ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

2017年7月7日
昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。
 昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』の前編が7月2日に放送され、7月9日のよる10時30分から後編が放送される(オンライン動画配信サービスのHuluでは「前編」を配信中)。

スペシャルドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』 7月9日のよる10時30分から後編を放送。オンライン動画配信サービスのHuluでは「前編」を配信中 (C)NTV

 本作は、1987年生まれの坂間正和(岡田将生)たち、ゆとり第一世代の青年の姿を描いた社会派ドラマだ。脚本は連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)などで知られるクドカンこと宮藤官九郎。チーフ演出は『Mother』や『Woman』(ともに日本テレビ系)といった坂元裕二脚本の社会派ドラマで知られる水田伸生。

 二人は連続ドラマ『ぼくの魔法使い』(日本テレビ系)や映画『なくもんか』、『謝罪の王様』などのコメディ作品を多数手がけてきたが、今作は笑いを抑えたシリアスな作品(と言っても、笑える要素は盛りだくさんだが)となっており、宮藤初の社会派ドラマとなっている。

「ゆとり世代」とは、暗記力に偏った「詰め込み教育」から学習指導要領が改定され、完全週休5日制が実地された「生きる力」を重視する2002年からの「ゆとり教育」を受けて社会に出た青年たちのことだ。ゆとり第一世代の坂間は、上司からは「これだからゆとりは」と、厳しい目で見られる一方、自分たちより年下のゆとり世代には、頭を悩ませるという中間管理職的な立場にある。

 本作が面白かったのは、ゆとり第一世代の坂間と、上司にあたる年長者たち大人と若者の対立ではなく、入社2年目の山岸ひろむ(太賀)や、就活に悩む坂間の妹・ゆとり(島崎遥香)といったゆとり世代の最後尾にあたる若者世代との衝突を中心に描いたことだろう。

 中でも劇中で“ゆとりモンスター”と呼ばれる山岸の描写は壮絶だった。仕事のことで説教をしたら逆ギレしてLINEで退職届を出したかと思うと、会社をパワハラで訴えたりと、やりたい放題。そんな山岸と坂間がどう向き合い、お互いを理解していくのかが、本作の大きな見どころとなっていた。

 クドカンが脚本を書いているだけあって、会話劇は面白く、ゆとり世代やモンペ(モンスターペアレンツ)などといった言葉がクドカンらしい笑いに昇華されていて実に楽しかった。今回の新作ドラマでも「保育園落ちた、日本死ね」という昨年流行った言葉が面白い使われ方をしていた。その一方で人間ドラマも地に足のついた重厚なものに仕上がっており、テレビドラマの古典と言える山田太一の『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)を彷彿とさせる骨太の作品となっていた。

『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』(ともにTBS系)といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。

『純米吟醸純情編』では、前作から一年後の姿が語られている。

 坂間は、食品メーカー・みんみんホールディングスを辞めて宮下茜(安藤サクラ)と結婚し、坂間酒造で兄夫婦を支えながら働いていた。しかし、造酒業は借金続き。そこに再開発計画でモノレールが開通し、通り道となっている坂間家の土地が3億5千万円で売却されるかもしれないという話が持ち上がったことで、坂間は窮地に立たされる。そんな中、茜は子どもを妊娠していたが、坂間には言えずにいた。

 坂間の友人で、小学校で働く山路一豊(松坂桃李)は、学年主任となったが親からのクレームを先輩の教師に伝えなければならないストレスに頭を悩ましていた。そして、大学に入学した道上まりぶ(柳楽優弥)は、山岸の元へOB訪問。相変わらずの大物ぶりを見せるまりぶは規格外だが、30歳になったゆとり第一世代が直面しているのは中間管理職の悩みである。新人の頃は自分自身の能力を磨くことだけに切磋琢磨すればよかった。坂間ならば食品メーカーの営業、山路なら、教師として「子どもたちに何を教えるのか」といった具合に。
 しかし年齢が上がると自分自身のことだけでなく、働いている組織全体をどう動かしていくのかについても考えないといけなくなる。上から与えられた命題を実行すると同時に部下の面倒をみないといけなくなり、場合によっては(組織のために)部下をリストラすることまで考えないといけない。そんな、中間管理職の苦悩と直面するゆとり第一世代を、宮藤がどのように描くのか楽しみである。

 一方、オンライン動画配信サービスHuluでは、Huluオリジナル連続ドラマ『山岸ですがなにか』の配信がスタートしている。ゆとりモンスター山岸の姿を、テレビ局の女性AP(アシスタントプロデューサー)の視点から描いているのだが、山岸たちゆとり世代に取材して作ろうとしているドラマが『ゆとりですがなにか』という、入れ子構造になっている。こちらも要注目だ。


■スペシャルドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』後編
日本テレビ系 7月9日(日)よる10:30~放送
Hulu(オンライン動画配信サービス)にて、<前編>配信中!

■Huluオリジナル連続ドラマ『山岸ですがなにか』
Huluにて好評配信中! 毎週日曜最新話配信

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • プログラミング不要で導入可能! チャットボット徹底攻略【後編】

    お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。前編では、チャットボットに何ができるか、また既にビジネスで活用されているチャットボットの事例をいくつか紹介しました。後編では、チャットボットでできることと、作成ツールを紹介しましょう。

    2018年10月17日

    コラム

  • 着地型ツアーのダークホース? 「観光タクシー」の可能性

    インバウンドを加速させるために、着地型旅行や個人旅行をより活性化することが求められています。しかし旅先における二次交通の不在がそれを阻んでいます。二次交通の代表であるタクシーがサービス業としての役割を果たせるなら? 観光需要を掘り起こす道筋を高速バスマーケティング研究所代表の成定竜一さんが探ります。

    2018年10月11日

    コラム

  • 電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

    自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

    2018年9月27日

    コラム

  • NHKドラマ『透明なゆりかご』 私たちのすぐとなりにある現実。働く男性にこそ、見てほしい

    NHKで金曜夜10時から放送されているドラマ『透明なゆりかご』は、海辺にある小さな病院・由比産婦人科を舞台にした物語です。時代は1997年。高校の准看護学科で学ぶ17歳の青田アオイは、産婦人科で看護師見習いとして働くことになります。

    2018年9月14日

    コラム

  • 中小企業の生命保険活用法! 

    中小企業経営者で生命保険について理解しているかたは意外と多くありません。今回はそんな保険の入り方についてです。

    2018年9月12日

    コラム

  • もうインバウンド集客で悩まない!

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

    2018年9月7日

    コラム

  • 人手をかけない売上アップ・お客様満足アップの切り札に! チャットボット徹底攻略【前編】

    新規のお客様からの問い合わせは、商談につながる重要なきっかけです。また、既存のお客様からの問い合わせや手続きは、お客様の満足度を高め次の注文につなげるためのチャンスです。とはいえ、問い合わせに答えるだけでは売上にも利益にもつながりませんから、できれば省力化したいもの。お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。

    2018年9月6日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ④『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』

    今月の一冊は、シリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者によるハウツー本です。今どきのアメリカの経営者スタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には、おすすめしたくなる内容です。この一冊を長沖さんが「斜め」から分析します。

    2018年9月4日

    コラム