NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

2017年12月22日
NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。
NHKで金曜夜10時から放送されている『マチ工場のオンナ』は、父の有元泰造(舘ひろし)の死によって、ダリア精機という自動車用のゲージを作る町工場の社長に就任することになった32歳の主婦・光(内山理名)が主人公のドラマだ。

NHK ドラマ10『マチ工場のオンナ』[総合](金)22:00スタート 再放送 (木)0:10~

 原作はダイヤ精機代表取締役社長・諏訪貴子によるビジネス書「町工場の娘 主婦から社長になった2代目の10年戦争」(日経BP社)。つまり実話を元にしたドラマで、劇中で社員と行う交換日記などは実際に行われたことだ。

 実話を元にしていることを差し引いても、突然社長になった女性が直面する困難を通して町工場の経営の困難さを描く手腕は実に巧みで、とても見応えのあるドラマとなっている。

 父の死後、光は社員から、社長になってくれないかと懇願される。悩んだ末に光は二代目社長となるのだが、最初にやったことは経費削減のためのリストラだった。

 家族型経営で社員から支持されていた泰造とは真逆のやり方だったため、光はさっそく社員から反発され、会社は険悪な空気となる。

 絶対にリストラをしなかったがゆえに、会社の経営を悪化させた父親(舘ひろし)の姿は、古き良き日本型経営者の象徴で、現在放送中の池井戸潤の原作小説をドラマ化した『陸王』(TBS系)で役所広司が演じている足袋製造会社の社長のような存在だ。

 対して光は最初にリストラを社員に宣告する。その場面は苦渋の決断をする光の苦しさもクビを宣告された社員の側の絶望も同時に伝わる痛々しい場面で、こんな辛い場面を描くのかと見ていて驚いた。同時に、そこに容赦なく踏み込むのかと感心もした。

 こういうリアリズムは脚本を担当する大島里美の持ち味だろう。『四十九日のレシピ』や『恋するハエ女』(ともにNHK)などで知られる脚本家だが、彼女の作品の根底には、地に足のついた生々しい手触りがある。それは本作でも同様で実話を元にしていることもあってか、お金に関する認識がシビアで実にリアルなドラマとなっている。

 社会経験は2年あまりで、それ以降は専業主婦として働いてきた光は、最初は社長なんてできるのか? と思っていたが、社長の仕事について調べるうちに、「入ってくるお金があって出ていくお金があって、やりくりして、なんか家計と似てる」と気づく。

 第4話には「主婦も家計を預かり、家という企業を切り盛りしているという点では企業の経営者と変わらないと思うんです」という台詞があるのだが、光は、工場の中にある無駄や散らかっている職場のゴミを片付けていき、社員が作業しやすいように仕事を合理化していく。

 しかし、その過程でみんなのまとめ役だったベテラン職人の勝俣勉(竹中直人)と対立してしまう。竹中直人の迫力ある演技もあってか、勝俣の何か言おうとすると恫喝して、発言自体を封じ込めてしまう態度は、いかにも昔気質の職人という感じで苦々しいものがある。

 光と勝俣の関係はどんどん険悪になり、当初は見ていて嫌な気持ちになるのだが、だんだん勝俣の先代社長への想いが描かれるようになってくると、印象が変わっていく。

 それは他の社員や光にしても同様で、生前は不仲だった父の想いに光が気づいていく姿は感動的で、大きな見どころとなっている。

 他にも銀行員の長谷川隆史(村上淳)の女だからとなめてかかる態度など、光を取り巻く人間関係は最悪なのだが、父親譲りのバイタリティと発想の豊かさで次々と乗り越えていき、業績を黒字にする。

 第4話終了の時点では、辛い状況をリアルに描いてはいるが悲壮になりすぎず、それを踏まえた上での痛快な経営立て直しの物語となっている。ジャズ調の軽快な劇伴もあってか、とてもポップで見ていて楽しい。

 驚いたのは32歳の女社長を演じる内山理名の切符のいい演技だ。

 2000年代に『ハンドク!』や『嫌われ松子の一生』(ともにTBS系)などの数々のドラマに出演して、いわゆる清純派の女優としてキャリアを重ねてきた彼女がいつのまにか30代の母親兼社長を演じるようになっていたのだと感慨深いものがある。

 今作も今までの内山理名に感じていた清楚なイメージをいい意味で裏切られるところがあり、町工場の職人たちや銀行員と正面からやりあう場面を見ていると頼りがいのあるたくましい姐さんという感じで、こういう人の下で働いたら楽しいだろうなぁと見ていて思う。

 反発していた職人たちが彼女についていくことに見ていて納得するのは、内山の説得力のある演技によるところが大きい。

 第5話以降は3年後が舞台となり、出張で海外に行っていた夫が戻ってきたり銀行員の長谷川と光の不倫疑惑が持ち上がったりと、新展開がありそうで、光に助言を与える元銀行員の経理担当社員の打越和哉(忍成修吾)にも何か秘密の過去がありそうだ。

 思った以上に物語の展開が早いので、どこに着地するのかわからないが、町工場の苦しい現状を描きながらも、希望を感じさせるような結末となるのではないかと期待している。 


■NHK ドラマ10『マチ工場のオンナ』
[総合](金)22:00スタート 再放送 (木)0:10~
執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

成馬零一新着記事

  • TVドラマ『宮本から君へ』 働く人間なら、誰の心にも必ず「宮本」がいる

    ドラマ『宮本から君へ』は1990~94年にかけて連載された漫画が原作だ。今と比べれば、一生懸命になることはダサいことだと多くの日本人が思っていた時期の作品である。そんな時代にあって、恋愛にも仕事にも純粋で暑苦しい男・宮本を登場させることで、激しい賛否を巻き起こした。当時はバブル景気に浮かれていた日本に対する強烈なカウンターだったわけだが、大きく時代を隔てた2018年の20代に、本作はどのように響くのだろうか?

    2018年6月15日

    成馬零一

  • 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

    連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)は、いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸の女の子がやがて結婚し、寄席を切り盛りしていく姿を描いた物語だ。京都の老舗薬種問屋の長女に生まれたヒロイン・てんを演じるのは若手女優の葵わかな。てんと藤吉の歩みが、そのまま戦前の芸能の歴史となっている。

    2018年2月14日

    成馬零一

  • ドラマ「先に生まれただけの僕」から、変わりゆく日本的経営を考える

    日本テレビ系土曜夜10時から放送されている『先に生まれただけの僕』は、35歳の若い校長先生が業績不振の高校を立て直すという異色の学園ドラマだ。面白い授業のできない教師たちはクビになり、勉強のできない生徒たちは切り捨てられていくのではないか? という経営優先の合理化がもたらす負の側面と、そこで犠牲になる側の不安が描かれている。

    2017年11月30日

    成馬零一

  • 映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3」にフロンティアスピリットを見る

    ダンス&ボーカルグループEXILE TRIBEや三代目J Soul Brothersが所属する芸能事務所LDHが中心となって展開している『HiGH&LOW』(以下、『ハイロー』)というプロジェクトをご存知だろうか? 『ハイロー』の魅力は作品の物語もさることながら、このプロジェクトを立ち上げたLDHと会長のHIROの会社としてのフロンティアスピリット、それ自体が巨大な物語として背後に透けてみえることだ。

    2017年10月25日

    成馬零一

  • 朝ドラ『ひよっこ』 美しい「労働観」に人々は理想の職場を重ねた

    今週、最終回を迎えるNHK『連続テレビ小説「ひよっこ」』。数々の話題を振りまき、今年を代表するヒット作となったドラマだが、見ていて興味深かったのは劇中での「仕事の描かれ方」だ。舞台こそ1960年代だが、本作の労働観は極めて現代的で、さりげないシーンに、とても大事なことが描かれている。

    2017年9月27日

    成馬零一

  • ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

    医療ドラマは今のテレビドラマにおいては刑事ドラマと並ぶヒットコンテンツで、毎クール、必ず一作はあるような状態が続いている。フジテレビ系の「月9」で放送されている『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も今回で三作目となる人気シリーズだ。フライトドクターという特殊な仕事を描いているが、根底にあるのは、真剣に働いている人なら誰もが共感できる「仕事に対する哲学」である。

    2017年8月28日

    成馬零一

  • ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    昨年、日本テレビ系で放送され話題となった連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の続編、『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』といった20代の若者たちを主人公にしたポップな群像劇を得意としてきた宮藤が、大人と若者の狭間で悩む青年たちの葛藤を正攻法で書ききったことには、作家としての成長を感じさせる。何より、近年のテレビドラマでは中々描かれることが少ない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」が、しっかりと描かれていたのが、本作の素晴らしさだ。

    2017年7月7日

    成馬零一

  • ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    「会社のOLが何を考えているのか、イマイチよくわからないんだよね」ーーそんな悩みを抱えている管理職の男性に是非見てほしいのが、ドラマ『架空OL日記』だ。本作は、お笑い芸人のバカリズム(升野英知)が原作・脚本を手がける連続ドラマだ。

    2017年6月16日

    成馬零一