成功するダイレクトマーケティングは「デジタル」と「紙」の併用!

相乗効果で顧客獲得を最大化する〜「CCCマーケティング」の事例から〜/販促・マーケティング総合展

2018年7月17日
デジタルだけが時代のすべてではありません。古いと思われている紙メディアが今、見直されています。紙とデジタルを組み合わせたPRや広報が効果を上げています。メディアの枠にとらわれない柔軟なダイレクトマーケティングについて、「CCCマーケティング」の成功事例からひもときます。
 販促・マーケティングに関わる商材を比較検討しながら揃えることができる総合展示会『販促・マーケティング総合展』が2018年7月4日〜6日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。
 販促EXPO、店舗販促EXPO、営業支援EXPO、広告宣伝EXPO、Web販促EXPOの5つの専門展で構成された『販促・マーケティング総合展』では、販促に関わるチラシやDMの印刷サービス紹介や、ノベルティや什器、POP、デジタルサイネージなどの見本が数多く展示され、3日間で訪れた来場者は38420人と大盛況。また業界の第一線で活躍している講師陣による業界動向や事例が学べるセミナーも多数開催され、こちらも多くのビジネスパーソンで賑わいました。

 今回の記事では7月6日に開催されたセミナー「デジタル×リアル これからのダイレクトマーケティング」の講演より、デジタル時代における紙のDMの活用事例についてレポートします。

CCCマーケティング株式会社 マーケティングプランニングユニット ユニット長 石井大樹さん。「紙のDMはターゲットの好きなタイミングで情報を届けられるメディア」と語る

Tカード情報を蓄積したデータベースと紙のDMを組み合わせて顧客獲得

 セミナーのテーマは「デジタル時代のDM(ダイレクトマーケティング)戦略」。ありとあらゆるものがデジタルデータ化されている現代社会ですが、デジタルが万能というわけではありません。紙メディアも利用することによって、相乗効果が高く柔軟なマーケティング戦略が可能となります。

 今回、講師として登壇したのはCCCマーケティング株式会社のマーケティングプランニングユニット ユニット長である石井大樹さん。CCCマーケティング株式会社は蔦屋書店やレンタルのTSUTAYAでお馴染みのカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社のグループ会社です。

 TSUTAYAといえば、すぐに思いつくのが「Tカード」です。TSUTAYAだけでなく、コンビニやガソリンスタンドなど全国88万店舗でポイントを貯めることができるTカードは、2018年5月末のアクティブ・ユニーク会員数が6700万人。実に日本人の2人に1人が持っている計算になります。

 そしてTカードは単に利用者がポイントを貯めるだけのカードではありません。利用者がカードを使うことによって購買データや属性(年齢・性別・居住地域・子どもの有無など)、さらにはテレビと連動することによって視聴データまでを収集し、「ビッグデータ」としてデータベースに蓄積することができるのです。CCCマーケティングではこのデータベースを分析・活用しながらDMやウェブ広告などのさまざまなマーケティングを手がけているそうです。

 例えばCCCマーケティングでは「Tカード会員6700万人の属性や購買データを掛け合わせることで販促に活用できる」という旨のDMを休眠クライアント180件に送ったところ、41件との商談に成功(レスポンス率22.7%)し、さらに6社で受注が確定したという事例があったそうです。大きな特徴は「クライアントの業種別に9種類用意」したDMを、開封率が高く直感的に理解できる「絵本」の形で作ったということです。ちなみにこのDMは2018年3月の日本DM大賞で金賞を受賞しました。

 「紙というのは活用次第で高い訴求力をもたせることができます。この人を動かす力をデジタルとどう併用していくかがこれからのDM戦略の課題となります」(石井さん)

販促・マーケティングに関わる商材を比較検討しながら揃えることができる総合展示会『販促・マーケティング総合展』

紙のDMがデジタル広告よりも優れている3つのポイント

 ところでデジタル全盛の現代において、なぜ紙のDMはこれほどまでに強く人を動かすことができるのでしょうか?

 石井さんは他のメディアよりも紙のDMが優れている点として、3つの特徴を紹介してくれました。1つ目は住所と名前が書かれていて自宅に届くという「個人の特定性」。2つ目は視覚・聴覚だけでなく五感に訴える「リアルなモノが届く」ということ。そして3つ目はどんどん流れていくテレビやウェブの広告と違い、紙のDMは手元に残るという「寿命」。これはウェブを閲覧している、あるいはテレビを見ているときにパッと差し込まれる広告とは違い、捨てない限り自分の好きなタイミングでDMを見ることができるということを意味します。

 また近年のデジタル広告はランディングページに飛ぶ母数を増やすためのKPIとして、「いかにクリックさせるか」というところに重点が置かれています。スマートフォンを見ていたら突然広告が表示され、意図せずにクリックしてしまった……という経験は誰にも一度はあるのではないでしょうか? その結果「デジタル広告は見たくないし邪魔なもの」という認識が生まれています。これもデジタル広告より紙のDMの方が優れている理由の一つかもしれません。

 「ターゲットの好きなタイミングで情報を届けられるメディアというのはなかなかありませんが、紙にはそういう力があります。ですからこういう部分を上手に使わずに、わざわざ郵送コストをかけてDMを送るのはもったいない、ということを意識する必要があります」(石井さん)

日々進化を続けるデジタルメディアと、リアルな「モノ」である紙のDM。特徴がはっきりしている今こそ、それぞれが持つメリット・デメリットを理解し、最善の一手を打ち出す必要がある

一つのメディアに頼っていては顧客を獲得することはできない時代

 前述のような「デジタル広告は邪魔なもの」という認識は、デジタルだけですべてを完結させようとした結果生まれた矛盾である、したがってこれからは紙のDMとの組み合わせが必要であると石井さんは話します。

 例えばオンラインショッピングで顧客がカートに商品を入れたまま離脱した場合、24時間以内に商品DMを発送するという取り組みを行っている企業があります。このようにターゲットに対して即時性の高いアプローチをして反応率を上げることが重要となります。

 またデジタル時代の現代において、リアルなイベントによる体験がマーケティング上の重要なポイントとして注目を集めています。例えばモーターショーなどの大きなイベント会場で「Tカードを機械に通したら5ポイント差し上げます」という企画をすると、来場者が80万人いたらそのうちの8万人、つまり10%の人はカードを通すそうです。カードを通すことで属性情報を始めとするさまざまな情報を可視化できるので、その情報を元にプロモーション活動と連動させることが可能となります。このようにデジタル上では味わうことのできないリアルな体験は想像以上に大きな力を持っています。その場限りで終わらせず、いかにイベント後のアプローチにつなげるかを考える必要がありそうです。

 最後に石井さんは「この情報は紙でとか、デジタルから取るといったことを生活者は意識していません。あくまで購買プロセス上、適切なタッチポイントがあるというだけです。また生活者も賢くなり、情報やツールがあふれている中で単一のメディアだけで行動を起こさせるのは難しくなってきています。したがって購買プロセス全体の中でどのメディアに何の役割を持たせるかをきちんと設計し、それぞれに適切なKPIの設定・検証が必要となるでしょう」と締めくくりました。

 日々進化を続けるデジタルメディアと、リアルな「モノ」である紙のDM。特徴がはっきりしている今こそ、改めてそれぞれが持つメリット・デメリットを理解し、最善の一手を打ち出す。これこそがデジタル時代に求められるDM戦略なのではないでしょうか。

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)
執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 混迷の時代を生き残る会社の「社長力」とは?

    「会社に良い悪いはない。社長に良い悪いがある」。そう言い切るのは株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役社長CEOの小宮一慶さん。大学教授として会計や経済の教育に携わる一方で、140冊以上の多岐にわたる著書を発表しています。「世の中には経営という仕事があります。この経営という仕事を知らない社長さんが意外なほど多い。経営の仕事とは『方向付け』『資源の最適配分』『人を動かす』の3つを実行することです」と小宮さんは話します。

    2019年2月18日

    イベントレポート

  • 中小製造業の強い味方! 新製品開発のクラウドファンディング活用術

    「クラウドファンディング」という言葉を耳にすることが多くなりました。新しい製品やサービスやプロジェクトを実現するために、専用のサイトを通じて資金調達をする方法です。一般的には消費者向けの新商品開発がメインですが、BtoBメーカーが高い技術を使ったBtoC向け製品をアピールする場としてクラウドファンディングを使うことは効果があります。中小企業がクラウドファンディングを利用するために知っておくべきことは何なのでしょう? サイバーエージェントグループのクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」から考えます。

    2019年2月14日

    イベントレポート

  • 赤字路線からブランドへと成長した「いすみ鉄道」の発想と戦略

    廃線寸前の赤字路線からブランドに変貌した千葉県房総半島を走る「いすみ鉄道」。現在ではさまざまなメディアで取り上げられ、鉄道ファンのみならず多くの人が訪れる強力な観光コンテンツに成長しました。沿線には目的地になるような場所がないため、外部から人が来ることはほとんどありませんでした。そこで発想の転換をしたことが成功を導きました。

    2019年2月12日

    イベントレポート

  • マンガ・アニメと現実世界の境界にある「2.5次元文化」をビジネスに応用せよ!

    「2.5次元文化」とは、マンガ・アニメ・ゲームなどの2次元の虚構の世界と、身体性を伴った経験を共有する3次元の現実世界の境界にあるカルチャーのこと。舞台、ミュージカル、コスプレ、コンサートなどさまざまなコンテンツとして提供されていて、国内外を問わず熱狂的な支持を得ています。これらのコンテンツは、アニメの舞台となった街を訪れる「聖地巡礼」といったツーリズムとの相性もよく、海外でも強い人気を博しています。マンガ・アニメ・ゲームーーこれらのコンテンツを2次元だけではなく、2.5次元の世界で活用することが、地域活性やインバウンド誘致の新たなファクターとなりそうです。

    2019年2月1日

    イベントレポート

  • 地域活性の切り札になるか? 自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」人気上昇の秘密

    「フォレストアドベンチャー」をご存知でしょうか? 元々はヨーロッパ発の「自然共生型アウトドアパーク」を指す名称ですが、その特徴は森を森のまま活用できる商業施設という点にあります。大規模な開発が不要なので、遊休森林や夏季のスキー場を有効利用するのに最適です。日本でも2006年に自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」が山梨県富士山麓にオープンし、現在までに30ヶ所を超えるパークがオープンしています。日本にはまだまだ自然豊かな場所が数多く残っています。自然共生型アウトドアパークを地域活性につなげるにはどんな道筋が考えられるのでしょうか?

    2019年1月28日

    イベントレポート

  • 「発足当時に匹敵する覚悟で、生産性運動を再起動する」/日本生産性本部 年頭会見

    1月9日に日本生産性本部の正副会長による年頭会見が開催されました。平成が終わり文字通り新しい時代の幕開けを迎える2019年、会長の茂木友三郎氏からは「発足当時に匹敵する覚悟をもって生産性運動を再起動する」という言葉とともに、5つの柱からなる日本生産性本部の中期運動目標が発表されました。

    2019年1月23日

    イベントレポート

  • 地方で戦うための集客戦略とは? 工場テーマパーク「おやつタウン」の狙いを探る!

    地域活性化の手法のひとつとして「工場テーマパーク」が注目を集めています。特に食品製造業は消費者に近い存在であることから、工場を体験型のアミューズメント施設化するだけでなく、製品購入につながるブランディング効果も期待できるのが大きな特長です。今夏開業予定であるおやつカンパニーの「おやつタウン」から、工場テーマパークの集客戦略を探ります。

    2019年1月21日

    イベントレポート

  • 増え続けるムスリム訪日客、キーワードは「食事」と「お祈り」!

    日本を訪れるムスリム(イスラム教徒)の観光客が増えています。東南アジアや中東に多く住むムスリムは世界人口の1/4にも及び、日本を訪れるムスリムが増えるということは大きなマーケットのチャンスがあると言えます。日本におけるハラル(イスラム)ビジネスの先駆者である佐久間朋宏さんの話からビジネスへの具体的対応を抽出します。

    2019年1月17日

    イベントレポート