TVドラマ『dele』 二人の軽妙な会話が作り出す、今までにない“新しい”バディもの

デジタル遺品というモチーフを通して、現代的な不安が一気に広がっていく面白さ

2018年8月24日
テレビ朝日系金曜深夜の『dele』はデジタル遺品を題材とした連続ドラマだ。物語の舞台は、依頼人が設定した時間を超えてパソコンやスマホに触らないと通知が行き、デジタル遺品を消去してくれる会社。この会社を経営する車椅子のプログラマー・坂上圭司(山田孝之)と、会社に雇われている何でも屋の真柴佑太郎(菅田将暉)の二人が、デジタル遺品の消去を依頼した故人のことを調べるうちに意外な真相にたどり着くというのが、本作の見所だ。

デジタル遺品を消去してくれる会社「dele.LIFE」を経営する、車椅子のプログラマー・坂上圭司を演じる山田孝之(©テレビ朝日)

圭司の相棒で何でも屋の真柴佑太郎を演じる菅田将暉(©テレビ朝日)

 テレビ朝日系で金曜23時15分(*一部地域を除く)から放送されている連続ドラマ『dele』はデジタル遺品を題材としたドラマだ。

 デジタル遺品とは、故人のパソコンやスマートフォンに残された情報のこと。日記や帳簿のような文字情報のデータだけでなく、写真や映像など、デジタルデータをパソコンやスマホに入れて持ち歩くことは今や当たり前で、特別なことではない。
 
 物語の舞台は、依頼人が設定した時間を超えてパソコンやスマホに触らないと通知が行き、デジタル遺品を消去してくれる会社「dele.LIFE」。

この会社を経営する車椅子のプログラマー・坂上圭司(山田孝之)と、会社に雇われている何でも屋の真柴佑太郎(菅田将暉)の二人が、デジタル遺品の消去を依頼した故人のことを調べるうちに意外な真相にたどり着くというのが、本作の見所だ。
 原案と原作小説を執筆し、脚本家としても参加しているのが小説家の本多孝好。毎回、脚本家と監督が変わっていく一話完結のスタイルで、同じく小説家で、近年はテレビドラマの脚本も執筆する金城一紀も参加している。
 
 研ぎ澄まされた映像と音楽が印象的なストイックな作品で、それが贅沢な味わいとなっているのだが、何と言っても一番の見所は、山田孝之と菅田将暉の軽妙なやりとりだろう。

相手を無視して早口で淡々と喋る坂上に対し、難なく会話を合わせる真柴の関係はとても魅力的で、一見仲が悪そうに見える二人のバディものとして、とても面白い。

 見ていて思い出すのは、70年代に放送された伝説的なドラマ『傷だらけの天使』(日本テレビ系)に出演していた萩原健一と水谷豊。この作品も1話完結で、探偵事務所の調査員の小暮修(萩原健一)が弟分の乾亨(水谷豊)の軽妙な掛け合いと二人の人間関係が何より魅力的だった。

 ただ、修と亨の関係が兄弟分だったのに対して、坂上と真柴の関係はいろんな見方ができて一言では言えないものとなっている。

第5話(8月24日放送)のゲスト、柴咲コウと圭司を演じる山田孝之(©テレビ朝日)

 仕事上、二人は社長と従業員の関係だが、真柴のコミュニケーション能力の高さゆえか、対等なパートナーにも見える。二人は意見がぶつかることはあっても、仕事に対してはお互いに団結する。

 面白いのは依頼人の個人情報に対する二人の考え方の違いだ。坂上は依頼人と直接、会うことは良しとせず、仕事上のやりとりはモニター上だけで行う。同時にデジタル遺品の中身に対しては関心を持たずに、基本的に中身を見ることなく消去する。

 対して真柴は、他人とどんどん関わり、どんどん厄介ごとを抱え込んでいく。故人のデジタル遺品を見たいと言うのも、いつも真柴だ。

 もちろんそれは、故人の死因や抱えていた悩み(例えば、両親とのわだかまり)を解消するためなのだが、そんな真柴の行動を坂上はいつも止めようとする。

 この二人の依頼人に対する距離感は、そのまま二人の性格の違いであると同時に、この仕事に対する考え方の決定的な違いだと言える。

よくあるドラマなら、坂上が人間嫌いの冷たい男。真柴を人間味のある優しい青年として描いてしまうだろう。しかし見ていると必ずしもそうとは言い切れないのが本作の面白さである。

この仕事をずっとしている坂上は人と関わることの辛さ、人間が多面的で、表には出せない闇を抱えているということを、嫌という程、知ってしまったのだろう。

第5話(8月24日放送)のゲスト、橋本愛と佑太郎を演じる菅田将暉(©テレビ朝日)

 相手の事情に踏み込まない優しさというものもあるのだと、坂上を見ていると思う。同時に、真柴の優しさもよくわかる。勢いで突っ走ってしまうという若さゆえの甘さもあるのかもしれないが、そんな真柴のことを坂上が見守っているという側面が見え隠れして、そういう時に二人は仕事のパートナーとして理想的な関係だと思う。

 坂上と真柴のとらえどころがない関係を見ていると、今までにない新しいバディものを作ろうという志の高さを感じる。
 それにしても、見ていて考えこんでしまうのは、自分自身のデジタル遺品の処理についてだ。

筆者は1990年末からパソコンを使い始めて、その都度、パソコンを切り替えてきた。パソコン上には断続的に書かれた日記もあれば、CD-Rやハードディスクドライブに保存された映像等もある。過去のメールを辿っていけば、仕事はもちろんプライバシーも含めて全て丸裸になってしまうと思うと死んでも死にきれないが、かといって今すぐ自分で情報を整理するなんてとても不可能だ。

 逆の問題もある。突然、自分の身に不幸があった時に、パソコンやスマホのロックを解除できないことで、残された人たちに迷惑をかけてしまうのではないかということだ。パスワードも一箇所にまとめてノートに書いているわけではないので、それも整理しておかないと。
 特に自分は一人暮らしなので、もしも自分が死んだ時に、すぐに身内や第三者(本作の「dele.LIFE」のような)に伝わるような仕組みに登録した方がいいのではないかとも考える。そういった現代的な不安や心配事が、デジタル遺品というモチーフを通して一気に広がっていくのが本作の面白さだろう。
■金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』 
テレビ朝日系 毎週金曜 23時15分~ 放送(*一部地域を除く)
テレ朝キャッチアップ(オンライン動画配信サービス)にて、放送終了後に最新話配信中

★おすすめ記事

  • TVドラマ『宮本から君へ』 働く人間なら、誰の心にも必ず「宮本」がいる

    ドラマ『宮本から君へ』は1990~94年にかけて連載された漫画が原作だ。今と比べれば、一生懸命になることはダサいことだと多くの日本人が思っていた時期の作品である。そんな時代にあって、恋愛にも仕事にも純粋で暑苦しい男・宮本を登場させることで、激しい賛否を巻き起こした。当時はバブル景気に浮かれていた日本に対する強烈なカウンターだったわけだが、大きく時代を隔てた2018年の20代に、本作はどのように響くのだろうか?

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

    2019年4月8日

    コラム

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム