社歌に出会う旅 1~豊橋商工会議所「社歌ラップ・ワークショップ」~

2017年11月20日
社歌のムーブメントが日本中で中小企業の活気を生んでいます。これまで社歌といえば学校の校歌のような伝統的なものが多かったわけですが、時代の変遷や企業文化の多様化にともない、よりカジュアルな存在として「日常的」な社歌への関心がいっそう高まっているようです。

10月26日に開催された「豊橋商工会議所」(愛知県豊橋市)の「社歌ラップ・ワークショップ」。協同して楽しみながら社歌を作ることは、社員同士のコミュニケーションが図れるだけでなく、自社の強みや特徴を再確認できる機会

 一方で、社員自らが社歌づくりにあたったり、社歌に社員間コミュニケーションのありかを求めたりするなど、歌うためだけではない、社歌が及ぼす“力”にも多くの中小企業が気付き始めています。

 社歌は歌うものであり、つくるものです。そしてコミュニケーションツールでもあります。ハードルは決して高くありません。社歌を身近に感じるチャンスは様々なところに潜んでいます。御社も社歌を通して、新たな世界を切り拓いてみませんか。

 HANJO HANJOが社歌にまつわる話題や取り組みを紹介する新シリーズ「社歌に出会う旅」。その第1回は「豊橋商工会議所」さん(愛知県豊橋市)の「社歌ラップ・ワークショップ」です。

■思いついたらとにかく書く、口ずさむ

 東三河の中核都市である豊橋市。当地でハブとなって中小企業の経営改善や支援を行なっているのが豊橋商工会議所だ。そこに集まって来たのは、地元の五つの企業や団体。今日は「社歌ラップ・ワークショップ」開催日。社歌についてのワークショップは、同会議所で初めての試みだ。

 「協同して楽しみながら社歌を作ることで、社員同士の効果的なコミュニケーションが図れるだけでなく、自社の強みや特徴等について再確認することができる貴重な機会。気軽に参加してもらえれば」と、主催した豊橋商工会議所の石川希さんは話す。

 「思いついたらとにかく書く、口ずさむ。削るのはその後」。講師はメディアに多数出演し、企業や地域のラップ作りも支援している人気ラッパー・晋平太さん。晋平太さんのお手本にしながら、リリック(歌詞)を刻んでいく。「仕事はタウン誌の編集者♪」「目指すはFC全国制覇♪」。ラップは初めてというひとも、かなり順調に言葉を口にできたようだ。

 今回の社歌づくりでは、晋平太さんから、(1)社名 (2)業務内容・魅力 (3)社のポリシー・社訓 (4)存在意義(決め台詞) を考えるようにお題が出た。制限時間は30分。短い時間のなかで、会社への熱い思いのこもったキーワードが次々に飛び出し、紙に書きとめられていく。「めちゃめちゃスゴいじゃないですか!」。晋平太さんの声援を受け、順調に言葉が飛び出してくる。笑顔もあり、思いにふける場面もあり、普段のビジネスセミナーとは違ったわきあいあいの雰囲気のなか、参加者は楽しそう。

「思いついたらとにかく書く、口ずさむ。削るのはその後」(晋平太さん)による熱血指導で、溢れ出るリリック(歌詞)

「初体験とは思えない出来でびっくりしました。会社に持ち帰ってみんなで続きを作ってみてほしい」(晋平太さん)

壇上に立って成果を発表する面々と講師の晋平太さん(右)。大きな声で歌う自分の会社の歌は気持ちがいいはず

■会社をレペゼンした社歌、皆さんにリスペクト!

 会社のキーワードを出し切ったタイミングで、次はライム(韻)を踏むためにフレーズにまとめていくステップへと移行。韻をふむことで言葉の連なりにリズムが生まれる。このリズムこそが言葉を詩へと昇華させるのだ。そしていよいよ各社のラップによる社歌の披露だ。

 「地域のことならなんでもわかる 読んでおくれよマガジンはなまる♪」「我が社は川清商店だ 創業安政12年♪」「チアーズは結婚相談所 一生独身でいるつもり?一人じゃ得られない温もり♪」。照れは消えて壇上に立って成果を発表する面々。大きな声で歌う自分の会社の歌は気持ちがいいはずだ。さて、今日のラップ・ワークショップはいかがでしたか?

 「歌うより恥ずかしくなかった」「やってみると楽しかった」「短い言葉で伝えるのが勉強になった。韻をふむのが楽しかったのは意外」。ラップは初めて、社歌も初めて、という中小企業のためのワークショップだったが、皆さんかなり楽しめたようだ。

 「初体験とは思えない出来でびっくりしました。会社に持ち帰ってみんなで続きを作ってみてほしい」と、晋平太さん。「会社をレペゼン(=代表)して社歌を作ってくれた皆さんにリスペクトを送ります」。

 HANJO HANJOが主催した、昨年の第1回「社歌コンテスト」大賞は、ラップによる社歌である「クラブン」さんに贈られた。インパクトの大きさも一因ではあるが、ラップと社歌の相性の良さが味方したことも大きかった。社歌とは、お互いを知ることのできる絶好のメディアだ。そこから社風や哲学も見えてくる。そして社歌は最強のコミュニケーションツールにもなる。全国の津々浦々で社歌が流れている風景を見る日も、そう遠くないかもしれない。

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコト」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

    2018年6月13日

    インタビュー

  • 100年続く老舗建設会社の4代目は元テレビマン。伝統と革新で時代とあゆむ

    日本には数多くの「100年企業」があります。そこには底通する「何か」があります。今回ご紹介する株式会社三木組は、明治30年に福井県に創業、大正12年、横浜に進出し、昨年120周年を迎えた「100年企業」です。5年前に創業家から三木康郎さんが4代目社長として就任、元テレビ局員という新たな視点から会社の変革に乗り出しています。三木社長に話を聞きます。

    2018年6月7日

    インタビュー

  • スマホとWiFiでお客様を招き寄せる! O2Oマーケティングの決定版登場

    スマホでの動画視聴の機会が増えるにつれ、通信量の節約となるフリーWiFiの需要が急激に高まっています。その状況を背景に、フリーWiFiを自動で検索/ログインし、全国35万スポット以上でWiFiにつなげるサービス「タウンWiFi」が今、爆発的に数字を伸ばしています。そのメリットは一般ユーザーだけでなく、飲食店やモール、商店街などの中小企業や小規模事業者の誘客ツールとして大きな効果を発揮します。スマホからお店への流れは小売店のマーケティングのあり方を一変する可能性を秘めています。株式会社タウンWiFi CEOの荻田剛大さんに聞きます。

    2018年6月4日

    インタビュー

  • 100年続く企業を目指せ! 信念の不動産会社の格闘記

    東京オリンピックを前にして、不動産業界は活況を呈していますが、浮き沈みの激しい業界の代表とも言えます。そんな不動産業にあって、安定して好業績を出し続けている会社が横浜にあります。(株)ハウスコーポレーションはビルを多数所有、ストックの構築により不況にも耐えうる経営を実践してきました。ハウスコーポレーション代表取締役の柿内一浩さんに聞きます。

    2018年5月29日

    インタビュー

  • タピオカドリンクをもっと身近に〜郊外から攻めて十代の人気を獲得!

    いま、台湾発のタピオカドリンクがブームです。原宿や代官山では海外資本が続々と専門店を出店しています。そんな中、タピオカドリンクを郊外からじわじわと人気商品にしている日本の中小企業があることをご存知でしょうか。そこにはどんな戦略があったのでしょうか。J・Jの忠岡鴻謹社長に聞きます。

    2018年5月25日

    インタビュー

  • 固定電話をITで生産性向上につなげる〜CTIを低価格で便利に

    中小企業や小規模事業者では、固定電話でのお客様とのやり取りが経営を支えています。ただ、共有化やデータ化などができず、効率が非常に悪いのが問題でした。生産性向上するにはどうすればいいのか? ITを使ってその答えを出したのが、株式会社シンカの「クラウドCTI『おもてなし電話』」です。シンカ代表取締役の江尻高宏さんに聞きます。

    2018年5月24日

    インタビュー

  • 次に来るのはバスのシェアリング、目指すは旅行業の民主化

    今、ビジネスを大きく成功させるために必要なのは、パイを奪い合うことではなく、新たなパイを生み出す「新業態」の開発です。では、どうすれば成功する新業態を生み出すことができるのでしょうか? 急速に広がるシェアリングビジネスに登場したのが、貸切バスの手配を手がける「ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社」です。代表取締役の西木戸秀和氏に話を聞きます。

    2018年5月17日

    インタビュー

  • アサヒグループホールディングス会長 泉谷直木氏に聞く②/経営者は「山頂の松」に学べ

    顧客価値を創出するための、卓越した経営。それを実践するロールモデルとなる組織・団体を表彰するのが、1995年に設立された「日本経営品質賞」です。この活動を支える経営品質協議会の副代表を務めるのが、アサヒグループホールディングス株式会社代表取締役会長の泉谷直木氏です。インタビュー後編では、変革の時代に多くの課題に直面する中小企業経営者が持つべき考え方や信念についてお話を伺います。

    2018年5月11日

    インタビュー