経営は、毎日、毎月、コツコツと。

2018年7月11日
経営者が現場で陣頭指揮を取り、肌感覚で対応できるのは成長前の初期段階だけです。会社が成長するにつれ、経営者は日々の数字を確認していくことが求められます。

 「継続こそが力なり」や「毎日コツコツと地道に努力を続けることが成功への近道」といった言葉を、仕事の現場や子供に言い聞かせているのをよく耳にします。実は経営も毎月コツコツと積み重ねることが重要です。
 
 経営者が現場で陣頭指揮を取り全てを把握している初期段階においては、自身のアタマの中にすべての情報・状況がインプットされているので、経営数字をコツコツと見ることはそんなに必要ありません。
 
 しかし会社が成長すると、従業員も増え、やがて自分以外の人間に仕事を任せることになります。そうすると経営者は現場の情報からどんどん疎くなってしまいます。

 では、成長期に入り現場と距離ができたとき、経営者はどういう態度で経営にのぞむべきなのでしょうか。

 まず最低でも月次でしっかり損益計算書を正確に作成するべきです。「前月との変動はなにか?」「変動の原因はなんなのか?」「前年同期比でどう比較できるか?」。

 毎月コツコツとこれらの分析を続けていき、「いいこと悪いこと」「短期的に対応しなければいけないこと」「長期的に対応していくべきこと」など経営課題を常に設定・改善していくことが大事です。
 
 時代は以前とは比べ物にならないほどのスピードで変化しています。年次の損益計算書をみて「去年よりどうだった」というような悠長な対応では、会社が時代から取り残されることは明らかです。現代のビジネスの速度感で考えれば、取り返しのつかない事態を招く可能性すらあります。

 中小企業の多くは10年以上生き残れないとよく言われます。仮にいま黒字だとしても、全体の数字をしっかり見ていくことができないと、経営課題の気づきすら生まれてこないでしょう。そしてそのまま会社が立ちいかない状況に陥ることになってしまうかもしれません。

 短期的な即応能力、次に来る長期的な設備投資、そのための資金調達・・・経営課題は次から次へと押し寄せてきます。その場しのぎではなく、毎月コツコツと積み重ねた経験と情報量が適時の経営判断を可能にするのです。
 
 月次で数字がとれていますか? 日次で売上げ数値があがっていますか?

 経営者が必要とする情報をすぐに取れる体制にしていきましょう。会社を成長させるためには、肌感覚の経営からコツコツと数字を見ることへと経営者自らが変わっていくことが求められるのです。
  • 会計ってなんだろう?

    4月から新年度の企業さんも多いかと思います。これを機に「会計ってなんなんだろう?」をあらためて考えてみてはいかがでしょうか。

執筆者: 李 日生 - プレジデントタイム株式会社 代表
慶應義塾大学経済学部卒業後、公認会計士試験合格、監査法人トーマツ国際部に入社・配属。国際企業(商社・通信事業会社・運輸会社等)の連結会計やM&Aを担当、中小企業の経営コンサルティングも数百社経験する。現在はプレジデントタイム株式会社、神宮前アカウンティングファーム株式会社、株式会社H HOLINGS、有限会社ルーベ、神宮前会計を主宰。会計・税務・経営・飲食・不動産等、実際の経営者として代表取締役視点で多岐に及ぶ経験を重ねている(「頭でっかちの机上の空論が大っ嫌い」を自認)。近刊に『忙しい社長を救う経理改革の教科書』(幻冬舎)がある。

コラム新着記事

  • 中小企業こそ導入したい! 最近話題の「RPA」って何?

    中小企業にとって、「人材採用」による人的リソース不足の解消はなかなか解決しない問題です。解決できなければ、現在自社で働いている社員により効率よく多くの業務を担ってもらう他はありません。とはいえ、それぞれの社員が働ける時間には限りがあります。「働き方改革」の流れの中、仕事が増えるからといって労働時間を増やすようなやり方は、時代に逆行しているといえるでしょう。人を採用せず、今いる社員の労働時間も増やさず、人的リソースに対処する。そのための切り札として今期待されているのが、RPA(Robotic Process Automation)です。

    2018年8月2日

    コラム

  • アニメ『中間管理禄トネガワ』 ギャンブラーや黒服も仕事に悩む人間のひとりなのだ

    アニメ『中間管理禄トネガワ』は、消費者金融を主体とする日本最大級のコンツェルン・帝愛グループの最高幹部・利根川幸雄を主人公とするコメディ作品です。帝愛グループの利根川と聞いて、あの漫画を思い出す人も多いのではないでしょうか。そう、利根川とは福本伸行の人気漫画『賭博黙示録カイジ』に登場する悪役の名前なのです。

    2018年7月31日

    コラム

  • どうする?事業承継! 貸切バス業界の今すぐ取り組むべき課題

    中小企業の事業承継は日本全体の大きな課題です。バス業界も同様ですが、これまで事業承継はほとんど問題となってきませんでした。しかし、今後は一気に急増することが予測されます。その解決の一助となるのが、貸切バス事業者を対象にした「事業承継支援プログラム」です。

    2018年7月26日

    コラム

  • 企業の電話対応が劇的に変わる!? CTIの上手な活用方法【前編】

    会社に入ったばかり、新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか? そんな恐怖の電話対応から解放されるサービスがあります。それが 「CTI」です。2回に分けて、CTIのメリットを紹介していきます。

    2018年7月24日

    コラム

  • はじめまして。「おもてなし電話」の江尻高宏と申します

    中小企業の経営者によるコラム。本日から新しく寄稿してくれるのは、「おもてなし電話」というクラウドサービスを提供している株式会社シンカの江尻高宏さんです。

    2018年6月25日

    コラム

  • 「貯める相続」って間違えていませんか?(ファミリービジネスのすすめ)【後編】

    「オーナー経営者が貯金によって老後を過ごすのは間違い」。では、何をもってオーナー経営者は老後を考えればいいのでしょうか。前編では「ファミリービジネス」の有用性を語りましたが、今回はその具体的な方法についてお話しします。

    2018年6月19日

    コラム

  • 「貯める相続」って間違えていませんか?(ファミリービジネスのすすめ)【前編】

    老後の資産運用を考えるうえで、中小企業経営者にとって一番大事なことは、事業承継と相続を切り離して考えることです。後継者がたとえご子息であったとしても、勇退する経営者が適切な退職金を受け取り、持ち株を適正金額で売却することをしかるべきタイミングで行うことが必要です。

    2018年6月18日

    コラム

  • TVドラマ『宮本から君へ』 働く人間なら、誰の心にも必ず「宮本」がいる

    ドラマ『宮本から君へ』は1990~94年にかけて連載された漫画が原作だ。今と比べれば、一生懸命になることはダサいことだと多くの日本人が思っていた時期の作品である。そんな時代にあって、恋愛にも仕事にも純粋で暑苦しい男・宮本を登場させることで、激しい賛否を巻き起こした。当時はバブル景気に浮かれていた日本に対する強烈なカウンターだったわけだが、大きく時代を隔てた2018年の20代に、本作はどのように響くのだろうか?

    2018年6月15日

    コラム