中小企業の経営課題をクラウドで解決!「Yokohama Big Advance」に迫る

HANJO HANJO密着リポート/横浜信用金庫YBA発表会

2018年5月23日
横浜信用金庫によるワンストップで中小企業の経営課題を解決するクラウドサービス「Yokohama Big Advance」(YBA)。その発表会が4月19日に行われました。フィンテック、マッチング、従業員向け福利厚生サービスなどが揃った画期的なサービスに注目が集まっています。HANJO HANJO編集部も早速、横浜の会場に向かいました。

横浜信用金庫が4月から始めたウェブサービス「Yokohama Big Advance」(YBA)は、取引先企業と全国の大手パートナー企業をITでマッチングさせる新たなプラットフォーム。全国の金融機関との連携も視野に入れた、信用金庫としては日本初の総合支援サービスです

 横浜信用金庫、おそるべし。信用金庫といえば、地元密着のヒューマンなサービスとイメージしがちですが、横浜信用金庫がこの4月に始めたウェブのプラットフォームサービス「Yokohama Big Advance」(YBA)には、フィンテックもあり、マッチングもあり、従業員向け福利厚生サービスなどがずらり。色々なサービスを別々に契約して面倒を感じている経営者の皆さんにとっても、銀行といえばお金のやりとりだけだと思っている方々にとっても興味をそそられる、「これが信用金庫?」と思わせるサービスが始まったのです。以前、本店を訪れ取材したときにちらっと話を聞いて、新サービスに期待をふくらませていた私は、自分の目と耳で確かめねばと会場を訪れてみました。発表会場は横浜信用金庫の北新横浜事務センター。再開発が進むエリアでの新企画の発表会、会場に入っても新鮮な雰囲気が伝わってきます。

笑顔でお客様を出迎える横浜信用金庫の皆さん。サービスを発表する側にとってもYBAへの期待が高いことがわかります

「Yokohama Big Advance」って何なの?

 まずは簡単にYBAをご説明しておきましょう。YBAは、横浜信用金庫の取引先企業と全国の300社を超える大手パートナー企業をITでマッチングさせる新たなプラットフォーム。全国の金融機関との連携も視野に入れた、信用金庫としては日本初の総合支援サービスです。販路拡大・人材確保・業務効率化・事業承継等のさまざまな経営課題にワンストップで応えるとともに、オープンイノベーションにより横浜から新たな技術や未来の新事業創出の実現を支援してくれます。従業員向けの福利厚生や特別ローンの提供もサービスメニューに含まれ、地元企業をトータルでサポート。「真に価値あるサービスを地域に提供し、地域活性化のために全力を尽くします」と横浜信用金庫理事長の大前茂さんは話してくれました。

横浜信用金庫「Yokohama Big Advance」

 驚くのが、コストパフォーマンスの高さです。支払いは月額3,240円(税込)。能書きだけのみせかけでは決してない、思わず「おおっ!」と声をあげてしまうサービスの多様さには、中小企業が求めるビジネスの即効性、社員の満足感を満たす要素が凝縮されています。YBAは、経営にとってベーシックなビジネスや人材のマッチングや情報まわりだけでなく、従業員・社員の福利厚生のためのサービスも整っています。旅行や外食の割引なども充実しているので、日常使いができそうです。この価格設定の横浜信用金庫のこだわりにも驚かされました。身近に感じられる価格にして、頻繁にサイトに訪れてもらったほうがうれしいーーきっとそう考えたのでしょう。「良心」という言葉をしみじみとかみしめました。そしてワンストップサービスであるということ。時代は一箇所ですべてを解決する方向に進んでいます。
 これからの時代、お金を貸し出すだけの機能では銀行はいらないと考えている経営者はたくさんいるはずです。IT系もどしどし金融業に参入しています。投資家も日々メディアを賑わせています。そんななか、銀行もその姿を変えていかなければならないはず。その先頭を切ったのが横浜信用金庫だといえるでしょう。

ドッキリカメラ映像に会場が大盛り上がり!

横浜信用金庫「信金マンに親近感はあるのか!?」

 発表会場に話を戻しましょう。お堅い銀行のお決まりの儀式的なものかと思いきや、色々な演出が用意されていてびっくり! 特にユニークだったのが、社風を知ってもらうためのムービー「信金マンに親近感はあるのか!?」が流されたことです。ドッキリカメラで神奈川県内を営業する社員の本音を引っ張り出すという趣向です。中華街で突然、外国人にフランス語で話しかけられたら? 躊躇しながらもなんとか応対する社員の奮闘(?)に、横浜信用金庫社員の誠実さがにじみ出ていました。そのほかにもつきあいをやめたいという突然の取引先からの要求に冷や汗をかいたり・・・。スマートな応対というわけではありませんが、相手の気持ちに寄り添おうという気持ち、あきらめない忍耐力、そして誠実さが感じられる「横浜信用金庫・番外編」に来場者も大喜びでした。
 ディスカッションのパートでは横浜信用金庫の取引先である(株)ガリバーの中島真一さんや雨宮自動車工業(株)小宮里子さんを交えて、涙あり笑いあり(?)の会社物語が披露されました。同じ県内企業仲間として食い入るように話を聞いていた来場者の表情が印象的でした。

ガリバーの中島真一さん、雨宮自動車工業の小宮里子さん、そして横浜信用金庫の川本克巳さんの3名でのディスカッションの模様。パネルに書かれたのは「神奈川そして日本を活性化させるためには何が必要なのか?」という問いかけへの答え

 YBAは横浜信用金庫だけでなく、今後、全国の金融機関と連携していくことが決まっています。すでにいくつかの金融機関から提携の打診はきていて、大きな流れとなることが期待されています。「日本をひとつにつなぐ。これを果たすことが今回のプロジェクトを立ち上げた我々の使命だと感じています」(大前理事長)。この開かれた態度はきっと、難局にある日本の中小企業や地域社会に勇気をもたらすはずです。掛け声だけでなくいかに具体的な方法で解決するかが求められている今、銀行が提示しうるひとつのベクトルなのではないでしょうか。
 最新の情報と気の利いたプラスアルファ、ITの先端も利用できる、そして手頃な価格。これらの要素を揃えたサービスを提供する銀行はあまりありません。発表会後の懇親会で、銀行、取引先ともに笑顔で出発を祝う姿を見た後、いつのまにか私自身がポジティブになっていることに気づきました。
(リポーター/HANJO HANJO編集長 加藤陽之)
執筆者: 加藤陽之 - HANJO HANJO 編集長
コンピュータ関連の出版社からキャリアを始め、カルチャー雑誌などの編集長を歴任。これまで数多くの著名人をインタビューしてきた経験を活かし、HANJO HANJOでは中小企業経営者の深く掘り下げた話を引き出し続ける取材の日々。

イベントレポート新着記事

  • 混迷の時代を生き残る会社の「社長力」とは?

    「会社に良い悪いはない。社長に良い悪いがある」。そう言い切るのは株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役社長CEOの小宮一慶さん。大学教授として会計や経済の教育に携わる一方で、140冊以上の多岐にわたる著書を発表しています。「世の中には経営という仕事があります。この経営という仕事を知らない社長さんが意外なほど多い。経営の仕事とは『方向付け』『資源の最適配分』『人を動かす』の3つを実行することです」と小宮さんは話します。

    2019年2月18日

    イベントレポート

  • 中小製造業の強い味方! 新製品開発のクラウドファンディング活用術

    「クラウドファンディング」という言葉を耳にすることが多くなりました。新しい製品やサービスやプロジェクトを実現するために、専用のサイトを通じて資金調達をする方法です。一般的には消費者向けの新商品開発がメインですが、BtoBメーカーが高い技術を使ったBtoC向け製品をアピールする場としてクラウドファンディングを使うことは効果があります。中小企業がクラウドファンディングを利用するために知っておくべきことは何なのでしょう? サイバーエージェントグループのクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」から考えます。

    2019年2月14日

    イベントレポート

  • 赤字路線からブランドへと成長した「いすみ鉄道」の発想と戦略

    廃線寸前の赤字路線からブランドに変貌した千葉県房総半島を走る「いすみ鉄道」。現在ではさまざまなメディアで取り上げられ、鉄道ファンのみならず多くの人が訪れる強力な観光コンテンツに成長しました。沿線には目的地になるような場所がないため、外部から人が来ることはほとんどありませんでした。そこで発想の転換をしたことが成功を導きました。

    2019年2月12日

    イベントレポート

  • マンガ・アニメと現実世界の境界にある「2.5次元文化」をビジネスに応用せよ!

    「2.5次元文化」とは、マンガ・アニメ・ゲームなどの2次元の虚構の世界と、身体性を伴った経験を共有する3次元の現実世界の境界にあるカルチャーのこと。舞台、ミュージカル、コスプレ、コンサートなどさまざまなコンテンツとして提供されていて、国内外を問わず熱狂的な支持を得ています。これらのコンテンツは、アニメの舞台となった街を訪れる「聖地巡礼」といったツーリズムとの相性もよく、海外でも強い人気を博しています。マンガ・アニメ・ゲームーーこれらのコンテンツを2次元だけではなく、2.5次元の世界で活用することが、地域活性やインバウンド誘致の新たなファクターとなりそうです。

    2019年2月1日

    イベントレポート

  • 地域活性の切り札になるか? 自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」人気上昇の秘密

    「フォレストアドベンチャー」をご存知でしょうか? 元々はヨーロッパ発の「自然共生型アウトドアパーク」を指す名称ですが、その特徴は森を森のまま活用できる商業施設という点にあります。大規模な開発が不要なので、遊休森林や夏季のスキー場を有効利用するのに最適です。日本でも2006年に自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」が山梨県富士山麓にオープンし、現在までに30ヶ所を超えるパークがオープンしています。日本にはまだまだ自然豊かな場所が数多く残っています。自然共生型アウトドアパークを地域活性につなげるにはどんな道筋が考えられるのでしょうか?

    2019年1月28日

    イベントレポート

  • 「発足当時に匹敵する覚悟で、生産性運動を再起動する」/日本生産性本部 年頭会見

    1月9日に日本生産性本部の正副会長による年頭会見が開催されました。平成が終わり文字通り新しい時代の幕開けを迎える2019年、会長の茂木友三郎氏からは「発足当時に匹敵する覚悟をもって生産性運動を再起動する」という言葉とともに、5つの柱からなる日本生産性本部の中期運動目標が発表されました。

    2019年1月23日

    イベントレポート

  • 地方で戦うための集客戦略とは? 工場テーマパーク「おやつタウン」の狙いを探る!

    地域活性化の手法のひとつとして「工場テーマパーク」が注目を集めています。特に食品製造業は消費者に近い存在であることから、工場を体験型のアミューズメント施設化するだけでなく、製品購入につながるブランディング効果も期待できるのが大きな特長です。今夏開業予定であるおやつカンパニーの「おやつタウン」から、工場テーマパークの集客戦略を探ります。

    2019年1月21日

    イベントレポート

  • 増え続けるムスリム訪日客、キーワードは「食事」と「お祈り」!

    日本を訪れるムスリム(イスラム教徒)の観光客が増えています。東南アジアや中東に多く住むムスリムは世界人口の1/4にも及び、日本を訪れるムスリムが増えるということは大きなマーケットのチャンスがあると言えます。日本におけるハラル(イスラム)ビジネスの先駆者である佐久間朋宏さんの話からビジネスへの具体的対応を抽出します。

    2019年1月17日

    イベントレポート