~社内コミュニケーションの秘訣~社歌はジョニー・B・グッド!

2016年9月23日
時代を生き抜く強い中小企業とは何でしょう? 素晴らしい商品やサービスはもちろんですが、そこにいたる会社のなかでの社員同士のコミュニケーションが、本当は一番大切なのかもしれません。仲間と笑い合える中小企業が、今元気です。「小さい」「予算がない」「時間が足りない」といった悪条件を、彼らはどんな発想で乗り越えていったのか? 明るく楽しい会社やリーダーの活動から、解き明かしていきます。第二回は、中小企業の聖地、東京・墨田区の「島田商店」の嶋田淳社長です。第一回で登場したエサキヨシノリさんとの「社歌ライブ」を通して社内がどう変わっていったのか? その秘訣に迫ります。
◆第二回 嶋田淳さん(40歳)◆
株式会社島田商店代表取締役社長。大学卒業後、渡米NYへ。学位取得の最中に9.11.のテロに遭い緊急帰国。その後株式会社島田商店環境事業部の配送・製造係りを経て営業部へ。2008年取締役に就任。2010年社内改革を開始、新規事業を始め5年で社内売上2位に。2015年7月に代表取締役に就任。島田商店は1928年に嶋田さんの祖父が創業。現在は事業の9割が水・空気・土壌に関するケミカル溶液の製造・販売・配送である。

株式会社島田商店・社長、嶋田淳さん

■社員研修としての社歌ライブ。社長は一切の口出しをやめた

――どのような経緯で社歌ライブをすることになったのですか?

嶋田 知人の経営者を通してエサキヨシノリさんを紹介されたことがきっかけです。「企業の研修を目的に、社内でライブをさせてくれるところを探している人がいる」と聞きました。オプションで社歌も作ってもらえるとのことだったので、これ幸いとお願いしたんです。ほとんどの中小企業同様、うちには社歌がありませんでしたから。

 社歌はどんなことを伝える曲にしたいか、エサキさんに思いを伝えてオリジナル曲を作ってもらいました。校正は一切なしです(笑)。だから完成するまでどんな社歌になるのかまったくわからない。なかなかスリリングでした。

 社歌ライブ(「PASSION FACTORY LIVE TOKYO @島田商店」)の実施は半年前に社員に伝えたのですが、ほとんどの社員がドン引きしていました。だから一旦「忘れてくれ」と言って(笑)。1カ月前にライブの準備を始めるようお願いしました。

 準備を始めるまで、社長はいったい何を考えているのだ? 何をさせたいんだ? って、顔をしていましたが、今回のライブは研修の一環ですから準備活動はすべて社員に任せました。僕は一切口出ししないことにして、リーダーの選任だけをしたんです。どうなることかと思いましたが、結果的によくまとまって素晴らしいステージを作ってくれました。舞台も黒幕も全部工夫して手作りしてくれたんですよ。椅子もぴっしりきれいに並べて。大したものでしょう。

「情熱の学校」エサキヨシノリさん(左)と嶋田淳さん。インタビューは、島田商店プロデュースによる環境ショールーム「Melting Pot(メルティング ポット)」(墨田区)にて行った

社歌ライブ「PASSION FACTORY LIVE TOKYO @島田商店」でギターソロを弾く嶋田社長。GO JUNNY GO !

――しかし業績が堅調だった島田商店が、なぜ社歌ライブという名の研修を必要としたのでしょうか。

嶋田 ちょうど5年間かけて会社の改革を図っていた時期の最終期だったんです。確かに島田商店の業績は堅調だったけれど、その分社員が慢心して電話にちゃんと出なかったり、挨拶がおざなりになっていたりしていました。これは5年くらいで変えないと会社が潰れるぞと思ったんです。

 そのころ、すでに労働評価の改革や組織構築の改革は済んでいました。年功序列をやめて評価基準を明確化したり、新卒の社員をたくさん雇ったり。社長の私も公平に評価を受けようとリーダーに評価付けをされていたんですよ。

 でもあと少し、何かみんなをとりまとめてモチベーションを上げる仕組みが必要だった。そのタイミングで持ち上がったのが社歌ライブの話だったんです。

■「ジョニー・B・グッド」風のかっこいい社歌が社員の自信に

――実際に社歌ライブをしてみて社員にどんな影響がありましたか?

嶋田 これはもう映像を見てもらうとよくわかるんですけど、大盛り上がりでした。社歌は「ジョニー・B・グッド」みたいな曲を作ってくださいとお願いしたので本当にかっこいいものが上がってきた。何度も自分の名前が出てきて初めはとても照れましたが聞いているうちに、これは「俺の歌」だと思いました。

 うちの事業は、環境改善や環境保護に使用される薬品の販売が中心です。だからあまり会社を象徴するようなプロダクトがない。仕事に誇りを持ちにくく、理解してもらえない面があるんです。でもこうして歌になると、家族や知人に何をやっているのか知ってもらうことができる。YouTubeなどのメディアに出ることも自信につながったみたいです。いろいろなステークスホルダーが「あの映像見ましたよ」っていってくださるとことから会話が広がって、「島田商店ってこんな風に認知されているんだ」って思って。

 今回の社歌ライブは毎年恒例の社内バーベキューとは別でライブの一環として実施したんですよ。恒例のバーベキューにはお取引先。同様のイベントとして地域のみなさん、社員の家族などが集まってくれます。そういった方々が一緒に社歌を聞いてくれたのはとても良かったですね。

はじめドン引きしていた社員も大盛り上がり! 研修の一環としてのライブ、準備活動はすべて社員に一任。舞台も全部工夫して手作りし素晴らしいステージが

■社歌ライブを通し、外部の人と交流することで自分の会社が見えてくる

――社歌ライブをしたことは、何か実益に結びつきそうですか?

嶋田 社員が自主的に行動することの大変さと面白さに気づいたことは大きいと思います。少ない人数で働くということは、外からの情報が入ってきにくいということでもあります。だから井の中の蛙になりがち。自分の働き方を外から俯瞰してみることができないんです。でも、これからは中小企業だって世界に目を向けていかなくちゃいけない。そういうときに、より多くの人と交流をする機会を作ることはとても大切だと思いますね。

 最近、うちでは売上向上のための施策は社員にあらゆる業務をぶん投げているんです。僕はほとんどタッチせず、ひたすら新しい事業開発に取り組んでいます。きちんと幹部を作ってピラミッド状の組織を作っていけば、社長がいなくてもいい会社になるんですよ。そのためには、小さなことも情報共有しやすい「場」を作っておくことが必要でした。社歌ライブやバーベキューは格好の場になりましたね。
《大川祥子/ライター》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • 地方創生、こんなITが欲しかった! 地域経済の好循環をウェブで実現させる会社

    地方創生の切り札と目されるIT。都市部の大企業では、AI、ロボット、IoTが導入され、様々な業務を自動化しつつありますが、地方にはまだその恩恵は行き渡っていません。しかし、3Dプリンタやドローンの登場など、テクノロジーの民主化がその壁を打ち破ろうとしています。それら最新のITをウェブの技術を使って、ローカル・コミュニティーの活性化につなげようとするソフト開発会社があります。東京大学在学中に創業し、今年で11年目を迎えた「株式会社リアルグローブ」です。

    2018年8月10日

    インタビュー

  • 仕事も遊びもどちらも「オン」! 社内クラブ活動が人生を豊かにする

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「第19回サバニ帆漕レース」が、6月23-24日に開催されました。そのサバニ帆漕レースに、会社のクラブチームとして参加しているのがシステム開発の「株式会社アルファ・ウェーブ」です。会社には数多くのクラブがあり、その活動が仕事だけでなく社員の人生そのものにも大きな影響を与えているといいます。

    2018年8月3日

    インタビュー

  • IoTを本気で日本に普及させる! 通信インフラを牽引する異色ベンチャー

    「IoTの時代が到来した」。ここ数年来、この言葉を幾度となく耳にしてきました。しかし騒がれているわりには、日本でIoT製品を目にすることはあまりありません。日本のIoTビジネスがなかなか進展しない理由のひとつが、通信インフラが整っていないことにあります。この状況を変える通信サービスで注目されているベンチャー企業があります。昨年、起業した「センスウェイ株式会社」です。

    2018年7月30日

    インタビュー

  • 健康睡眠が日本の生産性を上げる! 寝具業界を変える高品質適正価格のマットレス

    これまで機能性敷布団やマットレスといえば高額なものが多く、一部の人にしか手の届かない高級品という印象でした。しかし反発性能が高い素材のマットレスの登場によって、その壁が崩されようとしています。そんな活性化する寝具業界にあって、『良い寝具を正しい価格で』をうたい、急速に消費者の支持を集めている企業があります。2011年創業の「ライズTOKYO」です。

    2018年7月23日

    インタビュー

  • マニュアルを革新する! 会社独自のノウハウを「見える化」で組織は進化する

    マニュアルと聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 電化製品やPC関連、あるいは接客のための読みづらい手引書・・・。しかし、そんなマニュアルのイメージを一掃し、新たなビジネスサービスとして提供している会社があります。「2.1」は会社に眠っている独自のノウハウをマニュアルによって可視化〜習慣化させ、業務の効率化や社内コミュニケーションの活性化をサポートすることで注目を集めています。

    2018年7月6日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中!ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【後編】

    縮小する印刷業界にあって、ダイレクトメールに一点集中することで売上げを伸ばしているのが「株式会社 ガリバー」です。後編では、代表取締役の中島真一さんの半生に焦点をあて、何が現在の会社経営につながったかを探ります。

    2018年6月22日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中! ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【前編】

    衰退する産業のひとつとしてよく取り上げられる「印刷業」。しかし、業界全体が厳しいなかでも、活路を見つけ、蓄積したノウハウと資産で、印刷の新たな未来を提示する会社があります。横浜にある「株式会社 ガリバー」です。そこには「一点集中」の戦略がありました。

    2018年6月20日

    インタビュー

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

    2018年6月13日

    インタビュー