金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

2018年1月9日
地方の金融機関による「地域商社」事業に参入するが事例が増えている。地銀や信用金庫にとって、自らが地域商社事業に参入することは地域経済の起爆剤となるのだろうか? 「地域商社やまぐち株式会社」を通じて、金融機関による地域商社事業について紐解きたい

山口県の協力のもと、山口銀行が中心となって設立された「地域商社やまぐち株式会社」。取扱商品は「やまぐち三ツ星セレクション」としてブランド化される

地方の金融機関による地域活性事業として「地域商社」事業に参入する事例が増えている。地域金融の要である地銀や信用金庫にとって、自らが地域商社事業に参入することは地域経済の起爆剤となるのだろうか?

 山口県の協力のもと、山口銀行(山口フィナンシャルグループ)が中心となって設立した民間100%の事業会社「地域商社やまぐち株式会社」への取材を通じて、金融機関による地域商社事業について紐解いてみたい。

■地域商社とは?

 平成26年に内閣に設置された「まち・ひと・しごと創生本部」のホームページには以下のような記述がある。

==
地域には、まだまだ知られていない農産品や工芸品など、魅力ある産品やサービスが数多く眠っています。こうした地域の優れた産品・サービスの販路を新たに開拓することで、従来以上の収益を引き出し、そこで得られた知見や収益を生産者に還元していく「地域商社事業」を、地域に育て、根付かせるため、様々な角度から支援活動を行っています
==

 地域商社が従来モデルの地場の商社と異なるのは、

・観光を含めた地域全体を国内外に売り込む地域プロデュース事業
・「地産外消」をキーワードに地域の外から経済を呼び込む事業

を優先的に行う事業であり、先ずは行政が主導した一次産業の6次産業化施策で生まれた商品の出口対策 (販路開拓)として成果を求められている部分が大きい。また、観光領域まで事業が及ぶ場合、概念的にはDMOとの業務領域の重複が懸念されるが、現在のDMOがまだまだ収益を自ら産み出して自主財源で自走する段階には至っていないものが多い中、当初から営利目的で設立される地域商社が手がける観光事業がどのようなものになるのか? そういったところが注目していきたい点である。

■地域商社やまぐちの事業モデル

 地域商社やまぐちの事業説明書によると、初期段階では「取扱商品の首都圏での消費拡大」を目標に掲げており、首都圏の百貨店バイヤーや消費者の目に留まるよう、既存商品の見直しや新商品開発のサポートを行い、手がけた商品のブランディングを行うという。

 具体的には、

・山口県内に本社を置く事業者が、県内で生産・製造していること
・主要原材料に山口県産品を使用していること
・商品の原料や製法に対する「地域性」や「こだわり」、「ストーリー性」が可視化されていること

の3つの基準を設け、この基準を満たす取扱商品を「やまぐち三ツ星セレクション」と称してブランド化し、首都圏に売り込んでいくB2B領域での事業がメインになるという。

有限会社ルマン Patisserie Kenji(宇部市)大吟醸ケーキTAKA/「やまぐち三ツ星セレクション」より

有限会社鹿野ファーム(周南市)ハム・ソーセージ/「やまぐち三ツ星セレクション」より

有限会社にいや(宇部市)山口酒蔵巡り「漬物」各種(パッケージは開発中)/「やまぐち三ツ星セレクション」より

■金融機関と行政と事業者の三位一体

 地域商社やまぐちが他の地域商社と決定的に異なるのは、主管するのが地域の金融機関(やまぐちフィナンシャルグループ)だという点にある。同フィナンシャルグループの中心的な金融機関である山口銀行と山口県は地方創生に係る包括連携協定の締結を行っている。その協定に基づき、山口県は公益財団法人やまぐち産業振興財団を通じて、「やまぐち三ツ星セレクション」に採択されるための商品開発等にかかる費用の一部を補助金として支出するという(2/3以内、補助金交付上限額1,000千円)。つまり、地元企業が新商品開発を行うために必要な資金は、通常ならば銀行が融資するのだが、

・銀行借入してまで新商品開発など新規事業を行う積極的な事業者は少ない(借入リスク)
・銀行側としても融資先の新規事業が必ず成功するとか限らない(融資リスク)

の双方のリスクを、一定範囲内ではあるが、行政が担うという点に特徴がある。

 これまでの補助金の交付が、いわば一定の基準を満たしていた申請者に(財源の範囲内で)一律交付していたものから、事業の将来性や先見性なども考慮した、地元の金融機関による審査基準も加味した独自の補助金の交付システムが誕生することになるのだが、これがどれくらい有効に作用するのか? そしてまた、金融機関からの出向者で構成される事業会社がどれくらいリアルな事業を推進できるのか? これらの点にも注目していきたい。

==
<「地域商社やまぐち株式会社」会社概要>(※設立時の報道向け資料から抜粋)
・設立:平成29年10月2日
・代表者: 坪倉 昭雄(山口銀行からの出向)
・資本金:5,000万円
・株主構成
 株式会社山口フィナンシャルグループ 14.9%
 ベンチャーファンド 65.9%
 山口県内民間企業(6社) 19.2%
・従業員:4名
 県内商品開発担当1名、首都圏営業担当1名、経理2名

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

新着記事

  • 小売業から観光業へ進出!地元と連携し、新たな観光づくり

    京都丹後エリアでリゾート事業を展開する株式会社にしがきは7月、新感覚の体験型リゾートを謳う「シエナヒルズ」をオープンさせました。ここを拠点として、これまでなかった「地域ぐるみ」の観光開発で地域活性化、地方創生につなげようとするプロジェクトです。こうした試みが日本の新たなリゾートのモデルとなり得るのか注目されます。

    2018年8月7日

    水津陽子

  • 人口400人の離島が生き残り賭ける「着地型観光」

    兵庫県南あわじ市の離島「沼島」は淡路島の南東、紀伊水道に浮かぶ周囲約9.53kmの小さな島です。かつては「沼島千軒金の島」と称えられるほど繁栄をみましたが、近年は衰退傾向にあります。そんな中、2007年沼島で始まった交流人口拡大による地域活性化の取り組み。沼島の着地型観光は確実に成果を上げつつあります。小さな島の生き残りを賭けた挑戦を追います。

    2018年5月14日

    水津陽子

  • 年間赤字1億の宿を90日で再生! 大手も手つかずの小規模宿再生術/ワールドリゾートオペレーション

    インバウンドブームですが、リゾートホテルや旅館の客室稼働率は低く、旅館は平均で37.1%と低迷。リゾートホテルや旅館の再生を手掛けるワールドリゾートオペレーションの宿再生の取組から地域がこうした状況を打破するには何が必要かを考えます

    2018年3月5日

    水津陽子

  • 計画達成のコツは、小さな目標を一つずつクリアしていくこと

    ビジネスをやっていく上においては、様々な計画を作ると思う。中でも、年間の経営計画は、多くの会社で作っているだろう。会社全体の計画、部署の計画、個人の計画など、様々な単位での計画がある。

    2018年2月2日

    北岡修一

  • 今月の1冊『「富士そば」は、なぜアルバイトにボーナスを出すのか』

    中小企業やスモールビジネス関連の書籍をとりあげ解説する「HJHJ書評」。今月の1冊はおなじみ「富士そば」の丹道夫会長による新書です。富士そばが従業員を大切にする理由は何なのか? いわゆる「ブラックーホワイト」論から、富士そばの経営哲学を考えます

    2018年1月30日

    長沖竜二

  • 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

    2017年は数字の上ではいざなぎ景気を超える好景気となりました。2018年はどんな年になるのか。今回は、インバウンドをはじめ観光産業において、今年押さえておきたい4つのトレンドをピックアップ。その変化と進化、そして今年起こる新たな波を紹介します

    2018年1月19日

    水津陽子

  • 事業承継税制が大幅に改正される

    平成30年度税制改正では、事業承継税制が10年間の集中期間を設けて、大幅な緩和措置を取っています。この10年間で集中的に事業承継をして欲しい、ということです。今回は、平成30年改正の事業承継税制を取り上げます。

    2018年1月11日

    北岡修一

  • 余裕資金をつくるには?

    江戸時代の終わりから昭和まで生きた本多静六氏は、独自の蓄財法で莫大な財産を築きあげた。その要となるのが、本多式「4分の1天引き貯金法」である。通常の収入は収入があったときに強制的に4分の1を天引きしてしまい、残りの4分の3で生活をするようにする。

    2017年12月7日

    北岡修一