映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3」にフロンティアスピリットを見る

2017年10月25日
ダンス&ボーカルグループEXILE TRIBEや三代目J Soul Brothersが所属する芸能事務所LDHが中心となって展開している『HiGH&LOW』(以下、『ハイロー』)というプロジェクトをご存知だろうか? 『ハイロー』の魅力は作品の物語もさることながら、このプロジェクトを立ち上げたLDHと会長のHIROの会社としてのフロンティアスピリット、それ自体が巨大な物語として背後に透けてみえることだ。
 ダンス&ボーカルグループEXILE TRIBEや三代目J Soul Brothersが所属する芸能事務所LDHが中心となって展開している『HiGH&LOW』(以下、『ハイロー』)というプロジェクトをご存知だろうか?

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』2017年11月11日 全国ロードショー([c]2017「HiGH&LOW」製作委員会)

『ハイロー』はドラマ、映画、LIVE、漫画、SNSといったジャンルを横断しておこなわれている世界初の総合エンターテインメントプロジェクトである。
 物語の舞台は「SOWRD地区」と呼ばれるエリア。その地区一帯を制圧したバイクチーム・ムゲンの解散後に生まれた5つのギャングチーム、山王連合会、White Rascals、鬼邪高校、RUDE BOYS、達磨一家の戦いを中心に描いた群像劇だ。
 まず圧倒されるのは、破格の登場人物を動員した派手な抗争シーンとビジュアルの豪華さだろう。
 元々、本作は深夜ドラマ『HiGH&LOW~THE STORY OF THE S.O.W.R.D~』(日本テレビ系)からスタートしたのだが、第一話冒頭の複数のギャングチームが入り乱れて繰り広げられる喧嘩の場面と、徹底的に作り込まれた荒れ果てた学校や町並みの美術に圧倒された。
 日本の深夜ドラマというと、どうしても低予算のこじんまりとしたものが中心となってしまう。ましてや、アクションをやるのは夢のまた夢という状態だったのだが、EXILE TRIBEというダンサーが中心のグループが中心となることで、次々と不可能を可能にしていったのだ。

 展開される物語も破格である。
 物語の中心にいるのは山王連合会のコブラ(岩田剛典)とヤマト(鈴木伸之)なのだが、本作は全員主人公を謳っていて、実際にそれぞれの登場人物に見せ場が用意されている。
 SOWRD地区を束ねる5つのチームの他にも複数のギャングチームやSOWRD地区を狙う反社会的組織・九龍グループといった多数のキャラクターが登場し、人間関係が複雑に入り組んでいるため、物語としての『ハイロー』はとてもわかりにくい。
 しかし、それは旧来のドラマやアニメのように、画面で起こっていることすべてを理解しようとするからだろう。そうではなく、自分の好きなキャラクターやギャングチームを野球やサッカーといったスポーツのチームや選手を応援する感覚で楽しみ、見るポイントを自分で決めていくと、だんだんその魅力がわかるようになってくる。
 そもそもEXILEのMVを撮影していた久保茂昭が監督を務めていることもあってか、ストーリーが理解できなくても、最先端の音楽とファッション、そして先鋭的なアクションとビジュアルがものすごい物量で押し寄せてくる。そのため、豪華なMVを見ているように楽しむことができるのだ。

最先端の音楽とファッション、そして先鋭的なアクションとビジュアルがものすごい物量で押し寄せてくるのが『ハイロー』の魅力([c]2017「HiGH&LOW」製作委員会)

 だから筆者は本作を人に進める際には「ストーリーがわからなくても、まずは映像を、スポーツやライブを見ように楽しんでほしい。そのうち登場人物の見分けがつくようになってきたら、ストーリーはいくらでも楽しめる」からと言うようにしている。
 こういった大きな枠組みを見せる作品は漫画やアニメでは多数作られていたが、実写でここまで大規模に展開されるというのは異例のことだろう。

大きな枠組みを実写のなかで大規模に展開する異例とも言える映画となった『HiGH&LOW』シリーズ([c]2017「HiGH&LOW」製作委員会)

 また、各ギャングチームのビジュアルイメージにはヤンキー漫画の『クローズ!』や映画『時計じかけのオレンジ』といった古今東西の不良モノ、アクションモノがモザイク状に組み合わされており、見ているとついつい元ネタを探したくなってしまう。
 そういったオタク的消費をしても楽しめるため、昨年公開された劇場版第一作『HiGH&LOW THE MOVIE』以降はEXILEファンだけではなく漫画やアニメが好きなオタク層も『ハイロー』ワールドに参入してきており、日々勢力は拡大している。
 今年の夏には劇場版第二作となる『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』が公開。そして11月には劇場版第三弾となる『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』の公開を控えている。現時点での物語は今作でクライマックスとなるようだが、今作で芽吹いたアクションをベースに置いた実写作品の流れは今後も広がっていくはずだし、海外展開も十分にありえる。
『ハイロー』は作品の物語もさることながら、このプロジェクトを立ち上げたLDHと会長のHIROの会社としてのフロンティアスピリット、それ自体が巨大な物語として背後に透けてみえることだ。
 現在は、岩田剛典や町田啓太といったLDH所属の俳優も、テレビドラマに多数進出しているが、ダンスパフォーマンスで鍛えられたEXILE TRIBEの肉体性を駆使したアクションを活かせるようなドラマは今までなかった。そのため、彼らの魅力が生かされているとはいえなかったのだが、そこで生まれたのがおそらく『ハイロー』である。
 自分たちにふさわしい企画が今の世の中にないのならば自ら立ち上げてしまおう、というベンチャー企業的な精神がLDHにはあるのだが、それは同時に自分たちの居場所は自分たちが守るという仲間を大事にする精神でもある。

プロジェクトを立ち上げたLDH、そして会長のHIROのフロンティア・スピリッツが巨大な物語として背後に透けてみえてくる。経営者の皆さんに本作をオススメするポイントはそこにある([c]2017「HiGH&LOW」製作委員会)

 そんな「仲間たちを守りたい」という思いは、ハイローに登場するチームそれぞれが抱えており、だからこそ彼らは戦っている。自分たちの仲間を守るために、新しい世界への道を切り開いてきたEXILE TRIBE。そんなLDHのベンチャー精神が反映されたプロジェクトこそが『ハイロー』なのだ。


■映画『HiGH&LOW THE MOVIE3/FINAL MISSION』
2017年11月11日 全国ロードショー

関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム