【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは

2016年8月23日
【記事のポイント】 ▼設計の洗練や人材育成には、VRのシミュレーターが有効 ▼ハードルの低さで狙い目なのが、VR空間への映像のパノラマ表示

■シミュレーターとしてのVRの利便性

「話題が先行しているエンターテイメントも、20年における予測ではVRに占めるシェアは30%に過ぎません。つまり残りの70%はゲーム以外での利用になるわけです」

「インバウンド・ジャパン2016」のNTTドコモブース。ヘッドマウントディスプレイにVRでしまなみ海道の映像が表示され、ペダルをこぐと映像が前へと進む

 これは、今回取材を行ったうちの一人、DVERSE CEOの沼倉正吾氏によるコメントだ。では、残りの70%とは、一体どのような用途になるのだろう? 現状の応用範囲を考えると、やはり真っ先に思い浮かぶのがシミュレーターとしての利用法だ。

 例えば、建設や製造業であれば、3D CADなどで作られた設計図を、ソフトを使ってそのままVRコンテンツに変換できる。近年では3Dプリンターによる試作射出が進んでいるが、その簡易版といった立ち位置になるだろう。作ってみると初めてわかる、モノの形やバランス。それを事前に肌感覚で体験できるのは、制作段階におけるクォリティ向上の貴重な機会となる。

 さらに、モノづくりにおいてはVRならではのメリットもある。建設であれば施工現場を、工場であれば生産ラインを丸ごとVR空間に再現できるため、作業の効率化や安全対策の施策を事前に検討できることだ。何かの組み立て作業をするにしても、そこに手が入るのか、体勢はキツくないかを実物大で確認できる。実体のないデータなので、生産ラインの機械に頭を突き入れて、その裏側を覗き見するのも容易だ。

 このような応用が進んでいるのが、医療や教育といった分野だ。現場に行かなくても、部材を消費せずに、指導者が離れた場所にいても、事前の訓練が行える。投影された仮想現実を実際に触って動かせるようになるには、コントローラーの成熟を待たないといけないが、その規格策定も進んでいるようだ。実現すれば究極の訓練シミュレーターになる。

■観光業や不動産で進むVRプロモーション

旅行ガイド『じゃらん家族旅行2016』には「にゃらんスコープ」が付属。スマホを装着することで、ヘッドマウントディスプレイ代わりに利用できる

 一方で不動産や観光といった、プロモーションとしてのVRの使い方もある。16年5月に発刊された旅行ガイド『じゃらん家族旅行2016』には、メガネのように装着する「にゃらんスコープ」が付属。スマホを装着することで、収録された22か所の観光・宿泊施設を360度のパノラマで視聴できた。7月20日から開催された展示会「インバウンド・ジャパン2016」でも、VRで観光地を案内するような展示がいくつか紹介されている。

 このように、パノラマの画像や映像をVRで表示するという取り組みは、すでに一般にも広まりつつある。15年11月にはYouTubeがVR視聴に対応。これを利用して日本初のバーチャル内覧をうたうVR賃貸サイトも登場した。

 パノラマ表示する画像や映像は、市販の360度カメラで撮影できる。それだけに、3D CADデータを持たないような事業者でも、コンテンツの制作は比較的に容易だ。スマホをスコープ状に装着するVRビューワーを提供している「ハコスコ」では、公式サイトで360度動画を公開。その多くは一般のユーザーが投稿している。

VRビューワー「ハコスコ」。スマホを装着することで、VRコンテンツが視聴できる

「ハコスコ」のサイトでは、ヘッドマウントディスプレイが無くても、360度のパノラマ映像を視聴できる

■多くの業界人が注目したVRの“操作性”

 今回、取材を進める中で、複数の識者が示唆していたVRの重要な特性がある。それが“利用者の習熟を求めない操作性”だ。パノラマ映像を楽しむだけなら、首や身体の向きを動かすだけ。VR空間を移動する際にも、歩いたり、覗き込むなど、身体の動きに映像がリンクするような仕組みが主流になるといわれている。

 この利用者に対する敷居の低さは、VRの普及を進める大きな武器になるだろう。子供からお年寄りまで、VRは年齢性別を問わない共通のツールになる可能性を秘めている。
《HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • 「はやい・かんたん・リーズナブル」! 資金調達に新風を吹き込むOLTA(オルタ)の挑戦(第3回)

    「ファクタリング」という言葉をご存知でしょうか? ファクタリングとは、企業が持っている売掛債権を買い取り、場合によってはその債権の回収までを行う金融サービスのこと。そんなファクタリングサービスをオンライン上(クラウド)で提供することで、資金調達の手法に新たな選択肢を日本に根付かせようとする会社が登場しました。2017年からサービスを提供している「OLTA(オルタ)株式会社」です。第3回は「OLTA出発点にある意志」です。

    2020年2月20日

    インタビュー

  • 「はやい・かんたん・リーズナブル」! 資金調達に新風を吹き込むOLTA(オルタ)の挑戦(第2回)

    「ファクタリング」という言葉をご存知でしょうか? ファクタリングとは、企業が持っている売掛債権を買い取り、場合によってはその債権の回収までを行う金融サービスのこと。そんなファクタリングサービスをオンライン上(クラウド)で提供することで、資金調達の手法に新たな選択肢を日本に根付かせようとする会社が登場しました。2017年からサービスを提供している「OLTA(オルタ)株式会社」です。第2回は「起業からクラウドファクタリングへの道のり」です。

    2020年2月17日

    インタビュー

  • 「はやい・かんたん・リーズナブル」! 資金調達に新風を吹き込むOLTA(オルタ)の挑戦(第1回)

    「ファクタリング」という言葉をご存知でしょうか? ファクタリングとは、企業が持っている売掛債権を買い取り、場合によってはその債権の回収までを行う金融サービスのこと。そんなファクタリングサービスをオンライン上(クラウド)で提供することで、資金調達の手法に新たな選択肢を日本に根付かせようとする会社が登場しました。2017年からサービスを提供している「OLTA(オルタ)株式会社」です。その未来について、OLTA株式会社代表取締役CEOの澤岻(たくし)優紀さんに3回にわたって話を聞きます。

    2020年2月13日

    インタビュー

  • 日本酒缶で地域を活性化させる! 100年企業の新プロジェクトが見すえる未来(後編)

    地方創生の鍵を握る業界のひとつが「日本酒」です。日本酒の需要は国内で大幅に減少している一方、海外輸出は好調に成長しています。ピンチとチャンスが共存するこの状況に昨年、大きなビジョンを与える事業が登場しました。小ロットからオリジナルの日本酒缶を製造できる訪問型日本酒充填サービス「詰太郎」です。インタビュー後編では詰太郎を第1弾とする東洋製罐グループの新プロジェクト「OPEN UP! PROJECT」などについて話を聞きます。

    2020年2月5日

    インタビュー

  • 日本酒缶で地域を活性化させる! 100年企業の新プロジェクトが見すえる未来(前編)

    地方創生の鍵を握る業界のひとつが「日本酒」です。日本酒の需要は国内で大幅に減少している一方、海外輸出は好調に成長しています。ピンチとチャンスが共存するこの状況に昨年、大きなビジョンを与える事業が登場しました。飲料容器の総合メーカー「東洋製罐株式会社」が展開する「詰太郎」です。詰太郎は、小さな酒蔵でも小ロットからオリジナルの日本酒缶を製造できる訪問型日本酒充填サービスのこと。ビジネス面でのメリットだけでなく、その先に地方創生という社会課題解決の道筋も示しているのが詰太郎の大きな特長です。

    2020年2月3日

    インタビュー

  • おもてなし規格認証 2019 最高位「紫認証」取得事業所に聞く 5(後編)~株式会社陣屋 元湯陣屋~

    「おもてなし規格認証」の最高位「紫認証」取得者インタビューの第5回。前編に引き続き、「「株式会社陣屋 元湯陣屋」代表取締役女将の宮﨑知子さんにお話を聞きます。後編では「週休3日制の導入」などのES施策や業界全体の生産性向上のためのプラットフォーム「宿屋EXPO」といった取り組みにフォーカスします。

    2020年1月16日

    おもてなし規格認証2019

  • おもてなし規格認証 2019 最高位「紫認証」取得事業所に聞く 5(前編)~株式会社陣屋 元湯陣屋~

    「おもてなし規格認証」の最高位である「紫認証」に、2019年の第2弾として新たに1事業所が認定されました。紫認証にいたった施策や取り組みはどのような内容なのでしょうか? そして生産性向上はどのように実現されたのでしょうか? 紫認証取得者の皆さんにお話をうかがいます。第5回は「株式会社陣屋 元湯陣屋」(神奈川県)を紹介します。

    2020年1月14日

    おもてなし規格認証2019

  • 日本の屋外広告をすべてデジタル化する! 看板が最強の広告メディアになる日(第3回)

    「OOH」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? OOHとはOUT OF HOMEの略称で、街頭広告をはじめ、家から一歩外に出た際に触れるすべての広告のことを指します。そんなOOHをデジタル化することで、まったく新たなコミュニケーションメディアを日本に生み出そうとする会社が登場しました。今年の2月に設立された「株式会社LIVE BOARD(ライブボード)」です。代表取締役社長の神内一郎さんに話を聞く第3回は、DOOHの公共性や可能性についてのほか、LIVE BOARDの理念に焦点をあてます。

    2019年12月13日

    インタビュー