NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

2017年12月22日
NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。
NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、ダリア精機という自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。

NHK ドラマ10『マチ工場のオンナ』[総合](金)22:00スタート 再放送 (木)0:10~

 原作はダイヤ精機代表取締役社長・諏訪貴子によるビジネス書「町工場の娘 主婦から社長になった2代目の10年戦争」(日経BP社)。つまり実話を元にしたドラマで、劇中で社員と行う交換日記などは実際に行われたことだ。

 実話を元にしていることを差し引いても、突然社長になった女性が直面する困難を通して町工場の経営の困難さを描く手腕は実に巧みで、とても見応えのあるドラマとなっている。

 父の死後、光は社員から、社長になってくれないかと懇願される。悩んだ末に光は二代目社長となるのだが、最初にやったことは経費削減のためのリストラだった。

 家族型経営で社員から支持されていた泰造とは真逆のやり方だったため、光はさっそく社員から反発され、会社は険悪な空気となる。

 絶対にリストラをしなかったがゆえに、会社の経営を悪化させた父親(舘ひろし)の姿は、古き良き日本型経営者の象徴で、現在放送中の池井戸潤の原作小説をドラマ化した『陸王』(TBS系)で役所広司が演じている足袋製造会社の社長のような存在だ。

 対して光は最初にリストラを社員に宣告する。その場面は苦渋の決断をする光の苦しさもクビを宣告された社員の側の絶望も同時に伝わる痛々しい場面で、こんな辛い場面を描くのかと見ていて驚いた。同時に、そこに容赦なく踏み込むのかと感心もした。

 こういうリアリズムは脚本を担当する大島里美の持ち味だろう。『四十九日のレシピ』や『恋するハエ女』(ともにNHK)などで知られる脚本家だが、彼女の作品の根底には、地に足のついた生々しい手触りがある。それは本作でも同様で実話を元にしていることもあってか、お金に関する認識がシビアで実にリアルなドラマとなっている。

 社会経験は2年あまりで、それ以降は専業主婦として働いてきた光は、最初は社長なんてできるのか? と思っていたが、社長の仕事について調べるうちに、「入ってくるお金があって出ていくお金があって、やりくりして、なんか家計と似てる」と気づく。

 第4話には「主婦も家計を預かり、家という企業を切り盛りしているという点では企業の経営者と変わらないと思うんです」という台詞があるのだが、光は、工場の中にある無駄や散らかっている職場のゴミを片付けていき、社員が作業しやすいように仕事を合理化していく。

 しかし、その過程でみんなのまとめ役だったベテラン職人の勝俣勉(竹中直人)と対立してしまう。竹中直人の迫力ある演技もあってか、勝俣の何か言おうとすると恫喝して、発言自体を封じ込めてしまう態度は、いかにも昔気質の職人という感じで苦々しいものがある。

 光と勝俣の関係はどんどん険悪になり、当初は見ていて嫌な気持ちになるのだが、だんだん勝俣の先代社長への想いが描かれるようになってくると、印象が変わっていく。

 それは他の社員や光にしても同様で、生前は不仲だった父の想いに光が気づいていく姿は感動的で、大きな見どころとなっている。

 他にも銀行員の長谷川隆史(村上淳)の女だからとなめてかかる態度など、光を取り巻く人間関係は最悪なのだが、父親譲りのバイタリティと発想の豊かさで次々と乗り越えていき、業績を黒字にする。

 第4話終了の時点では、辛い状況をリアルに描いてはいるが悲壮になりすぎず、それを踏まえた上での痛快な経営立て直しの物語となっている。ジャズ調の軽快な劇伴もあってか、とてもポップで見ていて楽しい。

 驚いたのは32歳の女社長を演じる内山理名の切符のいい演技だ。

 2000年代に『ハンドク!』や『嫌われ松子の一生』(ともにTBS系)などの数々のドラマに出演して、いわゆる清純派の女優としてキャリアを重ねてきた彼女がいつのまにか30代の母親兼社長を演じるようになっていたのだと感慨深いものがある。

 今作も今までの内山理名に感じていた清楚なイメージをいい意味で裏切られるところがあり、町工場の職人たちや銀行員と正面からやりあう場面を見ていると頼りがいのあるたくましい姐さんという感じで、こういう人の下で働いたら楽しいだろうなぁと見ていて思う。

 反発していた職人たちが彼女についていくことに見ていて納得するのは、内山の説得力のある演技によるところが大きい。

 第5話以降は3年後が舞台となり、出張で海外に行っていた夫が戻ってきたり銀行員の長谷川と光の不倫疑惑が持ち上がったりと、新展開がありそうで、光に助言を与える元銀行員の経理担当社員の打越和哉(忍成修吾)にも何か秘密の過去がありそうだ。

 思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。 


■NHK ドラマ10『マチ工場のオンナ』
[総合](金)22:00スタート 再放送 (木)0:10~
執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

    2019年4月8日

    コラム

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム