ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

2017年7月7日
昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。
 昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』の前編が7月2日に放送され、7月9日のよる10時30分から後編が放送される(オンライン動画配信サービスのHuluでは「前編」を配信中)。

スペシャルドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』 7月9日のよる10時30分から後編を放送。オンライン動画配信サービスのHuluでは「前編」を配信中 (C)NTV

 本作は、1987年生まれの坂間正和(岡田将生)たち、ゆとり第一世代の青年の姿を描いた社会派ドラマだ。脚本は連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)などで知られるクドカンこと宮藤官九郎。チーフ演出は『Mother』や『Woman』(ともに日本テレビ系)といった坂元裕二脚本の社会派ドラマで知られる水田伸生。

 二人は連続ドラマ『ぼくの魔法使い』(日本テレビ系)や映画『なくもんか』、『謝罪の王様』などのコメディ作品を多数手がけてきたが、今作は笑いを抑えたシリアスな作品(と言っても、笑える要素は盛りだくさんだが)となっており、宮藤初の社会派ドラマとなっている。

「ゆとり世代」とは、暗記力に偏った「詰め込み教育」から学習指導要領が改定され、完全週休5日制が実地された「生きる力」を重視する2002年からの「ゆとり教育」を受けて社会に出た青年たちのことだ。ゆとり第一世代の坂間は、上司からは「これだからゆとりは」と、厳しい目で見られる一方、自分たちより年下のゆとり世代には、頭を悩ませるという中間管理職的な立場にある。

 本作が面白かったのは、ゆとり第一世代の坂間と、上司にあたる年長者たち大人と若者の対立ではなく、入社2年目の山岸ひろむ(太賀)や、就活に悩む坂間の妹・ゆとり(島崎遥香)といったゆとり世代の最後尾にあたる若者世代との衝突を中心に描いたことだろう。

 中でも劇中で“ゆとりモンスター”と呼ばれる山岸の描写は壮絶だった。仕事のことで説教をしたら逆ギレしてLINEで退職届を出したかと思うと、会社をパワハラで訴えたりと、やりたい放題。そんな山岸と坂間がどう向き合い、お互いを理解していくのかが、本作の大きな見どころとなっていた。

 クドカンが脚本を書いているだけあって、会話劇は面白く、ゆとり世代やモンペ(モンスターペアレンツ)などといった言葉がクドカンらしい笑いに昇華されていて実に楽しかった。今回の新作ドラマでも「保育園落ちた、日本死ね」という昨年流行った言葉が面白い使われ方をしていた。その一方で人間ドラマも地に足のついた重厚なものに仕上がっており、テレビドラマの古典と言える山田太一の『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)を彷彿とさせる骨太の作品となっていた。

『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』(ともにTBS系)といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。

『純米吟醸純情編』では、前作から一年後の姿が語られている。

 坂間は、食品メーカー・みんみんホールディングスを辞めて宮下茜(安藤サクラ)と結婚し、坂間酒造で兄夫婦を支えながら働いていた。しかし、造酒業は借金続き。そこに再開発計画でモノレールが開通し、通り道となっている坂間家の土地が3億5千万円で売却されるかもしれないという話が持ち上がったことで、坂間は窮地に立たされる。そんな中、茜は子どもを妊娠していたが、坂間には言えずにいた。

 坂間の友人で、小学校で働く山路一豊(松坂桃李)は、学年主任となったが親からのクレームを先輩の教師に伝えなければならないストレスに頭を悩ましていた。そして、大学に入学した道上まりぶ(柳楽優弥)は、山岸の元へOB訪問。相変わらずの大物ぶりを見せるまりぶは規格外だが、30歳になったゆとり第一世代が直面しているのは中間管理職の悩みである。新人の頃は自分自身の能力を磨くことだけに切磋琢磨すればよかった。坂間ならば食品メーカーの営業、山路なら、教師として「子どもたちに何を教えるのか」といった具合に。
 しかし年齢が上がると自分自身のことだけでなく、働いている組織全体をどう動かしていくのかについても考えないといけなくなる。上から与えられた命題を実行すると同時に部下の面倒をみないといけなくなり、場合によっては(組織のために)部下をリストラすることまで考えないといけない。そんな、中間管理職の苦悩と直面するゆとり第一世代を、宮藤がどのように描くのか楽しみである。

 一方、オンライン動画配信サービスHuluでは、Huluオリジナル連続ドラマ『山岸ですがなにか』の配信がスタートしている。ゆとりモンスター山岸の姿を、テレビ局の女性AP(アシスタントプロデューサー)の視点から描いているのだが、山岸たちゆとり世代に取材して作ろうとしているドラマが『ゆとりですがなにか』という、入れ子構造になっている。こちらも要注目だ。


■スペシャルドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』後編
日本テレビ系 7月9日(日)よる10:30~放送
Hulu(オンライン動画配信サービス)にて、<前編>配信中!

■Huluオリジナル連続ドラマ『山岸ですがなにか』
Huluにて好評配信中! 毎週日曜最新話配信

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム