ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

2017年8月28日
医療ドラマは今のテレビドラマにおいては刑事ドラマと並ぶヒットコンテンツで、毎クール、必ず一作はあるような状態が続いている。フジテレビ系の「月9」で放送されている『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も今回で三作目となる人気シリーズだ。フライトドクターという特殊な仕事を描いているが、根底にあるのは、真剣に働いている人なら誰もが共感できる「仕事に対する哲学」である。
 医療ドラマは今のテレビドラマにおいては刑事ドラマと並ぶヒットコンテンツで、毎クール、必ず一作はあるような状態が続いている。現在、フジテレビ系の月曜夜9時枠(月9)で放送されている『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も今回で三作目となる人気シリーズだ。

『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』。フジテレビ系 毎週月曜よる9時放送。FOD(オンライン動画配信サービス)にて、放送後、期間限定無料配信。シーズン1&2全話無料配信中! 写真は第六話より((C)フジテレビ)

 本作はドクターヘリで現場に赴いて治療をするフライトドクターたちを主人公にした医療ドラマ。病院ではなく災害現場で手術することが多い本作では、リアルタイムで状況が変化していく中で、最良の医療をおこなうことが常に求められる。その様子はさながら戦場の衛生兵のようで、『機動警察パトレイバー』や『新世紀エヴァンゲリオン』といったロボットアニメを見ている時の感触に近いものがある。

 また、医療モノがどうしても、毎回治療が難しい難病をどのようにして手術するかという手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』(秋田書店)以降のパターンに陥りがちなのに対し、本作は難病の手術よりも、もっと違うところに焦点があてられている。それは一言で言うならば、一種の仕事論であり、その延長としての組織論だ。 

 今回は7年ぶりの続編だが、シーズン1とシーズン2の脚本家・林宏司から安達奈緒子へと脚本家が変わったことで、作品のテーマの描き方はより複雑で多角的なものとなっている。

 シーズン1、シーズン2の『コード・ブルー』は、藍沢耕作(山下智久)たちフライトドクター候補生たちがお互いをライバル視しながら厳しい上司の指導を受けて、一人前のフライトドクターになる姿を描いた若者たちの青春譚だった。

 対するシーズン3では、かつての候補生が後輩を育成しながら、どうやって現場を円滑に回していくかという課題が全面化していく。つまり、仕事を憶えながら自分のスキルをあげることに邁進していた新人時代から、全体を見まわして的確な指示を送れるようになるか? という中間管理職の課題を描く物語に変化しているのだ。

 医療モノはどうしても、難病のオペをいかにして成功させるのか? という医者VS病気という話になりがちなのだが、医療モノの中で『コード・ブルー』が独特なのは、登場人物が多く、様々な立場の人々を描くことで、「人が仕事をする」とはどういうことかを追求しているところだろう。

 この辺り、ITベンチャー企業の若社長を主人公に今の時代の仕事と恋愛をポップに描いた『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)の脚本を担当した安達奈緒子ならではだと言える。安達が書くドラマは、月9で書いていることもあって、トレンディドラマ的なライトな作品として見られることが多い。しかし、そこで描かれる仕事と恋愛に対する考えは、実にハードなもので、とても見応えがあるものとなっている。

シーズン3では、かつての候補生が後輩を育成しながら、どうやって現場を円滑に回していくかという課題が全面化していく。自分のスキルをあげることに邁進していた新人時代から、全体を見まわして的確な指示を送れるようになるか? という中間管理職の課題を描く物語に変化している 写真は第五話より((C)フジテレビ)

 例えば、第五話。下水道工事中の作業員を救助に向かい負傷したレンジャー隊員・倉田(大谷亮介)を治療した新人の名取颯馬(有岡大貴)は、倉田の骨盤骨折を見逃して、容態を悪化させてしまう。名取は醒めたドクターで医療に対する情熱は他の医師に較べると弱く、ミスをしても軽口を叩く。そんな名取に白石恵(新垣結衣)は「(患者には)次はないのよ」と厳しく言い放つ。

 救命センターに運ばれてきた倉田は自分の怪我よりも、隣で昏睡状態にある若者を見て、彼を助けられなかったことを深く後悔する。そんな倉田に対して名取は自分の罪悪感を覆い隠すように「自分を責めないでください」と言うが、倉田は「人は起きたことは全て自分の責任だと言い切れる人間に命を預けたいと思うものだ。オレの仕事はそういう仕事だ。ドクターヘリだってそうでしょ」と言う。

 この回は妊娠していたフライトナースの冴島はるか(比嘉愛未)が、仕事中に流産してしまうというハードな展開もあり、作り手の仕事に対する意識が強く出た緊張感のあるドラマとなっていた。

難病のオペをいかにして成功させるのか? という医者VS病気という話になりがちな医療モノの中で『コード・ブルー』が独特なのは、様々な立場の人々を描くことで、「人が仕事をする」とはどういうことかを追求しているところだ。写真は第五話より((C)フジテレビ)

 第六話では、冷凍倉庫で事故に遭った人々を治療するために現場に向かった新人の横峯あかり(新木優子)と灰谷俊平(成田凌)が停電によって冷凍室に閉じ込められてしまい、医療設備がほとんどない極限状態の中で手術をする姿が描かれた。小型カメラの映像を見ながら白石が指示する中、手術に取り組む横峯だが、うまくできずに精神的に限界を向かえてしまう。そこで普段は消極的で医師として自信の無い灰谷が交代して、藍沢に鼓舞される形で手術に取り組み、何とか無事に成功させる。

 この回は、経験を積んで医師として成長した藍沢達と、新人医師のコントラストが際立っていた。だが、医師として経験を積んだ藍沢や白石も医師としてはまだまだ未熟で、日々、迷いながら仕事をしている。

 どこまでやっても完璧な仕事には届かないが、それでも今ある条件の中で最善の努力をし続けるしかない。フライトドクターという特殊な仕事を描いているが、根底にあるのは、真剣に働いている人なら誰もが共感できる「仕事に対する哲学」である。


■『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』
フジテレビ系 毎週月曜よる9時放送
FOD(オンライン動画配信サービス)にて、放送後、期間限定無料配信。シーズン1&2全話無料配信中!

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

成馬零一新着記事

  • TVドラマ『宮本から君へ』 働く人間なら、誰の心にも必ず「宮本」がいる

    ドラマ『宮本から君へ』は1990~94年にかけて連載された漫画が原作だ。今と比べれば、一生懸命になることはダサいことだと多くの日本人が思っていた時期の作品である。そんな時代にあって、恋愛にも仕事にも純粋で暑苦しい男・宮本を登場させることで、激しい賛否を巻き起こした。当時はバブル景気に浮かれていた日本に対する強烈なカウンターだったわけだが、大きく時代を隔てた2018年の20代に、本作はどのように響くのだろうか?

    2018年6月15日

    成馬零一

  • 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

    連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)は、いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸の女の子がやがて結婚し、寄席を切り盛りしていく姿を描いた物語だ。京都の老舗薬種問屋の長女に生まれたヒロイン・てんを演じるのは若手女優の葵わかな。てんと藤吉の歩みが、そのまま戦前の芸能の歴史となっている。

    2018年2月14日

    成馬零一

  • NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

    NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。

    2017年12月22日

    成馬零一

  • ドラマ「先に生まれただけの僕」から、変わりゆく日本的経営を考える

    日本テレビ系土曜夜10時から放送されている『先に生まれただけの僕』は、35歳の若い校長先生が業績不振の高校を立て直すという異色の学園ドラマだ。面白い授業のできない教師たちはクビになり、勉強のできない生徒たちは切り捨てられていくのではないか? という経営優先の合理化がもたらす負の側面と、そこで犠牲になる側の不安が描かれている。

    2017年11月30日

    成馬零一

  • 映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3」にフロンティアスピリットを見る

    ダンス&ボーカルグループEXILE TRIBEや三代目J Soul Brothersが所属する芸能事務所LDHが中心となって展開している『HiGH&LOW』(以下、『ハイロー』)というプロジェクトをご存知だろうか? 『ハイロー』の魅力は作品の物語もさることながら、このプロジェクトを立ち上げたLDHと会長のHIROの会社としてのフロンティアスピリット、それ自体が巨大な物語として背後に透けてみえることだ。

    2017年10月25日

    成馬零一

  • 朝ドラ『ひよっこ』 美しい「労働観」に人々は理想の職場を重ねた

    今週、最終回を迎えるNHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』。数々の話題を振りまき、今年を代表するヒット作となったドラマだが、見ていて興味深かったのは劇中での「仕事の描かれ方」だ。舞台こそ1960年代だが、本作の労働観は極めて現代的で、さりげないシーンに、とても大事なことが描かれている。

    2017年9月27日

    成馬零一

  • ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。

    2017年7月7日

    成馬零一

  • ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    「会社のOLが何を考えているのか、イマイチよくわからないんだよね」ーーそんな悩みを抱えている管理職の男性に是非見てほしいのが、ドラマ『架空OL日記』だ。本作は、お笑い芸人のバカリズム(升野英知)が原作・脚本を手がける連続ドラマだ。

    2017年6月16日

    成馬零一