~健康経営が生む新ビジネス:2~トップ営業に意外なニーズが

2017年3月22日
【記事のポイント】 ▼経営者が集まる場を活用し、経営者にサービスを体感してもらうことから顧客を開拓 ▼リラクゼーション、トレーニングのニーズはデスクワークだけではない

■出張型リラクゼーション、トレーニングの第一ターゲットは経営者

 健康経営に関わるサービスが注目されているが、企業向けに提供しようとしても、誰に話を持ちかければ良いかわからないという声が聞かれる。その点ではアリーザレクト株式会社代表取締役の上久保知洋氏による営業手法は実に大胆だ。企業のトップに狙いを定め、健康経営の重要性と企業メリットを伝えることから営業を図っている。

「経営者の集いにはさまざま参加していますが、別の取り組みの1つとして一般社団法人倫理研究所が全国に展開する倫理法人会にて、倫理経営に関する見識を高めています。この会には企業経営者が多く参加しているんです。所属している東京都上野倫理法人会では企業倫理の1つとして、健康経営実践委員会を発足させ、私は副委員長として健康経営を広める活動を展開しています。倫理経営者は健康経営の価値の理解が早く、お知り合いの経営者をご紹介していただくこともあります」

かつてサラリーマン時代にメタボ気味だった体を改善したことで、仕事がバリバリとこなせるようになったという上久保知洋氏。アリーザレクトの原点はそこにある

 同社が提供するサービスでも人気なのは、ビジネスパーソン向けのボディメイクサービス。上久保氏が自ら整体師やピラティストレーナーなどの資格を持ち、もみほぐしによってリラクゼーションを与え、その後に簡単なトレーニングで運動不足の解消を図る。大きな特徴は出張型であること。オフィスにいながらサービスを受けられる手軽さから、利用の促進を図っているわけだ。

 特にポイントとなるのは、真っ先に経営者に体験してもらうことからサービス導入に至っていること。経営者が率先してサービスを体感することで、それが従業員にも浸透していきやすくなる。

ボディトレーニングやストレッチ、セラピー、アロマテラピー、フィットネスなど分野の専門家が出張に応じる

■デスクワークだけではない“ボディメイク”サービスの意外なニーズ

 顧客獲得において上久保氏にはうれしい誤算があったという。同サービスの営業を始めたのは昨年のことだが、当初サービスの提供先としてはデスクワーク、それもIT企業の従業員をメインターゲットに想定していた。

 しかし、実際に顧客として獲得できたのは、意外と身体を使う職場の方が多い。ある印刷会社では、かがんで重いものを運ぶ作業の連続で従業員が腰痛を抱えていたところ、上久保氏の施術によって痛みが緩和され、仕事がはかどるようになった。腰痛などの現状は社長自身も気付けなかったという。また脚、腰へのトレーニング指導も行ったところ、自宅でもできると喜ばれたそうだ。

「運動不足になりがちな職場こそニーズがあると思っていたのですが、体を使う職場にもリラクゼーションが求められていたのは意外でした。また、歯科医師や美容師さんなど、立ち仕事の職場からも喜びの声があり、これらの経験をもとにIT企業以外にもターゲットを広げ、顧客開拓を進めていこうと考えています」

 また、健康経営はアライアンスによるビジネスチャンスの拡大にも大きな期待があるようだ。上久保氏は整体師やリフレクソロジストのほかにも、加圧トレーニングインストラクター、食生活アドバイザー、サプリメントアドバイザーなどの資格を持つ。

 その上でスタッフもボディトレーニングやストレッチ、セラピー、アロマテラピー、フィットネスといったさまざまな分野で知識やスキルを持つ専門家をそろえた。健康的な体づくりのためのサポートサービスにも対応している。そこが、他の健康経営ビジネスを手掛ける企業の目を引いた。

オフィスの一室を手早くトレーニングルームに様変わりさせてサービスを提供

「実はいま、個人向けの健康管理ができるWEBコンテンツを開発・運営している企業から、アライアンスを持ちかけられているのです。そのシステムでは体重や活動量などの日々のデータを計測管理できるのですが、収集したデータを役立てるサービスの提供までには至っていません。そこで弊社のスタッフのノウハウを活用し、有効な運動や食生活指導をデータヘルスに伴うソリューションサービスとして提供していこうというわけです」

 健康経営とひと口に言っても、リラクゼーションをはじめメンタルヘルスケアやエクササイズ、食生活などさまざまなサービスが展開されている。これらの異なるサービス同士が連携を図ることで、互いにビジネスチャンスを広げることも十分に期待できるだろう。それが、健康経営によって社員の健康を把握した上で、次に企業が求めるサービスなのかもしれない。

整体師・ピラティストレーナーをはじめ、加圧トレーニングインストラクターや食生活アドバイザー、健康経営アドバイザーなどの資格を持ち、さまざまな面から出張先の従業員の健康をサポート

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • 「社会課題解決」で未来を変える! 企業の挑戦を可視化する、革新的採用プラットフォーム登場(第2回)

    地域企業の価値を何で評価するべきなのか? 働く人のやりがいをかなえるために必要なことは何なのか? その問いに対してまったく新たな視点と具体的な方策によって答えを出した採用プラットフォームが登場しました。「アスタミューゼ株式会社」の「SCOPE(スコープ)」です。今月12日には島根銀行との提携を発表。SBIグループがネットワークしている全国の地域金融機関と協力し、全国47都道府県の未来へ挑戦する地域企業を可視化していきます。

    2019年11月13日

    インタビュー

  • 「社会課題解決」で未来を変える! 企業の挑戦を可視化する、革新的採用プラットフォーム登場(第1回)

    地域企業の価値を何で評価するべきなのか? 働く人のやりがいをかなえるために必要なことは何なのか? その問いに対してまったく新たな視点と具体的な方策によって答えを出した採用プラットフォームが登場しました。「アスタミューゼ株式会社」の「SCOPE(スコープ)」です。SCOPEは日本や世界が抱える「社会課題」を軸に転職者と企業をマッチングさせるプラットフォーム。未来に向けて解決すべき社会課題を105に分類、テーマをわかりやすく見える化することで客観性と信頼性を生み出しています。そしてそれはこれまでの大企業と中小企業という分類や関係性に変更を迫ることになるはずです。

    2019年11月11日

    インタビュー

  • 金融機関と中小企業を結ぶ最強のプラットフォームが、地域革命を起こす!(後編)

    「Big Advance(ビッグ・アドバンス)」の快進撃が止まりません。Big Advanceは、株式会社ココペリが提供する、全国の金融機関が連携して地域企業を支援するウェブのプラットフォームのこと。昨年4月からサービス提供が始まり、月を追うごとに参加金融機関、利用事業者が増えています。ココペリの代表取締役CEOの近藤繁さんに話を聞きます。後編では中小企業への思いや会社設立に至る個人史などにフォーカスします。

    2019年10月25日

    インタビュー

  • 金融機関と中小企業を結ぶ最強のプラットフォームが、地域革命を起こす!(前編)

    「Big Advance(ビッグ・アドバンス)」の快進撃が止まりません。Big Advanceは、株式会社ココペリが提供する、全国の金融機関が連携して地域企業を支援するウェブのプラットフォームのこと。昨年4月からサービス提供が始まり、月を追うごとに参加金融機関、利用事業者が増えています。新たな販路の開拓や他県の企業との連携など、これまで中小企業で手をこまねいていた事業が、Big Advanceの登場でどんどん具体化しています。

    2019年10月23日

    インタビュー

  • 「アメリカ料理」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?(後編)

    アメリカの食文化を伝えるレストランイベント「TASTE OF AMERICA」(テイスト・オブ・アメリカ/TOA)。アメリカの食文化とは何か? さらにはその背景にある歴史とは何か? にまで広がるユニークな催しです。前編に引き続き、アメリカ大使館農産物貿易事務所(ATO)の青木純夫(Sumio Thomas Aoki)さんにアメリカの食文化や背後にある歴史、そして最新の食やレストランのトレンドについて紹介してもらいます。

    2019年10月10日

    インタビュー

  • 「アメリカ料理」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?(前編)

    アメリカの食文化を伝えるレストランイベント「TASTE OF AMERICA」(テイスト・オブ・アメリカ/TOA)をご存知でしょうか? アメリカ発の料理や食材はたくさん日本に入ってきていますが、そこに「アメリカ」という意識を持つことはあまり多くないかもしれません。TOAはそんな状況に変化を加え、アメリカの食文化とは何か? さらにはその背景にある歴史とは何か? にまで広がるユニークな催しとして2011年に始まりました。

    2019年10月9日

    インタビュー

  • まずは「楽しく遊ぶ」ことから! 市役所のサークルを長く続けるコツ

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「サバニ帆漕レース」。海洋文化や造船・操船技術の保護・継承を目的に、2000年より毎年、大会は開催されてきました。今年は記念すべき第20回という節目の大会。そのサバニ帆漕レースに、那覇市役所の新旧職員たちによるクラブチームとして参加しているのが「NAHA NAVI」です。チームを長く続けられた理由は「よんなー(ゆっくりとした)」とでもいうべき部員同士のコミュニケーションがあったからかもしれません。

    2019年8月26日

    インタビュー

  • キャッシュレス化、チャンスととらえて攻めに転じよう!(後編)

    現金なのか? キャッシュレスなのか?ーー25年までにキャッシュレス決済の比率を4割まで高めることを国が目指すなか、大きな選択を迫られている中小・小規模事業者ですが、キャッシュレス化によって売上げや利益はどう変わっていくのでしょうか? 前編に引き続き、店舗のキャッシュレス決済を支援するサービス「Airペイ」を提供する、株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 ペイメント事業ユニットの塩原一慶さんに話を聞きます。

    2019年8月23日

    インタビュー