はじめまして。「おもてなし電話」の江尻高宏と申します

第1回/お話ししたい3つのテーマ

2018年6月25日
中小企業の経営者によるコラム。本日から新しく寄稿してくれるのは、「おもてなし電話」というクラウドサービスを提供している株式会社シンカの江尻高宏さんです。

株式会社シンカ代表取締役社長 江尻高宏

 はじめまして。株式会社シンカの江尻高宏と申します。これから月1回のペースで、HANJO HANJOでコラムを連載します。読者の皆様、どうぞよろしくお願いします。

 第1回目ということで、簡単に自己紹介させていただきます。

 私は大学卒業後、大手シンクタンクに入社し、システムエンジニアとしてキャリアを始めました。入社したのは2000年、「就職超氷河期」といわれた時期です。今の売り手市場の就職活動状況とは全く違います。私の就職活動のときは、何十社受けても内定がもらえない学生が周りにたくさんいました。当時、採用担当からよくいわれたのは、「自分の市場価値を磨け」ということでした。“入りたい会社”というより、“入れた会社”で徹底的にスキルアップして自分磨きをしろというものです。今の就活状況だと、入りたい会社の何社からも内定をもらい、どの会社に行こうか悩んでいるという学生の話を耳にしますが、本当にうらやましい限りです。しかし当時の就職超氷河期でも、なんとか私はうまくいき、大手シンクタンクには入れたわけです。そこでは約7年半、金融系のシステム開発に携わりました。
 その後、中小企業向けの大手経営コンサルティング会社に転職しました。約6年半の在籍期間で、2000を超える全国の中小企業の経営者や中小企業の現場を見てきました。転職した当初はなかなかの衝撃を受けました。大手シンクタンク時代では考えることもなかった中小企業の“現場”を目の当たりにしたからです。これが今の“日本の現場”なのだろうと感じたものです。さほどデジタル化も進んでおらず、アナログ作業がとても多い。もちろんそれでも会社はしっかりと回っているのですが、効率化できる余地が多く、ここを改善できれば日本全体の生産性が向上するだろうと確信しました。それにはITしかない。ITなら、日本の中小企業の生産性を飛躍的に向上できる。そう思い、2014年1月に満を持して独立。IT企業である株式会社シンカを創業しました。

 実は、会社を創ることは、コンサルティング時代に考えたものではなく、大学時代に決めていました。私が大学の時にWindows 95が発売され、インターネットがつながり、まさに世の中はお祭り騒ぎ。これは世界が変わる! 変えるにはITをやるしかない! 将来、日本を変えられるようなIT企業を創ろう! そう心に決めたのが大学時代です。
 なお、起業までのストーリーの詳細は、HANJO HANJOでの私のインタビュー記事(↓)をご覧いただければと思います。
  • 固定電話をITで生産性向上につなげる〜CTIを低価格で便利に

    中小企業や小規模事業者では、固定電話でのお客様とのやり取りが経営を支えています。ただ、共有化やデータ化などができず、効率が非常に悪いのが問題でした。生産性向上するにはどうすればいいのか? ITを使ってその答えを出したのが、株式会社シンカの「クラウドCTI『おもてなし電話』」です。シンカ代表取締役の江尻高宏さんに聞きます。

 株式会社シンカはIT企業です。「おもてなし電話」というクラウドサービスを提供しています。「おもてなし電話」は「企業」対「人」のコミュニケーションをシンプルにし、効率化させるサービスです。例えば、お客様や取引先から会社に電話がかかってきたとき、そのお客様名や取引先名、取引内容等の情報が瞬時にパソコンやタブレット、スマートフォンに表示されます。誰からかかってきたのか、どういう取引内容なのかが分かったうえで電話が取れるため、とても効率よく電話ができるようになります。電話業務が飛躍的に効率化されます。

 こういった業務効率化が飛躍的に進むクラウドサービスは世の中にたくさんあり、日々新しいサービスが生まれています。とても面白いサービスがたくさんあります。クラウドサービスを活用することで、「これまでできなかったことができるようになる」のです。今の業務がとても楽しくなります。業務を楽しくするのがクラウドサービスの役目だと思っています。

 本コラムでは、面白いクラウドサービスや、クラウドサービスを活用することでできるようになることをお伝えしていくことを一つのテーマにしていこうと思っています。

展示会でのワンシーン。シンカのメンバーと「おもてなし電話」

 私は、講演やセミナーで全国に行くことが少なくありません。実はこのコラムも伊勢で書いています。伊勢はとてもいいところです。伊勢神宮の幻想的な雰囲気は何ともいえません。今回は仕事で来ていますので、残念ながら伊勢神宮に参拝ができませんでしたが、必ず訪れるべき日本の名勝のひとつだと思います。ちなみに、明後日は、香川に行きます。讃岐うどんを食べてきます。このように、全国に行く機会がありますので、地方のビジネス状況やIT事情などをお伝えすることもテーマにしたいと思います。

出張で訪れた「伊勢神宮」にて

 弊社の提供するクラウド「おもてなし電話」は、コミュニケーションを徹底的にシンプルにするサービスとお伝えしましたが、今、コミュニケーション手法は混沌期に入っていると考えています。ネットの普及やスマホなどの新しいデバイスの登場で、コミュニケーション手段が飛躍的に増えました。実際に会って直接コミュニケーションを行う対話、音声コミュニケーションの電話、テキストのやり取りのメール、そしてライトコミュニケーションとして、SMSやSNS、チャットが普及しました。これらの新しいコミュニケーション手法の登場により、コミュニケーションデバイド(コミュニケーションの格差)が発生しています。世代により得意なコミュニケーション手法が変わり、得手不得手によりコミュニケーションが限られたり、機会が与えられなかったりしています。こういったコミュニケーションの現状や課題、解決方法なども一つのテーマとしてお伝えしていきたいと思います。

 読者の皆様にちょっと役に立つような情報をお伝えしていきます。今後ともお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします!
執筆者: 江尻高宏 - 株式会社シンカ代表取締役社長
関西大学大学院工学研究科修了後、株式会社日本総合研究所に入社。金融系の情報システム開発に従事し、広範囲の開発プロジェクトに参画、チームリーダやプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。営業、マーケティング、商品戦略を中心に、中小IT企業向けのコンサルティングに注力。特にクラウドビジネス分野に強く年間約20本の講演を担当。2014年1月に株式会社シンカを設立。「おもてなし電話」をはじめ、クラウドサービスを中心にITを世界に広めることに注力している。

コラム新着記事

  • 経営は、毎日、毎月、コツコツと。

    経営者が現場で陣頭指揮を取り、肌感覚で対応できるのは成長前の初期段階だけです。会社が成長するにつれ、経営者は日々の数字を確認していくことが求められます。

    2018年7月11日

    李 日生

  • 経営者に読んでもらいたい一冊② 『戦争にチャンスを与えよ』

    サッカーのフィールド上や土俵上で起こることの行動基準について、一般社会の常識を被せるのがブームとなっています。道徳や精神を世の中で一本化するというのは、“わかりやすく”“便利で”“正しい”とは思いますが、経営という場面でそれが絶対的に正しいアプローチなのかどうかはわかりません。

    2018年6月29日

    コラム

  • 「貯める相続」って間違えていませんか?(ファミリービジネスのすすめ)【後編】

    「オーナー経営者が貯金によって老後を過ごすのは間違い」。では、何をもってオーナー経営者は老後を考えればいいのでしょうか。前編では「ファミリービジネス」の有用性を語りましたが、今回はその具体的な方法についてお話しします。

    2018年6月19日

    李 日生

  • 「貯める相続」って間違えていませんか?(ファミリービジネスのすすめ)【前編】

    老後の資産運用を考えるうえで、中小企業経営者にとって一番大事なことは、事業承継と相続を切り離して考えることです。後継者がたとえご子息であったとしても、勇退する経営者が適切な退職金を受け取り、持ち株を適正金額で売却することをしかるべきタイミングで行うことが必要です。

    2018年6月18日

    李 日生

  • TVドラマ『宮本から君へ』 働く人間なら、誰の心にも必ず「宮本」がいる

    ドラマ『宮本から君へ』は1990~94年にかけて連載された漫画が原作だ。今と比べれば、一生懸命になることはダサいことだと多くの日本人が思っていた時期の作品である。そんな時代にあって、恋愛にも仕事にも純粋で暑苦しい男・宮本を登場させることで、激しい賛否を巻き起こした。当時はバブル景気に浮かれていた日本に対する強烈なカウンターだったわけだが、大きく時代を隔てた2018年の20代に、本作はどのように響くのだろうか?

    2018年6月15日

    成馬零一

  • 経営者に読んでもらいたい一冊① 『アリ対猪木』

    新参者は負けてはいられません。若いうちに負けが込むと、益々萎えさせられてしまうひどい時代だからです。それで今こそ読んでいただきたいのが、モハメド・アリ、そしてアントニオ猪木についてです。

    2018年5月22日

    長沖竜二

  • 人口400人の離島が生き残り賭ける「着地型観光」

    兵庫県南あわじ市の離島「沼島」は淡路島の南東、紀伊水道に浮かぶ周囲約9.53kmの小さな島です。かつては「沼島千軒金の島」と称えられるほど繁栄をみましたが、近年は衰退傾向にあります。そんな中、2007年沼島で始まった交流人口拡大による地域活性化の取り組み。沼島の着地型観光は確実に成果を上げつつあります。小さな島の生き残りを賭けた挑戦を追います。

    2018年5月14日

    水津陽子

  • 会計ってなんだろう?

    4月から新年度の企業さんも多いかと思います。これを機に「会計ってなんなんだろう?」をあらためて考えてみてはいかがでしょうか。

    2018年4月6日

    李 日生