「SNS映え」をどのように活用するか/インバウンドマーケットEXPO

2018年3月31日
2018年2月21日から23日の期間、東京ビッグサイトで開催された『インバウンドマーケットEXPO2018』では、訪日外国人対応の強化や地方創生の支援に関わる106社による製品・サービスが集結。またインバウンド対応に関する数多くのセミナーやパネルディスカッションが行われた。
 今回は『FIT時代のインバウンド情報発信戦略とは』から。FITは海外からの個人旅行者のこと。これまではツアーが中心だった海外からの観光客だが、いまFIT化が急激に進んでいる。その背景にはリピーターが増えてきていることがある。初めての日本ではなく、2回目、3回目の日本。ありきたりのPRやガイドでは彼らが満足することはないだろう。
 パネルディスカッションでは、株式会社BEYOND 代表取締役 道越万由子氏、Find Japan株式会社 代表取締役社長 西山高志氏、そして普千(上海)商務諮詢有限公司 董事総経理 宮田将士氏が、FITに向けたPRやイメージ戦略の具体的な方法について議論を交わした(ファシリテーターは日本インバウンド連合会 理事長 中村好明氏)。近年よく耳にするようになった"SNS映え"といったキーワードを交えつつ、特に中国人観光客に向けたSNS活用のためのヒントを紹介する。

2018年2月21日から23日の期間、東京ビッグサイトで開催された『インバウンドマーケットEXPO2018』。訪日外国人対応の強化や地方創生の支援に関わる106社による製品・サービスが集結。インバウンド対応に関する数多くのセミナーやパネルディスカッションが行われた

■中国人に向けたインバウンドに関する情報発信の要点とは

 まず宮田氏より最近の中国人観光客事情について「最近は日本のどこへ行っても中国人が多いので、中国人の少ないところに行きたいという声が増えています。したがってまだ中国人は少ないけど魅力あるスポットを紹介する必要があります。ただし情報発信は断片化しており、長文の記事は読まれない傾向にあるので、ワンセンテンス・ワンキーワードで魅力を伝えなくてはなりません」と説明がされた。
 また中国人観光客のSNS活用について宮田氏は、中国人は家を出てから日本を訪れ、帰宅するまでを全部SNSに書いているため、どういう経路をたどるかを想像し、ストーリーを描くこと必要があると話し、「口コミが大事だというのはこのストーリーを想像できるかという部分に表れます」と強調。
 西山氏も中国人観光客は旅行記をSNSやブログに細かく書いていることを指摘し、FITを取り込みたいのであればFITの行動を見る必要性を説き、「ニュースメディアはFITのことを取り上げません。中国で団体旅行を扱う業者はFITの訪れているところをパッケージ化して売っています。FITを研究し、新しいトレンドを取り入れていかないとすぐに飽きられてしまいます」と注意を促した。
  • 普千(上海)商務諮詢有限公司 董事総経理 宮田将士氏
  • 日本インバウンド連合会 理事長 中村好明氏

■SNSを扱うにあたって気をつけるポイント

 これまでの旅行は自分がいかに楽しむかが重要視されていたが、今はいかにSNS映えする写真を撮ることができるか、いかにリアルタイムにSNSで発信することができるかが重要になってきており、SNSを前提にしたアプローチをする必要があるといえるだろう。
 このことについて道越氏は「例えば夕陽がきれいに見えるスポットがあるとします。でも地元の人はこの夕陽を見慣れているのでその魅力になかなか気づかないため、なかなか世の中に知られることがありません。このようなベストスポットを見つけ、発信することが重要になってきます。また撮った写真をすぐにシェアできるようWi-Fiの整備を行い、SNSへの導線を作ることも必要です」と話した。
  • 株式会社BEYOND 代表取締役 道越万由子氏
  • Find Japan株式会社 代表取締役社長 西山高志氏
 また近年よく耳にする"インスタ映え"について、西山氏は「SNS映えの定義は日本も中国も変わりませんが、有名人が撮った写真を真似する傾向があるので、その写真がどこで撮られたものなのかを教えてあげると喜ばれます」と話すと、宮田氏も「"SNS映え"とは逆に"SNS萎え"を狙っている人も増えています。美しい景色の写真は定番ですが、自分のキャラクターを立たせるようなおもしろい写真を撮るということにも注目が集まっています」と最近のトレンドについて語った。

■FIT時代に必要なSNS戦略とは

 それではFIT時代に必要なSNS戦略としてはどのようなものがあるのだろうか。道越氏によると、最近はインフルエンサーを呼ぶことがブームになっているが、それよりも継続的に自分たちのファンを作ることのほうが重要だという。特にSNSは一度きりのものでなく、双方でコミュニケーションが取れることが大きな強みなのでこれを活用しない手はないだろう。
 「自社のホームページだけでなく、コミュニケーションの取りやすいSNSがあるとお客様も問い合わせがしやすくなります。コールセンターのSNS版ととらえ、拡散、信頼関係の構築、ファン化を進めることが大切です」と道越氏は話した。
 また西山氏はSNSでチェックインが多い場所には中国人観光客も多く、口コミも多いということに着目。このような自然発生型の口コミは資産になるため、この場所を増やすことが大事だと話し、「個人旅行とSNSは密接に紐付いています。個人旅行者を取り込みたいのであれば、SNSを研究し、集中してターゲットを決めることが必要です」とまとめた。
 最後に宮田氏は「自分たち目線ではなく、旅人目線に立つ」ことを強調。これは自分たちが強みだと思っていることと、中国人観光客が良いと思っているとはズレがあるため、ユーザー目線に立って、SNS映えをおさえ、そこに当てはまる自分たちの魅力をプロモーションすることでSNS戦略の成功率が上がるという。
 「SNSの評判はダムと一緒です。ある日突然決壊し、評判が爆発します。1回やってやめるのではなく、継続することが大事です」と宮田氏は締めくくった。
《川口裕樹/HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 混迷の時代を生き残る会社の「社長力」とは?

    「会社に良い悪いはない。社長に良い悪いがある」。そう言い切るのは株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役社長CEOの小宮一慶さん。大学教授として会計や経済の教育に携わる一方で、140冊以上の多岐にわたる著書を発表しています。「世の中には経営という仕事があります。この経営という仕事を知らない社長さんが意外なほど多い。経営の仕事とは『方向付け』『資源の最適配分』『人を動かす』の3つを実行することです」と小宮さんは話します。

    2019年2月18日

    イベントレポート

  • 中小製造業の強い味方! 新製品開発のクラウドファンディング活用術

    「クラウドファンディング」という言葉を耳にすることが多くなりました。新しい製品やサービスやプロジェクトを実現するために、専用のサイトを通じて資金調達をする方法です。一般的には消費者向けの新商品開発がメインですが、BtoBメーカーが高い技術を使ったBtoC向け製品をアピールする場としてクラウドファンディングを使うことは効果があります。中小企業がクラウドファンディングを利用するために知っておくべきことは何なのでしょう? サイバーエージェントグループのクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」から考えます。

    2019年2月14日

    イベントレポート

  • 赤字路線からブランドへと成長した「いすみ鉄道」の発想と戦略

    廃線寸前の赤字路線からブランドに変貌した千葉県房総半島を走る「いすみ鉄道」。現在ではさまざまなメディアで取り上げられ、鉄道ファンのみならず多くの人が訪れる強力な観光コンテンツに成長しました。沿線には目的地になるような場所がないため、外部から人が来ることはほとんどありませんでした。そこで発想の転換をしたことが成功を導きました。

    2019年2月12日

    イベントレポート

  • マンガ・アニメと現実世界の境界にある「2.5次元文化」をビジネスに応用せよ!

    「2.5次元文化」とは、マンガ・アニメ・ゲームなどの2次元の虚構の世界と、身体性を伴った経験を共有する3次元の現実世界の境界にあるカルチャーのこと。舞台、ミュージカル、コスプレ、コンサートなどさまざまなコンテンツとして提供されていて、国内外を問わず熱狂的な支持を得ています。これらのコンテンツは、アニメの舞台となった街を訪れる「聖地巡礼」といったツーリズムとの相性もよく、海外でも強い人気を博しています。マンガ・アニメ・ゲームーーこれらのコンテンツを2次元だけではなく、2.5次元の世界で活用することが、地域活性やインバウンド誘致の新たなファクターとなりそうです。

    2019年2月1日

    イベントレポート

  • 地域活性の切り札になるか? 自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」人気上昇の秘密

    「フォレストアドベンチャー」をご存知でしょうか? 元々はヨーロッパ発の「自然共生型アウトドアパーク」を指す名称ですが、その特徴は森を森のまま活用できる商業施設という点にあります。大規模な開発が不要なので、遊休森林や夏季のスキー場を有効利用するのに最適です。日本でも2006年に自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」が山梨県富士山麓にオープンし、現在までに30ヶ所を超えるパークがオープンしています。日本にはまだまだ自然豊かな場所が数多く残っています。自然共生型アウトドアパークを地域活性につなげるにはどんな道筋が考えられるのでしょうか?

    2019年1月28日

    イベントレポート

  • 「発足当時に匹敵する覚悟で、生産性運動を再起動する」/日本生産性本部 年頭会見

    1月9日に日本生産性本部の正副会長による年頭会見が開催されました。平成が終わり文字通り新しい時代の幕開けを迎える2019年、会長の茂木友三郎氏からは「発足当時に匹敵する覚悟をもって生産性運動を再起動する」という言葉とともに、5つの柱からなる日本生産性本部の中期運動目標が発表されました。

    2019年1月23日

    イベントレポート

  • 地方で戦うための集客戦略とは? 工場テーマパーク「おやつタウン」の狙いを探る!

    地域活性化の手法のひとつとして「工場テーマパーク」が注目を集めています。特に食品製造業は消費者に近い存在であることから、工場を体験型のアミューズメント施設化するだけでなく、製品購入につながるブランディング効果も期待できるのが大きな特長です。今夏開業予定であるおやつカンパニーの「おやつタウン」から、工場テーマパークの集客戦略を探ります。

    2019年1月21日

    イベントレポート

  • 増え続けるムスリム訪日客、キーワードは「食事」と「お祈り」!

    日本を訪れるムスリム(イスラム教徒)の観光客が増えています。東南アジアや中東に多く住むムスリムは世界人口の1/4にも及び、日本を訪れるムスリムが増えるということは大きなマーケットのチャンスがあると言えます。日本におけるハラル(イスラム)ビジネスの先駆者である佐久間朋宏さんの話からビジネスへの具体的対応を抽出します。

    2019年1月17日

    イベントレポート