「ものづくり中小企業」の真のつよみ

2016年8月25日
ITによる構想とデザイン、制御ーーいわば「無人工場」のような究極の姿に対し、よく持ち出されるのは、「町工場では依然職人芸が生きている」という描写である。職人の長年の経験、勘とコツ、「身体で覚えた」動作や感覚で、複雑精密な形状を作り上げてしまう、「手づくり」のすごさ、そこにこそ中小企業の神髄があるといった言説や描写はしばしば映像メディアの世界などにも登場し、感動を誘う。けれどもそうした描写は半ばミスリーディングであるとも感じる。
 IT、インターネットのおかげで、Industry4.0だとか、IoTだとか、まことに賑やかな昨今である。

 ただ、こうした言葉の氾濫には一種の流行といった様相もあり、本当になにが重要な変化なのか、ある程度時間をおかないと真実がよくわからない、いっときの流行り廃りとともに大事なことが見過ごされる恐れもなくはない。

 技術論の大家の言では、技術の進歩の基本的な原理は動力と制御の関係であるという。もちろんその対象となる素材自体の進歩と生産供給もあってのことである。近代技術をもっとも代表しているのは、鉄をはじめとする金属と、石油化学の産物としてのプラスチック素材と言えるだろう。

 これらを動力をもって加工し、必要とされる形状や機構を生み出すような制御の手を経ることで、自動車をはじめとする近代技術の粋である工業製品が大量に生み出されてきたのである。その資源的限界や動力源のはらむ問題などはさておくとしても、人間の手に代わる「機械」と、それを主役とした機械金属工業に代表される近代工業の存在は依然揺るぎない位置を占めている。

 そうした機械金属工業などの「制御」の部分には、この半世紀近くにわたって大きな変化が生じてきた。NC数値制御に代表される技術体系の客観化・数値化は、「手の」熟練や単純なメカニズムに取って代わり、そこにIT技術と処理が加わることで、いまやCAD・CAMのようなITの成果が加工の主役の地位を占めるようになっている。これに、一世紀近く前に確立された、フォードシステムのような多数の部品構成とそれらの標準化規格化にもとづく大量生産方式の原理とが組み合わさり、機械体系化・自動化を加速するだけではなく、多種少量的な生産までもがFA自動化体系のうちに組み込まれていく。

 ITによる構想とデザイン、制御は、機械装置と結びつき、どのような加工も人の手から切り離し、いわば「仮想世界」での構成構築と自動制御を可能にし、生産管理と結びついて、経済的効率性と両立するようにしてしまう。

 こうした「無人工場」のような究極の姿に対し、よく持ち出されるのは、「町工場では依然職人芸が生きている」という描写である。自動制御装置やITなどとは無縁の、職人の長年の経験、勘とコツ、「身体で覚えた」動作や感覚で、複雑精密な形状を作り上げてしまう、「手づくり」のすごさ、そこにこそ中小企業の神髄があるといった言説や描写はしばしば映像メディアの世界などにも登場し、感動を誘う。

 けれども私は、そうした描写は半ば事実であるが、半ばはミスリーディングであるとも感じる。簡単に言えば、ITも自動制御も取り入れつつ、積極的に時代の変化に対応しているのが「町工場」の真の姿なのである。

 ビジュアルに「うける」代表格が、ヘラと呼ばれる棒一本で、回転する金属板から複雑な形状を作り上げてしまう「ヘラ絞り」加工の姿だろう。そうした代表的な企業の一つ、N社は創業以来70年の歴史を誇るが、依然「職人芸」的なヘラ絞り加工を重要な仕事にしている。しかし、「老いた職人たちが一徹な技を守っている」というような姿ではなく、その現場でも若い世代が第一線で活躍している。

 同社の二代目社長は、「特殊技術を根底としながら、省力化機器の導入も積極的に行ない、手法技術とソフト機械技術のドッキングによる品質のさらなる向上とニーズに応じたフレキシブルな短納期体制を樹立。試作から量産までの総合的受注生産工場としての地位を確立」した、金属加工業の総合企業的なあり方を実現してきている。三次元レーザ加工機、レーザ溶接機、自動溶接機などが並び、絞り加工の自動機も備えている。三次元測定装置も持っているのが誇りである。

 もちろん自社でできない加工部分には積極的に外注ネットワークを生かしている。これらの設備と高度な受注対応、設計や生産技術能力を蓄えているから、N社は60人の従業員を擁し、数百社からの部品受注等を得ているのである。製品納入もできる力もある。「職人芸の町工場のままだったら、家族経営を脱することはできなかった」というのが、社長の信念である。

 しかも、N社に限らず、いま多くの機械金属系の中小企業の実感しているのは、発注元の大手企業に「ものづくりのわかる人がいない」、ITを駆使したデザインや設計はやっていても、コスト計算は厳しくとも、そのままで受注し、図面と仕様通りのものをつくっていたら、まともに使える製品ができない、そうした現実だという。

 そこには、ITの中には十分表現されていない、金属の性質や製品形状や機構構造、そして加工方法などに即した、「つくりこみ」の知恵がいるのだと、やはり長年エンジン部品や油圧部品の機械加工製造を担ってきたM精機の社長は語っている。

 同社の製造現場にも自動制御機が並び、製品組み立ての能力も発揮しているが、CADからのデータを入れ、仕様通りに加工機械を動かしていれば、使えるものができるものではない、そこに多年の経験と加工の粋を極めた自社のつよみもあると言う。

 こうした、ITの世界のうちの「形式知」には容易に表現されない、「町工場の暗黙知」と高度な技術・自動設備などとは相矛盾するものではなく、その組み合わせの妙にこそ、ものづくり中小企業のつよみと存在意義があると言えよう。もちろんそのために、多くの企業は「職人芸」自体の客観化、共有化にも努めているし、合理的効率的な生産管理、経営管理との両立も避けて通れないところである。

 あるいはその結果、「町工場の知恵」も次第にITのうちに取り込まれていき、バーチャル空間でのデザインと自動制御技術のなかに普遍化していくのかも知れないが、常にそれを見通し、新たな知恵を蓄積創造していくのが、日本のものづくり中小企業のつよさなのである。

(注)ここで紹介した、N社やM精機の社長には、嘉悦大学大学院ビジネス創造研究科の「ライブケース」授業に出講をいただいている。この記述は、それらのお話しをもとにしながら、三井の理解でまとめたものである。
執筆者: 三井逸友 - 横浜国立大学名誉教授
横浜国立大学名誉教授、嘉悦大学大学院客員教授。慶應義塾大学経済学部 大学院を修了後、駒澤大学、横浜国立大学に勤務。日本中小企業学会の常任理事で、07年から約3年間に渡り同会長を務める。主な著作に『中小企業政策と「中小企業憲章」』『21世紀中小企業の発展過程』がある。

コラム新着記事

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑩『マリア・シャラポワ自伝』

    ビジネスでは他人とつながったほうが良い結果が出る──この指針はあらゆるケースで全面適用に近づいているようにみえます。しかし本当にそうなのでしょうか? それでグローバルなサバイバル競争を勝ち残れるのでしょうか? ひとりきりになったときに、普段からどうすればよいのかーー今回おすすめしたいのは、個人の競争戦略の教本として読み応えだっぷりな『マリア・シャラポワ自伝』です。

    2019年10月15日

    コラム

  • 映画『記憶にございません!』ある日突然、自分が総理大臣をやることになったら?

    国民的映画監督の三谷幸喜が今回映画の題材に選んだのは総理大臣。しかも記憶を失った総理大臣! 着想のきっかけは「ごくごく普通の人間が、突然総理大臣になったらどうなる?」だったといいます。主人公を演じる中井貴一の悪戦苦闘は、若い頃の理想を見失ってしまったビジネスパーソンへのメッセージにもなっています。

    2019年9月30日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する④

    地方創生戦略の重点項目の一つ、デジタル活用共生社会「society5.0」。しかし、地方に行けば、情報リテラシーの格差が見られます。スマートフォンやSNSの普及により新たな人とのつながりやバーチャル・コミュニティが形成される一方、リアルな地域のつながりは希薄化、地域コミュニティ力は減退しています。今回は地域SNSを使い、新たな地域のつながり、コミュニティの活性に挑む、若き起業家の挑戦に着目、地域におけるデジタル活用の手法を追いました。

    2019年9月24日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.5 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。第5回は会社を興した後、初めて社員を採用した時の気持ちが揺れ動いた日々を振り返ります。

    2019年9月19日

    コラム

  • アパレル業界を変えるIT戦略! 熊本発ベンチャー、シタテルが描く「服の未来」【Vol.3】

    アパレル業界は、メーカー、工場ともにテクノロジー化が遅れており、在庫問題や工場稼働の不均衡、手作業による工数の増加など様々なビジネス上の課題を抱えています。そんななか、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする衣服の小ロット生産サービス「sitateru」が注目を浴びています。優れた技術力を持つ縫製工場の「時間・技術・資源」のデータ管理を行い、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする、衣服の小ロット生産サービスです。「sitateru」を提供しているのは、熊本発ベンチャーのシタテル株式会社。アパレル業界の課題をテクノロジーでどう解決するのか? シタテルCTOの和泉信生さんによる連載、その最終回です。

    2019年9月9日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する③

    今、地域に足りないものは何か? カギを握るのは連携協働、事業を推進するプレイヤーの存在です。連携というと、かつては官民や産学、産学官が一般的でしたが、その実態は名ばかり。真の連携、共創のパートナーシップはどうあるべきか。水津陽子さんのシリーズ第3回は、行政、市民、企業の三者が連携、地域のストックを活用し、老化した都市を再生した先駆的取り組みに迫ります。

    2019年9月2日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.4 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。第4回は起業と仲間の関係――「起業は一人でするべきか? それとも仲間と始めるべきか?」について考えます。

    2019年8月19日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑨『自然はそんなにヤワじゃない—誤解だらけの生態系』

    参院選が圧倒的勝負でもなかったことから、各陣営が都合のいい解釈で、勝利宣言や、健闘し宣言を続けています。どちらが勝とうが、惨事になっているはずだった。なのに比較的平静な選挙後。何だったのでしょう。今回は選挙後だから読んでおきたい本を何冊かピックアップします。

    2019年8月9日

    コラム