ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

2017年8月28日
医療ドラマは今のテレビドラマにおいては刑事ドラマと並ぶヒットコンテンツで、毎クール、必ず一作はあるような状態が続いている。フジテレビ系の「月9」で放送されている『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も今回で三作目となる人気シリーズだ。フライトドクターという特殊な仕事を描いているが、根底にあるのは、真剣に働いている人なら誰もが共感できる「仕事に対する哲学」である。
 医療ドラマは今のテレビドラマにおいては刑事ドラマと並ぶヒットコンテンツで、毎クール、必ず一作はあるような状態が続いている。現在、フジテレビ系の月曜夜9時枠(月9)で放送されている『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も今回で三作目となる人気シリーズだ。

『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』。フジテレビ系 毎週月曜よる9時放送。FOD(オンライン動画配信サービス)にて、放送後、期間限定無料配信。シーズン1&2全話無料配信中! 写真は第六話より((C)フジテレビ)

 本作はドクターヘリで現場に赴いて治療をするフライトドクターたちを主人公にした医療ドラマ。病院ではなく災害現場で手術することが多い本作では、リアルタイムで状況が変化していく中で、最良の医療をおこなうことが常に求められる。その様子はさながら戦場の衛生兵のようで、『機動警察パトレイバー』や『新世紀エヴァンゲリオン』といったロボットアニメを見ている時の感触に近いものがある。

 また、医療モノがどうしても、毎回治療が難しい難病をどのようにして手術するかという手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』(秋田書店)以降のパターンに陥りがちなのに対し、本作は難病の手術よりも、もっと違うところに焦点があてられている。それは一言で言うならば、一種の仕事論であり、その延長としての組織論だ。 

 今回は7年ぶりの続編だが、シーズン1とシーズン2の脚本家・林宏司から安達奈緒子へと脚本家が変わったことで、作品のテーマの描き方はより複雑で多角的なものとなっている。

 シーズン1、シーズン2の『コード・ブルー』は、藍沢耕作(山下智久)たちフライトドクター候補生たちがお互いをライバル視しながら厳しい上司の指導を受けて、一人前のフライトドクターになる姿を描いた若者たちの青春譚だった。

 対するシーズン3では、かつての候補生が後輩を育成しながら、どうやって現場を円滑に回していくかという課題が全面化していく。つまり、仕事を憶えながら自分のスキルをあげることに邁進していた新人時代から、全体を見まわして的確な指示を送れるようになるか? という中間管理職の課題を描く物語に変化しているのだ。

 医療モノはどうしても、難病のオペをいかにして成功させるのか? という医者VS病気という話になりがちなのだが、医療モノの中で『コード・ブルー』が独特なのは、登場人物が多く、様々な立場の人々を描くことで、「人が仕事をする」とはどういうことかを追求しているところだろう。

 この辺り、ITベンチャー企業の若社長を主人公に今の時代の仕事と恋愛をポップに描いた『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)の脚本を担当した安達奈緒子ならではだと言える。安達が書くドラマは、月9で書いていることもあって、トレンディドラマ的なライトな作品として見られることが多い。しかし、そこで描かれる仕事と恋愛に対する考えは、実にハードなもので、とても見応えがあるものとなっている。

シーズン3では、かつての候補生が後輩を育成しながら、どうやって現場を円滑に回していくかという課題が全面化していく。自分のスキルをあげることに邁進していた新人時代から、全体を見まわして的確な指示を送れるようになるか? という中間管理職の課題を描く物語に変化している 写真は第五話より((C)フジテレビ)

 例えば、第五話。下水道工事中の作業員を救助に向かい負傷したレンジャー隊員・倉田(大谷亮介)を治療した新人の名取颯馬(有岡大貴)は、倉田の骨盤骨折を見逃して、容態を悪化させてしまう。名取は醒めたドクターで医療に対する情熱は他の医師に較べると弱く、ミスをしても軽口を叩く。そんな名取に白石恵(新垣結衣)は「(患者には)次はないのよ」と厳しく言い放つ。

 救命センターに運ばれてきた倉田は自分の怪我よりも、隣で昏睡状態にある若者を見て、彼を助けられなかったことを深く後悔する。そんな倉田に対して名取は自分の罪悪感を覆い隠すように「自分を責めないでください」と言うが、倉田は「人は起きたことは全て自分の責任だと言い切れる人間に命を預けたいと思うものだ。オレの仕事はそういう仕事だ。ドクターヘリだってそうでしょ」と言う。

 この回は妊娠していたフライトナースの冴島はるか(比嘉愛未)が、仕事中に流産してしまうというハードな展開もあり、作り手の仕事に対する意識が強く出た緊張感のあるドラマとなっていた。

難病のオペをいかにして成功させるのか? という医者VS病気という話になりがちな医療モノの中で『コード・ブルー』が独特なのは、様々な立場の人々を描くことで、「人が仕事をする」とはどういうことかを追求しているところだ。写真は第五話より((C)フジテレビ)

 第六話では、冷凍倉庫で事故に遭った人々を治療するために現場に向かった新人の横峯あかり(新木優子)と灰谷俊平(成田凌)が停電によって冷凍室に閉じ込められてしまい、医療設備がほとんどない極限状態の中で手術をする姿が描かれた。小型カメラの映像を見ながら白石が指示する中、手術に取り組む横峯だが、うまくできずに精神的に限界を向かえてしまう。そこで普段は消極的で医師として自信の無い灰谷が交代して、藍沢に鼓舞される形で手術に取り組み、何とか無事に成功させる。

 この回は、経験を積んで医師として成長した藍沢達と、新人医師のコントラストが際立っていた。だが、医師として経験を積んだ藍沢や白石も医師としてはまだまだ未熟で、日々、迷いながら仕事をしている。

 どこまでやっても完璧な仕事には届かないが、それでも今ある条件の中で最善の努力をし続けるしかない。フライトドクターという特殊な仕事を描いているが、根底にあるのは、真剣に働いている人なら誰もが共感できる「仕事に対する哲学」である。


■『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』
フジテレビ系 毎週月曜よる9時放送
FOD(オンライン動画配信サービス)にて、放送後、期間限定無料配信。シーズン1&2全話無料配信中!

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム