映画『シン・ゴジラ』が描く“組織の美学”

2016年8月24日
 映画『シン・ゴジラ』の快進撃が続いている。興業収入は8月19日に40億円を突破した。SNSでは議論が盛り上がっており、リピーターも後を絶たない。50億円突破も確実と言われており、今年一番の話題作となりそうだ。
 映画『シン・ゴジラ』の快進撃が続いている。興業収入は8月19日に40億円を突破した。SNSでは議論が盛り上がっており、リピーターも後を絶たない。50億円突破も確実と言われており、今年一番の話題作となりそうだ。
 東京湾・羽田沖に水蒸気爆発とともに姿を現した巨大不明生物。日本政府の楽観的な観測をよそに巨大不明生物は東京に上陸。政府の対応が遅れる中、巨大不明生物は急速に進化を遂げていき、やがて東京を火の海に変える。
 キャッチコピーは現実(ニッポン)vs虚構(ゴジラ)。本作は圧倒的な力を誇る巨大不明生物・ゴジラに対して政治家、官僚、自衛隊、民間企業が力を結集して立ち向かう姿が描れている。ストーリー自体は単純明快だが、もしもゴジラが現実に現れたら、日本はどうなるのか。どう政府は対応するのか、という手続きの部分を徹底的に描いている。
 総監督はアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下、『エヴァ』)で知られる庵野秀明。監督は平成ガメラシリーズの特技監督や映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の監督で知られる樋口真嗣。特撮やアニメが好きならオタクにとっては、文句なしの最強の制作陣だ。
 とはいえ「怪獣が出てくるような映画にはそもそも興味がわかない」という人も多いだろう。しかし、この『シン・ゴジラ』に関しては、アニメや特撮には興味がない人「怪獣映画なんて自分には関係のない」と思っている人が見ても面白いのではないかと思う。

 もちろん、庵野秀明と樋口真嗣が作り上げたゴジラが東京を破壊するシーンは凄まじく、一番のみどころなのだが、そんなゴジラがもたらす破壊の恐怖を描くために繰り返されるリアルな会議場面こそが本作の面白さを支えている。

(C)2016 TOHO CO.,LTD. もしもゴジラが現実に現れたら、日本はどうなるのか。どう政府は対応するのか、という手続きの部分を徹底的に描く『シン・ゴジラ』。アニメや特撮には興味がない人が見ても面白い内容だ

 そこに、10~20代の時に『エヴァ』を見て育ってきたオタク世代にとっての“仕事における組織の美学”が描かれている。

(C)2016 TOHO CO.,LTD. 意思決定が遅い政府に対して災害対策本部は極めて合理的で、自分のやるべきことを一人一人が邁進していく。10~20代に『エヴァ』を見て育ってきたオタク世代にとっての“仕事における組織の美学”を感じとる瞬間である

 政府の対応が遅れる中、内閣官房副長官(政務担当)の矢口蘭堂(長谷川博己)を中心に、ゴジラに対応するために、各省庁のはぐれ者たちを集めた巨大不明生物特設災害対策本部、通称「巨災対」が結成される。
 意思決定が遅い政府に対して「巨災対」は極めて合理的で、自分のやるべきことを一人一人が邁進していく。
 本作を見て圧倒されるのは、情報量の異様な多さだ。登場人物が多く早口でしゃべり。画面には次々とテロップが登場しては、カットがすぐに切り替わっていく。そこには、情報の塊がひたすら押し寄せてくるような威圧感がある。それは映画としてはいびつで、11年の東日本大震災の時にネットやテレビから速報が押し寄せてきた時のメディアパニックの時の感触をそのまま再現しているかのようだ。
 物語性が弱く登場人物に感情移入できないという批判もあるが、おそらく本作は物語である前に、巨大生物上陸という現象を、膨大な情報の塊として処理しようとしているのだろう。そのスタンスはそのまま「巨災対」にも当てはまる。彼らはゴジラをあくまで生物だと捉えて、冷静に分析することで最良の結果を導き出そうとする。
 アニメや映画に限らず、日本人は物語の中で組織を描くことが苦手である。もっと言うと組織自体を嫌悪している。『エヴァ』はその最たる作品なのだが、その根底には第二次世界大戦時における軍国主義化に対する反省がある。戦後の日本は、国や組織にがんじがらめになるよりも自由にふるまえる個人の方が素晴らしいという戦後民主主義的な考え方で進んできたのだが、だからこそ組織を肯定的に描くことができなかった。

(C)2016 TOHO CO.,LTD. 物語の中で組織を描くことが苦手な日本人。戦後民主主義的な考え方は、組織を肯定的にとらえることを阻んできた

 そんな中、唯一描かれたのが理想の組織が、組織内のアウトロー集団だ。

 『シン・ゴジラ』に影響を与えたとされるアニメ『機動警察パトレイバー』やその影響下にある『踊る大捜査線』(フジテレビ系)や『相棒』(テレビ朝日系)といったポリティカルフィクションの要素が強い刑事ドラマにそれは顕著で、『シン・ゴジラ』も、その構造から、完全には逃れることはできていない。
 本作では、日本政府のふがいなさを散々描いた後、生き残った矢口を中心とした「巨災対」が対ゴジラ戦の指揮をとることになるのだが、逆に言うとゴジラが出てくるくらいのパニックがなければ、世代交代も組織の合理化も今の日本では難しいのかもしれない。だが、矢口を『相棒』の杉下右京のようなアウトローの天才にしないで、あくまで組織の調整役としたのは大きな一歩だといえる。本作では繰り返し書類のやりとりや、何かをする際に許可を貰う場面が登場するのだが、そういった煩わしい手続きを一つ一つクリアしていく姿がカッコよく見えるのが何より素晴らしい。

(C)2016 TOHO CO.,LTD. 政務担当・内閣官房副長官の矢口蘭堂(長谷川博己)。組織人として政府の煩わしい事務手続きを一つ一つクリアしていく姿がカッコいい

 国家規模の話だと大きすぎるが、根底にあるのは膨大な情報を処理して、複数の人間の利害を調整し、いかに合理的に回していくのかというシンプルな組織論だ。本作ではそれを政府の問題として描かれているが、民間企業で働いている人が見ても、本作が描いた“組織の美学”は共感できるのではないかと思う。

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム