得意分野に一点集中!ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【後編】

会社を蘇らせた反発心はどこから生まれたのか?/「ガリバー」

2018年6月22日
縮小する印刷業界にあって、ダイレクトメールに一点集中することで売上げを伸ばしているのが「株式会社 ガリバー」です。後編では、代表取締役の中島真一さんの半生に焦点をあて、何が現在の会社経営につながったかを探ります。
衰退する産業のひとつとしてよく取り上げられる「印刷業」。インターネットに代表されるデジタルメディアの普及によって、メインである紙の需要が将来的に縮小することは間違いありません。しかしそんな流れのなかでも活路を見つけ、これまでに蓄積したノウハウと資産で、印刷の新たな可能性を提示する会社があります。昭和25年、横浜で創業した「株式会社 ガリバー」です。社名はかつて学校や職場で広く普及していた「ガリ版印刷」をもじったもので、印刷の歴史を背負った会社と言えるかもしれません。ガリバーが独自の地位を得たのは、得意とする分野への「一点集中」によるものです。「効果をあげるダイレクトメールならどこにも負けない」。その技術力の提供がワンアンドオンリーの印刷会社へと導いたのです。後編では代表取締役の中島真一さんの半生に焦点をあてます。

ガリバー代表取締役の中島真一さん。ダイレクトメール(DM)の「一点集中」と高い技術力の提供が、ワンアンドオンリーの印刷会社としての「ガリバー」を成長させている

一点に絞ることの意味を学んだ学生時代〜社会人での経験

ーーガリバーは一点集中という戦略で活路を見出しました。ご自身の半生を振り返ってその決断に同期する経験はありますか。

大学時代に始めた競技スキー(アルペンスキー)にのめり込みました。3年の時に学生大会で優勝し、社会人になっても続けました。競技スキーをどこまで突き詰められるかを試したかったんですね。何かに秀でることで父親を見返してやりたい、という気持ちもあったと思います。

スキー種目は一般的に4つに分かれるのですが、国体では大回転だけなんです。だから国体に出ると決めたら、大回転ひとつにしぼってそれだけをひたすら練習するわけです。29歳のときに予選で2位になりました。「このジャンルだけは誰にも負けない」――そういう気持ちをこのときから強く持っていたんですね。

ーー社会人としてはどんなキャリアを積んできたのでしょうか。

大学を出た後、中堅の印刷会社に入りました。10年ほど勤めたときに、学生時代からお世話になっていたスキーショップの社長から「面白い会社があるからそこで働いてみれば」と勧められたのが、スポーツ専門の広告代理店だったんです。以前、父親から「印刷の川上(源流)に行け」と言われていたことを思い出して転職しました。ここでもひとつのジャンルに特化することの意味を考えることになりました。

大学時代に始めた競技スキーにのめり込んだ。「何かに秀でる」「このジャンルだけは誰にも負けない」という気持ちは、社長として会社の経営にあたっている今に続くものだ(写真左は学生時代、右は29歳で国体に初出場した時の中島さん)

「印刷会社は見下されている」という反発心が会社を蘇らせた

ーー二代目として41歳でガリバーに入社します。

私が入社以来、年々売上げが減少していました。父親が「金のあるうちにもう会社をたたもう」と弱音を吐いたことに「何言ってるんですか! ばかなことを言わないでください!」と返しました。今考えると、よくそんな啖呵を切ったなと汗が出てきます。しかし、会社を立て直すのが自分の運命だと思った瞬間でもありました。

ーーその責任感はどこから生まれてきたのでしょうか。

母親もベテランの社員も口を揃えて「それは父からのDNAだ」と言います。でも私にとって一番大きいのは「印刷会社が見下されている」という思いでした。これまでに去っていた仲間たち、就職内定者に蹴られたことーーそういった悔しさからの反発心です。

ーー5年前(2013年)に社長に就任しました。その時、何を思いましたか。

社員の皆さんやその家族が「ガリバーに入ってよかった」と思ってもらえる会社にしようと心に決めました。それはやりがいだけでなく給料や待遇の面でもです。特に若い社員に「ガリバーはすごいな!」と実感してもらえるような仕事を作っていきたい。誇りを持てないと社員は会社に定着しません。プライドも持てない、給料も下がっていくーーそんな環境では長く続けようとは考えなくなります。

今年3月に本社を神奈川新町に移転しました。アクセスが良くなり、通勤や営業、お客様のご来社も楽になりました。そして部署間の垣根をなくすためにワンフロアにこだわりました。「ダイレクトコミュニケーション」を標榜する会社なのだから、まず社内のコミュニケーションが活発にできる環境にしたかったのです。

今年3月に本社を神奈川新町に移転した。部署間の垣根をなくすためにワンフロアにこだわったという。「ダイレクトコミュニケーションを標榜する会社なのだから、まず社内のコミュニケーションが活発にできる環境にしたかった」(中島さん)

ガリバーは印刷を通して「ことづくり」をしている

ーー社長就任後、「ガリバーは私の会社だ」という気持ちは生まれましたか。

そんなことは一度もありません。私は父親の息子にたまたま生まれただけで、たたき上げで社長になったわけではありません。後から会社に入ったのにもかかわらず、特別扱いされて役職にまでつけてもらったのです。「自分の会社だ」という意識など言語道断です。

ーー会社を訪れると社員間の距離が近いことが、あいさつを交わす様子でわかります。

社内は役職や年齢にかかわらず、全員を「さん」付けで呼ぶことにしています。年長だけれど社歴の浅い人もいます。父親のような人を呼びつけるような組織にはしたくない。私自身が社歴の長い社員に対してそんな態度を取れるわけがありません。会社全体が同じ気持ちでいて欲しいのです。

うちはコミュニケーションを社是としている会社です。「おはよう」「ありがとう」などあいさつはコミュニケーションの第一歩です。商品やサービスには会社の人となりが出るものだと思います。

ガリバーのこだわりとしてコミュニケーションという言葉を使うのは、印刷を通して「ことづくり」をしていることを強調したかったからです。私たちは印刷会社であり、印刷を商品としています。しかしお客様に買っていただきたいのは、「印刷から生まれる効果なんだ」ということをいつも社員の方々に話しています。お客様は何を求めているのか? 日常的に考えていないと急に出せるものではありません。

ガリバーを訪れて気がつくのは、社員間の距離が近いことだ。「『(社長が)自分の会社だ』という意識を持つなど言語道断」(中島さん)。写真は中島さんの60歳の誕生日祝いに工場で働く社員の皆さんと

差別は絶対に嫌だ。そのためにも自分たちしかできないことをやり続けよう

ーー中島さんは、会社に限らず社会全体が平等であることを願っているような印象を受けます。

私はいじめられっ子だったんです。年子だった姉のことでもよくいじめられていました。姉は軽い知的障害があり、今でいう特別支援学級に通っていたんです。その姉のクラスが校庭で遊んでいる時、クラスの誰かれとなくくすくすと笑う声が聞こえました。差別は絶対に嫌だという思いはその頃からずっと持ち続けてきました。

うちの関連会社だったデザイン会社での話です。そこの社員は関連会社にもかかわらず、ガリバーの名前を決して口にしないんです。印刷業をひとつ下に見ていたのです。そんな人は世の中にたくさんいます。印刷業をばかにしていることを見返すために、自分たちにしかできないことをやろうという思いが強くなりました。

ーー会社のミッションには、「印刷の可能性」「コミュニケーション」「社会の進歩と発展」という言葉が並びます。

誰がなんと言おうと、人類最大の発明は印刷なんです。グーテンベルグの活版印刷のおかげで書物が生まれました。世界中に文化を広めたのは書物を大量に印刷できて以来のことです。しかし現代人は印刷に速さと安さしか求めていない。それは印刷への冒涜です。厳しい業界と言われても、「私たちが印刷の価値を高めないで誰がやるんだ」というプライドがガリバーにはあります。

「誰がなんと言おうと、人類最大の発明は印刷」と語る中島さん。「私たちしかできないこと」というプライドがガリバーをワンアンドオンリーの会社にしている



  • 知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?

    【記事のポイント】 ▼お客さまが欲しい情報を届けられていないのはお店側が最適なPRメディアを選択していないから ▼ダイレクトメールはお客さまの心をつかむ有効なメディア ▼リピーターは店主の人柄を重視 ▼「年賀DM」は小規模事業者の文化にフィットする

執筆者: 加藤陽之 - HANJO HANJO 編集長
コンピュータ関連の出版社からキャリアを始め、カルチャー雑誌などの編集長を歴任。これまで数多くの著名人をインタビューしてきた経験を活かし、HANJO HANJOでは中小企業経営者の深く掘り下げた話を引き出し続ける取材の日々。

インタビュー新着記事

  • 「社会課題解決」で未来を変える! 企業の挑戦を可視化する、革新的採用プラットフォーム登場(第3回)

    地域企業の価値を何で評価するべきなのか? 働く人のやりがいをかなえるために必要なことは何なのか? その問いに対してまったく新たな視点と具体的な方策によって答えを出した採用プラットフォームが登場しました。「アスタミューゼ株式会社」の「SCOPE(スコープ)」です。連載の最終回では、SCOPEを生み出したアスタミューゼの創業の志や企業理念などについて話を聞きます。

    2019年11月15日

    インタビュー

  • 「社会課題解決」で未来を変える! 企業の挑戦を可視化する、革新的採用プラットフォーム登場(第2回)

    地域企業の価値を何で評価するべきなのか? 働く人のやりがいをかなえるために必要なことは何なのか? その問いに対してまったく新たな視点と具体的な方策によって答えを出した採用プラットフォームが登場しました。「アスタミューゼ株式会社」の「SCOPE(スコープ)」です。今月12日には島根銀行との提携を発表。SBIグループがネットワークしている全国の地域金融機関と協力し、全国47都道府県の未来へ挑戦する地域企業を可視化していきます。

    2019年11月13日

    インタビュー

  • 「社会課題解決」で未来を変える! 企業の挑戦を可視化する、革新的採用プラットフォーム登場(第1回)

    地域企業の価値を何で評価するべきなのか? 働く人のやりがいをかなえるために必要なことは何なのか? その問いに対してまったく新たな視点と具体的な方策によって答えを出した採用プラットフォームが登場しました。「アスタミューゼ株式会社」の「SCOPE(スコープ)」です。SCOPEは日本や世界が抱える「社会課題」を軸に転職者と企業をマッチングさせるプラットフォーム。未来に向けて解決すべき社会課題を105に分類、テーマをわかりやすく見える化することで客観性と信頼性を生み出しています。そしてそれはこれまでの大企業と中小企業という分類や関係性に変更を迫ることになるはずです。

    2019年11月11日

    インタビュー

  • 金融機関と中小企業を結ぶ最強のプラットフォームが、地域革命を起こす!(後編)

    「Big Advance(ビッグ・アドバンス)」の快進撃が止まりません。Big Advanceは、株式会社ココペリが提供する、全国の金融機関が連携して地域企業を支援するウェブのプラットフォームのこと。昨年4月からサービス提供が始まり、月を追うごとに参加金融機関、利用事業者が増えています。ココペリの代表取締役CEOの近藤繁さんに話を聞きます。後編では中小企業への思いや会社設立に至る個人史などにフォーカスします。

    2019年10月25日

    インタビュー

  • 金融機関と中小企業を結ぶ最強のプラットフォームが、地域革命を起こす!(前編)

    「Big Advance(ビッグ・アドバンス)」の快進撃が止まりません。Big Advanceは、株式会社ココペリが提供する、全国の金融機関が連携して地域企業を支援するウェブのプラットフォームのこと。昨年4月からサービス提供が始まり、月を追うごとに参加金融機関、利用事業者が増えています。新たな販路の開拓や他県の企業との連携など、これまで中小企業で手をこまねいていた事業が、Big Advanceの登場でどんどん具体化しています。

    2019年10月23日

    インタビュー

  • 「アメリカ料理」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?(後編)

    アメリカの食文化を伝えるレストランイベント「TASTE OF AMERICA」(テイスト・オブ・アメリカ/TOA)。アメリカの食文化とは何か? さらにはその背景にある歴史とは何か? にまで広がるユニークな催しです。前編に引き続き、アメリカ大使館農産物貿易事務所(ATO)の青木純夫(Sumio Thomas Aoki)さんにアメリカの食文化や背後にある歴史、そして最新の食やレストランのトレンドについて紹介してもらいます。

    2019年10月10日

    インタビュー

  • 「アメリカ料理」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?(前編)

    アメリカの食文化を伝えるレストランイベント「TASTE OF AMERICA」(テイスト・オブ・アメリカ/TOA)をご存知でしょうか? アメリカ発の料理や食材はたくさん日本に入ってきていますが、そこに「アメリカ」という意識を持つことはあまり多くないかもしれません。TOAはそんな状況に変化を加え、アメリカの食文化とは何か? さらにはその背景にある歴史とは何か? にまで広がるユニークな催しとして2011年に始まりました。

    2019年10月9日

    インタビュー

  • まずは「楽しく遊ぶ」ことから! 市役所のサークルを長く続けるコツ

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「サバニ帆漕レース」。海洋文化や造船・操船技術の保護・継承を目的に、2000年より毎年、大会は開催されてきました。今年は記念すべき第20回という節目の大会。そのサバニ帆漕レースに、那覇市役所の新旧職員たちによるクラブチームとして参加しているのが「NAHA NAVI」です。チームを長く続けられた理由は「よんなー(ゆっくりとした)」とでもいうべき部員同士のコミュニケーションがあったからかもしれません。

    2019年8月26日

    インタビュー