NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

2017年12月22日
NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。
NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、ダリア精機という自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。

NHK ドラマ10『マチ工場のオンナ』[総合](金)22:00スタート 再放送 (木)0:10~

 原作はダイヤ精機代表取締役社長・諏訪貴子によるビジネス書「町工場の娘 主婦から社長になった2代目の10年戦争」(日経BP社)。つまり実話を元にしたドラマで、劇中で社員と行う交換日記などは実際に行われたことだ。

 実話を元にしていることを差し引いても、突然社長になった女性が直面する困難を通して町工場の経営の困難さを描く手腕は実に巧みで、とても見応えのあるドラマとなっている。

 父の死後、光は社員から、社長になってくれないかと懇願される。悩んだ末に光は二代目社長となるのだが、最初にやったことは経費削減のためのリストラだった。

 家族型経営で社員から支持されていた泰造とは真逆のやり方だったため、光はさっそく社員から反発され、会社は険悪な空気となる。

 絶対にリストラをしなかったがゆえに、会社の経営を悪化させた父親(舘ひろし)の姿は、古き良き日本型経営者の象徴で、現在放送中の池井戸潤の原作小説をドラマ化した『陸王』(TBS系)で役所広司が演じている足袋製造会社の社長のような存在だ。

 対して光は最初にリストラを社員に宣告する。その場面は苦渋の決断をする光の苦しさもクビを宣告された社員の側の絶望も同時に伝わる痛々しい場面で、こんな辛い場面を描くのかと見ていて驚いた。同時に、そこに容赦なく踏み込むのかと感心もした。

 こういうリアリズムは脚本を担当する大島里美の持ち味だろう。『四十九日のレシピ』や『恋するハエ女』(ともにNHK)などで知られる脚本家だが、彼女の作品の根底には、地に足のついた生々しい手触りがある。それは本作でも同様で実話を元にしていることもあってか、お金に関する認識がシビアで実にリアルなドラマとなっている。

 社会経験は2年あまりで、それ以降は専業主婦として働いてきた光は、最初は社長なんてできるのか? と思っていたが、社長の仕事について調べるうちに、「入ってくるお金があって出ていくお金があって、やりくりして、なんか家計と似てる」と気づく。

 第4話には「主婦も家計を預かり、家という企業を切り盛りしているという点では企業の経営者と変わらないと思うんです」という台詞があるのだが、光は、工場の中にある無駄や散らかっている職場のゴミを片付けていき、社員が作業しやすいように仕事を合理化していく。

 しかし、その過程でみんなのまとめ役だったベテラン職人の勝俣勉(竹中直人)と対立してしまう。竹中直人の迫力ある演技もあってか、勝俣の何か言おうとすると恫喝して、発言自体を封じ込めてしまう態度は、いかにも昔気質の職人という感じで苦々しいものがある。

 光と勝俣の関係はどんどん険悪になり、当初は見ていて嫌な気持ちになるのだが、だんだん勝俣の先代社長への想いが描かれるようになってくると、印象が変わっていく。

 それは他の社員や光にしても同様で、生前は不仲だった父の想いに光が気づいていく姿は感動的で、大きな見どころとなっている。

 他にも銀行員の長谷川隆史(村上淳)の女だからとなめてかかる態度など、光を取り巻く人間関係は最悪なのだが、父親譲りのバイタリティと発想の豊かさで次々と乗り越えていき、業績を黒字にする。

 第4話終了の時点では、辛い状況をリアルに描いてはいるが悲壮になりすぎず、それを踏まえた上での痛快な経営立て直しの物語となっている。ジャズ調の軽快な劇伴もあってか、とてもポップで見ていて楽しい。

 驚いたのは32歳の女社長を演じる内山理名の切符のいい演技だ。

 2000年代に『ハンドク!』や『嫌われ松子の一生』(ともにTBS系)などの数々のドラマに出演して、いわゆる清純派の女優としてキャリアを重ねてきた彼女がいつのまにか30代の母親兼社長を演じるようになっていたのだと感慨深いものがある。

 今作も今までの内山理名に感じていた清楚なイメージをいい意味で裏切られるところがあり、町工場の職人たちや銀行員と正面からやりあう場面を見ていると頼りがいのあるたくましい姐さんという感じで、こういう人の下で働いたら楽しいだろうなぁと見ていて思う。

 反発していた職人たちが彼女についていくことに見ていて納得するのは、内山の説得力のある演技によるところが大きい。

 第5話以降は3年後が舞台となり、出張で海外に行っていた夫が戻ってきたり銀行員の長谷川と光の不倫疑惑が持ち上がったりと、新展開がありそうで、光に助言を与える元銀行員の経理担当社員の打越和哉(忍成修吾)にも何か秘密の過去がありそうだ。

 思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。 


■NHK ドラマ10『マチ工場のオンナ』
[総合](金)22:00スタート 再放送 (木)0:10~
執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • 特撮ドラマ『仮面ライダーゼロワン』 AIは人類にとって敵なのか味方なのか?

    「AIは人類にとって敵なのか味方なのか?」と気になる人に是非オススメしたいのが日曜朝9時から放送されている『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)だ。主人公はAI企業の2代目社長! アンドロイドが社会に普及した世界を舞台に、暴走したアンドロイドを止めるため、仮面ライダーゼロワンに変身して戦う物語だ。

    2019年11月8日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.6 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。第6回は前回に引き続き人材採用についてです。2人目以降は順調に採用できるはず・・・と思いきや、まったくうまくいかなかった創業初期の人材採用を振り返ります。

    2019年10月28日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑩『マリア・シャラポワ自伝』

    ビジネスでは他人とつながったほうが良い結果が出る──この指針はあらゆるケースで全面適用に近づいているようにみえます。しかし本当にそうなのでしょうか? それでグローバルなサバイバル競争を勝ち残れるのでしょうか? ひとりきりになったときに、普段からどうすればよいのかーー今回おすすめしたいのは、個人の競争戦略の教本として読み応えだっぷりな『マリア・シャラポワ自伝』です。

    2019年10月15日

    コラム

  • 映画『記憶にございません!』ある日突然、自分が総理大臣をやることになったら?

    国民的映画監督の三谷幸喜が今回映画の題材に選んだのは総理大臣。しかも記憶を失った総理大臣! 着想のきっかけは「ごくごく普通の人間が、突然総理大臣になったらどうなる?」だったといいます。主人公を演じる中井貴一の悪戦苦闘は、若い頃の理想を見失ってしまったビジネスパーソンへのメッセージにもなっています。

    2019年9月30日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する④

    地方創生戦略の重点項目の一つ、デジタル活用共生社会「society5.0」。しかし、地方に行けば、情報リテラシーの格差が見られます。スマートフォンやSNSの普及により新たな人とのつながりやバーチャル・コミュニティが形成される一方、リアルな地域のつながりは希薄化、地域コミュニティ力は減退しています。今回は地域SNSを使い、新たな地域のつながり、コミュニティの活性に挑む、若き起業家の挑戦に着目、地域におけるデジタル活用の手法を追いました。

    2019年9月24日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.5 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。第5回は会社を興した後、初めて社員を採用した時の気持ちが揺れ動いた日々を振り返ります。

    2019年9月19日

    コラム

  • アパレル業界を変えるIT戦略! 熊本発ベンチャー、シタテルが描く「服の未来」【Vol.3】

    アパレル業界は、メーカー、工場ともにテクノロジー化が遅れており、在庫問題や工場稼働の不均衡、手作業による工数の増加など様々なビジネス上の課題を抱えています。そんななか、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする衣服の小ロット生産サービス「sitateru」が注目を浴びています。優れた技術力を持つ縫製工場の「時間・技術・資源」のデータ管理を行い、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする、衣服の小ロット生産サービスです。「sitateru」を提供しているのは、熊本発ベンチャーのシタテル株式会社。アパレル業界の課題をテクノロジーでどう解決するのか? シタテルCTOの和泉信生さんによる連載、その最終回です。

    2019年9月9日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する③

    今、地域に足りないものは何か? カギを握るのは連携協働、事業を推進するプレイヤーの存在です。連携というと、かつては官民や産学、産学官が一般的でしたが、その実態は名ばかり。真の連携、共創のパートナーシップはどうあるべきか。水津陽子さんのシリーズ第3回は、行政、市民、企業の三者が連携、地域のストックを活用し、老化した都市を再生した先駆的取り組みに迫ります。

    2019年9月2日

    コラム