富裕層インバウンドの法則その5

2017年2月28日
最近購読しているメールマガジンに見入ってしまった言葉があったので今号でぜひ考え方として紹介してみたい。曰く、「顧客を創る顧客」を創るのが顧客視点の経営の本質である、と。
★法則5:富裕層インバウンドは、顧客を創る顧客を創ることにフォーカスする

 最近購読しているメールマガジンに見入ってしまった言葉があったので今号でぜひ考え方として紹介してみたい。曰く、「顧客を創る顧客」を創るのが顧客視点の経営の本質である、と。

 本連載をお読みいただいている事業者の皆様の究極の経営目標は「顧客を獲得し継続的な収益に結び付ける」ことのはずだ。これは弊社とて何の変わりもない。企業を企業として成立させていくには、これ以上当たり前で本質をついている言葉はないだろう。

 閑話休題、新しい顧客を獲得していくには様々な方法がある。広告宣伝でユーザを増やす、展示会に参加してユーザを増やす、ソーシャルメディアを活用して……など枚挙に暇がない。結果が伴うか否かはともかくもこれらの「顧客を増やす活動」は正しい、いや、正しいと「社内的には」考えられている。もっといえば「正しいということに誰も反駁しきれない」。それはすくなくとも「新しい顧客を獲得しようとする活動」に対してはあくまで肯定的な意見が多いから、だ。「広告宣伝しなければモノは売れないし、サービスも行き届かない、新しい顧客も開拓できない」という意見には一定の真理が明らかにあるはずだ。

 さて、話をもどそう。そもそも自社の商品やサービスを購入してくれた顧客とは何なのか? もっと言えば自社の商品やサービスを継続的に購入してくれている顧客とはいったい何なのか。小学生に聞くと明確な答えが返ってくる。「そりゃ好きだからに決まってるでしょ」、と。つまり、自社商品やサービスの「ファン」だから、継続的に購入してくれている、ということになる。理由は様々あるだろう。「使ってみたら便利で」、「この会社のウェブのテイストが気に入って」、「いやね、娘が働いててね」、いろいろあって当然だ。

 ところが、おそらく過去数多の方々が指摘していることになるのだとは思うが、数多の企業がなぜか「継続的な顧客=あなたのファン」を忘れてしまうことが多い、というのもいまだに事実なのではなかろうか。とてつもなくもったいないことだ。

----
 ではなぜこのようなことが起こるのか。考えるに、偶然だろうが戦略的だろうが、「いわゆる新規(=あなたのファンにならないかもしれない顧客)をとってくる営業はたいしたもんだ」という経営視点が重視され続けているからと言わざるを得ない。会社というのは生き物とよく言われるように、新しい顧客が見つかると従業員は喜ぶし勢いも出る、これはこれで正しい。しかしながら会社という生き物が別の生き物(=顧客)を相手にする場合だろうがなんだろうが、双方にハートがあり、モチベーションがある。「常に新しい顧客を!」という名のもと実施される新規顧客獲得活動は早晩終焉を迎えるはずだ。なぜなら普通のハートを持つ常識的な人間が本質的にずっと続けられることではないからだ。

「営業力がウリだった会社が、理路整然と現在の顧客の見直しや関係深化に走り出した」的な話を聞くにおよび、経営はやはり人間がやっているもの、との感を覚えることも少ないないだろう。ましてや、グローバルなご時世だ、いつまでも新規新規ではお金がいくらあってもたりないだろう。一方、経営は人間がやるものであると同時に、顧客の方も人間であることを忘れてはならない。経営側の人間が「ファン=自社の継続的な顧客を大切にしよう」と気が付く前に、「この会社はファンに対して意識が薄いわね」ということに気が付いてしまう。またこれも人間らしいし、洋の東西を問う話でもなんでもない。

 では、どうするか。そこで冒頭の「顧客を創る顧客」を創るのが顧客視点の経営の本質ある、という話に行き付く。「新規顧客は、今の顧客のすぐとなりにいる」という発想で新規開拓を行うと戦略化できれば、あとは、既存顧客とのコミュニケーションをどれだけやっていくかということがポイントとして残るだけとなる。

 もっと言おう。新規顧客を獲得するために費やしてきた人的/経済的リソースを、既存顧客との対話を多く、深くすることに使う。ヒトがヒトをヒトに紹介するきっかけには「ダイアログ=対話」が必要なのだ。特に国内外問わず、顧客が富裕層ともなればこれはもはや当然の領域だと考えている。富裕層インバウンドと考えればなおさらその傾向は強い。たった一人の外国人富裕層顧客が、その方の国でその方の友人に自社商品やサービスを広めてくれるような対話を繰り返す、それだけでも立派な海外富裕層顧客新規獲得営業になっているはずだ。

 当社が開始している「富裕層インバウンドビジネス研究会」は、このようなテーマをひとつひとつ掘り下げようとしているものだ。3か月で9万円の研修商品で、2017年4-6月に第二期が実施される。いくつかの気づきをインバウンドビジネスに取り込みたい事業者様におすすめしている。なお、富裕層インバウンドビジネス研究会については、以下のサイトを参照されたい。
http://rpartners.jp/inbound/ibk/

●関連リンク

執筆者: 増渕達也 - ルート・アンド・パートナーズ代表取締役
1992年、東京大学卒業後、(株)電通入社、2002年、富裕層向け雑誌の草分けであるセブンシーズを発行する(株)セブンシーズ・アンド・カンパニー代表取締役に就任。2006年、富裕層向けライフスタイルマネジメントサービスを手掛ける(株)ルート・アンド・パートナーズ設立、現在に至る。2013年にはシンガポールに進出。日本、アジアを中心に富裕層ビジネスを手掛け、富裕層マーケティングに関する造詣が深い。「HighNetWorth Magazine」編集長、富裕層インバウンドビジネス研究会も主宰。

増渕達也新着記事

  • 富裕層インバウンドの法則その8

    「こんなに深い歴史があるのになぜ外国人はこの街に興味を持たないのだろう?」それは「翻訳がなされていないから」ということに起因する。日本語を英語や中国語にという翻訳ではなく、「相手の頭に残るような形にしてあげること」なのだ

    2017年7月5日

    増渕達也

  • 富裕層インバウンドの法則その7

    富裕層マーケティングと言うと、相手が特殊な人種だ、という議論になりやすい。しかし、富裕層インバウンドを考えていく場合には、「その国と言葉で捉えた日本」という視点や「その国と日本の歴史的関係性」から目を離すことはできない

    2017年5月19日

    増渕達也

  • 富裕層インバウンドの法則その6

    これからの富裕層インバウンド戦略に戦略的広報という視点は絶対に欠かせない。自分で調べ、交渉し、企画し、レファレンスも周辺の人脈を駆使して自分で取る。主体的な動きができる戦略的広報経験者(普通の広報経験者ではない)には注目が集まる時代になるだろう。

    2017年4月13日

    増渕達也

  • 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドが本格的になればなるほど「通訳案内士」の存在感も増してくるはずだ。なにせ、外国人の旅行ガイドは法制度上原則彼らしかできないのだから。富裕層インバウンドツーリストと通訳案内士のマッチングサービスは妙味のあるビジネスになるだろう。

    2017年1月23日

    増渕達也

  • 富裕層インバウンドの法則その3

    自社で人を出して毎日リサーチさせる「効率的なムダ」を観光協会や自治体も予算を振り向ける時期にきている。「想定ターゲットを絞りきる因数」を見つける、だれでも明日からできることーー富裕層インバウンドを捉える視点の有用な考え方としておさえておきたいところだ。

    2016年12月15日

    増渕達也

  • 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2。今回は一般的な外国人旅客に人気のある商品から外国人富裕層へのアナロジーを考える。外国人旅行者に大変人気のある商品は、日本酒テイスティング、相撲朝稽古見学、ローカルバーホッピングの3つ。1点1点アナロジーを考えていこう。

    2016年11月25日

    増渕達也

  • 富裕層インバウンドの法則その1

    富裕層ビジネスは、日本では2000年代前半に話題の言葉でランキング1位となって以来、二極化への企業活動対応という意味からも無視できない言葉になっている。「富裕層インバウンド」という、21世紀の新型キーワードが生まれてくることは時代の必然だったと言えるだろう。

    2016年10月24日

    増渕達也