「貯める相続」って間違えていませんか?(ファミリービジネスのすすめ)【後編】

2018年6月19日
「オーナー経営者が貯金によって老後を過ごすのは間違い」。では、何をもってオーナー経営者は老後を考えればいいのでしょうか。前編では「ファミリービジネス」の有用性を語りましたが、今回はその具体的な方法についてお話しします。

 前編では「オーナー経営者が貯金によって老後を過ごすのは間違い」ということをお話しました。では、老後のお金の運用として何が正しいのでしょうか。「ファミリービジネス」にその解があります。後編では、「貯金パターン」と「ファミリービジネスパターン」の2つを比べることによって、より具体的に見ていきたいと思います。

 一家=ファミリーの財産を最大化するためには、2世代・3世代で考えることが肝要です。近代における経済の仕組みを前提にすると、相続税の支払いを最小化したいからといって、実際の経済活動を歪めるようやり方は誤りであることを理解する必要があります。

 退職金や自社株の売却代金で一気に現金を手に入れたとしましょう。この時にすべきことは、ファミリーの財産の最大化やファミリーの財産を保護するための資産管理会社を設立することです。そしてファミリーのためだけに資産を運用していくべきです。

 ここで「貯金パターン」のAさんと「ファミリービジネスパターン」のBさんの場合を例に考えてみましょう。

 退職時に2億円の現金を手にした65歳のAさん。都内にある自宅は1億円の評価額、85歳の寿命までに20年間、毎年約1000万円を使うとしましょう。子どもが資産を相続する時、自宅に対する相続税額は小規模宅地の評価減等を使用すると、税金はかからないことになります。20年後に、ファミリー全体では評価額=1億円の自宅だけが残ります。
 
 同じく2億円の現金を手にしたBさん。Aさんと同じく65歳で会社を引退します。やはり都内に1億円の評価の自宅があります。そして新しくファミリービジネスとして不動産で資産管理会社を始めます。金融機関から2億円を調達して4億円の不動産を購入します。年間5%で経営すると、年間収入は2000万円。生活費とするのは役員報酬の1000万円です。1年間の生活費はAさんと同じです。

 借りた2億円は、30年間毎年約900万円の返済計画を組みます。すると85歳時での借入金額は約8000万円となります。しかしその時手元には、価値4億円の不動産管理会社、そして1億円の評価の都内自宅が残ることになります。Aさんと同じく都内の自宅は小規模宅地の評価減等を使用できるので、相続税はかかりません。(資産管理会社の持ち分の評価については、20年かけて贈与や売買をすることによって後継者にしっかりと引継ぎをしておくことを忘れないでください。)

 最終的にBさんは、ファミリー全体では1億円評価の自宅及び、不動産価値4億円の事業用不動産と8000万円の負債ということになります。差引額は4億2000万円のプラスです。仮にBさんが95歳まで長生きした場合、負債はすべて返却していることになるので、ファミリー全体では1億円評価の自宅及び、不動産価値4億円の事業用不動産がまるまる残ります。(家族からも長生きすることが望まれるので、その意味でもファミリーに恩恵がありますね。)

 AさんとBさん、どちらの老後相続対策がいいのか? 一目瞭然、単純明快です。メディアでは「老後生活に一体いくら貯金しなければならないか?」なんていう扇情的な記事や番組があふれていますが、そんなものに惑わされてはいけません。

 中小企業経営者の皆さん、勇退することが終わりではありません。ファミリーのために、そして自分のために、ファミリービジネスという新たなステージで生涯現役を貫いてください!
  • 会計ってなんだろう?

    4月から新年度の企業さんも多いかと思います。これを機に「会計ってなんなんだろう?」をあらためて考えてみてはいかがでしょうか。

執筆者: 李 日生 - プレジデントタイム株式会社 代表
慶應義塾大学経済学部卒業後、公認会計士試験合格、監査法人トーマツ国際部に入社・配属。国際企業(商社・通信事業会社・運輸会社等)の連結会計やM&Aを担当、中小企業の経営コンサルティングも数百社経験する。現在はプレジデントタイム株式会社、神宮前アカウンティングファーム株式会社、株式会社H HOLINGS、有限会社ルーベ、神宮前会計を主宰。会計・税務・経営・飲食・不動産等、実際の経営者として代表取締役視点で多岐に及ぶ経験を重ねている(「頭でっかちの机上の空論が大っ嫌い」を自認)。近刊に『忙しい社長を救う経理改革の教科書』(幻冬舎)がある。

コラム新着記事

  • もうインバウンド集客で悩まない!【第2回】

    訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介する新連載。第2回では、兵庫県豊岡市・城崎温泉の動画プロモーションの成功事例から押さえるべきツボをピックアップします。

    2018年11月12日

    コラム

  • 今どきの新人は電話恐怖症でウツになる!? そして退職!?

    「電話恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか? 電話が鳴ると、緊張して動悸がしたり、ひどいとパニックになったりなど、うまく電話が取れないというものです。この「電話恐怖症」、今どきの新入社員(新人)に増えてきているということをご存知でしょうか?

    2018年11月7日

    コラム

  • 企業インフラ、管理インフラの重要性。

    システムやAIを会計に導入するべきか否か? 恐れてばかりでは会社は前進できません。積極的に管理インフラの構築をして、会社全体が慣れていくことをお勧めします。それは時間を有効に使うことにつながり、競争力を高めることにもなっていくはずです。システムやAI導入は、社員一人ひとりが付加価値の高い仕事へのシフトに向かう第一歩になる可能性を秘めています。 

    2018年11月5日

    コラム

  • 熱海の奇跡! シャッター商店街を人気スポットに変えた戦略

    長らく低迷にあえいできた熱海が復活を遂げ話題となっています。1960年代には年間500万人を超える宿泊客で賑わった一大観光地でしたが、2011年には246万人にまで落ち込みました。しかし、そこからわずか4年、宿泊客数は308万人へ、奇跡とも呼ばれるV字復活を果たしました。その起点の一つとなったシャッター商店街の再生にフォーカス、”熱海の奇跡”を起こした挑戦とその戦略に迫ります。

    2018年11月2日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑤『大本営参謀の情報戦記』

    今年は戦争、特に太平洋戦争の際の日本軍(の失敗)についての本が、ビジネスとの絡みでよく読まれました。そのなかでも定番とも言えるポジションを得ているのが、今月の一冊『大本営参謀の情報戦記』です。文庫本の帯では田端信太郎さんも絶賛されています。70年前の戦史をいま、どうビジネスに活かせばいいのでしょうか? 長沖竜二さんが斜めから読み解きます。

    2018年10月24日

    コラム

  • プログラミング不要で導入可能! チャットボット徹底攻略【後編】

    お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。前編では、チャットボットに何ができるか、また既にビジネスで活用されているチャットボットの事例をいくつか紹介しました。後編では、チャットボットでできることと、作成ツールを紹介しましょう。

    2018年10月17日

    コラム

  • 着地型ツアーのダークホース? 「観光タクシー」の可能性

    インバウンドを加速させるために、着地型旅行や個人旅行をより活性化することが求められています。しかし旅先における二次交通の不在がそれを阻んでいます。二次交通の代表であるタクシーがサービス業としての役割を果たせるなら? 観光需要を掘り起こす道筋を高速バスマーケティング研究所代表の成定竜一さんが探ります。

    2018年10月11日

    コラム

  • 電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

    自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

    2018年9月27日

    コラム