NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

2017年4月23日
幼少期から丁寧に物語を積み上げてきたNHK大河「おんな城主 直虎」。百姓たちも含めた、井伊家という小さな家族をいかにして守るのか? というテーマが見えてきたことで現代的な会社経営の話となってきている。幻想的なおとぎ話と生々しい経営ドラマという絶妙なバランスを保ちながら、今までとは違う大河ドラマの流れを切り開こうとしている。
 昨年の『真田丸』(NHK)が成功し、中園ミホの『西郷どん』や宮藤官九郎の『いだてん~東京オリンピック噺~』といった人気脚本家の話題作が来年以降のラインナップに連ねている大河ドラマに再び注目が集まっている。

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』([総合]日曜午後8時00分~ [BSプレミアム] 日曜 午後6時00分~)

 そんな中、今年スタートしたのが『おんな城主 直虎』だ。脚本は連続テレビ小説『ごちそうさん』(NHK)の森下佳子。主人公の井伊直虎を演じるのは柴咲コウ。

 物語は、今川家の統治下にある井伊谷で暮らすおとわが、許嫁の亀之丞と家臣の鶴丸とともに森で遊んでいる場面からスタートする。森に囲まれた井伊谷で暮らす子供たちの姿はどこか幻想的。竜宮小僧という精霊的存在の名も登場するためか、児童文学を見ているようである。

 しかし、幸福な幼少時代は突如、幕を閉じる。

 亀乃丞の父・井伊直満(宇梶剛士)が謀反を画策していると疑われたことから今川に討たれ、亀之丞は逃走する。 それから数年後。おとわは出家して次郎法師と名乗り、鶴丸は元服して小野政次(高橋一生)と名乗っていた。鶴丸の父・政直(吹越満)は、政次を井伊家の当主にしようと画策していたが、そこに亀之丞が帰ってくる。亀之丞は元服し井伊直親(三浦春馬)と名を改め、井伊家の当主となる。

 森下佳子は、『白夜行』(TBS系)等の作品で、幼少期に起きた決定的な出来事が、主人公たちの一生を左右するという物語を繰り返し描いてきた。本作もまた、普通なら一話で終わらせる幼少期を4話も費やして描き、大きく驚かせた。その後、物語は直親と次郎法師の関係をめぐって少女漫画のような物語が展開される。中々、大河ドラマらしくならないため、当初は戸惑った。

『JIN-仁-』や『天皇の料理番』など、TBS系の日曜劇場で骨太な時代モノを多数手掛けてきた森下の構成力に関しては信頼していたが、歴史上の有名な事件や人物が次々と出てくる『真田丸』にくらべると、小国の井伊家の物語は決して有名とは言えなかったため、一体この物語がどこに向かうのか、よくわからなかった。しかし、桶狭間の戦いを経て、直親が命を落とし、次郎法師が井伊直虎と名を改め、井伊家の当主となる第12回「おんな城主 直虎」から物語は急展開。戦国時代の当主の視点から見た“経営の物語”となっていく。

 新しい当主となった直虎は、瀬戸村の百姓たちから、豪商・瀬戸方久(ムロツヨシ)から借りた借金を帳消しにする徳政令の公布を懇願される。はじめは困っている百姓のためと思い、願いを受け入れる直虎だったが、井伊家もまた莫大な借金があり、徳政令を発行すると井伊家がつぶれてしまうと知り、あ然とする。

 一方、瀬戸村に徳政令を出したと聞きつけたほかの村からも徳政令を要求されるが、直虎は断る。裏切られたと思った百姓たちは今川家に助けを請い、井伊家と百姓の間には深い溝が生まれてしまう。

 百姓に翻弄される直虎は、さながらストライキにあった中小企業の社長みたいなものだろう。百姓たちを安易な弱者としてではなく、保身のためなら権力になびくズルさもしっかりと描く一方で、彼らを切り捨てるのではなく、どうやったらうまくやっていけるのかを本作は模索する。

 井伊家を乗っ取ろうと目論む小野政次に踊らされる形で、方久を拉致した百姓たちと一触即発の中、直虎は「目先の話ばかりするな!」と一括。方久に村の経営を任せることで生き残る道を模索しようとする。「清風払明月 名月払清風。風と月はいさかうのではなく一体であるという。我も皆とそうありたいと思うておる」という、百姓たちといっしょに井伊を作っていきたいという直虎の願いは、多くの会社経営者が共感するところだろう。

 物語だけでなく、直虎を取り巻く人々も魅力的である。自分のことを「銭の犬」という方久は、盗人まがいのことをしてのし上がってきた守銭奴だが、ムロツヨシの愛嬌もあってか、どうにも憎めない。

 直虎の叔父の南渓和尚(小林薫)は飄々としているが直虎が苦難にあえぐと助言を与えてくれる頼りがいのある存在だ。南渓の一番弟子の傑山(市原隼人)は屈強な肉体が醸し出す色気からネット上では人気者となっている。

 そして、何より目が離せないのは高橋一生が演じる小野政次だろう。政次は今川の力で井伊家を乗っ取ろうとしているように見えるが、一方で初恋の人である直虎と井伊家を守ろうとしているようにも見える。能面のような表情で、見るからに策士といういでたちだが、こういう一癖も二癖もある男を演じさせると高橋一生の右に出るものはいない。直虎の許嫁だった直親が早くも物語から退場してしまった今、小野政次の直虎への秘めたる思いが、どのような顛末を向かえるのか、大いに注目している。

 幼少期から丁寧に直虎の物語を積み上げてきた本作だが、百姓たちも含めた、井伊家という小さな家族をいかにして守るのか?というテーマが見えてきたことで現代的な会社経営の話となってきている。幻想的なおとぎ話と生々しい経営ドラマという絶妙なバランスを保ちながら本作は、今までとは違う大河ドラマの流れを切り開こうとしている。

■NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』
[総合]日曜午後8時00分~ [BSプレミアム] 日曜 午後6時00分~

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • どこに“期待”をするべきか?

    コミュニケーションの達人、「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。今回は具体的な方法論から少し話題を変え、対人関係における心の有り様について考えます。テーマは「相手への期待」です。

    2018年12月12日

    コラム

  • TVドラマ『ハラスメントゲーム』 ゲームのカードのように多様化・複雑化するハラスメントの背景にあるもの

    テレビ東京の新しい顔として注目されつつあるのが「ドラマBiz」枠だ。『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』といった「日経スペシャル」系番組のイメージに寄せる形で今年再スタート。そして、現在放送中で高い評価を得ているのが『ハラスメントゲーム』だ。

    2018年12月10日

    コラム

  • 地域資源をマネタイズし雇用を生む、せとうちのローカルベンチャー 〜尾道/ディスカバーリンクせとうち編〜 

    全国各地で行われている地域資源を活用した特産品や観光開発。多くは「作る」ことがゴールになり、それをどう「売るか」にまで力が及んでいません。しかし地域資源活用とは、どうマネタイズするか、そのビジネスモデルを考えることに尽きます。今回は独自の視点で地域資源を収益事業化する、せとうちのローカルベンチャーにフォーカス、そのビジネスモデル構築の視座と手法に迫ります。

    2018年12月4日

    コラム

  • もうインバウンド集客で悩まない!【第2回】

    訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介する新連載。第2回では、兵庫県豊岡市・城崎温泉の動画プロモーションの成功事例から押さえるべきツボをピックアップします。

    2018年11月12日

    コラム

  • 今どきの新人は電話恐怖症でウツになる!? そして退職!?

    「電話恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか? 電話が鳴ると、緊張して動悸がしたり、ひどいとパニックになったりなど、うまく電話が取れないというものです。この「電話恐怖症」、今どきの新入社員(新人)に増えてきているということをご存知でしょうか?

    2018年11月7日

    コラム

  • 企業インフラ、管理インフラの重要性。

    システムやAIを会計に導入するべきか否か? 恐れてばかりでは会社は前進できません。積極的に管理インフラの構築をして、会社全体が慣れていくことをお勧めします。それは時間を有効に使うことにつながり、競争力を高めることにもなっていくはずです。システムやAI導入は、社員一人ひとりが付加価値の高い仕事へのシフトに向かう第一歩になる可能性を秘めています。 

    2018年11月5日

    コラム

  • 熱海の奇跡! シャッター商店街を人気スポットに変えた戦略

    長らく低迷にあえいできた熱海が復活を遂げ話題となっています。1960年代には年間500万人を超える宿泊客で賑わった一大観光地でしたが、2011年には246万人にまで落ち込みました。しかし、そこからわずか4年、宿泊客数は308万人へ、奇跡とも呼ばれるV字復活を果たしました。その起点の一つとなったシャッター商店街の再生にフォーカス、”熱海の奇跡”を起こした挑戦とその戦略に迫ります。

    2018年11月2日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑤『大本営参謀の情報戦記』

    今年は戦争、特に太平洋戦争の際の日本軍(の失敗)についての本が、ビジネスとの絡みでよく読まれました。そのなかでも定番とも言えるポジションを得ているのが、今月の一冊『大本営参謀の情報戦記』です。文庫本の帯では田端信太郎さんも絶賛されています。70年前の戦史をいま、どうビジネスに活かせばいいのでしょうか? 長沖竜二さんが斜めから読み解きます。

    2018年10月24日

    コラム