中小企業こそ導入したい! 最近話題の「RPA」って何?

2018年8月2日
中小企業にとって、「人材採用」による人的リソース不足の解消はなかなか解決しない問題です。解決できなければ、現在自社で働いている社員により効率よく多くの業務を担ってもらう他はありません。とはいえ、それぞれの社員が働ける時間には限りがあります。「働き方改革」の流れの中、仕事が増えるからといって労働時間を増やすようなやり方は、時代に逆行しているといえるでしょう。人を採用せず、今いる社員の労働時間も増やさず、人的リソースに対処する。そのための切り札として今期待されているのが、RPA(Robotic Process Automation)です。

 東京商工会議所が2017年に実施した「中小企業の経営課題に関するアンケート」では、約6割の中小企業が人員の過不足状況について「不足」と回答しており、また73.8%の企業が売上拡大に取り組む上での課題として「人材の不足」を挙げています。中小企業にとって、「人的リソースの不足への対応」は重要な経営課題となっています。

 しかし一方で、少子高齢化に伴い労働人口は減り続けています。中小企業にとって、「人材採用」による人的リソース不足の解消は困難であると言わざるを得ません。

 現在自社で働いている社員により効率よく多くの業務を担ってもらう他はないのです。とはいえ、それぞれの社員が働ける時間には限りがあります。「働き方改革」の流れの中、仕事が増えるからといって労働時間を増やすようなやり方は、時代に逆行しているといえるでしょう。

 人を採用せず、今いる社員の労働時間も増やさず、人的リソースに対処する。そのための切り札として今期待されているのが、RPA(Robotic Process Automation)なのです。

24時間飽きずに正確に作業を続ける、ソフトウェアロボット

 RPAとは、人間の代わりにコンピューターの画面上のアプリケーションやシステムを操作して業務を行う「ソフトウェアロボット」によって、主に事務職の社員が行う定型的なコンピューターの操作を自動化する仕組みです。

 事務職の社員がコンピューターを操作して行う業務の中には、伝票の処理やメール本文から社内システムへのデータ転記など、一定の規則に沿って行う定形業務が数多くあります。言い換えると、「マニュアルに沿って正しく実行すれば、誰でも同じ結果が得られる」業務とも言えます。

 「現状でも社員にできることを、わざわざお金をかけて自動化する必要は無いのではないか」と思われるかもしれません。それでも今、多くの企業がRPAに関心を持っているのは以下のような理由があります。

1)人件費が削減できる
 担当者が行っていた作業を自動化するのですから、当然、そのためにかけていた時間は不要になります。担当者は空いた時間に別の仕事ができるようになります。また、ソフトウェアロボットには休憩が必要ありません。従って、勤務時間など関係なく業務を続けることが可能です。人間であれば1日8時間しか働けず、繁忙期に仕事が終わらず残業することになれば時間外手当が発生しますが、ソフトウェアロボットであれば24時間働き続けることが可能で、追加のコストは不要です。

一方でソフトウェアロボットには休憩が必要ありません。従って、勤務時間など関係なく業務を続けることが可能です。人間であれば1日8時間しか働けないところを、ソフトウェアロボットであれば24時間働き続けることが可能で、追加のコストは不要です。

2)作業が一定・正確でミスが無い
 どんなに簡単で定型的な作業であっても、人間であればついうっかり間違うことがあります。ミスを見逃さないためのチェック工程の工数や、ミスを見逃してしまった時のやり直し工数などを考慮しておく必要があります。ソフトウェアロボットであれば、与えられた仕事は一定のペースで正確にこなします。そもそもの元データの間違いなど例外処理が必要な時にのみアラートを出して人が確認するようにすれば、間違いに伴うさまざまな無駄が削減できます。

3)ルーチンワークに飽きて辞めたりしない
 特に中小企業にとって深刻な問題は、採用し、教育して、仕事を任せられるようになった人材が離職することです。離職の原因はさまざまですが、「単調な定形業務の繰り返しで成長を感じられない」という理由を挙げる社員は少なくありません。たとえ会社にとって必要不可欠な業務であっても、それが社員にとってやりがいにつながるとは限らないのは大きな課題です。
 ソフトウェアロボットはずっと同じ仕事を任せていても、決して自分から「辞めます」とはいいません。定形業務はソフトウェアロボットに任せることで、社員にはもっとやりがいや成長を感じられる業務に時間を割くことができるようになります。結果として、離職率を下げ人材への投資効率を大きく向上することにつながるといえるでしょう。

担当者が自分で自動化に取り組める

 企業において、手作業で行われている定形業務にはどのようなものがあるでしょうか。具体的に挙げてみると、帳簿入力、伝票作成、お客様向けの販促、請求などの定形メールの発送、経費チェック、顧客データ管理、受発注システムへの入力、営業支援システムへのデータ入力、決まったウェブサイトや社外システムに接続して定期的にデータを収集する業務などさまざまです。

 人間がこれらの業務を行う時には、パソコンに向かって画面を見ながらキーボードやマウスを操作します。多くの場合はウェブブラウザ、エクセル、ワード、自社開発の業務アプリケーションなど、複数のアプリケーション間でデータ連携して使用し、アプリの起動と終了、IDとパスワードの入力、コピー&ペーストなどの作業が伴います。

 これらの業務は、一定のルールに従って繰り返し行われてはいますが、1回ごとにタイプする文字列が違ったり、コピーする文章の量が違ったり、入力されている内容によって都度判断が必要だったりします。また、1件1件を見ると数十秒〜数分程度とそれほど時間もかかりません。わざわざ情報システム部門のリソースを割いて自動化するには費用対効果が見合わない、あるいは他に優先順位の高い業務があるとしてこれまでシステム化が見送られてきました。

 RPAの特徴は、業務をよく知っている担当者が、自ら業務のルールや処理内容をコンピューターに覚えさせ、自動化が実現できることです。そのために、業務の手順や処理内容を覚えさせるための「RPAツール」と呼ばれるソフトウェアを使用します。

 RPAツールを使用すると、フローチャートを作成する、画面の操作を「記録」する、ウィザード方式(画面上に表示される質問に順次回答していくことで設定を完了する方式)でルールを設定するなどの方法で、アプリケーションの決まった部分に文字を入力する、エクセルの表の中から特定の項目を会計ソフトに転記する、ウェブサイトにアクセスして必要な情報があればコピーしメールで送信する、など、コンピューターを操作して行う作業を自動で行うことができます。人間が読んで分かる作業手順書に従って、RPAツールを使ってコンピューターに覚えさせるだけで、プログラミングの知識が無くても操作が自動化できるのです。
執筆者: 板垣朝子 - Organnova(オルガノーバ)主宰
独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野およびサイエンス分野を中心を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannovaを立ち上げる。

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム