ドラマ「小さな巨人」 に見る、組織内派閥抗争の行方

2017年5月28日
TBS系の日曜劇場で放送されている『小さな巨人』が佳境に入り、盛り上がってきた。刑事ドラマは『踊る大捜査線』以降、警視庁と所轄という警察内の階級が生み出す縦割り問題を通して、会社組織の中で働く公務員としての刑事たちの葛藤を描いてきた。本作もその流れを汲む作品で、警察組織の派閥争いに苦しめられながらも警察官としての使命をまっとうしようとする刑事たちの姿が、同じように会社の派閥争いに頭を悩ませている中高年の男性視聴者から高く評価されている。
 TBS系の日曜劇場(日曜夜9時)で放送されている『小さな巨人』が佳境に入り、盛り上がってきた。 

 警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査第一係係長として数々の事件を解決してきた香坂真一郎(長谷川博己)は、上司の警視庁捜査一課長の小野田義信(香川照之)と料亭で会食をした後、飲酒運転の車を取り調べた際に相手の車に傷をつけてしまう。その時、日本酒を飲んでいたことが問題となり、香坂は所轄の芝署へと左遷されてしまう。

 物語は、出世コースから転落した香坂が、現場の刑事たちと難事件を解決していく姿を描く一方で、上司の小野田が香坂を陥れたのではないか? という警察組織内での激しい派閥抗争が描かれていく。

 刑事ドラマは『踊る大捜査線』(フジテレビ系)以降、警視庁と所轄という警察内の階級が生み出す縦割り問題を通して、会社組織の中で働く公務員としての刑事たちの葛藤を描いてきた。本作もその流れを汲む作品で、警察組織の派閥争いに苦しめられながらも警察官としての使命をまっとうしようとする刑事たちの姿が、同じように会社の派閥争いに頭を悩ませている中高年の男性視聴者から高く評価されている。

 こういった組織描写は、日曜劇場が池井戸潤・原作小説のドラマを通して描き続けてきたことだ。最も有名なのは、メガバンクでの派閥争いを描き高視聴率を獲得した『半沢直樹』だろう。

 『小さな巨人』は、監修の福澤克雄を筆頭とする『半沢直樹』のチームによって制作されている。ドラマ自体はオリジナルだが、『半沢直樹』や『下町ロケット』といった池井戸潤の原作小説のテイストは『小さな巨人』にも受け継がれており、警察版『半沢直樹』とでも言うような話となっている。

 本作における警察組織は魑魅魍魎が集う伏魔殿だ。何度も繰り返される「敵は味方のフリをする」という台詞は、「クレタ人はみな嘘つきだ」というエピメニデスのパラドックスを思わせる言葉だが、当初は香坂を陥れようとする悪役かと思われた小野田が、香坂を助けたり、逆に味方だと思っていた優しい顔の男が実は敵と通じていたりと、人間関係は複雑でめまぐるしく変化。誰が味方で誰が敵かわからないため、絶えずドラマ内に緊張感が走っている。

 キャラクターもそれぞれ個性的。長谷川博己が演じる主人公の香坂は、長谷川が『シン・ゴジラ』で演じた内閣官房副長官・矢口蘭堂を警察官僚にしたような男だ。『シン・ゴジラ』もまた怪獣映画という枠組みの中で日本の官僚組織を描いた作品で、『下町ロケット』等の池井戸潤作品と比較されて語られていたが、香坂も品行方正なヒーローというよりは腹に野心を抱えた一筋縄ではいかない策略家だ。

 香坂のようなエキセントリックで頭がキレる男を演じさせると長谷川博己は実にうまく、圧倒的な存在感を見せつけている。なお、奥さん役を演じたのは『シン・ゴジラ』で共演した市川実日子だというのはファンとしては嬉しいところ。息が詰まるシーンが続く中で香坂の家庭パートは一服の 清涼剤となっている。

 一方、小野田を演じる香川照之は、単なる悪役という枠を超えた『半沢直樹』以降の日曜劇場の看板とでも言う存在だ。リアルな中年男性を演じても充分うまい俳優なのだが、この日曜劇場に悪役として出演する時の香川照之の演技はケレン味たっぷりで、組織の闇を象徴する怪物として香坂たちの前に立ちはだかる。

 テレビドラマは映画にくらべると顔のアップや説明台詞が多く、それが欠点として語られがちだ。しかし、『小さな巨人』は役者の顔のアップをいかにカッコよく見せるかということに特化した結果、独自の様式美に昇華している。

 登場人物の多くが背広を来た中年男性であるため、渋い大人のドラマに見えるが、見せ方や台詞回しはとても派手で、歌舞伎の見得のようなケレン味があるので見ていて飽きない。中でお歌舞伎俳優の血筋ということもあるのか香川照之の顔と声の威圧感は凄まじく、文字通り"本作の顔”となっている。『半沢直樹』で完成した顔と台詞のケレン味で見せる男たちの闘争劇は、本作でより激しさを増している。

 第6話からは、物語は新章に突入。香坂は捜査情報を新聞社にリークした処分を受けて、豊洲署へと異動となる。そこで早明学園の事務局で経理を担当していた男の失踪を捜査しているうちに警察組織の闇と直面してしまう。

 理事長を和田アキ子、学園の専務で元警視庁捜査一課長の富永拓三を梅沢富美男が演じるという相変わらず濃いキャスティングだが、それ以上に気になるのが、世間を騒がせている森友学園建設を巡る“忖度”の問題を彷彿とさせる物語だろう。オリジナル作品だから可能だったということを差し引いても、政治ネタは避けられがちな日本のテレビドラマで、森友学園ネタをここまでやるのは、見事な快挙である。

 敵か味方かわからない小野田の正体をどう描くのかと同様、森友学園の問題に、どこまで踏み込むのかにも注目している。


■TBS日曜劇場『小さな巨人』 日曜午後9時~

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム