朝ドラ『ひよっこ』 美しい「労働観」に人々は理想の職場を重ねた

2017年9月27日
今週、最終回を迎えるNHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』。数々の話題を振りまき、今年を代表するヒット作となったドラマだが、見ていて興味深かったのは劇中での「仕事の描かれ方」だ。舞台こそ1960年代だが、本作の労働観は極めて現代的で、さりげないシーンに、とても大事なことが描かれている。
 今週、最終回を迎えるNHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』。数々の話題を振りまき、今年を代表するヒット作となったドラマだが、見ていて興味深かったのは劇中での「仕事の描かれ方」だ。舞台こそ1960年代だが、本作の労働観は極めて現代的で、さりげないシーンに、とても大事なことが描かれていると毎回感心させられた。

NHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』[総合](月~土)午前8時~8時15分ほか

 物語の主人公は奥茨城村で暮らす谷田部みね子(有村架純)。高校卒業は稼業を手伝う予定だったが、父親の実(沢村一樹)が東京で失踪したために、父親を探しながら、実家に仕送りするために上京して働くことになる。

 みね子の勤め先となったのはトランジスタラジオの製造工場を経営する向島電機。工場にはみね子と同じように集団就職で全国から上京してきた女の子たちが働きに集まっていた。

 みね子は乙女寮と呼ばれる宿舎で共同生活を送りながら働くようになるのだが、流れ作業でラジオの部品を組み立てていく仕事に中々慣れることができない。みね子は特別な才能も突出し行動力もない普通の女の子だ。仕事を覚えるのも苦手で、工場での仕事も、焦って失敗を繰り返してしまう。

 そんな不器用なみね子が、心理的に追い詰められていく姿と並行して、みね子を優しく見守る寮長の永井愛子(和久井映見)や、みね子のことでケンカを始める幼馴染の助川時子(佐久間由衣)たち乙女寮の面々の姿を描くことで、若い女の子にとって働くということはどういうことかを多角的に描き出していた。見どころ満載の『ひよっこ』だが「働くこと」の苦労と喜びを群像劇として描いていた乙女寮編が個人的には一番楽しかった。

 その後、オリンピック景気の反動で需要が落ち込み、企業が過剰な在庫を抱えたことで起きた不況のあおりを受けて、向島電機は倒産してしまう。失業したみね子は、洋食屋の「すずふり亭」で、ホール係として働くことになる。

 再び、一から仕事に取り組むことになるみね子。仕事を始めてからお皿を一度も割ったことがなかったことが自慢だったが、ある日ついにお皿を割ってしまう。

 落ち込んでいるみね子に料理長の牧野省吾(佐々木蔵之介)は、職場で忙しい時に、乱暴なしゃべり方をしたのを怖がっているのではないかと心配する。それはすぐに勘違いだとわかるのだが、牧野は、自分が修行時代に体験した、上の人間が下に対して行っていた乱暴な振る舞いと、軍隊での過酷な体験について語り、ミスをした人間を怒鳴るのは「嫌いなんだよ」だと、自分の信念を語る。(第65話)。

 このシーンを見ていて思い出したのは牧野を演じる佐々木蔵之介がシェフの役で出演していた岡田惠和・脚本の『バンビ~ノ!』(日本テレビ系)だ。

 本作は料理人志望の若者・伴省吾(松本潤)がイタリアン・レストランで修行することで成長していく姿を描いた料理人の成長物語だったのだが、描写が過酷だったのを覚えている。伴は厨房やホールを転々としながらレストランで働くことの意味を学んでいくのだが、その過程で乱暴に怒鳴られたり、厳しく当たられる場面もあった。もちろん、そういった叱咤激励自体にはちゃんと理由があったので「怒鳴られるのも仕方ないことだ」と納得して見ていたのだが、今の基準で考えれば、パワーハラスメントのはびこるブラックな労働現場だと思われても仕方がないかもしれない。

 『バンビ~ノ!』よりも過去を舞台にした『ひよっこ』のすずふり亭は、とてもホワイトな職場なので、時代背景を考えると違和感はあるのだが、おそらく作り手は、現代にも通じる理想の職場として「すずふり亭」を描きたかったのだろう。

 向島電機でも、作業のミスを繰り返してきた青天目澄子(松本穂香)に対して工場主任の松下明(奥田洋平)が「働く気ないならクビにするぞ。田舎帰れ!」と怒鳴ると女性職員全員が凄い目で見る場面があった(第38話)。

 工場長自体が今まで温和な人物として描写されていたため、コミカルな見せ方だったが、テレビドラマでよくある、上司が部下を怒鳴る場面に対して「こういう対応はいけない」とNOを突きつけたシーンとして、画期的だった。
 テレビドラマでは『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)以降の流れだが、理知的なやりとりを通して「理想の人間関係」を描こうという試みは、各所で増えている。『ひよっこ』もその流れを汲む作品で、魅力的な職場や人間同士のやりとりを、フィクションを通して描くことで「こんな世の中だったらいいよね」という「理想」を全面に打ち出したからこそ、多くの人々に受け入れられたのだろう。

 こういう風に作られた物語が、過酷な現実をやり過ごすための癒しで終わるのか、現実を変えていく力となるのかは、まだわからない。だが、『ひよっこ』で描かれた人と人の関わり方を、少しでも美しいと思えたのなら、試しに実践してみるのも悪くないと思う。多分、世の中というのは、そういうささいなことがきっかけで、ゆっくりと変わっていくのだから。

■NHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』
[総合](月~土)午前8時~8時15分ほか

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑤『大本営参謀の情報戦記』

    今年は戦争、特に太平洋戦争の際の日本軍(の失敗)についての本が、ビジネスとの絡みでよく読まれました。そのなかでも定番とも言えるポジションを得ているのが、今月の一冊『大本営参謀の情報戦記』です。文庫本の帯では田端信太郎さんも絶賛されています。70年前の戦史をいま、どうビジネスに活かせばいいのでしょうか? 長沖竜二さんが斜めから読み解きます。

    2018年10月24日

    コラム

  • プログラミング不要で導入可能! チャットボット徹底攻略【後編】

    お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。前編では、チャットボットに何ができるか、また既にビジネスで活用されているチャットボットの事例をいくつか紹介しました。後編では、チャットボットでできることと、作成ツールを紹介しましょう。

    2018年10月17日

    コラム

  • 着地型ツアーのダークホース? 「観光タクシー」の可能性

    インバウンドを加速させるために、着地型旅行や個人旅行をより活性化することが求められています。しかし旅先における二次交通の不在がそれを阻んでいます。二次交通の代表であるタクシーがサービス業としての役割を果たせるなら? 観光需要を掘り起こす道筋を高速バスマーケティング研究所代表の成定竜一さんが探ります。

    2018年10月11日

    コラム

  • 電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

    自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

    2018年9月27日

    コラム

  • NHKドラマ『透明なゆりかご』 私たちのすぐとなりにある現実。働く男性にこそ、見てほしい

    NHKで金曜夜10時から放送されているドラマ『透明なゆりかご』は、海辺にある小さな病院・由比産婦人科を舞台にした物語です。時代は1997年。高校の准看護学科で学ぶ17歳の青田アオイは、産婦人科で看護師見習いとして働くことになります。

    2018年9月14日

    コラム

  • 中小企業の生命保険活用法! 

    中小企業経営者で生命保険について理解しているかたは意外と多くありません。今回はそんな保険の入り方についてです。

    2018年9月12日

    コラム

  • もうインバウンド集客で悩まない!

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

    2018年9月7日

    コラム

  • 人手をかけない売上アップ・お客様満足アップの切り札に! チャットボット徹底攻略【前編】

    新規のお客様からの問い合わせは、商談につながる重要なきっかけです。また、既存のお客様からの問い合わせや手続きは、お客様の満足度を高め次の注文につなげるためのチャンスです。とはいえ、問い合わせに答えるだけでは売上にも利益にもつながりませんから、できれば省力化したいもの。お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。

    2018年9月6日

    コラム