ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

2017年7月7日
昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。
 昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』の前編が7月2日に放送され、7月9日のよる10時30分から後編が放送される(オンライン動画配信サービスのHuluでは「前編」を配信中)。

スペシャルドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』 7月9日のよる10時30分から後編を放送。オンライン動画配信サービスのHuluでは「前編」を配信中 (C)NTV

 本作は、1987年生まれの坂間正和(岡田将生)たち、ゆとり第一世代の青年の姿を描いた社会派ドラマだ。脚本は連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)などで知られるクドカンこと宮藤官九郎。チーフ演出は『Mother』や『Woman』(ともに日本テレビ系)といった坂元裕二脚本の社会派ドラマで知られる水田伸生。

 二人は連続ドラマ『ぼくの魔法使い』(日本テレビ系)や映画『なくもんか』、『謝罪の王様』などのコメディ作品を多数手がけてきたが、今作は笑いを抑えたシリアスな作品(と言っても、笑える要素は盛りだくさんだが)となっており、宮藤初の社会派ドラマとなっている。

「ゆとり世代」とは、暗記力に偏った「詰め込み教育」から学習指導要領が改定され、完全週休5日制が実地された「生きる力」を重視する2002年からの「ゆとり教育」を受けて社会に出た青年たちのことだ。ゆとり第一世代の坂間は、上司からは「これだからゆとりは」と、厳しい目で見られる一方、自分たちより年下のゆとり世代には、頭を悩ませるという中間管理職的な立場にある。

 本作が面白かったのは、ゆとり第一世代の坂間と、上司にあたる年長者たち大人と若者の対立ではなく、入社2年目の山岸ひろむ(太賀)や、就活に悩む坂間の妹・ゆとり(島崎遥香)といったゆとり世代の最後尾にあたる若者世代との衝突を中心に描いたことだろう。

 中でも劇中で“ゆとりモンスター”と呼ばれる山岸の描写は壮絶だった。仕事のことで説教をしたら逆ギレしてLINEで退職届を出したかと思うと、会社をパワハラで訴えたりと、やりたい放題。そんな山岸と坂間がどう向き合い、お互いを理解していくのかが、本作の大きな見どころとなっていた。

 クドカンが脚本を書いているだけあって、会話劇は面白く、ゆとり世代やモンペ(モンスターペアレンツ)などといった言葉がクドカンらしい笑いに昇華されていて実に楽しかった。今回の新作ドラマでも「保育園落ちた、日本死ね」という昨年流行った言葉が面白い使われ方をしていた。その一方で人間ドラマも地に足のついた重厚なものに仕上がっており、テレビドラマの古典と言える山田太一の『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)を彷彿とさせる骨太の作品となっていた。

『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』(ともにTBS系)といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。

『純米吟醸純情編』では、前作から一年後の姿が語られている。

 坂間は、食品メーカー・みんみんホールディングスを辞めて宮下茜(安藤サクラ)と結婚し、坂間酒造で兄夫婦を支えながら働いていた。しかし、造酒業は借金続き。そこに再開発計画でモノレールが開通し、通り道となっている坂間家の土地が3億5千万円で売却されるかもしれないという話が持ち上がったことで、坂間は窮地に立たされる。そんな中、茜は子どもを妊娠していたが、坂間には言えずにいた。

 坂間の友人で、小学校で働く山路一豊(松坂桃李)は、学年主任となったが親からのクレームを先輩の教師に伝えなければならないストレスに頭を悩ましていた。そして、大学に入学した道上まりぶ(柳楽優弥)は、山岸の元へOB訪問。相変わらずの大物ぶりを見せるまりぶは規格外だが、30歳になったゆとり第一世代が直面しているのは中間管理職の悩みである。新人の頃は自分自身の能力を磨くことだけに切磋琢磨すればよかった。坂間ならば食品メーカーの営業、山路なら、教師として「子どもたちに何を教えるのか」といった具合に。
 しかし年齢が上がると自分自身のことだけでなく、働いている組織全体をどう動かしていくのかについても考えないといけなくなる。上から与えられた命題を実行すると同時に部下の面倒をみないといけなくなり、場合によっては(組織のために)部下をリストラすることまで考えないといけない。そんな、中間管理職の苦悩と直面するゆとり第一世代を、宮藤がどのように描くのか楽しみである。

 一方、オンライン動画配信サービスHuluでは、Huluオリジナル連続ドラマ『山岸ですがなにか』の配信がスタートしている。ゆとりモンスター山岸の姿を、テレビ局の女性AP(アシスタントプロデューサー)の視点から描いているのだが、山岸たちゆとり世代に取材して作ろうとしているドラマが『ゆとりですがなにか』という、入れ子構造になっている。こちらも要注目だ。


■スペシャルドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』後編
日本テレビ系 7月9日(日)よる10:30~放送
Hulu(オンライン動画配信サービス)にて、<前編>配信中!

■Huluオリジナル連続ドラマ『山岸ですがなにか』
Huluにて好評配信中! 毎週日曜最新話配信

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

成馬零一新着記事

  • TVドラマ『宮本から君へ』 働く人間なら、誰の心にも必ず「宮本」がいる

    ドラマ『宮本から君へ』は1990~94年にかけて連載された漫画が原作だ。今と比べれば、一生懸命になることはダサいことだと多くの日本人が思っていた時期の作品である。そんな時代にあって、恋愛にも仕事にも純粋で暑苦しい男・宮本を登場させることで、激しい賛否を巻き起こした。当時はバブル景気に浮かれていた日本に対する強烈なカウンターだったわけだが、大きく時代を隔てた2018年の20代に、本作はどのように響くのだろうか?

    2018年6月15日

    成馬零一

  • 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

    連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)は、いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸の女の子がやがて結婚し、寄席を切り盛りしていく姿を描いた物語だ。京都の老舗薬種問屋の長女に生まれたヒロイン・てんを演じるのは若手女優の葵わかな。てんと藤吉の歩みが、そのまま戦前の芸能の歴史となっている。

    2018年2月14日

    成馬零一

  • NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

    NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。

    2017年12月22日

    成馬零一

  • ドラマ「先に生まれただけの僕」から、変わりゆく日本的経営を考える

    日本テレビ系土曜夜10時から放送されている『先に生まれただけの僕』は、35歳の若い校長先生が業績不振の高校を立て直すという異色の学園ドラマだ。面白い授業のできない教師たちはクビになり、勉強のできない生徒たちは切り捨てられていくのではないか? という経営優先の合理化がもたらす負の側面と、そこで犠牲になる側の不安が描かれている。

    2017年11月30日

    成馬零一

  • 映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3」にフロンティアスピリットを見る

    ダンス&ボーカルグループEXILE TRIBEや三代目J Soul Brothersが所属する芸能事務所LDHが中心となって展開している『HiGH&LOW』(以下、『ハイロー』)というプロジェクトをご存知だろうか? 『ハイロー』の魅力は作品の物語もさることながら、このプロジェクトを立ち上げたLDHと会長のHIROの会社としてのフロンティアスピリット、それ自体が巨大な物語として背後に透けてみえることだ。

    2017年10月25日

    成馬零一

  • 朝ドラ『ひよっこ』 美しい「労働観」に人々は理想の職場を重ねた

    今週、最終回を迎えるNHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』。数々の話題を振りまき、今年を代表するヒット作となったドラマだが、見ていて興味深かったのは劇中での「仕事の描かれ方」だ。舞台こそ1960年代だが、本作の労働観は極めて現代的で、さりげないシーンに、とても大事なことが描かれている。

    2017年9月27日

    成馬零一

  • ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

    医療ドラマは今のテレビドラマにおいては刑事ドラマと並ぶヒットコンテンツで、毎クール、必ず一作はあるような状態が続いている。フジテレビ系の「月9」で放送されている『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も今回で三作目となる人気シリーズだ。フライトドクターという特殊な仕事を描いているが、根底にあるのは、真剣に働いている人なら誰もが共感できる「仕事に対する哲学」である。

    2017年8月28日

    成馬零一

  • ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    「会社のOLが何を考えているのか、イマイチよくわからないんだよね」ーーそんな悩みを抱えている管理職の男性に是非見てほしいのが、ドラマ『架空OL日記』だ。本作は、お笑い芸人のバカリズム(升野英知)が原作・脚本を手がける連続ドラマだ。

    2017年6月16日

    成馬零一