ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』に見る、上司と部下の関係

2016年9月16日
今の時代、会社をドラマで描くことはとても難しい。年功序列・終身雇用が当たり前だった昭和の時代と違い、バブル崩壊以降は、正社員と派遣社員、男と女、日本人と外国人といったそれぞれの立場によって就労環境は全く異なるため、会社のイメージもそれぞれバラバラだからだ。
 今の時代、会社をドラマで描くことはとても難しい。年功序列・終身雇用が当たり前だった昭和の時代と違い、バブル崩壊以降は、正社員と派遣社員、男と女、日本人と外国人といったそれぞれの立場によって就労環境は全く異なるため、会社のイメージもそれぞれバラバラだからだ。
 そんな中、若い新入社員の目を通して会社で働くとはどういうことかを果敢に描いてきたのが、次回、最終回となる『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ系)だ。本作は韓国のWEB漫画『ミセン-未生-』を原作とした韓国ドラマが高く評価され、それを受けての日本でリメイクされたドラマだ。
 物語の主人公はかつて囲碁のプロ棋士をめざしていたが、今は挫折してフリーターとして働く一ノ瀬歩(中島裕翔・Hey!Say!JUMP)。
 ある日、一ノ瀬は、母のツテで総合商社・与一物産のインターンとして働くことになる。高卒で英語も喋れず、社会人経験もほとんどない一ノ瀬にとって、会社はわからないことだらけ。最初は戸惑うことの連続だが、同期の仲間たちや上司に助けられて、一つ一つ壁を乗り越えていく。
 インターンとして配属された一ノ瀬は、コピーの取り方や、取引先との電話の取り方などにひと苦労。やがて、上司の織田(遠藤憲一)からメモリースティックを渡されて、中にあるフォルダにある資料を分類してみろ、と言われる。囲碁で鍛えた情報処理能力で、一ノ瀬は論理的に資料を分類していくのだが、商社には商社の分類法があるので、独りよがりのことはやるな、と諭される。

主人公・一ノ瀬歩(中島裕翔・Hey!Say!JUMP)の上司、営業3課の二人の管理職、課長の織田勇仁(遠藤憲一)と主任の安芸公介(山内圭哉)。「こんな上司がいれば」という視聴者からの反応も

 外から見れば地味な仕事だが、何もわからない新入社員にとってはどれだけプレッシャーのかかる作業なのかが見ていて伝わってくる。彼らを見守る管理職の人が見ても、こういう経験は自分にもあったなぁと感じることだろう。
 その後、一ノ瀬は契約社員として入社しインターンの時と同じ営業三課に配属。一ノ瀬のほかに同期の大卒のエリート社員が女性も含めて何人かいるのだが、彼らを待ち受けていたのは、会社で働くことの厳しさだ。

「会社は耐えたものが勝つ。踏ん張れ。踏ん張ったその先に希望があるんだ」。社内抗争で飛ばされた課長の織田の言葉に、高卒・一年契約入社の一ノ瀬は励まされる

 インターンの時は高く評価された香月あかね(山本美月)は女だからと、雑用しかやらせてもらえずに上司からはセクハラを受ける。
 鉄鋼二課に配属された桐明真司(瀬戸康史)は、事務仕事しかやらせてもらえず、早くも転職を考えている。社内の情報に詳しい人見将吾(桐山照史・ジャニーズWEST)は、調子のいい上司に良いように使われて、自分の仕事は上司の手柄にされてしまう。
 一方、一ノ瀬は営業三課の織田課長と主任の安芸(山内圭哉)にかわいがられて、やがて一ノ瀬主導の企画が採用されて社内コンペに参加したりするが、その企画が原因で営業三課が窮地に陥ることになる。
 少しずつわかってくるのは、本作が新入社員の物語であると同時に、部下を育てる上司の物語だということだ。

このドラマは、新入社員の物語であると同時に、部下を育てる上司の物語でもある。上司は部下のためにあえてリスクの高い仕事に飛び込んでいこうとする

 織田はかつてはやり手の商社マンだったが、ある失敗の責任で、契約社員だった部下を自殺に追い込んでしまったことを悔やんでいた。
 出世コースから外れた織田は今まで、無理な仕事は避けてきた。しかし、一ノ瀬が来年以降、契約更新がないという話を知ると、部下のためにあえてリスクの高い仕事に飛び込んでいこうとする。
 本作のエンディングテーマはスピッツの「コメット」だが、ドラマを見ていて思い出すのは、同じスピッツの「空も飛べるはず」が主題歌だった地方の高校生たちを主人公にした青春ドラマ『白線流し』(フジテレビ系)だ。
 だから、『HOPE』を見ていると会社って学校みたいだなぁと思う。

 会社が学校だとすれば、一ノ瀬たち新入社員が生徒で、織田たち上司が先生だ。しかし中学や高校なら一人でも勉強して卒業もできるが、会社の場合はどれだけ能力が優秀でも組織の中での役割を果たすことができなければ、続けていくことができない。
 だが、未熟だからといって、簡単に切り捨てられるわけではない。最初から「甘えるな」と一ノ瀬に厳しく当たる織田だが、その一方で働き方のイロハを丁寧に教えていく。一之瀬も織田の期待に応えようとして次々と仕事を覚えて急激に成長していく。
 やがて、香月たちと上司とのわだかまりも、解消されていき、時に会社の理不尽な体制から彼らを守ろうともしてくれるようになる。

 いい上司は優れた教師でもあるのだと、見ていて思う。

 もちろん、ただでさえ忙しい中間管理職に、良き教師であれと言うのは簡単なことではない。「そこまで面倒見きれない」と自分なら思うだろう。だが一方で、一ノ瀬が成長していく姿を織田の視点で楽しんでいる自分もいる。

会社はわからないことだらけ。新入社員にとって最初は戸惑うことの連続だが、同期の仲間たちや上司に助けられて、一つ一つ壁を乗り越えていく

 本作は大手商社の話なので、大企業ほどには人が集まらずに採用が決まっても若い人がすぐにやめてしまう中小企業とでは、事情は違うのかもしれない。しかし、どんな会社でも、上司と部下という関係は存在する。
 できれば原典となる韓国ドラマと一緒に楽しんでほしい。本作が描く上司と部下の師弟関係は、国を超えて通用するものだと思う。

■『HOPE~期待ゼロの新入社員~』/フジテレビ系/日曜日21:00~21:54
明後日、9月18日(日)は感涙の最終回!「働くすべての人に贈る希望―踏ん張った先にあったもの」

原典となる韓国ドラマ『ミセン‐未生‐』を並行して観ると、上司と部下の師弟関係は、国を超えて通用するものだということがわかるはず

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム