斜めから見る〜今月の一冊 ③ 『自己愛過剰社会』

誰に向かってどういう効果を期待して話しているのがわかってない病

2018年8月9日
現代人の傾向としてあげられるのが「自分のことが大好き、自分を実際以上に素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい」。企業の発するメッセージにも同様の傾向が出てきています。とくにSNSを通じたPR活動において顕著です。さてその流れをどう分析すればよいのでしょうか?

 以前所属していた会社で、「君が手続きなしで残業すると会社の利益が増えるから嬉しいんだ。そうして欲しいんだよね?」経理の人からパワハラでも皮肉でもない様子で平然と言われてたまげたことがあります。そのことで言いたいのは「あの会社はブラックだった!許せない!」ということではなくて、むしろかなり優秀だった彼が、自分と相手の利害を判断したうえで言う内容を変えるということができていなかったということです。彼の名誉のために言うと、その後、どれほどかの人生経験でわかったことは、内勤とくに総務・経理部門に長く居ると、こういう利害関係を見ながらの物言いを、社内とくに従業員に対して忘れがちです。営業職はこういうプロトコルを決して間違えません。間違えたら仕事がとれませんので。

 経済的利害だけでなく敵味方という感覚は、わりかし早めに身に付ける、子供でもできているコミュニケーションの儀礼というか鉄則です。嫌いな子や強い子がいたら迂闊なことを言わないとか、仲間だけの秘密があるとか。言うことにオモテウラがあるというと聞こえは悪いですが、社会を渡るうえに必須の使い分け能力です。比較的最近のコミュニケーション手段であるメールにおいても、To:とCC:、BCC:の使い分け、またそれぞれに何を言うかは極めて重要な問題です。とはいえ、相手が直接見えないだけにしばしば判断を見失いがちで、取り返しのつかない痛い目にあうことも多いです。

 そして昨今、大いに浸透してきているコミュニケーション手段であるSNS(TwitterやFacebookやLINEの類)について、こういう決め事が雑になっていると感じませんか。「言う側」でいうと、意識するしないにかかわらず周辺にいる人が偏ったり──つまり誰かに嫌われていたり、「言われる側」でいうと、定常的にイライラしたり焦ったり嫌な気持ちになったり──ふだん人を嫌わないような人でもそう感じます。

 「自分と相手の利害や敵味方の違いを判断して、相手に何を言うか、何を言わないかをか決める」という決め事を反対からいうと「誰に向かって、どういう状態になることを期してどういう形式で発言するか(あるいは発言しないか)を決める」ということです。相手がどういう気持ちになるか、どうしたくなるかをわからずに声を発しているのなら、それは犬猫や虫なんかと一緒です。いや、生き物も無駄吠えはしない。効果に向けて鳴いているでしょう。

 こういう困った状態に対して、「対話能力が欠如しているのだからそれを矯正するためにトレーニングしましょう」というのではなく、「ああ、それは社会に蔓延している病気なのですよ」というのが、今回ご紹介する本『自己愛過剰社会』から読み取れるメッセージです。──ようやく今回の本論。

 周囲の人がみせる行き過ぎたナルシシズム(自己愛過剰)をうけて、不愉快だと思う心、またかといって、いちいちイライラするのも大人げないなと思う心はごく自然な感情だと思います。ところが、社会全体が(本書によればアメリカ発で)、「ナルシシズム、結構じゃないか!むしろ、そうでなきゃ」とばかりに暴走してしまっている現状について憂いているのが本書です。註も含めて392ページもある難しそうな本ですが、研究書・専門書ではなくて、「こんな困った人がいるんですよ」「そういうひとは、こう解釈しないとやりきれません」ということが書き連ねられているので、共感できる人はすらすら読め、自分を省みて少しでも恥じるひと、昨今のSNSの世の中を苦々しく感じているひとはすらすらと読めます。

 本書の言うところ「自己愛過剰社会」が個々人の資質の問題ではなく、救いがたい社会的な病となっている原因と背景は以下の点です。

・「(世の中は苛烈な競争社会なのだから)自分を強く美しくみせ、ときには実高以上に強く美しく見せないと、生き残ってゆけないのだよ、という勘違い。
・さらに「成功者はそうしているし、あなたにもそう振る舞っていい資格があるのだよ」という空気。
・「わが子は褒めて褒めて、自信を持たせて育てた方が、良い子が育つのだよ」という思い込みが行き過ぎたものとなっていること。
・「自分のことが大好きで自画自賛することは気持ちのよいことで、それを見せられる人にとっても最初のうちは何だか気持ち良いということ」
・「自分大好き人間・見栄を張って自分を大きく見せようという人間と、それを見ながら〈いいなあ〉と感じている人間は、企業にとってはともに大消費を促してくれるとても都合のいい存在なので、この風潮を焚き付けることに躊躇がないということ」。
要は、ものを言う側・言われる側・企業・社会をあげての共益共犯関係。救いがないのです。

 「自分のことが大好き、自分を(実際以上に)素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい。」という方針があまりに強力なので、企業・事業の発するメッセージもそういう傾向が出てきているように思います。とくにSNSを通じたPR活動において。私としては、その〈気持ちのいいリンク〉に乗っかる側というよりは、どちらかといえば〈本書に与する〉側に立つので、そうでない皆さんには古今亭志ん生師匠のことばを送りたいのです。「お客さんをたのしませるのが仕事であって、自分がたのしんじゃいけません」。
●今月の一冊
『自己愛過剰社会』
ジーン・M・トウェンギ、W・キース・キャンベル/河出書房新社

★おすすめ記事

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ④『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』

    今月の一冊は、シリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者によるハウツー本です。今どきのアメリカの経営者スタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には、おすすめしたくなる内容です。この一冊を長沖さんが「斜め」から分析します。

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ② 『戦争にチャンスを与えよ』

    サッカーのフィールド上や土俵上で起こることの行動基準について、一般社会の常識を被せるのがブームとなっています。道徳や精神を世の中で一本化するというのは、“わかりやすく”“便利で”“正しい”とは思いますが、経営という場面でそれが絶対的に正しいアプローチなのかどうかはわかりません。

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ① 『アリ対猪木』

    新参者は負けてはいられません。若いうちに負けが込むと、益々萎えさせられてしまうひどい時代だからです。それで今こそ読んでいただきたいのが、モハメド・アリ、そしてアントニオ猪木についてです。

  • 「SNS映え」をどのように活用するか/インバウンドマーケットEXPO

    2018年2月21日から23日の期間、東京ビッグサイトで開催された『インバウンドマーケットEXPO2018』では、訪日外国人対応の強化や地方創生の支援に関わる106社による製品・サービスが集結。またインバウンド対応に関する数多くのセミナーやパネルディスカッションが行われた。

執筆者: 長沖竜二 - スモールビジネス調査員
『現代用語の基礎知識』編集長、『小さな組織の未来学』編集長などを経て、現在、公共施設業界のコンベンション運営、中小事業者やまちづくりについてのメディア取材・編集などを行っている

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム