ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

2017年6月16日
「会社のOLが何を考えているのか、イマイチよくわからないんだよね」ーーそんな悩みを抱えている管理職の男性に是非見てほしいのが、ドラマ『架空OL日記』だ。本作は、お笑い芸人のバカリズム(升野英知)が原作・脚本を手がける連続ドラマだ。
「会社のOLが何を考えているのか、イマイチよくわからないんだよね」ーーそんな悩みを抱えている管理職の男性に是非見てほしいのが、ドラマ『架空OL日記』だ。本作は、お笑い芸人のバカリズム(升野英知)が原作・脚本を手がける連続ドラマだ。

ドラマ『架空OL日記』 Hulu(オンライン動画配信サービス)にて、全話配信中!((C)2017「架空OL日記」製作委員会)


 原作はバカリズムが三年もの間、OLのふりをして書いていたというBLOG。バカリズム自身も升野として登場し、銀行で働くOLの日常を切り取った作品だ。

 こう書くと、一見茶化したコメディかと思うかもしれないが、ドラマのトーンはシリアスでOLの仕事と日常がすさまじく丁寧に描かれている。升野がほかの女性社員と同じ制服を身につけ、完全に女子として扱われていることに少し違和感があるが、この一点があることによって、ただならぬ雰囲気のドラマとなっている。

 しかし、本作が凄いのは、升野の“なりきり”がだんだん気にならなくなっていくことだ。次回で最終回なのだが、今では升野のことを普通の女性として見ており、気づいたらOLのリアルな日常ドラマとして毎週楽しみになっているのだ。

 主な登場人物は、
 バカリズムが演じるOLの升野。
 升野の同期で親友の真紀ちゃん(夏帆)。
 頼れる先輩の小峰様(臼田あさ美)。
 後輩の天然妹キャラ・紗英ちゃん(佐藤玲)。
 OLたちのまとめ役的存在で、入社10年目の酒木さん(山田真歩)。

 彼女たちは程よく仲が良いのだが、ほんのちょっとだけ、お互いの変なトコを意識している。そこに升野が心の中で軽いツッコミを入れるという、ショートエピソードの積み重ねで物語は構成されている。

 本作には恋愛や犯罪といった大きな出来事は起こらないし、働く女性の生き方を声高に叫ぶような熱いメッセージもない。描かれるのは会社の帰りに、みんなでおいしい料理を食べにいったことや、紗英ちゃんから借りた漫画は面白かったけど20冊あって持ち帰るには重かった、といった些細なことだ。

 職場の描写も、お客様にお茶を入れようとしたら茶葉が切れていて、予備も補充されてないから犯人捜しをしたら、途中で犯人は自分だったと気づく話や、更衣室に紗英ちゃんがグミを置きっぱなしにしていたらネズミが出たから、今後はお菓子の持ち込み禁止になった話。

 他には、いっしょにジムに通っている真紀ちゃんがいつの間にか本格的に鍛え出していてインストラクターと間違えられる話とか。寝る前にLINEに送られてきたスタンプが微妙とか。

 ひとつひとつのエピソードは、本当にどうでもいいことばかりで、だからこそOLが書いているBLOGを読んでいるような味わいがある。冷静に考えるとこれがどうして面白いのかわからないのだが、余計な味付けがないからこそいつまでも見ていられるのが本作の不思議なところである。

完全にOLとして扱われている升野(バカリズム)。この一点があることによって、ただならぬ雰囲気のドラマとなっている((C)2017「架空OL日記」製作委員会)

 お笑い芸人としてはすでに高い評価を獲得しているバカリズムだが、近年はテレビドラマの脚本も精力的に手掛けており、脚本家としての評価もどんどん高まっている。

 バカリズムの作風は、一言で言うと「面白い設定と優れた人間洞察」。過去に戻ることができるタクシーに乗った乗客たちの人生の選択をコメディテイストで描いた『素敵な選TAXI』(フジテレビ系)や、真木よう子や竹内結子といった女優たちが、もしも女優にならずに違う人生を選択していた場合はどうなっていたのかを描いた『かもしれない女優たち』(フジテレビ系)といったSFテイストのドラマを書いていた時は設定の面白さが全面に出ていた。

 最近では日本テレビの深夜ドラマを三作続けて手掛けているのだが、市川崑監督の映画をリメイクした、不倫をしているテレビプロデューサーを九人の愛人と正妻が殺害しようと企てる『黒い十人の女』の時は、まだシチュエーションの面白さの方が全面に出ていた。

 だが、次に原案と脚本三本を手がけた、バカリズムと女優・二階堂ふみ、お笑い芸人・若林正恭(オードリー)の三人が本人役で出演したドラマ『住住(すむすむ)』ではバカリズムの鋭い人間洞察が全面に出ており、脚本家として面白くなってきたと思った。そんな人間洞察力が極限まで際立ったのが、この『架空OL日記』である。

 男性作家が女性を書くと、どうしてもある種の先入観が入ってしまうものだが、バカリズムは物凄く突き放した目線で登場人物を見ているため、OLたちを必要以上に美化することもないし、逆に見下していると感じることもない。そこからうかがえるのは「OLとはこういうものだ」と決めつけずに、対象をひたすら覗き込もうとするバカリズムの誠実さだろう。

 だから本作を見ても、彼女たちが何を考えているのかはあまりよくわからない。たが、彼女たちがいつも口にする副支店長の悪口を聴いていると、OLが嫌いな上司がどういう存在なのかは、よくわかる。そこだけでもチェックしておくと、職場で少しは役に立つかもしれない。


■ドラマ『架空OL日記』
Hulu(オンライン動画配信サービス)にて、全話配信中!
日本テレビ 毎週土曜 深夜1時55分~ *第10話は、深夜2時30分
*各地放送局で放映日時が異なります。詳しくはドラマ公式HPでご確認ください

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

成馬零一新着記事

  • TVドラマ『宮本から君へ』 働く人間なら、誰の心にも必ず「宮本」がいる

    ドラマ『宮本から君へ』は1990~94年にかけて連載された漫画が原作だ。今と比べれば、一生懸命になることはダサいことだと多くの日本人が思っていた時期の作品である。そんな時代にあって、恋愛にも仕事にも純粋で暑苦しい男・宮本を登場させることで、激しい賛否を巻き起こした。当時はバブル景気に浮かれていた日本に対する強烈なカウンターだったわけだが、大きく時代を隔てた2018年の20代に、本作はどのように響くのだろうか?

    2018年6月15日

    成馬零一

  • 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

    連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)は、いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸の女の子がやがて結婚し、寄席を切り盛りしていく姿を描いた物語だ。京都の老舗薬種問屋の長女に生まれたヒロイン・てんを演じるのは若手女優の葵わかな。てんと藤吉の歩みが、そのまま戦前の芸能の歴史となっている。

    2018年2月14日

    成馬零一

  • NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

    NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。

    2017年12月22日

    成馬零一

  • ドラマ「先に生まれただけの僕」から、変わりゆく日本的経営を考える

    日本テレビ系土曜夜10時から放送されている『先に生まれただけの僕』は、35歳の若い校長先生が業績不振の高校を立て直すという異色の学園ドラマだ。面白い授業のできない教師たちはクビになり、勉強のできない生徒たちは切り捨てられていくのではないか? という経営優先の合理化がもたらす負の側面と、そこで犠牲になる側の不安が描かれている。

    2017年11月30日

    成馬零一

  • 映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3」にフロンティアスピリットを見る

    ダンス&ボーカルグループEXILE TRIBEや三代目J Soul Brothersが所属する芸能事務所LDHが中心となって展開している『HiGH&LOW』(以下、『ハイロー』)というプロジェクトをご存知だろうか? 『ハイロー』の魅力は作品の物語もさることながら、このプロジェクトを立ち上げたLDHと会長のHIROの会社としてのフロンティアスピリット、それ自体が巨大な物語として背後に透けてみえることだ。

    2017年10月25日

    成馬零一

  • 朝ドラ『ひよっこ』 美しい「労働観」に人々は理想の職場を重ねた

    今週、最終回を迎えるNHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』。数々の話題を振りまき、今年を代表するヒット作となったドラマだが、見ていて興味深かったのは劇中での「仕事の描かれ方」だ。舞台こそ1960年代だが、本作の労働観は極めて現代的で、さりげないシーンに、とても大事なことが描かれている。

    2017年9月27日

    成馬零一

  • ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

    医療ドラマは今のテレビドラマにおいては刑事ドラマと並ぶヒットコンテンツで、毎クール、必ず一作はあるような状態が続いている。フジテレビ系の「月9」で放送されている『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も今回で三作目となる人気シリーズだ。フライトドクターという特殊な仕事を描いているが、根底にあるのは、真剣に働いている人なら誰もが共感できる「仕事に対する哲学」である。

    2017年8月28日

    成馬零一

  • ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。

    2017年7月7日

    成馬零一