「ものづくり中小企業」の真のつよみ

2016年8月25日
ITによる構想とデザイン、制御ーーいわば「無人工場」のような究極の姿に対し、よく持ち出されるのは、「町工場では依然職人芸が生きている」という描写である。職人の長年の経験、勘とコツ、「身体で覚えた」動作や感覚で、複雑精密な形状を作り上げてしまう、「手づくり」のすごさ、そこにこそ中小企業の神髄があるといった言説や描写はしばしば映像メディアの世界などにも登場し、感動を誘う。けれどもそうした描写は半ばミスリーディングであるとも感じる。
 IT、インターネットのおかげで、Industry4.0だとか、IoTだとか、まことに賑やかな昨今である。

 ただ、こうした言葉の氾濫には一種の流行といった様相もあり、本当になにが重要な変化なのか、ある程度時間をおかないと真実がよくわからない、いっときの流行り廃りとともに大事なことが見過ごされる恐れもなくはない。

 技術論の大家の言では、技術の進歩の基本的な原理は動力と制御の関係であるという。もちろんその対象となる素材自体の進歩と生産供給もあってのことである。近代技術をもっとも代表しているのは、鉄をはじめとする金属と、石油化学の産物としてのプラスチック素材と言えるだろう。

 これらを動力をもって加工し、必要とされる形状や機構を生み出すような制御の手を経ることで、自動車をはじめとする近代技術の粋である工業製品が大量に生み出されてきたのである。その資源的限界や動力源のはらむ問題などはさておくとしても、人間の手に代わる「機械」と、それを主役とした機械金属工業に代表される近代工業の存在は依然揺るぎない位置を占めている。

 そうした機械金属工業などの「制御」の部分には、この半世紀近くにわたって大きな変化が生じてきた。NC数値制御に代表される技術体系の客観化・数値化は、「手の」熟練や単純なメカニズムに取って代わり、そこにIT技術と処理が加わることで、いまやCAD・CAMのようなITの成果が加工の主役の地位を占めるようになっている。これに、一世紀近く前に確立された、フォードシステムのような多数の部品構成とそれらの標準化規格化にもとづく大量生産方式の原理とが組み合わさり、機械体系化・自動化を加速するだけではなく、多種少量的な生産までもがFA自動化体系のうちに組み込まれていく。

 ITによる構想とデザイン、制御は、機械装置と結びつき、どのような加工も人の手から切り離し、いわば「仮想世界」での構成構築と自動制御を可能にし、生産管理と結びついて、経済的効率性と両立するようにしてしまう。

 こうした「無人工場」のような究極の姿に対し、よく持ち出されるのは、「町工場では依然職人芸が生きている」という描写である。自動制御装置やITなどとは無縁の、職人の長年の経験、勘とコツ、「身体で覚えた」動作や感覚で、複雑精密な形状を作り上げてしまう、「手づくり」のすごさ、そこにこそ中小企業の神髄があるといった言説や描写はしばしば映像メディアの世界などにも登場し、感動を誘う。

 けれども私は、そうした描写は半ば事実であるが、半ばはミスリーディングであるとも感じる。簡単に言えば、ITも自動制御も取り入れつつ、積極的に時代の変化に対応しているのが「町工場」の真の姿なのである。

 ビジュアルに「うける」代表格が、ヘラと呼ばれる棒一本で、回転する金属板から複雑な形状を作り上げてしまう「ヘラ絞り」加工の姿だろう。そうした代表的な企業の一つ、N社は創業以来70年の歴史を誇るが、依然「職人芸」的なヘラ絞り加工を重要な仕事にしている。しかし、「老いた職人たちが一徹な技を守っている」というような姿ではなく、その現場でも若い世代が第一線で活躍している。

 同社の二代目社長は、「特殊技術を根底としながら、省力化機器の導入も積極的に行ない、手法技術とソフト機械技術のドッキングによる品質のさらなる向上とニーズに応じたフレキシブルな短納期体制を樹立。試作から量産までの総合的受注生産工場としての地位を確立」した、金属加工業の総合企業的なあり方を実現してきている。三次元レーザ加工機、レーザ溶接機、自動溶接機などが並び、絞り加工の自動機も備えている。三次元測定装置も持っているのが誇りである。

 もちろん自社でできない加工部分には積極的に外注ネットワークを生かしている。これらの設備と高度な受注対応、設計や生産技術能力を蓄えているから、N社は60人の従業員を擁し、数百社からの部品受注等を得ているのである。製品納入もできる力もある。「職人芸の町工場のままだったら、家族経営を脱することはできなかった」というのが、社長の信念である。

 しかも、N社に限らず、いま多くの機械金属系の中小企業の実感しているのは、発注元の大手企業に「ものづくりのわかる人がいない」、ITを駆使したデザインや設計はやっていても、コスト計算は厳しくとも、そのままで受注し、図面と仕様通りのものをつくっていたら、まともに使える製品ができない、そうした現実だという。

 そこには、ITの中には十分表現されていない、金属の性質や製品形状や機構構造、そして加工方法などに即した、「つくりこみ」の知恵がいるのだと、やはり長年エンジン部品や油圧部品の機械加工製造を担ってきたM精機の社長は語っている。

 同社の製造現場にも自動制御機が並び、製品組み立ての能力も発揮しているが、CADからのデータを入れ、仕様通りに加工機械を動かしていれば、使えるものができるものではない、そこに多年の経験と加工の粋を極めた自社のつよみもあると言う。

 こうした、ITの世界のうちの「形式知」には容易に表現されない、「町工場の暗黙知」と高度な技術・自動設備などとは相矛盾するものではなく、その組み合わせの妙にこそ、ものづくり中小企業のつよみと存在意義があると言えよう。もちろんそのために、多くの企業は「職人芸」自体の客観化、共有化にも努めているし、合理的効率的な生産管理、経営管理との両立も避けて通れないところである。

 あるいはその結果、「町工場の知恵」も次第にITのうちに取り込まれていき、バーチャル空間でのデザインと自動制御技術のなかに普遍化していくのかも知れないが、常にそれを見通し、新たな知恵を蓄積創造していくのが、日本のものづくり中小企業のつよさなのである。

(注)ここで紹介した、N社やM精機の社長には、嘉悦大学大学院ビジネス創造研究科の「ライブケース」授業に出講をいただいている。この記述は、それらのお話しをもとにしながら、三井の理解でまとめたものである。
執筆者: 三井逸友 - 横浜国立大学名誉教授
横浜国立大学名誉教授、嘉悦大学大学院客員教授。慶應義塾大学経済学部 大学院を修了後、駒澤大学、横浜国立大学に勤務。日本中小企業学会の常任理事で、07年から約3年間に渡り同会長を務める。主な著作に『中小企業政策と「中小企業憲章」』『21世紀中小企業の発展過程』がある。

三井逸友新着記事

  • ミャンマー訪問から~大きく変化する国とその経済成長~

    本年10月13日から16日、ミャンマー連邦共和国の首都ネピードー市に行った。ミャンマーには2年前、ヤンゴン市にも行っているので、二度目の訪問である。日本企業の現地展開などからも注目される存在であるミャンマーの現況を見てみたいという思いもつよかった。

    2017年11月6日

    三井逸友

  • 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

    「フリーランス」と言おうが、「フリーター」としようが、「副業」に精出すか、「内職」と呼ぶか、そうした言霊の印象を離れ、自分で自分自身を雇い、自分で仕事と稼得をつくりだす、そうしたかたちをもっと正面からとらえ、今日の経済社会に生かす道を考えるべきだ

    2017年6月23日

    三井逸友

  • 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

    本年版の『中小企業白書』が4月21日に発表され、まもなく市販版も店頭に並ぶ。『2017年版 中小企業白書』、『2017年版 小規模企業白書』あわせて1200ページ余の大部ともなると、いささか読み通す気力も失せるが、近年は新聞発表にあわせて分かりやすい要約資料が公開されるうえ、特に今回は大部ながら記述は狙いを絞られており、あまりに多岐にわたる言及記載で、理解するのに困るといったことはない。

    2017年6月22日

    三井逸友

  • 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    この10年来大きな注目を集め、画期的なサクセスストーリーとして取り上げられてきたものの一つが、徳島県上勝町の株式会社いろどりの事業である。この厳しい時代にあればこそ、その普遍的な意義と教訓をいまいちど振り返るのも決して無駄なことではないだろう。

    2017年5月15日

    三井逸友

  • 事業承継と親族後継者の「学び」

    今日の中小企業の最大の問題でもある、円滑な事業承継による存続と発展。問題は、「うまく受け継ぐ」ことだけにあるのではない。広い意味での「学び」をどう位置づけ、実行するかにより、事業承継と世代交代の「成否」も相当に左右されると痛感する。

    2017年2月22日

    三井逸友

  • マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアを何度か訪れている。今年は、マレーシアに展開する日本企業の最新動向を見に、首都クアラルンプールを訪れた。最初に訪れたのは20年以上も前のことであり、この間の発展と変貌ぶりは著しいものがある。

    2016年12月29日

    三井逸友

  • 地域経済社会の創造と発展に求められる「多様性」「異質性」

    地域のポテンシャルと産業集積、諸方面の力を糾合連携させるだけでは「十分条件」にはならないというのが、この10年余のさまざまな地域での経験が示すところである。ではなにが足りないのか?

    2016年11月17日

    三井逸友

  • 日本中小企業学会大会と、「地方創生」の課題

    日本中小企業学会の第36回全国大会が開催された。大会では「『地方創生』と中小企業ー地域企業の役割と自治体行政の役割」と題し、まさに日本の経済社会の当面する最大の問題とも言える「地方創生」を正面から掲げるものであった。

    2016年9月27日

    三井逸友