TVドラマ『宮本から君へ』 働く人間なら、誰の心にも必ず「宮本」がいる

恋愛にも仕事にも純粋で暑苦しい男に何を見るのか?

2018年6月15日
ドラマ『宮本から君へ』は1990~94年にかけて連載された漫画が原作だ。今と比べれば、一生懸命になることはダサいことだと多くの日本人が思っていた時期の作品である。そんな時代にあって、恋愛にも仕事にも純粋で暑苦しい男・宮本を登場させることで、激しい賛否を巻き起こした。当時はバブル景気に浮かれていた日本に対する強烈なカウンターだったわけだが、大きく時代を隔てた2018年の20代に、本作はどのように響くのだろうか?

ドラマ25『宮本から君へ』 テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0時57分~ 放送 ((C)「宮本から君へ」製作委員会)

 20代の時に、このドラマと出会っていたら、自分はどう感じていたのだろうか?

 そんなことを考えながら、毎週身悶えしているのが、金曜深夜0時57分(※6月以降最終回までは0時57分スタート)から放送されている『宮本から君へ』(テレビ東京ほか)だ。

 主人公は文具メーカー「マルキタ」の営業として働く新人社員・宮本浩(池松壮亮)。営業スマイルも満足にできず日々、悶々としながら働いていた宮本は、駅のホームで一目惚れした甲田美沙子(華村あすか)と出会ったことで、仕事に対する考え方が次第に変わっていく。
 物語は、宮本と甲田美沙子の不器用な恋愛模様を丁寧に見せていく1〜4話と、先輩の神保和夫(松山ケンイチ)から営業の仕事を引き継ぎ、新規事業のためのコンペ対決の模様を描く5話以降の二部構成になっている。

 一方は恋愛、一方は仕事を描いているのだが、根底にあるのは未熟ながらも、自分なりの美学を持っている宮本が、自分の生き方に筋を通そうとする姿だ。

 甲田美沙子が彼氏と別れたことで二人は親密な関係となっていく。しかし、彼女をつまらない仕事からの逃げ場にすることに、宮本はためらう。同時に、彼女が自分を(失恋のショックからの)逃げ場にしていることを利用して恋人になることを宮本は躊躇する。最終的に甲田美沙子は彼氏と寄りを戻してしまうのだが、このあたりの恋愛模様は実にもどかしい。自分の美学を貫くあまり、甲田とうまくいかなかった宮本に対し、上司や同僚は、相手のことはどうでも良い自分しか愛せない「究極のエゴイスト」と批判する。

((C)「宮本から君へ」製作委員会)

 宮本が嫌うのは、その場の空気に身を任せて、物事を「なぁなぁ」で決めてしまうことだ。帝王製薬の医者向け新薬PR用のクリアファイル1万冊をめぐるライバル会社・ニチヨンとのコンペ対決もそうだ。

 品質とデザインはほとんど同じ製品の対決となるため、見積書を書き直してギリギリまで価格を下げて勝負を挑むものの、ワカムラ文具の島貫部長がニチヨンの営業マンにマルキタ側の入札価格の情報を漏らしたことから、宮本たちは敗北、新規案件は「ニチヨン」の採用がほぼ決定する。

 正式決定となる10日後まで、諦めようとしない宮本に対して「勝負は決まった」と神保は諦めさせようとするが、意地を張る宮本は「このまま終わっていいんですか?」と反発する。
 神保があっさり負けを認めたのは、この仕事がたくさんある案件の一つでしかないからだ。仕事に対する情熱はあるものの、私情は持ち込まず、見極めはしっかりしている。それが大人のやり方だ。

 宮本の仕事の仕方は甲子園を目指す高校野球の選手みたいな一試合完全燃焼型。仕事に対して一直線と言えば聞こえがいいが、周囲がまるで見えていない。

 会社は利益を出してなんぼ。勝ち目のない案件に意地になって他の業務がおろそかになっている宮本のやり方は論外だ。何より宮本は、自分のプライドを満たすためだけに仕事に没頭するのだから周囲はたまらない。

 理不尽な思いを抱えた宮本は営業先で暴力沙汰を起こしてしまい一度どん底まで落ちる。 そんな宮本の無様な姿を徹底的に描くが、その熱意を否定しないのが本作の優しいところだろう。

 高級感のあるデザインを改めて作ることでプレゼンに再挑戦しようとする宮本に対して、神保は熱意を受け止めて、都内のデザイン会社の住所のリストを渡して協力する。

((C)「宮本から君へ」製作委員会)

 原作は『ザ・ワールド・イズ・マイン』や『キーチ!!』(ともに小学館)といった漫画で知られる新井英樹。本作には宮本の父親役で出演している。

 『宮本から君へ』(講談社)は1990~94年にかけて連載。バブルが弾け、日本が不況になっていく時期の作品だが、それでも、今と比べれば景気も良く、会社に務めていれば、食うことには困らず楽しく日々を過ごせるのだから、一生懸命になることはダサいことだと多くの日本人が思っていた。

 そんな時代に本作は、恋愛にも仕事にも純粋で暑苦しい男・宮本を登場させることで、激しい賛否を巻き起こした。

 連載当時、筆者は10代だったので、リアルタイムの読者ではなかった。そのため、当時、20代のサラリーマンが本作をどう受け止めたのかは、実感としてはよくわからない。ただ、週刊誌や漫画評論で話題となっていたことは覚えている。
 当時はバブル景気に浮かれていた日本に対する強烈なカウンターとして本作の泥臭いリアリズムが打ち出されたのだが、大きく時代を隔てた2018年の20代に本作は、どのように響くのか?

 すでに宮本の年から大きく離れてしまった41歳の筆者は、遅れてきた青春を楽しむかのように、時に宮本の純粋さに共感し、時に「それは違うぞ!」と思いながら身悶えしている。

 できれば20代の時に見たかったと思うが、本音を言うと「宮本、わかるぞ!」という気持ちの方が最近は強い。本当は上司の立場で宮本を見守りたいのだが、どうにも前のめりになってしまう。もしかしたら年齢に関係なく、働いている人間の心の奥底には、宮本がいるのかもしれない。


■ドラマ25『宮本から君へ』 
テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0時57分~ 放送
ひかりTV(オンライン動画配信サービス)にて、第1話から最新話まで配信中

  • ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

成馬零一新着記事

  • 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

    連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)は、いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸の女の子がやがて結婚し、寄席を切り盛りしていく姿を描いた物語だ。京都の老舗薬種問屋の長女に生まれたヒロイン・てんを演じるのは若手女優の葵わかな。てんと藤吉の歩みが、そのまま戦前の芸能の歴史となっている。

    2018年2月14日

    成馬零一

  • NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

    NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。

    2017年12月22日

    成馬零一

  • ドラマ「先に生まれただけの僕」から、変わりゆく日本的経営を考える

    日本テレビ系土曜夜10時から放送されている『先に生まれただけの僕』は、35歳の若い校長先生が業績不振の高校を立て直すという異色の学園ドラマだ。面白い授業のできない教師たちはクビになり、勉強のできない生徒たちは切り捨てられていくのではないか? という経営優先の合理化がもたらす負の側面と、そこで犠牲になる側の不安が描かれている。

    2017年11月30日

    成馬零一

  • 映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3」にフロンティアスピリットを見る

    ダンス&ボーカルグループEXILE TRIBEや三代目J Soul Brothersが所属する芸能事務所LDHが中心となって展開している『HiGH&LOW』(以下、『ハイロー』)というプロジェクトをご存知だろうか? 『ハイロー』の魅力は作品の物語もさることながら、このプロジェクトを立ち上げたLDHと会長のHIROの会社としてのフロンティアスピリット、それ自体が巨大な物語として背後に透けてみえることだ。

    2017年10月25日

    成馬零一

  • 朝ドラ『ひよっこ』 美しい「労働観」に人々は理想の職場を重ねた

    今週、最終回を迎えるNHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』。数々の話題を振りまき、今年を代表するヒット作となったドラマだが、見ていて興味深かったのは劇中での「仕事の描かれ方」だ。舞台こそ1960年代だが、本作の労働観は極めて現代的で、さりげないシーンに、とても大事なことが描かれている。

    2017年9月27日

    成馬零一

  • ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

    医療ドラマは今のテレビドラマにおいては刑事ドラマと並ぶヒットコンテンツで、毎クール、必ず一作はあるような状態が続いている。フジテレビ系の「月9」で放送されている『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も今回で三作目となる人気シリーズだ。フライトドクターという特殊な仕事を描いているが、根底にあるのは、真剣に働いている人なら誰もが共感できる「仕事に対する哲学」である。

    2017年8月28日

    成馬零一

  • ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。

    2017年7月7日

    成馬零一

  • ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    「会社のOLが何を考えているのか、イマイチよくわからないんだよね」ーーそんな悩みを抱えている管理職の男性に是非見てほしいのが、ドラマ『架空OL日記』だ。本作は、お笑い芸人のバカリズム(升野英知)が原作・脚本を手がける連続ドラマだ。

    2017年6月16日

    成馬零一