「利益剰余金」を見よ! あなたの会社の実態がここにある・・・

2017年11月8日
「会社を設立してから現在まで、あなたの会社の利益の累積はいくらですか?」 この問いに、あなたは即答できるだろうか。会社を設立してから今までの利益の累積を、あなたは多いと思うだろうか? それとも、少ないと思うだろうか?
 会社を設立してから現在まで、あなたの会社の利益の累積はいくらですか?」

 この問いに、あなたは即答できるだろうか。

 これを知るのは簡単だ。決算書の内、貸借対照表の右下、純資産の部の中にある「利益剰余金」を見ればいい。あなたの会社の利益剰余金はどうなっているだろうか。その金額を是非、確認してほしい。利益剰余金の中には、「利益準備金」や「別途積立金」、そして「繰越利益剰余金」などがある。これらの合計が、利益剰余金だ。

 この利益剰余金の数字は、会社を設立してから今までの利益の累積を示している。正確には、利益から法人税等を支払い、かつ配当金などを支払った後の利益の累積である。いわゆる「内部留保」した利益の累積が、利益剰余金ということである。

 改めて、この金額を見てみてほしい。どう思うだろうか・・・? この金額は、この会社を設立してから今までの利益の累積であり、あなたが必死で頑張ってきた結果でもある。

 この金額を見て、あなたは多いと思うだろうか。それとも、少ないと思うだろうか。「よくやってきた!」と思える額であれば、大変すばらしいことだ。「これからも、さらに頑張っていこう!」と心から思えるだろう。

 しかし、「設立から10年以上経っても、たったこれだけの利益しかないのか・・・」と愕然としてしまう経営者もいるはずだ。「懸命にやってきたはずなのに、ちょっと情けないな」とうちひしがれている暇はない。利益剰余金がなぜ少ないのか、その理由を考えてみてほしい。そこには次のようないくつかの理由が考えられるはずだ。

●実際に、ずっとあまり儲かっていなかったのか・・・?
●それなりに儲かっていたが、いろいろ節税をしたので、内部留保ができなかったのか・・・? (これも、儲かっていないということではあるが・・・)
●配当金や役員賞与(社外流出)を多くしてきたので、内部留保がないのか・・・?

 いかがだろうか。いずれにせよ、この<利益剰余金=内部留保>こそが、会社の自己資本を充実させ、いざというときでも潰れにくい、強い会社にしていく原資になるものだ。さらには、ここぞという時の事業投資にも使える原資になるのである。なぜならば、利益剰余金は自らが生み出した、誰かに返す必要がまったくない、自己資本というお金であるからだ。

 設立から相当年数が経っているのに、利益剰余金が少なくてちょっと情けないな、寂しいなと思った方、「こんな状況はやはりおかしい!」と真剣に考えるべきではないか? 設立からの年数で利益剰余金を割ってみれば、本当にそう思うだろう。

 これまであまり貸借対照表の数字など、見て見ぬふりをしていたのであれば、現実から目を逸らさずに危機意識を持つべきだ。もっと自己資本を充実させて、「潰れにくい会社、強い会社にするんだ!」と、心から強く思ってほしい。そのような気持ちを持つことが、「儲かる会社・強い会社」へ切り替わっていくきっかけになるはずである。

●関連リンク

執筆者: 北岡修一 - 
東京メトロポリタン税理士法人 統括代表。25歳で独立以来、税務会計業務を基本としつつも、経営診断、人事制度の構築支援、システム導入支援などコンサルティング業務にも携わってきた。現在は「会計理念経営」を掲げ、「会計を良くすると、会社が良くなる!」をモットーに、誠心誠意、中小企業を支援している。主な著作に『社長の「闘う財務」ノート ~ 社長の数字力が会社を鍛える』(プレジデント社)、『事業の引継ぎ方と資産の残し方・ポイント46』(共著/あさ出版)がある。

北岡修一新着記事

  • 計画達成のコツは、小さな目標を一つずつクリアしていくこと

    ビジネスをやっていく上においては、様々な計画を作ると思う。中でも、年間の経営計画は、多くの会社で作っているだろう。会社全体の計画、部署の計画、個人の計画など、様々な単位での計画がある。

    2018年2月2日

    北岡修一

  • 事業承継税制が大幅に改正される

    平成30年度税制改正では、事業承継税制が10年間の集中期間を設けて、大幅な緩和措置を取っています。この10年間で集中的に事業承継をして欲しい、ということです。今回は、平成30年改正の事業承継税制を取り上げます。

    2018年1月11日

    北岡修一

  • 余裕資金をつくるには?

    江戸時代の終わりから昭和まで生きた本多静六氏は、独自の蓄財法で莫大な財産を築きあげた。その要となるのが、本多式「4分の1天引き貯金法」である。通常の収入は収入があったときに強制的に4分の1を天引きしてしまい、残りの4分の3で生活をするようにする。

    2017年12月7日

    北岡修一

  • お金をかけなければ、知恵が生まれる

    会社は、何が何でも利益を上げなければならない。当たり前と言えば当たり前のことであるが、時として忘れてしまう、あるいはないがしろにされてしまっていることが、あるように思う。お客様へのお役立ちも、社員の幸せも、すべては利益があって初めて言えるのだ。

    2017年9月28日

    北岡修一

  • 不況のときには経費を押さえ、好景気に備える

    人件費の削減は、リストラよりも全員の給与の一律カットのほうがいい。そして、全社一丸で頑張るというほうが、会社の力になるはずである。リーマンショックのときは、そのような対応を行った会社が多かった。その際に特に印象に残ったのは、日本電産の永守重信社長である。

    2017年8月29日

    北岡修一

  • 利益は経営者の闘争心によって出していくもの

    中小企業、特に小さな会社は、経営者があきらめたときに赤字になる。したがって、経営者があきらめない限り、黒字になる可能性が残っている。その決め手になるのが、経営者の「闘争心」だ。

    2017年7月27日

    北岡修一

  • 業績を上げたいのなら、まずは会計のしくみから作れ!

    「会計なんて、過去の結果を表しているに過ぎない、そんなの見たって・・・」と思っている経営者が実はとても多い。「過去の数字を見てもしょうがない。大事なのはこれからどうするかだ」とか言って、会計を重視しない経営者が多過ぎるのだ

    2017年6月27日

    北岡修一

  • 好景気でも不景気でも、会社は赤字を出してはいけない

    経営者であれば「好景気であっても、不景気であっても、絶対に赤字は出さない。必ず利益を出す」という強い信念で経営をしなければならない。業績を景気のせいにしている経営者は自分の能力のなさを自らひけらかしているようなもので、情けない。

    2017年5月9日

    北岡修一