企業の電話対応が劇的に変わる!? CTIの上手な活用方法【前編】

2018年7月24日
会社に入ったばかり、新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか? そんな恐怖の電話対応から解放されるサービスがあります。それが 「CTI」です。2回に分けて、CTIのメリットを紹介していきます。
 こんにちは。クラウドサービス「おもてなし電話」の江尻高宏です。

 突然ですが、私が社会に出たての新人の時の苦い電話対応の思い出を聞いてください。会社に入るとまず新人が担当する仕事の一つに電話対応があります。「2コール以内に電話を取れ!」と教わっていたので、取引先やパートナー企業からたくさんの電話がかかってきた際には、新入社員同期で電話を取ることを競い合っていたりしたものです。喜んで電話を取っていたというよりは、仕事なので仕方なく電話を取っていたというのが正しいでしょう。むしろ、電話を取ることはとても嫌でした。電話を取るのが嫌な理由、それは電話が怖かったからです。

 まず何よりも、電話は急にかかってくる。こちらが準備しているわけでもなく、電話は相手から突然かかってくるのです。心の準備もできないですよね。そして、誰か分からない。電話を取る瞬間は、かけてきた相手が誰か分からないのです。誰か分からない人から、突然かかってくる。こんなに怖いことはありません。そのため、電話を取る時は緊張していて、そのせいもあってか相手の言葉がよく聞き取れない。「お名前をもう一度お願いします」「会社名をもう一度お願いします」と聞き返すこともしばしば。同じ人に2回聞き返すことになったら悲惨で、「名前くらいちゃんと聞けよ!」と怒鳴られる始末。もう恐怖でしかありませんでした。皆さんも新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか?

誰か分からない人から、突然かかってくる電話。こんなに怖いことはありません。皆さんも新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか?

 さて、こんな新人時代の恐怖の電話対応から解放されるサービスがあります。それが 「CTI」です。CTIってご存知でしょうか?? まだまだ市民権を得ていない言葉のため、ご存じない方も多いと思います。
 CTIはComputer Telephony Integrationの略で、「コンピュータと電話を統合したシステム」という意味です。日本では古くから使われており、20年ほど前に登場しました。電話がアナログからデジタル化され、コンピュータと直接つながることになり、電話の情報をコンピュータ上で確認できるようになったのです。とても便利なシステムのため、着信数がとても多いコールセンターで主に採用されました。電話をかけてきた相手の名前や住所等の顧客情報、商品の購買履歴などがパソコン上ですぐに分かるため、とてもスムーズに電話対応ができ、効率化されます。非常に便利でとてもいいシステムなのですが、世の中にはあまり広まっていません。それは、とても高価なシステムだったからです。そのため、中堅・大手企業が中心で利用され、中小企業にまではあまり広がりませんでした。

 一方で、テクノロジーは常に進歩しており、とてもありがたいクラウドコンピューティングの技術が登場しました。クラウドを活用することで、システムが比較的安価に作れるようになったのです。様々なシステムが安価に提供されるようになり、高級なCTIシステムも低価格で利用できるサービスが登場しました。これはとても素晴らしいことです。おかげで、中堅・大企業での活用が中心だったCTIが、中小企業や店舗へ徐々に広がりつつあります。

CTIは「コンピュータと電話を統合したシステム」という意味です。電話がアナログからデジタル化され、コンピュータと直接つながることになり、電話の情報をコンピュータ上で確認できるようになったのです

 CTIが中小企業や店舗へ広がることで、これまでコールセンターで電話効率化として活用していた使い方だけでなく、とてもユニークな使い方が出てきました。それに伴い様々なおもしろい効果が出ています。

 例えば、店舗での活用事例として、顧客満足度向上があります。電話着信時にお客様の情報がパソコンやタブレットに表示されることから、電話で“おもてなし”対応が可能になりました。常連さんからの電話で、「いつものお願い!」「はい、いつものですね!」といった阿吽の呼吸の対応が、ベテラン社員だけじゃなくてもできるようになったのです。新人スタッフやパートでも、ベテラン社員のような対応ができるようになるのです。なぜならば、その“いつもの”が画面に表示されているので、ベテラン社員のように常連さんの顧客情報を頭の中に覚えておく必要がなく、また、常連さんにいちいち聞かなくても分かるのです。

 ある企業では、CTIを活用して新人の働く環境改善を達成しました。見ず知らずの人から電話がかかってきてそれを取るのは今の若者にとってとてもストレスです。スマホ世代と言われている今の若者は固定電話に慣れていません。だからこそ、知らない人からの電話を取ることに強いストレスを感じる若者が少なくありません。そんな若者に向けて、着信時に誰からかかってきたのかが分かるCTIは、職場環境改善の一つとしてとても有効なのです。とても面白いと思いませんか?

CTIが中小企業や店舗へ広がることで、とてもユニークな使い方が出てきました。例えば顧客満足度向上。常連さんからの電話で、「いつものお願い!」「はい、いつものですね!」といった阿吽の呼吸の対応が、ベテラン社員だけじゃなくてもできるようになったのです

 このような活用方法や効果は、コールセンターでのみCTIを活用していると出てこなかった発想だと思います。中小企業の現場でITが活用されることにより、スタッフが様々な知恵を出して活用方法を考えるからこそ生まれるのだと思います。

 CTIの面白い活用方法や効果はまだまだたくさんございます。次回、その事例をたっぷりとお伝えしたいと思います。お楽しみに!
  • 固定電話をITで生産性向上につなげる〜CTIを低価格で便利に

    中小企業や小規模事業者では、固定電話でのお客様とのやり取りが経営を支えています。ただ、共有化やデータ化などができず、効率が非常に悪いのが問題でした。生産性向上するにはどうすればいいのか? ITを使ってその答えを出したのが、株式会社シンカの「クラウドCTI『おもてなし電話』」です。シンカ代表取締役の江尻高宏さんに聞きます。

執筆者: 江尻高宏 - 株式会社シンカ代表取締役社長
関西大学大学院工学研究科修了後、株式会社日本総合研究所に入社。金融系の情報システム開発に従事し、広範囲の開発プロジェクトに参画、チームリーダやプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。営業、マーケティング、商品戦略を中心に、中小IT企業向けのコンサルティングに注力。特にクラウドビジネス分野に強く年間約20本の講演を担当。2014年1月に株式会社シンカを設立。「おもてなし電話」をはじめ、クラウドサービスを中心にITを世界に広めることに注力している。

コラム新着記事

  • 経営者に読んでもらいたい一冊③ 『自己愛過剰社会』

    現代人の傾向としてあげられるのが「自分のことが大好き、自分を実際以上に素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい」。企業の発するメッセージにも同様の傾向が出てきています。とくにSNSを通じたPR活動において顕著です。さてその流れをどう分析すればよいのでしょうか?

    2018年8月9日

    長沖竜二

  • 小売業から観光業へ進出!地元と連携し、新たな観光づくり

    京都丹後エリアでリゾート事業を展開する株式会社にしがきは7月、新感覚の体験型リゾートを謳う「シエナヒルズ」をオープンさせました。ここを拠点として、これまでなかった「地域ぐるみ」の観光開発で地域活性化、地方創生につなげようとするプロジェクトです。こうした試みが日本の新たなリゾートのモデルとなり得るのか注目されます。

    2018年8月7日

    水津陽子

  • 中小企業こそ導入したい! 最近話題の「RPA」って何?

    中小企業にとって、「人材採用」による人的リソース不足の解消はなかなか解決しない問題です。解決できなければ、現在自社で働いている社員により効率よく多くの業務を担ってもらう他はありません。とはいえ、それぞれの社員が働ける時間には限りがあります。「働き方改革」の流れの中、仕事が増えるからといって労働時間を増やすようなやり方は、時代に逆行しているといえるでしょう。人を採用せず、今いる社員の労働時間も増やさず、人的リソースに対処する。そのための切り札として今期待されているのが、RPA(Robotic Process Automation)です。

    2018年8月2日

    コラム

  • アニメ『中間管理禄トネガワ』 ギャンブラーや黒服も仕事に悩む人間のひとりなのだ

    アニメ『中間管理禄トネガワ』は、消費者金融を主体とする日本最大級のコンツェルン・帝愛グループの最高幹部・利根川幸雄を主人公とするコメディ作品です。帝愛グループの利根川と聞いて、あの漫画を思い出す人も多いのではないでしょうか。そう、利根川とは福本伸行の人気漫画『賭博黙示録カイジ』に登場する悪役の名前なのです。

    2018年7月31日

    成馬零一

  • どうする?事業承継! 貸切バス業界の今すぐ取り組むべき課題

    中小企業の事業承継は日本全体の大きな課題です。バス業界も同様ですが、これまで事業承継はほとんど問題となってきませんでした。しかし、今後は一気に急増することが予測されます。その解決の一助となるのが、貸切バス事業者を対象にした「事業承継支援プログラム」です。

    2018年7月26日

    成定竜一

  • 経営は、毎日、毎月、コツコツと。

    経営者が現場で陣頭指揮を取り、肌感覚で対応できるのは成長前の初期段階だけです。会社が成長するにつれ、経営者は日々の数字を確認していくことが求められます。

    2018年7月11日

    李 日生

  • 経営者に読んでもらいたい一冊② 『戦争にチャンスを与えよ』

    サッカーのフィールド上や土俵上で起こることの行動基準について、一般社会の常識を被せるのがブームとなっています。道徳や精神を世の中で一本化するというのは、“わかりやすく”“便利で”“正しい”とは思いますが、経営という場面でそれが絶対的に正しいアプローチなのかどうかはわかりません。

    2018年6月29日

    長沖竜二

  • はじめまして。「おもてなし電話」の江尻高宏と申します

    中小企業の経営者によるコラム。本日から新しく寄稿してくれるのは、「おもてなし電話」というクラウドサービスを提供している株式会社シンカの江尻高宏さんです。

    2018年6月25日

    コラム