~健康経営が生む新ビジネス:2~トップ営業に意外なニーズが

2017年3月22日
【記事のポイント】 ▼経営者が集まる場を活用し、経営者にサービスを体感してもらうことから顧客を開拓 ▼リラクゼーション、トレーニングのニーズはデスクワークだけではない

■出張型リラクゼーション、トレーニングの第一ターゲットは経営者

 健康経営に関わるサービスが注目されているが、企業向けに提供しようとしても、誰に話を持ちかければ良いかわからないという声が聞かれる。その点ではアリーザレクト株式会社代表取締役の上久保知洋氏による営業手法は実に大胆だ。企業のトップに狙いを定め、健康経営の重要性と企業メリットを伝えることから営業を図っている。

「経営者の集いにはさまざま参加していますが、別の取り組みの1つとして一般社団法人倫理研究所が全国に展開する倫理法人会にて、倫理経営に関する見識を高めています。この会には企業経営者が多く参加しているんです。所属している東京都上野倫理法人会では企業倫理の1つとして、健康経営実践委員会を発足させ、私は副委員長として健康経営を広める活動を展開しています。倫理経営者は健康経営の価値の理解が早く、お知り合いの経営者をご紹介していただくこともあります」

かつてサラリーマン時代にメタボ気味だった体を改善したことで、仕事がバリバリとこなせるようになったという上久保知洋氏。アリーザレクトの原点はそこにある

 同社が提供するサービスでも人気なのは、ビジネスパーソン向けのボディメイクサービス。上久保氏が自ら整体師やピラティストレーナーなどの資格を持ち、もみほぐしによってリラクゼーションを与え、その後に簡単なトレーニングで運動不足の解消を図る。大きな特徴は出張型であること。オフィスにいながらサービスを受けられる手軽さから、利用の促進を図っているわけだ。

 特にポイントとなるのは、真っ先に経営者に体験してもらうことからサービス導入に至っていること。経営者が率先してサービスを体感することで、それが従業員にも浸透していきやすくなる。

ボディトレーニングやストレッチ、セラピー、アロマテラピー、フィットネスなど分野の専門家が出張に応じる

■デスクワークだけではない“ボディメイク”サービスの意外なニーズ

 顧客獲得において上久保氏にはうれしい誤算があったという。同サービスの営業を始めたのは昨年のことだが、当初サービスの提供先としてはデスクワーク、それもIT企業の従業員をメインターゲットに想定していた。

 しかし、実際に顧客として獲得できたのは、意外と身体を使う職場の方が多い。ある印刷会社では、かがんで重いものを運ぶ作業の連続で従業員が腰痛を抱えていたところ、上久保氏の施術によって痛みが緩和され、仕事がはかどるようになった。腰痛などの現状は社長自身も気付けなかったという。また脚、腰へのトレーニング指導も行ったところ、自宅でもできると喜ばれたそうだ。

「運動不足になりがちな職場こそニーズがあると思っていたのですが、体を使う職場にもリラクゼーションが求められていたのは意外でした。また、歯科医師や美容師さんなど、立ち仕事の職場からも喜びの声があり、これらの経験をもとにIT企業以外にもターゲットを広げ、顧客開拓を進めていこうと考えています」

 また、健康経営はアライアンスによるビジネスチャンスの拡大にも大きな期待があるようだ。上久保氏は整体師やリフレクソロジストのほかにも、加圧トレーニングインストラクター、食生活アドバイザー、サプリメントアドバイザーなどの資格を持つ。

 その上でスタッフもボディトレーニングやストレッチ、セラピー、アロマテラピー、フィットネスといったさまざまな分野で知識やスキルを持つ専門家をそろえた。健康的な体づくりのためのサポートサービスにも対応している。そこが、他の健康経営ビジネスを手掛ける企業の目を引いた。

オフィスの一室を手早くトレーニングルームに様変わりさせてサービスを提供

「実はいま、個人向けの健康管理ができるWEBコンテンツを開発・運営している企業から、アライアンスを持ちかけられているのです。そのシステムでは体重や活動量などの日々のデータを計測管理できるのですが、収集したデータを役立てるサービスの提供までには至っていません。そこで弊社のスタッフのノウハウを活用し、有効な運動や食生活指導をデータヘルスに伴うソリューションサービスとして提供していこうというわけです」

 健康経営とひと口に言っても、リラクゼーションをはじめメンタルヘルスケアやエクササイズ、食生活などさまざまなサービスが展開されている。これらの異なるサービス同士が連携を図ることで、互いにビジネスチャンスを広げることも十分に期待できるだろう。それが、健康経営によって社員の健康を把握した上で、次に企業が求めるサービスなのかもしれない。

整体師・ピラティストレーナーをはじめ、加圧トレーニングインストラクターや食生活アドバイザー、健康経営アドバイザーなどの資格を持ち、さまざまな面から出張先の従業員の健康をサポート

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • 地域に新しい共創を生み出す! 本業との一体型社会貢献を目指すリノベーション会社

    中小企業や小規模事業者にとって「地域」というのは非常に大切な場所です。そこで人と出会い、そこで仕事が生まれるからです。その最新形の「リビングラボ」という方法で成果をあげているリノベーション会社が横浜市にあります。「株式会社太陽住建」は、「本業との一体型社会貢献」を掲げ、地域社会にしっかりと根付くための施策を次々と打ち出してきました。

    2019年1月25日

    インタビュー

  • 教育と人材で「介護」の未来を変える! 前例なきビジネスモデルの革新者 

    超高齢社会を迎える日本。その中で「介護」の重要性は増すばかりですが、そこに携わる人材が不足していることは、皆さんもご存じの通りです。その危機的状況を打破するべく、介護業界の未来を担う人材の育成、引いては業界全体における労働環境の健全化に取り組んでいる会社があります。2008年創業の「株式会社ガネット」が運営する「日本総合福祉アカデミー」は、これまでにはない「分校」というビジネスモデルで急速にその展開数を拡大し、いま注目を集めています。

    2018年12月14日

    インタビュー

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

    2018年12月7日

    インタビュー

  • 「自動車整備工場」の二代目女性社長という生き方

    町工場を思い描く時、脳裏に浮かぶ代表的な業種のひとつが自動車整備工場です。どこの地域にもあり、油まみれで働く工員の姿が“勤勉な日本の労働者”をイメージさせるのでしょう。そんな日本の高度経済成長を支えた会社を事業承継し、新たな時代に向けて活力を与えようとする女性社長がいます。横浜の町の一角で昭和39年に創業した「雨宮自動車工業株式会社」代表取締役の小宮里子さんです。

    2018年11月26日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【後編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。後編では代表取締役・杉山智行さんの現在のビジネスに至るストーリーをお送りします。

    2018年11月22日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【前編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。金余りの国・日本から資金を必要とする発展途上国へとお金の流れをつくる「インパクト投資」がいま、国内外で大きな注目を集めています。金融の新しい波とは何か? クラウドクレジット代表取締役の杉山智行さんに前後編の2回で話を聞きます。

    2018年11月20日

    インタビュー

  • 移住者への事業承継を積極推進! 七尾市の地域創生はここが違う

    地方の中小企業において最重要といってもいいのが「事業承継」です。後継者不足が「黒字なのに廃業を選ぶ」という事態を招いています。中小企業がなくなることはそのまま地域の衰退につながるため、それを食い止めなければ地方創生も危うくなります。その課題に官民ネットワークという手法で解決しようというプロジェクトが石川県七尾市で始まりました。「家業を継ぐ」という家族経営的な風土を排し、首都圏の移住者からも後継者を募るという試みです。

    2018年10月26日

    インタビュー

  • 社長業は突然に。経営破綻をV時回復させた「ひとり親方」の覚悟

    いま、東京近郊では2020年に向けた鉄道関連の工事が盛んに行われています。電車の中から窓越しに見える風景で印象的なのは、狭い場所ながら太い鉄の杭を打ち込むダイナミックな重機の姿です。そんな特殊な条件をものともせず、日本の建設・土木業の優秀さを示す仕事を50年にわたって続けてきたのが、横浜にある「恵比寿機工株式会社」です。しかし、創業者の晩年に会社が経営不振に陥り、倒産寸前まできてしまいました。その窮状を救ったのは職人たちのリーダーであるひとりの職長でした。

    2018年10月15日

    インタビュー