ドラマ「先に生まれただけの僕」から、変わりゆく日本的経営を考える

2017年11月30日
日本テレビ系土曜夜10時から放送されている『先に生まれただけの僕』は、35歳の若い校長先生が業績不振の高校を立て直すという異色の学園ドラマだ。面白い授業のできない教師たちはクビになり、勉強のできない生徒たちは切り捨てられていくのではないか? という経営優先の合理化がもたらす負の側面と、そこで犠牲になる側の不安が描かれている。
 日本テレビ系土曜夜10時から放送されている『先に生まれただけの僕』は、35歳の若い校長先生が業績不振の高校を立て直すという異色の学園ドラマだ(オンライン動画配信サービスのHuluでは第1話から最新話まで配信中)。

ドラマ『先に生まれただけの僕』日本テレビ系 毎週土曜夜10:00~。放送Hulu(オンライン動画配信サービス)にて、第1話から最新話まで配信中!((C) NTV)

 主人公は総合総社・樫松物産の商社マン・鳴海涼介(櫻井翔)。

 鳴海は会社から出向を命じられて企業の傘下にある私立高校・京明館高等学校に校長として赴任する。会社からは不採算部門とされ、偏差値も低く、スポーツにおいても優れたところがない毎年定員割れとなっている高校の現状をみた鳴海は「教師にとって生徒はクライアントであり商品です」「生徒の親御さんは株主です」と、教育はビジネスなのだと、教師たちに訴えて、学校改革に乗り出す。今まで他人事だった教師たちの間では、変わることを拒否する先生たちと、鳴海のやり方に感銘を受ける教師に二分していく。

 第1話では大学進学のために利用した奨学金制度は社会人になった後も返済し続けないといけないという問題について言及し、第2話ではスクールカースト(クラスメイトたちの間で出来上がってしまう階級制度)の問題を扱ったりと、社会派テイストが強い。

 一方、第3話では、先生たちの授業ではアクティブ・ラーニングという、生徒同士でコミュニケーションを取りながら回答を出していくというゲーム的な授業を見せている。

 鳴海はビジネスマンの視点から、朝礼における「校長の挨拶」などの無駄を省いていき、わかりやすい本音の言葉で教師や生徒にぶつかっていく。

 真柴ちひろ(蒼井優)たち教師はそんな鳴海のやり方に最初は反発するものの、だんだん理解を示し、鳴海もまた、教師や生徒たちの気持ちを知ることで、少しずつ自分のやり方を変えていく。それと同時に社会人の立場から生徒たちに、今、勉強していることが将来の役に立つのか? や、大学に進学することの意味について、自分の言葉でメッセージを発するようになっていく。

 つまり、教える側の教師たち自身が学んでいく姿が、ドラマとなっているのだ。

 脚本は福田靖。『HERO』や『ガリレオ』(ともにフジテレビ系)、大河ドラマ『龍馬伝』(NHK)といった数々のヒット作を生み出し、2018年には連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)の執筆を控えている人気脚本家だ。

 彼の作風は一言で言うとライトな社会派で、ポップでわかりやすいドラマの中に、例えば『HERO』なら検事や弁護士に関連したエピソードが盛り込まれており、ドラマをみていると少しずつ舞台となる業界の勉強になるのがとても楽しい。

 『先に生まれただけの僕』は学校を立て直す経営モノだが、経営という視点から病院を描いたのが『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系)だ。

 本作は経営危機の病院を合理的思考を持った少し性格の悪い医者が引っ掻き回すことで、医者や看護師たちの意識を変えていくという物語だ。『先に生まれただけの僕』にも出演している高嶋政伸が腹黒いのだがどこか滑稽に見える悪役を演じていることもあってか、共通点の多い作品だ。

 しかし、コメディテイストが強かった『DOCTORS』に対して本作のトーンは実にシリアスで画面も重々しい。これはチーフ演出の水田伸生のカラーだろう。

 水田は坂元裕二脚本の『Mother』や『Woman』や宮藤官九郎脚本の『ゆとりですがなにか』を手がけた演出家だが、画面の色使いが暗めで、映画のような重量感があるのが大きな特徴だ。児童虐待やシングルマザーの貧困問題といった社会派のテーマを扱うことも多く、重たいテーマを重く撮るという意味では同じように社会派なテーマを扱っていても、ライトな味付けにして世に出してきた福田靖とは正反対の資質だと言える。

 この本来なら真逆の資質の作り手が、チームを組んでドラマを作っているのが本作の面白さだと言えよう。それは主人公の鳴海のキャラクターにも強く現れている。一見軽く見えて人の気持ちがわからない合理主義的な戦略家に見えるが、心の中では複雑な気持ちを抱えている人間味のある男として鳴海は描かれている。

 そんな鳴海の弱点が、実は徹底した合理化を測るために今いる教師たちをリストラすることができない甘さだとわかってくる。

 物語は今、折り返し地点に入っており、鳴海の改革によってまず教師と生徒たちの意識が変化し、これから高校は偏差値が高く有能なスポーツ選手を輩出する人気進学校に変わっていくだろうという予感に満ちている。

 しかし、そうなると面白い授業のできない教師たちはクビになり、勉強のできない生徒たちは切り捨てられていくのではないか? という経営優先の合理化がもたらす負の側面と、そこで犠牲になる側の不安が描かれている。

 それはそのままグローバリズムに直面した日本企業の問題だ。問われているのは、ただ合理化するのではなく、そこにいる人たちに寄り添った経営ができるのかということだ。

 教育や学校制度の問題が勉強になることはもちろんのこと、学校を会社に見立てた組織運営のドラマとしても楽しめる優れた作品である。


■ドラマ『先に生まれただけの僕』
日本テレビ系 毎週土曜夜10:00~放送
Hulu(オンライン動画配信サービス)にて、第1話から最新話まで配信中!

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム