グローバル化対応コミュニケーションと言葉の壁

2016年7月15日
欧州中小企業の日本での事業展開に関する調査を行ったが、ここでの悩みの一つは、日本でスタッフを採用したくても、技術や専門分野に秀でているひとも言葉でダメ、エイゴ使えない、むしろ避けたい人が多い現実で、人材問題で行き詰まるというのである。
 たまたまテレビをつけていたら、「メーデー」という番組をやっていた。これは航空機事故の再現と原因究明のドキュメンタリーシリーズで、ちょっと悪趣味かも知れないが、かなり見ている。

 今回は1991年に起きた、アビアンカ航空の052便というのがニューヨークケネディ空港着陸寸前に墜落、多くの死傷者を出した事故を取り上げたのだが、その直接の原因となったのが、乗員と空港管制の間のコミュニケーションギャップであったと解明されている。たまたま私の持っていたThe Black Boxという本にも、このときの交信記録がそのまま掲載されているので、よくわかる。

 長距離の飛行、悪天候、空港混雑などで同機は燃料切れに陥り、ともあれ緊急着陸できれば助かったのだが、空港管制は事態の緊急性を理解しないままであった。同機の副操縦士は交信の中で「emergency!」の語をついに発しなかった、その代わりに「priority」の表現を用いたのだが、これはスペイン語では相当の重大性を示すものだという。しかしその深刻さは理解されず、待機ののちにようやく着陸に入ったときには、エンジンが全部停止してしまったのである。

 事故寸前という危機状況下では、コミュニケーションのずれは致命的である。けれども、当然ながら異なる文化・言語の地に行けば、そのようなギャップを経験させられることも少なくない。グローバル化対応を否応なく求められる今日、日本の企業関係者も、どんなところで、どんな相手と対話し、意思疎通を図らねばならないか、想像を超える事態を常に覚悟せねばならない。

 日本語という、世界の言語のうちではかなり特殊で、「閉ざされた」性格の濃い言語を母国語とする立場からすると、ソトの世界での対話の困難は自明である。難しく言えば、日本語は日本の文化と生活に伴う「ハイコンテクスト」な状況下で機能しているのである。しかも、近年増加している中国からの留学生諸君と対話していると、同じ漢字圏だと言っても、コンテクストの違いからの理解のずれ、誤解は日常的にある。留学生諸君が日本語に相当堪能であっても、間違いは生じるのである。

 ましてや、我々が英語圏などに行って、英語などで対話しようとしても、苦労は絶えない。「だいたい、そんなこと学校の英語で教えてくれなかったよな」とぼやきたくなるようなことは少なくない。

 私も在英経験などから痛感するが、日本語のように敬語表現がいっぱいあってややこしいのとは違い、英語はシンプルだなどというのはとんだ勘違いであり、実は話し言葉書き言葉含めて、「敬語」的な言い回しは多々あるのである。そうした勘所を知り、困難と障害を乗り越える努力なしには、取引も仕事もなかなかはかどらない。

 最近私は欧州関係の委託で、欧州中小企業の日本での事業展開に関する調査を行ったが、ここでの悩みの一つは、日本でスタッフを採用したくても、技術や専門分野に秀でているひとも言葉でダメ、エイゴ使えない、むしろ避けたい人が多い現実で、人材問題で行き詰まるというのである。

 このご時世にと言いたくなるものの、それが現実なのだろう。そしてその壁を越えるには、学校のお勉強だけでなく、やはり異文化異言語の社会で経験を積み、コンテクストの差異を肌身で実感蓄積することが避けられないのではないだろうか。

 私の在英中の話しである。滞在していた大学研究所の所長、ロバートと会話していて、「私は歩いて行くよ」とのつもりで、「on foot」と言ったら爆笑されてしまった。「そういうのはby walkingでいいんだ、on foot なんて言われると、裸足でパタパタ歩いて行くみたい」という。こちらは学校でそう習ったんだけど、と言ってみても、どうやら古すぎるエイゴ表現らしかった。
執筆者: 三井逸友 - 横浜国立大学名誉教授
横浜国立大学名誉教授、嘉悦大学大学院客員教授。慶應義塾大学経済学部 大学院を修了後、駒澤大学、横浜国立大学に勤務。日本中小企業学会の常任理事で、07年から約3年間に渡り同会長を務める。主な著作に『中小企業政策と「中小企業憲章」』『21世紀中小企業の発展過程』がある。

コラム新着記事

  • プログラミング不要で導入可能! チャットボット徹底攻略【後編】

    お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。前編では、チャットボットに何ができるか、また既にビジネスで活用されているチャットボットの事例をいくつか紹介しました。後編では、チャットボットでできることと、作成ツールを紹介しましょう。

    2018年10月17日

    コラム

  • 着地型ツアーのダークホース? 「観光タクシー」の可能性

    インバウンドを加速させるために、着地型旅行や個人旅行をより活性化することが求められています。しかし旅先における二次交通の不在がそれを阻んでいます。二次交通の代表であるタクシーがサービス業としての役割を果たせるなら? 観光需要を掘り起こす道筋を高速バスマーケティング研究所代表の成定竜一さんが探ります。

    2018年10月11日

    コラム

  • 電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

    自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

    2018年9月27日

    コラム

  • NHKドラマ『透明なゆりかご』 私たちのすぐとなりにある現実。働く男性にこそ、見てほしい

    NHKで金曜夜10時から放送されているドラマ『透明なゆりかご』は、海辺にある小さな病院・由比産婦人科を舞台にした物語です。時代は1997年。高校の准看護学科で学ぶ17歳の青田アオイは、産婦人科で看護師見習いとして働くことになります。

    2018年9月14日

    コラム

  • 中小企業の生命保険活用法! 

    中小企業経営者で生命保険について理解しているかたは意外と多くありません。今回はそんな保険の入り方についてです。

    2018年9月12日

    コラム

  • もうインバウンド集客で悩まない!

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

    2018年9月7日

    コラム

  • 人手をかけない売上アップ・お客様満足アップの切り札に! チャットボット徹底攻略【前編】

    新規のお客様からの問い合わせは、商談につながる重要なきっかけです。また、既存のお客様からの問い合わせや手続きは、お客様の満足度を高め次の注文につなげるためのチャンスです。とはいえ、問い合わせに答えるだけでは売上にも利益にもつながりませんから、できれば省力化したいもの。お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。

    2018年9月6日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ④『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』

    今月の一冊は、シリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者によるハウツー本です。今どきのアメリカの経営者スタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には、おすすめしたくなる内容です。この一冊を長沖さんが「斜め」から分析します。

    2018年9月4日

    コラム