次に来るのはバスのシェアリング、目指すは旅行業の民主化

連載「成功する新業態」/ワンダートランスポートテクノロジーズ

2018年5月17日
今、ビジネスを大きく成功させるために必要なのは、パイを奪い合うことではなく、新たなパイを生み出す「新業態」の開発です。では、どうすれば成功する新業態を生み出すことができるのでしょうか? 急速に広がるシェアリングビジネスに登場したのが、貸切バスの手配を手がける「ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社」です。代表取締役の西木戸秀和氏に話を聞きます。

イベントだけでなく、乗り物に乗る時間や行為=「移動」も利用者にとって重要な価値だ。その移動をもっと快適に、もっとラグジュアリーな空間で提供するため、交通に特化したサービス『busket』が生まれた

目指すのは“旅行業の民主化“

 ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社は、誰でも簡単に貸切バスを手配しツアーの作成をすることができる貸切バスオンデマンドサービス『busket(バスケット)』を提供する企業だ。

 例えば個人で音楽フェスやスポーツの応援、ボランティアのためのバスツアーなどを企画したとしよう。バスを借り、参加者を集め、乗客から料金を回収……という流れが一般的のように思えるが、実は旅行業の登録を受けていない者が乗客から直接料金を回収してしまうと旅行業法違反となってしまう。

 『busket』はこの個人や小規模団体のバスツアー企画をサポートするオンラインサービスだ。ツアーの企画者が利用したいバスの種類や利用時間・距離などをオンライン上で入力すると、バスの検索結果と見積金額を最短1分で返してくれ、また座席の販売も旅行業者であるbusket側で行えるという仕組みになっている。なお『busket』は福岡市実証実験フルサポート事業(新しい技術やサービス、規制緩和が必要な事業を募集して実証実験を行い、全国展開することを福岡市がサポートする事業)に採択されており、現在はさまざまな実証実験を繰り返しつつサービスの精度を高めている。

 『busket』についてワンダートランスポートテクノロジーズ代表取締役の西木戸秀和氏は「アイデアを持っている人がツアーを販売しやすくなるように、旅行業の民主化のようなところを目的としています。利用者にとっては早くて確実に安全なバスが見つかり、さらに募集型のツアーとして売ることができる。バス会社さんにとっては空き在庫が埋まる、あるいはこれまでになかった営業チャネルが生まれる、“三方良し“の構造にしたいと思っています」

『busket』は個人や小規模団体のバスツアー企画をサポートするオンラインサービス。ツアー企画者が利用したいバスの種類や利用時間・距離などをオンライン上で入力すると、バスの検索結果と見積金額を最短1分で返してくれ、また座席の販売も旅行業者であるbusket側で行える

遊びに行くときの移動時間にも価値が眠っている

 そもそも『busket』というサービスを始めたきっかけは、同社が運営するチケットサイト『BANANA(バナナ)』にあるという。『BANANA』とは大学時代から音楽関係の活動をしていた西木戸氏が、インターネットとエンタメの交差点で事業を行うことを決意し、「初めてでも一人で行きたい場所に行くことができる案内メディア」としてスタートしたサービスだ。

 「例えば何かのイベントに遊びに行くとします。イベント自体を体験することも一つの価値ですが、それだけではなく誰と一緒に出かけて、途中でどこに寄って、どんな風に過ごしたかというのも大切な思い出になりますよね。『BANANA』はイベントのチケットを販売しているのですが、実はイベントそのものだけでなく移動というのも利用者にとって重要な価値であるということに気づきました。乗り物に乗る時間や行為も含めて“遊び”なんだということです。そこでこの移動をもっと快適に、もっとラグジュアリーな空間で提供できればということで、交通に特化したサービス『busket』を立ち上げました」

 「モノ消費からコト消費」「着地型観光」ということがよく言われているが、そのための交通インフラが整っていない場合も多い。『busket』を活用することで移動時間も“コト消費”とすることができれば利用者の満足度につながる可能性も高くなると言えるだろう。

「『busket』は旅行業の民主化のようなところを目指しています。利用者は早くて確実に安全なバスを見つけることができ、さらに募集型のツアーとして売ることができる。バス会社は空き在庫が埋まる、あるいはこれまでになかった営業チャネルが生まれる、“三方良し“の構造にしたい」と語る、ワンダートランスポートテクノロジーズ代表取締役 西木戸秀和氏

貸切バスをもっと日常の乗り物にしたい

 西木戸氏の掲げるミッションや今後の目標について話を聞いてみた。

 「今後地球の人口は95億人にもなるという説がありますが、地球規模で大規模な設備投資が続く時代から既存のリソースの有効活用のフェーズであり、環境との共存がよりテーマになると考えています。地球環境を考慮すると新たに線路を敷くといった設備投資をすることはしないほうが良いと考えています。そこで既存の道路と乗り物を有効活用する、さらに乗り物の配車とマッチングを整備して移動の苦痛のない世界を作るというのがワンダートランスポートテクノロジーズのミッションです。そのためには4月から『busket』サービスを始めること、そして年内6月までに月間500台のバスが稼働している状態を作ることを目標にしています。これだけのオーダーがあるということは精度が高くなっているということになりますし、また500台のバスが動かせるということは各地域のバス会社さんとのネットワークもそれなりに作られている状態ですので、まずはここを目標としています」

 最後に長期的なビジョンについて西木戸氏は「まずは東京・大阪・福岡からスタートしているのですが、早い段階で地方都市に導入して、もっと日常の乗り物としての展開を考えています。その後はバスだけでなく船や飛行機といったいろいろな移動手段を民主化できればと。今後東アジアはEUのように人々が行き来するようになると思っていますので、その中でテクノロジーをローカライズして展開していくということもやっていきたいですし、ゆくゆくは新たな時代にあった乗り物の開発にも携わりたいという思いもあります。自分たちで乗り物自体を所有して、文字通りのトランスポート企業というところを目指したいと思っています」と語った。

 個人がバスツアーを企画することができるサービス『busket』。地域の観光課や旅館などが小さなツアーを企画して地域振興のきっかけとしたり、釣りやゴルフ、スポーツ観戦、ハイキングなどの企画を個人が立てたり、また2020年の東京オリンピックに向けてインバウンドの送迎などに使ったりと、『busket』を活用することでさまざまな可能性が生まれると言えそうだ。
(川口裕樹/HANJO HANJO 編集部)
執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

    2018年12月7日

    インタビュー

  • 「自動車整備工場」の二代目女性社長という生き方

    町工場を思い描く時、脳裏に浮かぶ代表的な業種のひとつが自動車整備工場です。どこの地域にもあり、油まみれで働く工員の姿が“勤勉な日本の労働者”をイメージさせるのでしょう。そんな日本の高度経済成長を支えた会社を事業承継し、新たな時代に向けて活力を与えようとする女性社長がいます。横浜の町の一角で昭和39年に創業した「雨宮自動車工業株式会社」代表取締役の小宮里子さんです。

    2018年11月26日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【後編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。後編では代表取締役・杉山智行さんの現在のビジネスに至るストーリーをお送りします。

    2018年11月22日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【前編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。金余りの国・日本から資金を必要とする発展途上国へとお金の流れをつくる「インパクト投資」がいま、国内外で大きな注目を集めています。金融の新しい波とは何か? クラウドクレジット代表取締役の杉山智行さんに前後編の2回で話を聞きます。

    2018年11月20日

    インタビュー

  • 移住者への事業承継を積極推進! 七尾市の地域創生はここが違う

    地方の中小企業において最重要といってもいいのが「事業承継」です。後継者不足が「黒字なのに廃業を選ぶ」という事態を招いています。中小企業がなくなることはそのまま地域の衰退につながるため、それを食い止めなければ地方創生も危うくなります。その課題に官民ネットワークという手法で解決しようというプロジェクトが石川県七尾市で始まりました。「家業を継ぐ」という家族経営的な風土を排し、首都圏の移住者からも後継者を募るという試みです。

    2018年10月26日

    インタビュー

  • 社長業は突然に。経営破綻をV時回復させた「ひとり親方」の覚悟

    いま、東京近郊では2020年に向けた鉄道関連の工事が盛んに行われています。電車の中から窓越しに見える風景で印象的なのは、狭い場所ながら太い鉄の杭を打ち込むダイナミックな重機の姿です。そんな特殊な条件をものともせず、日本の建設・土木業の優秀さを示す仕事を50年にわたって続けてきたのが、横浜にある「恵比寿機工株式会社」です。しかし、創業者の晩年に会社が経営不振に陥り、倒産寸前まできてしまいました。その窮状を救ったのは職人たちのリーダーであるひとりの職長でした。

    2018年10月15日

    インタビュー

  • 「水素水」をもっと日本の企業、事業所へ!〜 ウォーターライフケアという新発想

    昨年、東京都健康長寿医療センター研究所がガイドライン「健康長寿のための12か条」を発表しました。そのエビエンスブックでとりあげられたもののひとつが「水素水」です。病気の予防領域において水素の有効性が認められつつあることで、今、その存在に改めて光が当たっています。今回、紹介するのは、水素を安く簡単に提供する装置、水素水サーバーを開発・販売する「株式会社 ドクターズ・マン」です。

    2018年10月9日

    インタビュー

  • 「横浜のストーリー」を練りこんだ「あられ」「柿の種」は、なぜこんなに美味しく感じられるのか?

    ナポリタン味のあられ「横浜ナポリタン」やビールにピッタリの柿ピーの「横濱ビア柿」をご存知でしょうか。これらユニークな商品を製造・販売しているのが、横浜で創業89年になる「株式会社美濃屋あられ製造本舗」です。ビール、ナポリタン、BARなど横浜が発祥とされるものをモチーフにした、どこにもない横浜オリジナルの米菓子は、どのような背景から生まれたのでしょうか。

    2018年10月1日

    インタビュー