経営は、毎日、毎月、コツコツと。

2018年7月11日
経営者が現場で陣頭指揮を取り、肌感覚で対応できるのは成長前の初期段階だけです。会社が成長するにつれ、経営者は日々の数字を確認していくことが求められます。

 「継続こそが力なり」や「毎日コツコツと地道に努力を続けることが成功への近道」といった言葉を、仕事の現場や子供に言い聞かせているのをよく耳にします。実は経営も毎月コツコツと積み重ねることが重要です。
 
 経営者が現場で陣頭指揮を取り全てを把握している初期段階においては、自身のアタマの中にすべての情報・状況がインプットされているので、経営数字をコツコツと見ることはそんなに必要ありません。
 
 しかし会社が成長すると、従業員も増え、やがて自分以外の人間に仕事を任せることになります。そうすると経営者は現場の情報からどんどん疎くなってしまいます。

 では、成長期に入り現場と距離ができたとき、経営者はどういう態度で経営にのぞむべきなのでしょうか。

 まず最低でも月次でしっかり損益計算書を正確に作成するべきです。「前月との変動はなにか?」「変動の原因はなんなのか?」「前年同期比でどう比較できるか?」。

 毎月コツコツとこれらの分析を続けていき、「いいこと悪いこと」「短期的に対応しなければいけないこと」「長期的に対応していくべきこと」など経営課題を常に設定・改善していくことが大事です。
 
 時代は以前とは比べ物にならないほどのスピードで変化しています。年次の損益計算書をみて「去年よりどうだった」というような悠長な対応では、会社が時代から取り残されることは明らかです。現代のビジネスの速度感で考えれば、取り返しのつかない事態を招く可能性すらあります。

 中小企業の多くは10年以上生き残れないとよく言われます。仮にいま黒字だとしても、全体の数字をしっかり見ていくことができないと、経営課題の気づきすら生まれてこないでしょう。そしてそのまま会社が立ちいかない状況に陥ることになってしまうかもしれません。

 短期的な即応能力、次に来る長期的な設備投資、そのための資金調達・・・経営課題は次から次へと押し寄せてきます。その場しのぎではなく、毎月コツコツと積み重ねた経験と情報量が適時の経営判断を可能にするのです。
 
 月次で数字がとれていますか? 日次で売上げ数値があがっていますか?

 経営者が必要とする情報をすぐに取れる体制にしていきましょう。会社を成長させるためには、肌感覚の経営からコツコツと数字を見ることへと経営者自らが変わっていくことが求められるのです。
  • 会計ってなんだろう?

    4月から新年度の企業さんも多いかと思います。これを機に「会計ってなんなんだろう?」をあらためて考えてみてはいかがでしょうか。

執筆者: 李 日生 - プレジデントタイム株式会社 代表
慶應義塾大学経済学部卒業後、公認会計士試験合格、監査法人トーマツ国際部に入社・配属。国際企業(商社・通信事業会社・運輸会社等)の連結会計やM&Aを担当、中小企業の経営コンサルティングも数百社経験する。現在はプレジデントタイム株式会社、神宮前アカウンティングファーム株式会社、株式会社H HOLINGS、有限会社ルーベ、神宮前会計を主宰。会計・税務・経営・飲食・不動産等、実際の経営者として代表取締役視点で多岐に及ぶ経験を重ねている(「頭でっかちの机上の空論が大っ嫌い」を自認)。近刊に『忙しい社長を救う経理改革の教科書』(幻冬舎)がある。

李 日生新着記事