ドラマ「先に生まれただけの僕」から、変わりゆく日本的経営を考える

2017年11月30日
日本テレビ系土曜夜10時から放送されている『先に生まれただけの僕』は、35歳の若い校長先生が業績不振の高校を立て直すという異色の学園ドラマだ。面白い授業のできない教師たちはクビになり、勉強のできない生徒たちは切り捨てられていくのではないか? という経営優先の合理化がもたらす負の側面と、そこで犠牲になる側の不安が描かれている。
 日本テレビ系土曜夜10時から放送されている『先に生まれただけの僕』は、35歳の若い校長先生が業績不振の高校を立て直すという異色の学園ドラマだ(オンライン動画配信サービスのHuluでは第1話から最新話まで配信中)。

ドラマ『先に生まれただけの僕』日本テレビ系 毎週土曜夜10:00~。放送Hulu(オンライン動画配信サービス)にて、第1話から最新話まで配信中!((C) NTV)

 主人公は総合総社・樫松物産の商社マン・鳴海涼介(櫻井翔)。

 鳴海は会社から出向を命じられて企業の傘下にある私立高校・京明館高等学校に校長として赴任する。会社からは不採算部門とされ、偏差値も低く、スポーツにおいても優れたところがない毎年定員割れとなっている高校の現状をみた鳴海は「教師にとって生徒はクライアントであり商品です」「生徒の親御さんは株主です」と、教育はビジネスなのだと、教師たちに訴えて、学校改革に乗り出す。今まで他人事だった教師たちの間では、変わることを拒否する先生たちと、鳴海のやり方に感銘を受ける教師に二分していく。

 第1話では大学進学のために利用した奨学金制度は社会人になった後も返済し続けないといけないという問題について言及し、第2話ではスクールカースト(クラスメイトたちの間で出来上がってしまう階級制度)の問題を扱ったりと、社会派テイストが強い。

 一方、第3話では、先生たちの授業ではアクティブ・ラーニングという、生徒同士でコミュニケーションを取りながら回答を出していくというゲーム的な授業を見せている。

 鳴海はビジネスマンの視点から、朝礼における「校長の挨拶」などの無駄を省いていき、わかりやすい本音の言葉で教師や生徒にぶつかっていく。

 真柴ちひろ(蒼井優)たち教師はそんな鳴海のやり方に最初は反発するものの、だんだん理解を示し、鳴海もまた、教師や生徒たちの気持ちを知ることで、少しずつ自分のやり方を変えていく。それと同時に社会人の立場から生徒たちに、今、勉強していることが将来の役に立つのか? や、大学に進学することの意味について、自分の言葉でメッセージを発するようになっていく。

 つまり、教える側の教師たち自身が学んでいく姿が、ドラマとなっているのだ。

 脚本は福田靖。『HERO』や『ガリレオ』(ともにフジテレビ系)、大河ドラマ『龍馬伝』(NHK)といった数々のヒット作を生み出し、2018年には連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)の執筆を控えている人気脚本家だ。

 彼の作風は一言で言うとライトな社会派で、ポップでわかりやすいドラマの中に、例えば『HERO』なら検事や弁護士に関連したエピソードが盛り込まれており、ドラマをみていると少しずつ舞台となる業界の勉強になるのがとても楽しい。

 『先に生まれただけの僕』は学校を立て直す経営モノだが、経営という視点から病院を描いたのが『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系)だ。

 本作は経営危機の病院を合理的思考を持った少し性格の悪い医者が引っ掻き回すことで、医者や看護師たちの意識を変えていくという物語だ。『先に生まれただけの僕』にも出演している高嶋政伸が腹黒いのだがどこか滑稽に見える悪役を演じていることもあってか、共通点の多い作品だ。

 しかし、コメディテイストが強かった『DOCTORS』に対して本作のトーンは実にシリアスで画面も重々しい。これはチーフ演出の水田伸生のカラーだろう。

 水田は坂元裕二脚本の『Mother』や『Woman』や宮藤官九郎脚本の『ゆとりですがなにか』を手がけた演出家だが、画面の色使いが暗めで、映画のような重量感があるのが大きな特徴だ。児童虐待やシングルマザーの貧困問題といった社会派のテーマを扱うことも多く、重たいテーマを重く撮るという意味では同じように社会派なテーマを扱っていても、ライトな味付けにして世に出してきた福田靖とは正反対の資質だと言える。

 この本来なら真逆の資質の作り手が、チームを組んでドラマを作っているのが本作の面白さだと言えよう。それは主人公の鳴海のキャラクターにも強く現れている。一見軽く見えて人の気持ちがわからない合理主義的な戦略家に見えるが、心の中では複雑な気持ちを抱えている人間味のある男として鳴海は描かれている。

 そんな鳴海の弱点が、実は徹底した合理化を測るために今いる教師たちをリストラすることができない甘さだとわかってくる。

 物語は今、折り返し地点に入っており、鳴海の改革によってまず教師と生徒たちの意識が変化し、これから高校は偏差値が高く有能なスポーツ選手を輩出する人気進学校に変わっていくだろうという予感に満ちている。

 しかし、そうなると面白い授業のできない教師たちはクビになり、勉強のできない生徒たちは切り捨てられていくのではないか? という経営優先の合理化がもたらす負の側面と、そこで犠牲になる側の不安が描かれている。

 それはそのままグローバリズムに直面した日本企業の問題だ。問われているのは、ただ合理化するのではなく、そこにいる人たちに寄り添った経営ができるのかということだ。

 教育や学校制度の問題が勉強になることはもちろんのこと、学校を会社に見立てた組織運営のドラマとしても楽しめる優れた作品である。


■ドラマ『先に生まれただけの僕』
日本テレビ系 毎週土曜夜10:00~放送
Hulu(オンライン動画配信サービス)にて、第1話から最新話まで配信中!

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • TVドラマ『ハラスメントゲーム』 ゲームのカードのように多様化・複雑化するハラスメントの背景にあるもの

    テレビ東京の新しい顔として注目されつつあるのが「ドラマBiz」枠だ。『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』といった「日経スペシャル」系番組のイメージに寄せる形で今年再スタート。そして、現在放送中で高い評価を得ているのが『ハラスメントゲーム』だ。

    2018年12月10日

    コラム

  • 地域資源をマネタイズし雇用を生む、せとうちのローカルベンチャー 〜尾道/ディスカバーリンクせとうち編〜 

    全国各地で行われている地域資源を活用した特産品や観光開発。多くは「作る」ことがゴールになり、それをどう「売るか」にまで力が及んでいません。しかし地域資源活用とは、どうマネタイズするか、そのビジネスモデルを考えることに尽きます。今回は独自の視点で地域資源を収益事業化する、せとうちのローカルベンチャーにフォーカス、そのビジネスモデル構築の視座と手法に迫ります。

    2018年12月4日

    コラム

  • もうインバウンド集客で悩まない!【第2回】

    訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介する新連載。第2回では、兵庫県豊岡市・城崎温泉の動画プロモーションの成功事例から押さえるべきツボをピックアップします。

    2018年11月12日

    コラム

  • 今どきの新人は電話恐怖症でウツになる!? そして退職!?

    「電話恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか? 電話が鳴ると、緊張して動悸がしたり、ひどいとパニックになったりなど、うまく電話が取れないというものです。この「電話恐怖症」、今どきの新入社員(新人)に増えてきているということをご存知でしょうか?

    2018年11月7日

    コラム

  • 企業インフラ、管理インフラの重要性。

    システムやAIを会計に導入するべきか否か? 恐れてばかりでは会社は前進できません。積極的に管理インフラの構築をして、会社全体が慣れていくことをお勧めします。それは時間を有効に使うことにつながり、競争力を高めることにもなっていくはずです。システムやAI導入は、社員一人ひとりが付加価値の高い仕事へのシフトに向かう第一歩になる可能性を秘めています。 

    2018年11月5日

    コラム

  • 熱海の奇跡! シャッター商店街を人気スポットに変えた戦略

    長らく低迷にあえいできた熱海が復活を遂げ話題となっています。1960年代には年間500万人を超える宿泊客で賑わった一大観光地でしたが、2011年には246万人にまで落ち込みました。しかし、そこからわずか4年、宿泊客数は308万人へ、奇跡とも呼ばれるV字復活を果たしました。その起点の一つとなったシャッター商店街の再生にフォーカス、”熱海の奇跡”を起こした挑戦とその戦略に迫ります。

    2018年11月2日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑤『大本営参謀の情報戦記』

    今年は戦争、特に太平洋戦争の際の日本軍(の失敗)についての本が、ビジネスとの絡みでよく読まれました。そのなかでも定番とも言えるポジションを得ているのが、今月の一冊『大本営参謀の情報戦記』です。文庫本の帯では田端信太郎さんも絶賛されています。70年前の戦史をいま、どうビジネスに活かせばいいのでしょうか? 長沖竜二さんが斜めから読み解きます。

    2018年10月24日

    コラム

  • プログラミング不要で導入可能! チャットボット徹底攻略【後編】

    お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。前編では、チャットボットに何ができるか、また既にビジネスで活用されているチャットボットの事例をいくつか紹介しました。後編では、チャットボットでできることと、作成ツールを紹介しましょう。

    2018年10月17日

    コラム