おもてなし規格認証を活用した「観光まちづくり」/伸び盛り企業会議2018

2018年3月27日
 日本のGDPの70%を占め、経済の柱ともいえるのがサービス産業だ。今後の地域経済や日本経済の発展にはサービス産業の活性化と生産性向上が必須の課題だ。

■豊岡のおもてなし規格認証「認証を通じて若者が働きやすい会社にする」

最後に豊岡市の事例が紹介された。まず城崎温泉旅館協同組合理事長の芹沢正志氏は「城崎温泉は『町全体が一つのお宿』というのがコンセプトです」と話した。これは駅を玄関、道路を廊下、各旅館を部屋に見立てた比喩であり、同業者どうしが協力しあっておもてなしをする「共存共栄の精神」にもとづいている。

 城崎温泉ではここ5年で外国人観光客数が40倍に増えているが、基本的な考え方としてはまず日本人に愛される温泉を作ることが大事であり、その結果外国人にも愛される温泉になることを強調。そのために城崎温泉では景観を損ねるような外国語標記の標識・看板を最小限にとどめ、日本人観光客にとって違和感のない町づくりを心がけている。

 芹沢氏は「城崎温泉は家族経営の小さな旅館が6~7割を占めています。それぞれ歴史のある旅館なので感覚的なおもてなしは根付いていますが、これからのニーズに応えるためにはおもてなし規格認証で自覚を向上させていく必要があります」と話した。

 また豊岡市役所環境経済部UIターン戦略室主幹の若森洋崇氏は「豊岡市は『小さな世界都市』を目指しています」と話した。『小さな世界都市』というのは人口が少なくても地域固有であることを通じて、世界の人から尊敬される街のことであり、ローカルであること、地域固有であることこそが世界で輝くチャンスであり、その代表が城崎温泉なのだという。

 若森氏は「豊岡市の中で一番集客力があるのは城崎温泉です。しかし人手不足は否めません。そこでおもてなし規格認証を通じて、若者が働きやすい会社を目指し、UIターンを増やしたいと考えています」と締めくくった。

 最後に平川氏は「成長には人とお金がどうしても必要になります。地域で信頼されるサービス業を生み出すことが、おもてなし規格認証が目指していくところです。今日紹介した3つの地域のあり方を参考にして、自分の地域で『観光まちづくり』を進めていただきたい」とまとめた。

《川口裕樹/HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • かゆい所に手が届く! 販促ツールの最新系を使いこなそう

    ビジネスチャンスの拡大に、ノベルティやインセンティブなどの販促用ツールや、マーケティングをサポートするサービスは欠かせません。そんなノベルティグッズやマーケティングツールの見本市「第60回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 秋2019」が開催されました。今回の記事では出展ブースの中からユニークな販促サービスについて紹介します。

    2019年11月5日

    イベントレポート

  • 次の食のキーワードは「食習慣リスク」。小売・外食は顧客データ活用の道を探れ!

    今月施行された「食品ロス削減推進法」。食に対する関心は高まる一方ですが、次に注目されそうなのが、食習慣に起因する代謝リスクなどの「食習慣リスク」です。食生活や生活習慣の変化によって、健康に不安を抱えている現代人は少なくありません。しかし行政や公の団体がアピールしても、消費者との接点が少ないため啓蒙にはつながっていません。逆に言えば、消費者に近い立場である小売や外食産業に新たなビジネス開拓のチャンスが訪れているのです。

    2019年10月31日

    イベントレポート

  • なぜ「designshop」は伝統工芸品を売り続けることができるのか?

    ライフスタイルの多様化によって、消費者は新しくて機能的な製品ばかりでなく、伝統工芸品やデザイン性の高い製品にも注目しています。そんな伝統工芸品やデザイン製品を含め、シンプルで長く使えるアイテムを多数取り扱っている「designshop」のオーナー・森博さんが、20年に渡って得た店舗運営の知見や商品開発について語ってくれました。

    2019年10月7日

    イベントレポート

  • 生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る

    国内最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」。これまでに多くの製品やサービスを世の中に生み出してきました。作る側や売り出したい側にとって、Makuakeを活用した製品開発のメリットとは何なのでしょうか?

    2019年10月4日

    イベントレポート

  • 自分の知らないものは売らない〜『パンと日用品の店 わざわざ』急成長の理由〜

    長野県東御市にある『パンと日用品の店 わざわざ』。食と生活をテーマにしたさまざまなものを販売しています。山の上にぽつんと建つこの小さなお店が、実店舗・オンラインストア合わせて、なんと2億円を超える金額を達成しています。ターニングポイントは在庫の持ち方を変えたことでした。

    2019年10月2日

    イベントレポート

  • クラウドファンディングで活性化! 地方発工芸品メーカーの逆転劇

    日本の工芸を語るとき、キープレーヤーとして必ず名前があがるのが「中川政七商店」です。中川政七商店は1716年創業を誇る奈良の老舗企業。日本の工芸をベースにした生活雑貨を企画製造し、全国に50を超える直営店で小売業を展開するほか、地域活性事業や各地の工芸品メーカーに向けたコンサルティング事業も行っています。そのコンサルティングの一環となる販路開拓支援のために開催しているのが合同展示会 「大日本市」です。

    2019年9月26日

    イベントレポート

  • 古民家改修ビジネスはもう古い? これからは古民家を中心に街全体をホテルに変える!

    古民家を改修したカフェやホテルを多く見かけるようになりました。しかし「単に古民家を改修しただけのビジネス」はもう珍しくありません。これからはリフォームの仕方や活用方法が重要になります。では次の時代の古民家ビジネスのポイントはどこにあるのでしょうか? 

    2019年9月17日

    イベントレポート

  • 地域企業を活性化させる「未来の社会課題解決」という新たな視点!

    アスタミューゼ株式会社と、SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社は、47都道府県ごとの地域企業に対し、各地方銀行と連携し、技術職・研究職といった専門人材の雇用支援を行うことで事業成長を促進し、地域の活性化を図る事業連携についての合同記者発表会を9月5日に行いました。社会課題解決に挑戦する独自の技術や事業をもつ多くの地域企業を見出し、採用を支援することで地方の人材不足に貢献するというのが、今回の大きな意義です。

    2019年9月11日

    イベントレポート