斜めから見る〜今月の一冊 ① 『アリ対猪木』

何が “the Greatest”なのか? 何が “King of Sports”なのか?

2018年5月22日
新参者は負けてはいられません。若いうちに負けが込むと、益々萎えさせられてしまうひどい時代だからです。それで今こそ読んでいただきたいのが、モハメド・アリ、そしてアントニオ猪木についてです。

 「アントルプレナーシップが必要だ」などと言いながら、どうにも手詰まり感のある現代です。何を始めようにも大概は先客が座っていて既にルールを決めている。まずいことに、世の中全般に知恵がついてきてるから、そいつらはちょっとやそっとじゃ下手を打たない。おまけに金までもっていて、席を譲ってくれない。グラスシーリングというやつです。

 だけど、新参者は負けてはいられません。若いうちに負けが込むと、益々萎えさせられてしまうひどい時代だからです。それで今こそ読んでいただきたいのが、モハメド・アリ、そしてアントニオ猪木についてです。圧倒的な才能があっても、人の数倍努力しても破れない壁がある。そこで彼らはをどうしてきたか。本書はその入門書です。

 この2人には、マニアや信者が大勢おり、そのレジェンドについても内幕についても語り尽くされている感はありますが、特に2人に思い入れのない方を対象に、彼らのビジネスセンスやセルフマネジメントについて読んで学んでほしいのです。

 もっともアリも猪木も、結果だけみると、ビジネス面で、マネジメント面でヤレヤレと思う場面は多々ありますし、特に晩節はどうにもこうにも、といったものです(猪木は存命中)。それでもなお2人が開拓し続けてきた“自分マーケット”は、教訓に満ちています。

 2人のやり方の基底にあるのは、「見下されているとき、軽んじられているとき、敵が多いときにどうふるまうか」ということです。新参者は、余程の幸運に恵まれているか、銀のスプーンを咥えてきたかでなければこのマナーは学んだ方がいい。

 アリ(最初のうちはカシアス・クレイ)は公民権運動以前にアメリカのどちらかといえば南の方で生まれ育った黒人です。プロボクシング界はすでに黒人ボクサーが主流でしたが、ボクシング界のルールと構図を決めていたのは白人社会です。ざっくりいえば「白人社会が〈好ましい〉と感じるような筋立ての成長物語を地で演じている黒人ボクサーが勝つしくみ」になっていました。つまり「ならず者の少年時代を送ったけれど、求道的な自己抑制が勝つための条件であるボクシングにふれたがゆえに紳士的になり成功もする」という筋立てです。

 しかし、それではいつになっても、ルールを決めている者以上にはなれない。そこで、アリが選び学んだマナーは「悪役であることがむしろ人気(=お金と名声)に近づける」というプロレスの流儀です。「お前は見た目がよくて体もすばらしいから、お前の大口を閉じさせるやつが現れないかと、大勢がカネを払って見にくるだろう」「だから自慢をして大口を叩き、言語道断な奴でいつづけろ」とプロレス界の先達(ゴージャズ・ジョージ)にいわれて、嫌われ役(ヒール)に開眼します。その流れの先に、1976年のアリ-猪木戦でアリ側のセコンドに居たプロレスラー、フレッド・ブラッシーがいます。そうだ、この「敵役を演じることで、実力突破以上の可能性(=金と成功)を得る」という手法とロジックについては、『フレッド・ブラッシー自伝』(エンターブレイン)のほうがより実践的に学べるかもしれません。

 一方、猪木のほうです。猪木の前半生期、日本のプロレス界は優良産業であったにせよ、入門時、すでに“先客”として力道山を頂点としたピラミッドがあって、それを出し抜いて目立ち、成功(=金と名声)を得ようなどとは“許されない”状況でした。ピラミッド(秩序)を守るというストーリーの上に立った産業だったのです。おまけにプロレスそのものがいぶかしがられている産業です。「見下されている、軽んじられている」わけです。先客の敷いた破ってはならない秩序の下、必殺技で目立つのを許されない下、猪木が差別化として行ったのは「他の選手との練習量の差を試合の中で強調することだったという」(流智美)。つまり、実力はそれ自体で正面突破できないときでも、援護射撃としての“物語”は構築できるということです。

 本書は、アリそして猪木のそういう、“現状突破のための物語構築”が昂じ昂じた末の「アリ-猪木戦」を軸に書かれているものです。

 こうつらつらと書きつつ、傑物の評伝から成功の鉄則を読み取るというのは他にもっといいのがあるだろう、という方も多いでしょう。それでもなおこの2人がおすすめだというのは、両人が「詩人だ」ということです。社会のいちばん厚みのある層に直撃する、挑発的で、心動かす言葉をもっている。本書にも他の評伝にもいくらでも埋まっているので、拾って真似るといいです。

 他にも「自分の粗忽さ、軽率さをいかに味方につけるか」とか、「ルールと枠組みにはこだわり続けよ。その主導権をとれ」等々、いろんな教訓が得られます。

 ちなみに本当のことをいうと、もっとクドクドと書いてある本でアリ、猪木について読んだ方が得るものは多いでしょう。前者でいえば『モハメド・アリとその時代』(未来社)、後者でいえば『1976年のアントニオ猪木』(文藝春秋)ですが、本欄の読者の多くは、おそらく本を読むことそのものがお金になるという仕事ではないと思うので、このあたりにしておきます。

 読んだ後は・・・おそらく精神や頭だけでなく、なぜか身体まで鍛えてみようかな、そういう気になっているはずです。無論、それも悪くない。
●今月の一冊
『アリ対猪木 アメリカから見た世界格闘史の特異点』
ジョシュ・グロス著/亜紀書房
  • 斜めから見る〜今月の一冊 ④『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』

    今月の一冊は、シリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者によるハウツー本です。今どきのアメリカの経営者スタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には、おすすめしたくなる内容です。この一冊を長沖さんが「斜め」から分析します。

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ③ 『自己愛過剰社会』

    現代人の傾向としてあげられるのが「自分のことが大好き、自分を実際以上に素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい」。企業の発するメッセージにも同様の傾向が出てきています。とくにSNSを通じたPR活動において顕著です。さてその流れをどう分析すればよいのでしょうか?

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ② 『戦争にチャンスを与えよ』

    サッカーのフィールド上や土俵上で起こることの行動基準について、一般社会の常識を被せるのがブームとなっています。道徳や精神を世の中で一本化するというのは、“わかりやすく”“便利で”“正しい”とは思いますが、経営という場面でそれが絶対的に正しいアプローチなのかどうかはわかりません。

執筆者: 長沖竜二 - スモールビジネス調査員
『現代用語の基礎知識』編集長、『小さな組織の未来学』編集長などを経て、現在、公共施設業界のコンベンション運営、中小事業者やまちづくりについてのメディア取材・編集などを行っている

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム