健康睡眠が日本の生産性を上げる! 寝具業界を変える高品質適正価格のマットレス

日本の“睡眠文化”に新たな価値を吹き込む/ライズTOKYO

2018年7月23日
これまで機能性敷布団やマットレスといえば高額なものが多く、一部の人にしか手の届かない高級品という印象でした。しかし反発性能が高い素材のマットレスの登場によって、その壁が崩されようとしています。そんな活性化する寝具業界にあって、『良い寝具を正しい価格で』をうたい、急速に消費者の支持を集めている企業があります。2011年創業の「ライズTOKYO」です。

ライズTOKYO株式会社 代表取締役社長 宮崎誠司さん。活性化する寝具業界にあって、『良い寝具を正しい価格で』をうたい、急速に消費者からの支持を集めている

近頃、様々な場所でベッドのマットレスやその広告を見る機会が増えていませんか? 量販店だったり、アスリートが登場していたり、機能性がうたわれていたり・・・。これまで機能性敷布団やマットレスといえば高額なものが多く、一部の人にしか手の届かない高級品という印象でした。しかし反発性能が高い素材のマットレスの登場によって、その壁が崩されようとしています。何よりも価格がリーズナブルなこと。それが市場を広げる大きな要因となりました。そんな活性化する寝具業界にあって、『良い寝具を正しい価格で』をうたい、急速に消費者の支持を集めている企業があります。2011年創業の「ライズTOKYO」です。ライズTOKYOがクローズアップされているのにはもうひとつの理由があります。現代人にとっていかに眠ることが大切であるか? この問いかけへのの答=「健康睡眠」が徐々に消費者の心を捉えているのです。ライズTOKYO株式会社 代表取締役社長の宮崎誠司さんに聞きます。

健康ブームが活性化させる寝具業界

ーー寝具というジャンルのなかで、特にマットレスなどの機能性寝具が人気を集めています。

機能性寝具というより健康ブームが導いた状況かもしれません。睡眠と健康の関連でいえば、昨年の新語・流行語大賞のトップ10にも「睡眠負債」が入りました。

以前の寝具業界はあまり目立たない存在でした。しかし、世の中の健康志向が牽引する形でビジネスが活性化しています。そのことによって「健康寝具は高額だ」「一部の富裕層のためのもの」という壁が壊れ、一般に身近になったのです。

ーー機能性をフィーチャーするという点では、ファストファッションの流れと同じですね。

アパレル業界に比べると10年ほど遅れてはいますが、トレンドも取り入れるようになり、お客様がより身近に感じられるジャンルになってきました。「ひんやり寝具」というような今まで想像がつかなかった商品も売れています。10年ほど前の百貨店の寝具・ベッド売り場を思い出してみてください。手の届かない高額商品が並び、お客様が立ち寄り難い雰囲気でした。いまでは家電量販店でも寝具売り場があります。商品の幅が広がり寝具業界はさらに活性化していくはずです。

良い寝具を正しい価格で

「高額で手の出ない製品を、品質は保ちつつカスタマイズして適正価格で提供する」。これがライズTOKYOのモットーだ

ーーライズTOKYOは『良い寝具を正しい価格で』を掲げ、寝具会社のなかでも存在感を高めています。

高額で手の出ない製品を、品質は保ちつつカスタマイズして適正価格で提供することがモットーです。ライズTOKYOは、いまある「もの」に、新たな素材やデザインや価格を掛け合わせることで、新たな価値を生みだしてきました。そのハイブリッドな発想力が、私たちの強みだと思います。お客様は「もっといい商品」「もっと安い商品」を探してネット検索します。そこで私たちの商品にたどり着くといういい流れが生まれています。

もちろん競合社も増えています。しかしこれまで寝具については競争もなかったし、商品を検証する方法もありませんでした。それがネットによるオープン化で誰の目にも明らかになってきたのです。そして競争も激化してきました。

ーー「睡眠文化」についての発信をされていますね。

日本の消費者は世界一厳しいとよくいわれます。そのため「もの」だけにこだわるのではなく、「こと」が重要になってきます。製品をつくるにあたっては睡眠のあり方、もっといえば健康まで掘り下げないとお客様に届かないのです。私たちは質の高い睡眠を「健康睡眠」と呼んでいます。もちろん寝具がすべてを補えるわけではありませんが、睡眠の質によって明日のパフォーマンスにどれほど影響があるかなどをお話ししています。

ーー寝具と健康を結びつけて考えるきっかけは何だったのでしょうか。

私は30歳のとき胃がんで入院しました。生きるか死ぬかを経験したことで、健康の大切さを痛感しました。それが健康寝具を考えるスタートでした。病を克服した時に「私は生かされている」と神様に告げられたような気持ちになりました。私が生かされた意味は人の役に立つため。今の自分にとっては、それが「健康睡眠」を伝えることなんです。

機能性マットレスが話題になり始めた時、各社の製造原価を調べたんです。「あれ? そんなに高くない」。製品自体はすごくいい。でももっと安い価格で販売できるのになぜこんなに高いのかという疑問がわきました。これではかつてと同様、一部の人にしか届かなくなってしまう。この状況を自分が変えたいと考え、ライズTOKYOで健康寝具をつくることにしたのです。

働き方改革から「睡眠改革」へ

ODMメーカーとして鍛えられたのが生産のローコストオペレーションだ(写真は工場)。「質を保ちながら他社よりも圧倒的に価格を抑えた製品を生むことができました」(宮崎さん)

ーービジネスとして成功する確信はあったのでしょうか。

私には根拠のない自信が常にあるんです(笑)。生産のローコストオペレーションはB2BのODMメーカーとして鍛えられました。コスト競争力はあったんです。価格とはかかったコストの足し算です。それで計算すると正しい価格になるわけです。その結果、質を保ちながら他社よりも圧倒的に価格を抑えた製品ができました。

認知がない分、信頼を得るまで苦労することは覚悟していました。しかし、ものだけでなく睡眠の必要性を伝え続ければ、絶対にお客様に伝わると思っていました。ひとつだけでなく、何本かの販売ルートを確保しました。B2Bではホテルや学校との取り組みなどがあります。

ホテルとベッドというと、高級ホテルを思い浮かべる方が多いかもしれません。しかしそれは日常とはかけ離れています。私たちが取り組みたいのは一般の方が泊まるホテルです。けれども、普通のホテルには、まだ機能性マットレスがあまり導入されていません。特にビジネスホテルは、お客様の滞在時間8時間のうち6時間が睡眠に当てています。「寝るための場所なのだからそこを充実させましょう」とお話ししています。

最近力を入れているのが企業への福利厚生関連です。セミナーやレクチャーなどのキャラバンをやっています。働き方改革から休み方改革への流れのなか、そこに「睡眠改革」も入れていきたい。ビジネスパーソンのパフォーマンスをあげないと生産性も上がりません。

ーー睡眠のセミナーや講習会など、地道とも言える活動です。

遠回りが一番の近道なんです。もし創業すぐに成功していたら、何かちょっとしたことできっとつまづいて終わっていたと思います。

最近力を入れているのが企業への福利厚生関連だ。セミナーやレクチャーなどのキャラバンを開いている。「働き方改革から休み方改革への流れのなか、そこに『睡眠改革』も入れていきたい」(宮崎さん)

買う側に立った品質のありかたが求められる時代

ーー桑田真澄さんや高橋尚子さんと製品開発の取り組みをされていますね。

現役バリバリのアスリートに出ていただくのは私たちのやりかたではありません。桑田さんも高橋さんもともに有名選手でしたが、いまは引退されています。ライズTOKYOはすべての人のための寝具メーカーです。アスリートとしての視点を踏まえながら、「父親として」「女性として」「学生として」などの多様な視点から商品を開発し、睡眠の大切さを伝えたいのです。

ーー宮崎さんも高校球児だったとか。

学校は違いますが、私は桑田さんより2つ学年が下です。高校は甲子園に出場できました。ぼくはアルプススタンドだったんですけどね(笑)。高橋さんは実は同じ高校出身なんです。

桑田真澄さんや高橋尚子さんと製品開発の取り組みを行っている。「アスリートとしての視点を踏まえながら、『父親として』『女性として』などの多様な視点から商品を開発し、睡眠の大切さを伝えたい」(宮崎さん)

ーー価格競争も激化しています。ものづくりとのバランスはどう取りますか。

すべてはお客様視点です。買う側に立った品質のありかたが求められる時代です。利幅が足りないので何かを削るということはしません。そんなことをするくらいなら製品をつくらないほうがいい。為替の変動や配送運賃の値上げで製造コストが上がることもありますが、そうなったらそれをお客様にきちんと説明して、その分をいただけばいいのです。価値を認めていただけたら、お客様は買ってくださいます。逆にコストが下がったら下げればいいんです。全部直球でいいんです。

健康寝具を知らない方はまだたくさんいらっしゃいます。その存在や適性な価格を知れば、必ず興味を持っていただけるはずです。まだまだ伸びしろがあると思っています。

宮崎さんが健康寝具を考えるスタートは、胃がんで生きるか死ぬかを経験したことだった。病を克服し「私は生かされている」と考えるようになったという。「私が生かされた意味は人の役に立つため。今の私には、それが「健康睡眠」を伝えることなんです」


  • ~HJ HJ EYE:9~会社の新しい枠組み「ポジティブメンタルヘルス」

    HANJO HANJO編集部が中小企業のビジネスに関わるキーパーソンに、中小企業の現在を問う「HJ HJ EYE」。今回は、企業におけるメンタルヘルスの向上を目指す「健康いきいき職場づくりフォーラム」の代表で、東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野教授の川上憲人さんに、中小企業における職場環境のあるべき姿について話を伺った。

執筆者: 加藤陽之 - HANJO HANJO 編集長
コンピュータ関連の出版社からキャリアを始め、カルチャー雑誌などの編集長を歴任。これまで数多くの著名人をインタビューしてきた経験を活かし、HANJO HANJOでは中小企業経営者の深く掘り下げた話を引き出し続ける取材の日々。

インタビュー新着記事

  • 地方創生、こんなITが欲しかった! 地域経済の好循環をウェブで実現させる会社

    地方創生の切り札と目されるIT。都市部の大企業では、AI、ロボット、IoTが導入され、様々な業務を自動化しつつありますが、地方にはまだその恩恵は行き渡っていません。しかし、3Dプリンタやドローンの登場など、テクノロジーの民主化がその壁を打ち破ろうとしています。それら最新のITをウェブの技術を使って、ローカル・コミュニティーの活性化につなげようとするソフト開発会社があります。東京大学在学中に創業し、今年で11年目を迎えた「株式会社リアルグローブ」です。

    2018年8月10日

    インタビュー

  • 仕事も遊びもどちらも「オン」! 社内クラブ活動が人生を豊かにする

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「第19回サバニ帆漕レース」が、6月23-24日に開催されました。そのサバニ帆漕レースに、会社のクラブチームとして参加しているのがシステム開発の「株式会社アルファ・ウェーブ」です。会社には数多くのクラブがあり、その活動が仕事だけでなく社員の人生そのものにも大きな影響を与えているといいます。

    2018年8月3日

    インタビュー

  • IoTを本気で日本に普及させる! 通信インフラを牽引する異色ベンチャー

    「IoTの時代が到来した」。ここ数年来、この言葉を幾度となく耳にしてきました。しかし騒がれているわりには、日本でIoT製品を目にすることはあまりありません。日本のIoTビジネスがなかなか進展しない理由のひとつが、通信インフラが整っていないことにあります。この状況を変える通信サービスで注目されているベンチャー企業があります。昨年、起業した「センスウェイ株式会社」です。

    2018年7月30日

    インタビュー

  • マニュアルを革新する! 会社独自のノウハウを「見える化」で組織は進化する

    マニュアルと聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 電化製品やPC関連、あるいは接客のための読みづらい手引書・・・。しかし、そんなマニュアルのイメージを一掃し、新たなビジネスサービスとして提供している会社があります。「2.1」は会社に眠っている独自のノウハウをマニュアルによって可視化〜習慣化させ、業務の効率化や社内コミュニケーションの活性化をサポートすることで注目を集めています。

    2018年7月6日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中!ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【後編】

    縮小する印刷業界にあって、ダイレクトメールに一点集中することで売上げを伸ばしているのが「株式会社 ガリバー」です。後編では、代表取締役の中島真一さんの半生に焦点をあて、何が現在の会社経営につながったかを探ります。

    2018年6月22日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中! ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【前編】

    衰退する産業のひとつとしてよく取り上げられる「印刷業」。しかし、業界全体が厳しいなかでも、活路を見つけ、蓄積したノウハウと資産で、印刷の新たな未来を提示する会社があります。横浜にある「株式会社 ガリバー」です。そこには「一点集中」の戦略がありました。

    2018年6月20日

    インタビュー

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

    2018年6月13日

    インタビュー

  • 100年続く老舗建設会社の4代目は元テレビマン。伝統と革新で時代とあゆむ

    日本には数多くの「100年企業」があります。そこには底通する「何か」があります。今回ご紹介する株式会社三木組は、明治30年に福井県に創業、大正12年、横浜に進出し、昨年120周年を迎えた「100年企業」です。5年前に創業家から三木康郎さんが4代目社長として就任、元テレビ局員という新たな視点から会社の変革に乗り出しています。三木社長に話を聞きます。

    2018年6月7日

    インタビュー