?──ためしてみる価値は十分にある。

●今月の一冊
『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』
デイヴ・アスプリー/ダイヤモンド社

★おすすめ記事

  • 経営者に読んでもらいたい一冊③ 『自己愛過剰社会』

    現代人の傾向としてあげられるのが「自分のことが大好き、自分を実際以上に素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい」。企業の発するメッセージにも同様の傾向が出てきています。とくにSNSを通じたPR活動において顕著です。さてその流れをどう分析すればよいのでしょうか?

  • 経営者に読んでもらいたい一冊② 『戦争にチャンスを与えよ』

    サッカーのフィールド上や土俵上で起こることの行動基準について、一般社会の常識を被せるのがブームとなっています。道徳や精神を世の中で一本化するというのは、“わかりやすく”“便利で”“正しい”とは思いますが、経営という場面でそれが絶対的に正しいアプローチなのかどうかはわかりません。

  • 経営者に読んでもらいたい一冊① 『アリ対猪木』

    新参者は負けてはいられません。若いうちに負けが込むと、益々萎えさせられてしまうひどい時代だからです。それで今こそ読んでいただきたいのが、モハメド・アリ、そしてアントニオ猪木についてです。

執筆者: 長沖竜二 - スモールビジネス調査員
『現代用語の基礎知識』編集長、『小さな組織の未来学』編集長などを経て、現在、公共施設業界のコンベンション運営、中小事業者やまちづくりについてのメディア取材・編集などを行っている

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム