企業の電話対応が劇的に変わる!? CTIの上手な活用方法【前編】

2018年7月24日
会社に入ったばかり、新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか? そんな恐怖の電話対応から解放されるサービスがあります。それが 「CTI」です。2回に分けて、CTIのメリットを紹介していきます。
 こんにちは。クラウドサービス「おもてなし電話」の江尻高宏です。

 突然ですが、私が社会に出たての新人の時の苦い電話対応の思い出を聞いてください。会社に入るとまず新人が担当する仕事の一つに電話対応があります。「2コール以内に電話を取れ!」と教わっていたので、取引先やパートナー企業からたくさんの電話がかかってきた際には、新入社員同期で電話を取ることを競い合っていたりしたものです。喜んで電話を取っていたというよりは、仕事なので仕方なく電話を取っていたというのが正しいでしょう。むしろ、電話を取ることはとても嫌でした。電話を取るのが嫌な理由、それは電話が怖かったからです。

 まず何よりも、電話は急にかかってくる。こちらが準備しているわけでもなく、電話は相手から突然かかってくるのです。心の準備もできないですよね。そして、誰か分からない。電話を取る瞬間は、かけてきた相手が誰か分からないのです。誰か分からない人から、突然かかってくる。こんなに怖いことはありません。そのため、電話を取る時は緊張していて、そのせいもあってか相手の言葉がよく聞き取れない。「お名前をもう一度お願いします」「会社名をもう一度お願いします」と聞き返すこともしばしば。同じ人に2回聞き返すことになったら悲惨で、「名前くらいちゃんと聞けよ!」と怒鳴られる始末。もう恐怖でしかありませんでした。皆さんも新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか?

誰か分からない人から、突然かかってくる電話。こんなに怖いことはありません。皆さんも新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか?

 さて、こんな新人時代の恐怖の電話対応から解放されるサービスがあります。それが 「CTI」です。CTIってご存知でしょうか?? まだまだ市民権を得ていない言葉のため、ご存じない方も多いと思います。
 CTIはComputer Telephony Integrationの略で、「コンピュータと電話を統合したシステム」という意味です。日本では古くから使われており、20年ほど前に登場しました。電話がアナログからデジタル化され、コンピュータと直接つながることになり、電話の情報をコンピュータ上で確認できるようになったのです。とても便利なシステムのため、着信数がとても多いコールセンターで主に採用されました。電話をかけてきた相手の名前や住所等の顧客情報、商品の購買履歴などがパソコン上ですぐに分かるため、とてもスムーズに電話対応ができ、効率化されます。非常に便利でとてもいいシステムなのですが、世の中にはあまり広まっていません。それは、とても高価なシステムだったからです。そのため、中堅・大手企業が中心で利用され、中小企業にまではあまり広がりませんでした。

 一方で、テクノロジーは常に進歩しており、とてもありがたいクラウドコンピューティングの技術が登場しました。クラウドを活用することで、システムが比較的安価に作れるようになったのです。様々なシステムが安価に提供されるようになり、高級なCTIシステムも低価格で利用できるサービスが登場しました。これはとても素晴らしいことです。おかげで、中堅・大企業での活用が中心だったCTIが、中小企業や店舗へ徐々に広がりつつあります。

CTIは「コンピュータと電話を統合したシステム」という意味です。電話がアナログからデジタル化され、コンピュータと直接つながることになり、電話の情報をコンピュータ上で確認できるようになったのです

 CTIが中小企業や店舗へ広がることで、これまでコールセンターで電話効率化として活用していた使い方だけでなく、とてもユニークな使い方が出てきました。それに伴い様々なおもしろい効果が出ています。

 例えば、店舗での活用事例として、顧客満足度向上があります。電話着信時にお客様の情報がパソコンやタブレットに表示されることから、電話で“おもてなし”対応が可能になりました。常連さんからの電話で、「いつものお願い!」「はい、いつものですね!」といった阿吽の呼吸の対応が、ベテラン社員だけじゃなくてもできるようになったのです。新人スタッフやパートでも、ベテラン社員のような対応ができるようになるのです。なぜならば、その“いつもの”が画面に表示されているので、ベテラン社員のように常連さんの顧客情報を頭の中に覚えておく必要がなく、また、常連さんにいちいち聞かなくても分かるのです。

 ある企業では、CTIを活用して新人の働く環境改善を達成しました。見ず知らずの人から電話がかかってきてそれを取るのは今の若者にとってとてもストレスです。スマホ世代と言われている今の若者は固定電話に慣れていません。だからこそ、知らない人からの電話を取ることに強いストレスを感じる若者が少なくありません。そんな若者に向けて、着信時に誰からかかってきたのかが分かるCTIは、職場環境改善の一つとしてとても有効なのです。とても面白いと思いませんか?

CTIが中小企業や店舗へ広がることで、とてもユニークな使い方が出てきました。例えば顧客満足度向上。常連さんからの電話で、「いつものお願い!」「はい、いつものですね!」といった阿吽の呼吸の対応が、ベテラン社員だけじゃなくてもできるようになったのです

 このような活用方法や効果は、コールセンターでのみCTIを活用していると出てこなかった発想だと思います。中小企業の現場でITが活用されることにより、スタッフが様々な知恵を出して活用方法を考えるからこそ生まれるのだと思います。

 CTIの面白い活用方法や効果はまだまだたくさんございます。次回、その事例をたっぷりとお伝えしたいと思います。お楽しみに!

★江尻高宏の連載コラム

  • 電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

    自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

執筆者: 江尻高宏 - 株式会社シンカ代表取締役社長
関西大学大学院工学研究科修了後、株式会社日本総合研究所に入社。金融系の情報システム開発に従事し、広範囲の開発プロジェクトに参画、チームリーダやプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。営業、マーケティング、商品戦略を中心に、中小IT企業向けのコンサルティングに注力。特にクラウドビジネス分野に強く年間約20本の講演を担当。2014年1月に株式会社シンカを設立。「おもてなし電話」をはじめ、クラウドサービスを中心にITを世界に広めることに注力している。

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム