100年続く老舗建設会社の4代目は元テレビマン。伝統と革新で時代とあゆむ

社是を守り通せば、会社は続けていける/「三木組」

2018年6月7日
日本には数多くの「100年企業」があります。そこには底通する「何か」があります。今回ご紹介する株式会社三木組は、明治30年に福井県に創業、大正12年、横浜に進出し、昨年120周年を迎えた「100年企業」です。5年前に創業家から三木康郎さんが4代目社長として就任、元テレビ局員という新たな視点から会社の変革に乗り出しています。三木社長に話を聞きます。
会社の平均寿命を30年ととらえる説があるなか、日本には数多くの「100年企業」があります。100年続くためには、いくつもの理由があります。業種、会社の規模、技術力、革新性、時代背景などです。もちろん、すべての企業がすべて同じ条件であったわけではありません。しかし、そこには底通する「何か」があります。今回ご紹介する株式会社三木組は、明治30年に福井県に創業、大正12年、横浜に進出し、昨年120周年を迎えた「100年企業」です。5年前に創業家から三木康郎さんが4代目社長として就任、元テレビ局員という新たな視点から会社の変革に乗り出しています。神奈川県を代表する企業となった三木組ですが、そこに到るまでに何を大切にし、何を変えようとしているのでしょうか? 三木社長に話を聞きます。

株式会社三木組代表取締役社長 三木康郎さん。昨年創業120周年を迎えた老舗建設会社の4代目。前職はテレビマンという異色の経歴をもつ

「日本人気質」をおさえていれば、会社がなくなることはない

ーー三木組は100年を超えて、神奈川県の建設業界を代表する存在であり続けてきました。長く続いてきた理由は何だとお考えですか。

社是である「努力・誠意・技術・信頼」の四則を愚直にやってきたからだと考えています。社是を守り通せば、会社は続けていけます。私たちの社是に見る「日本人気質」をおさえていれば、どんな業界でも会社がなくなることはありません。

そして副業に走らなかったこと。つまり本業に専念してきた結果とも言えます。三木組では施工部門が営業も行います。現場がいいものを作ればリピーターが生まれます。私たちの強みのひとつは、リピーターのお客様が多いことにあります。長く続けてこられたのは現場あってのことです。

そういう意味で「社員が強み」と言い換えられると思います。社是を実行してくれる社員がいなければ、社是も生きてこないわけですから。

100年以上にわたり継承されてきた三木組の社是。「100年企業」になりえた理由は「社是を愚直にやってきたから」だと三木さんは言う

ーー三木康郎社長は4代目ですね。

祖父、父、兄と続いて、私で4代目です。5年前に兄の後を継ぎました。

ーー前職はテレビマンという異色の経歴です。

大学卒業のとき(1972年)にちょうど「テレビ神奈川(TVK)」が開局したのですが、そこに入社しました。40年後に三木組の経営を自分がすることになるとは思ってもいませんでした。

三木組の社長に就任するにあたって、自分のパソコンにまずインストールしたのが「建設用語集」でした。社内会議に出ないといけないわけですが、半年くらい何もわからなかった。建築業界を探してこんな経歴の社長もいないでしょう(笑)。

でも、テレビ局出身が幸いしたこともあります。建設業界とテレビ業界とではクライアントソースが違うので、新しい営業先を開拓できました。ローカル局ではCMも地元企業の社長さんと直接話をして制作しますから、よく知った間柄も多くいらっしゃいました。ただ、扱う金額はローカル局のCMとは比べ物にならないくらい大きい。予算も3億円くらいから始まります。初めのうちは、記載された「0」の数を数えてばかりいました(笑)。

昭和期に実際に使用されていた三木組の印半纏

明治30年、福井県敦賀市において、三木多助によって創業された三木建設。土木建築と鉄道工事の請負いから会社はスタートした。大正12年、関東大震災直後の横浜に進出した

「がんばって働けば未来はこうなる」と具体的に示すことが重要

ーー社長に就任して会社の何から手をつけたのでしょうか。

まず垣根を超えた「プロジェクト制度」を始めました。そこから出てきた提案のひとつが人事評価制度です。数値化を行い、その評価を給与アップにつなげるようにしました。

社長に就任してすぐ社員と話し合いを持ったときのことです。「ぼくの10年後はどうなるんですか?」と若い社員から質問をされたのです。残念ながらすぐに答えられませんでした。そのとき「がんばって働けば未来はこうなる」と具体的に社員に示すことの重要さを感じたのです。

当時を振り返ると、社員に不安が募っていたように思います。社内の空気も淀んでいました。「何が原因なのか?」ーーそれを「見える化」させないと社員の気持ちが晴れることはないように感じたのです。

ーー「社員の不安が解消された」と実感されたのはどんな瞬間だったのでしょうか。

会話をしたことのない社員同士が頻繁に話すようになってきたときですね。プロジェクトチームを作ったことで、部署間のコミュニケーションが活発になり、会社に対する意識が高まったと思います。

これまで財務の単語を(建設)現場の社員が知ることはありませんでした。しかし部署の壁を超えることで、どの部門の社員もその単語を共有して会社というものを理解するようになったわけです。

チームとして会社に提案が行われるわけですから、経営側もそれを信用しないといけません。提案のうちできることから順に実行していきました。そういったやりとりが続けば、経営側からも社員に対して遠慮なく話ができるようになります。

プロジェクト制度によって、社員全員が会社のことを考えられるようになったのは大きい。たとえば、景気が悪いときに「賞与を払います」と経営側が言っても「私たちの賞与も下げてください」という発言が出ることもありました。

本社がある横浜市神奈川区青木町は江戸時代に神奈川宿として栄えた宿場町。安藤広重の『東海道五十三次』に周辺の景色が描かれもている。老舗企業が立つのは豊かな歴史的背景をエリアである

やってもみないで『事の成否』を疑うな

ーー三木組の建設現場は「大変きれいだ」という評をよく耳にします。

私も現場パトロールをするのですが、そこで必ず言うのは「現場をきれいにしろ、整理整頓された現場であれ」です。きれいに片づけられた現場では事故も少なくおさえることができます。

ーー建設会社は、現場がメインの仕事のため、ほかの業種にはない社内制度設計が必要です。

「一級建築士」などの資格があっての仕事なので、人事交流が難しい業種と言えるかも知れませんね。うちの場合はいま、営業は現場経験者を配置しています。ですから、お客様から「営業さんではわからないでしょ」と言われても、すぐに応対できるようになっています。

ーー現在、神奈川県の建設業界は活況を呈しています。この先の見通しをお聞かせください。

神奈川県が来年、東京都が再来年、人口減少のフェーズに入ります。横浜では新しいマンションは都心に集中しています。横須賀に土地がありますよといって見向きもされません。去年の暮れから売上げが平らになってきました。新たに若い人がマンションを買うのは大変です。新築はこれから少なくなるでしょう。当社では今年からリフォーム事業を始めました。もちろんリフォーム業者は数多くいます。そのなかでカラーを出してやっていこうと考えています。

三木さんがリーダーの心構えとしてあげたのは、「プロデューサー(所長)はディレクター(現場)にやりたいようにやらせろ、ただおさまりはつけろ」。元テレビマンらしい一言だ

ーー新卒を多く採用されています。人を採用するときに何を見ていますか?

一言で言うと「やる気」です。これは「やってもみないで『事の成否』を疑うな」に由来しています。私が小学校から慶応ということもあって、福沢諭吉先生の言葉からの影響です。面接では一人ずつ1時間くらいかけて徹底的に話を聞きます。そうすると、自分の言葉で発しているかどうかがわかります。自分の言葉を持っている人は長続きします。

――一方、リーダーとしての心構えとはどうあるべきかをお話いただけますでしょうか。

現場の所長にはこう言っています。「プロデューサー(所長)はディレクター(現場)にやりたいようにやらせろ、ただおさまりはつけろ」。プロデューサー業務ができれば建設にまつわる他の大抵の業務はできるようになります。


  • 公共工事激減でも建設業が元気なまち(岩手県紫波町)

    地方の衰退はかつてないほど深刻さを増しています。そんな中、持続可能な地域経営のあり方として「公民連携」の手法を取り入れ、町の負担を最小限にする「稼ぐインフラ」投資により税収を増加、公共事業に依存しない地元建設業の育成につなげた町があります。

執筆者: 加藤陽之 - HANJO HANJO 編集長
コンピュータ関連の出版社からキャリアを始め、カルチャー雑誌などの編集長を歴任。これまで数多くの著名人をインタビューしてきた経験を活かし、HANJO HANJOでは中小企業経営者の深く掘り下げた話を引き出し続ける取材の日々。

インタビュー新着記事

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

    2018年6月13日

    インタビュー

  • スマホとWiFiでお客様を招き寄せる! O2Oマーケティングの決定版登場

    スマホでの動画視聴の機会が増えるにつれ、通信量の節約となるフリーWiFiの需要が急激に高まっています。その状況を背景に、フリーWiFiを自動で検索/ログインし、全国35万スポット以上でWiFiにつなげるサービス「タウンWiFi」が今、爆発的に数字を伸ばしています。そのメリットは一般ユーザーだけでなく、飲食店やモール、商店街などの中小企業や小規模事業者の誘客ツールとして大きな効果を発揮します。スマホからお店への流れは小売店のマーケティングのあり方を一変する可能性を秘めています。株式会社タウンWiFi CEOの荻田剛大さんに聞きます。

    2018年6月4日

    インタビュー

  • 100年続く企業を目指せ! 信念の不動産会社の格闘記

    東京オリンピックを前にして、不動産業界は活況を呈していますが、浮き沈みの激しい業界の代表とも言えます。そんな不動産業にあって、安定して好業績を出し続けている会社が横浜にあります。(株)ハウスコーポレーションはビルを多数所有、ストックの構築により不況にも耐えうる経営を実践してきました。ハウスコーポレーション代表取締役の柿内一浩さんに聞きます。

    2018年5月29日

    インタビュー

  • タピオカドリンクをもっと身近に〜郊外から攻めて十代の人気を獲得!

    いま、台湾発のタピオカドリンクがブームです。原宿や代官山では海外資本が続々と専門店を出店しています。そんな中、タピオカドリンクを郊外からじわじわと人気商品にしている日本の中小企業があることをご存知でしょうか。そこにはどんな戦略があったのでしょうか。J・Jの忠岡鴻謹社長に聞きます。

    2018年5月25日

    インタビュー

  • 固定電話をITで生産性向上につなげる〜CTIを低価格で便利に

    中小企業や小規模事業者では、固定電話でのお客様とのやり取りが経営を支えています。ただ、共有化やデータ化などができず、効率が非常に悪いのが問題でした。生産性向上するにはどうすればいいのか? ITを使ってその答えを出したのが、株式会社シンカの「クラウドCTI『おもてなし電話』」です。シンカ代表取締役の江尻高宏さんに聞きます。

    2018年5月24日

    インタビュー

  • 次に来るのはバスのシェアリング、目指すは旅行業の民主化

    今、ビジネスを大きく成功させるために必要なのは、パイを奪い合うことではなく、新たなパイを生み出す「新業態」の開発です。では、どうすれば成功する新業態を生み出すことができるのでしょうか? 急速に広がるシェアリングビジネスに登場したのが、貸切バスの手配を手がける「ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社」です。代表取締役の西木戸秀和氏に話を聞きます。

    2018年5月17日

    インタビュー

  • アサヒグループホールディングス会長 泉谷直木氏に聞く②/経営者は「山頂の松」に学べ

    顧客価値を創出するための、卓越した経営。それを実践するロールモデルとなる組織・団体を表彰するのが、1995年に設立された「日本経営品質賞」です。この活動を支える経営品質協議会の副代表を務めるのが、アサヒグループホールディングス株式会社代表取締役会長の泉谷直木氏です。インタビュー後編では、変革の時代に多くの課題に直面する中小企業経営者が持つべき考え方や信念についてお話を伺います。

    2018年5月11日

    インタビュー

  • アサヒグループホールディングス会長 泉谷直木氏に聞く①/新しく始まった「経営デザイン認証制度」とは?

    顧客価値を創出するための、卓越した経営。それを実践するロールモデルとなる組織・団体を表彰するのが、1995年に設立された「日本経営品質賞」です。この活動を支える経営品質協議会の副代表を務めるのが、アサヒグループホールディングス株式会社代表取締役会長の泉谷直木氏です。前編では日本経営品質賞に取り組む意義や目的と2018年度より新しく始まる「経営デザイン認証制度」について、そして、後編では変革の時代に多くの課題に直面する中小企業経営者が持つべき考え方や信念について、お話しを伺います。

    2018年5月9日

    インタビュー