銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

2017年6月15日
【記事のポイント】 ▼「ヒト、モノ、カネ、情報」の仲介機能を持つことで、地域の銀行はいま、中小企業のビジネスサポートを手厚くしている ▼人材不足を補うためにウェブのダイレクトリクルーティングを活用すべきである ▼地域銀行が提案する金融の新しいビジネスモデルに注目
 中小企業や地域経済の要となるのが、土地に根ざした金融機関である。しかしいま、人口減少に伴う市場の縮小などが地域銀行のあり方を変えようとしている。そんななか、横浜信用金庫(以下、横浜信金)はインターネット人材サービスのビズリーチと業務連携して、横浜信金の取引先に、ビズリーチが提供する無料の採用ホームページを作るシステムを紹介するなどして、中小企業の人材確保を支援することになった。中小企業にとっての大きな問題である「IT」「採用」をともにカバーする今回の提携、単にコストや利便性といった眼前の問題解決を超えて、「地域にとっていま金融機関はどんな存在であるべきか?」についても包含する意味のあるプランではないだろうか。金融仲介機能を通して地域や企業の抱える課題を解決し、地元経済の持続的な成長に貢献することーー今回の提携にあたっての横浜信金の意図を、理事で業務推進部長の大地邦夫氏と業務推進部の田島達也氏の二人に聞いた。

横浜信用金庫 理事、業務推進部長の大地邦夫氏(左)と業務推進部の田島達也氏(右)。「地域にとって“持続可能な信用金庫”を目指したい」と語る

■「ヒト、モノ、カネ、情報」の情報仲介機能を持った金融機関へ

ーープレスリリースでは「横浜信用金庫がITによる中小企業の採用支援で地域産業活性化へ」というコピーが目をひきます。「IT」「採用」「地域産業活性化」ーーこれらは、いままさに中小企業が抱える問題や今後の目標と言えますね。

大地 当金庫の営業部隊は300人程います。日々お客様のところに通っているなかで、融資をはじめ色々な相談を受けます。私たちは資金繰りとか借り入れなどについては、もちろん専門分野なのですが、「ヒト」のことなどの具体策については、なかなか対応ができませんでした。

ーーテレビドラマなどでは、自転車で営業周りをする地域銀行の行員に、町工場の経営者が「誰かいい人紹介してよ」と依頼するような場面をよく見ますが・・・

大地 それはテレビの世界ですね。私たちが実際に聞かれるのは「どこかにいい技術者いない?」というような具体的で目的を持った人材探しです。しかしそう言われても私たちにはつてもツールもありませんでした。

田島 経営の四大資源は「ヒト、モノ、カネ、情報」と言われますよね。そのうち銀行は「カネ」について特化してきました。しかし、いまの時代、地域の金融機関はそれだけではやっていけなくなっています。当金庫はお客様の要求に応えるために、「カネ」以外のほかのことも仲介機能として持ちたいと考えました。そのなかのひとつ「ヒト」についてが、今回のビズリーチさんとの業務提携なんです。

大地 当金庫では、私たちを補完してくれるような様々な分野の会社、例えば不動産業などとも提携しています。ありとあらゆる業種、と言ってもいいかもしれません。経営者は色々な問題を抱えていますが、「ヒト」の問題は皆さん共通の問題と言ってもいい。だからいま、採用支援をクローズアップしました。

中小企業はひとの採用に対してあまりコストをかけられませんよね。宣伝広告に何百万、何千万円と出せるわけではありませんし、自社ホームページのリニューアルだって大変です。コストをかけずに全国からひとを採用できるような外部のサービスをうまく活用できるなら、人手不足、人材難の手助けになるんじゃないか。それが「横浜信用金庫×ビズリーチ」の始まりです。

ーー直接的には銀行の儲けにはつながらないのではないですか?

大地 企業が成長するにあたって一番の疎外要因は「ヒト」の問題だと思うんです。そこを解決すれば、うまく企業が成長していく可能性は高い。当然設備投資なども増えていき、やがては私たちに戻ってきますよね。これまでの低金利勝負の融資ではなくて、企業にいつも必要とされる金融機関とならなければいけない。だから今回のサービスでは料金は取らない予定です。

田島 最終的な目標は地域の活性化に置いています。そのためには企業自身もひとの採用をがんばらなければいけない。自社でのホームページづくりは人材確保の第一歩となるはずです。ダイレクトリクルーティングと呼ばれるような、企業の主体的、能動的な採用活動によって人材確保ができるようになってくれば、地域は今よりもっと強くなり、経済が上向いてくると思うんです。そこに私たち、地域の金融機関が「仲介者」として存在している、というイメージです。

今回の業務提携は中小企業の大きな問題である「IT」「採用」をともにカバーするもの。写真は、横浜信用金庫理事長の大前茂氏(左)と株式会社ビズリーチ代表取締役社長の南壮一郎氏(右)

■地方銀行は新しいビジネスモデルを作らなければ生き残れない

ーーいま、横浜の中小企業の採用関連はどんな状況ですか?

大地 首都圏特有の問題として、新卒は大企業に流れていってしまうことでしょうね。中小は新卒を採用したくてもマッチングができない状況ですね。

田島 「横浜都民」という言葉があるくらいですからね。

ーー今回の施策はそういった問題を解決できそうですか?

大地 ダイレクトリクルーティングではメールのやり取りも企業と求職者で直接行われます。そのプロセスでミスマッチングというようなことは比較的抑えられるのではないでしょうか。特定の地域に求人広告を出しても、やりたいこととやってもらいたいことが合わなかったりすることがよくあります。ダイレクトリクルーティングで事前に、お互いの情報をやりとりしておけば、ミスマッチングをさけるだけでなく、時間や労力、コストをかけないで済む方法になると思います。

田島 求職側と求人側のニーズとシーズのマッチングが見える化すること=可視化というのが大きなポイントですね。

横浜地域の中小企業の採用支援を行う新たなプランを発表した横浜信用金庫。ビズリーチとの連携により、横浜地域の企業に無料の採用ホームページを作るシステムを紹介する

ーー横浜信用金庫はあと数年で100周年を迎えます。

大地 日銀の金融緩和から始まって、いまどこの金融機関も楽じゃないですよね。いままでの銀行員がもしかして勘違いしていたのではないか、と思うんです。お客様が求めているのは金融だけだと思い込んでいたのではないか、と。でも実は販路拡大だったり、ビジネスマッチングだったりするかもしれない。そういった課題が解決され売上があがるなら、お客様にとって金融機関なんかどうでもいい存在と言われてもおかしくありません。それが金融競争によって低利であれば借りてもらえる事態が発生してしまい、どんどん過剰になっていったことで、どこの金融機関も収益が下がってしまった。これまでとは違うビジネスモデルを作っていかないと、“持続可能な信用金庫”として地域に貢献できないんじゃないでしょうか。

●関連リンク

執筆者: 加藤陽之 - HANJO HANJO 編集長
コンピュータ関連の出版社からキャリアを始め、カルチャー雑誌などの編集長を歴任。これまで数多くの著名人をインタビューしてきた経験を活かし、HANJO HANJOでは中小企業経営者の深く掘り下げた話を引き出し続ける取材の日々。

インタビュー新着記事

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

    2018年12月7日

    インタビュー

  • 「自動車整備工場」の二代目女性社長という生き方

    町工場を思い描く時、脳裏に浮かぶ代表的な業種のひとつが自動車整備工場です。どこの地域にもあり、油まみれで働く工員の姿が“勤勉な日本の労働者”をイメージさせるのでしょう。そんな日本の高度経済成長を支えた会社を事業承継し、新たな時代に向けて活力を与えようとする女性社長がいます。横浜の町の一角で昭和39年に創業した「雨宮自動車工業株式会社」代表取締役の小宮里子さんです。

    2018年11月26日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【後編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。後編では代表取締役・杉山智行さんの現在のビジネスに至るストーリーをお送りします。

    2018年11月22日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【前編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。金余りの国・日本から資金を必要とする発展途上国へとお金の流れをつくる「インパクト投資」がいま、国内外で大きな注目を集めています。金融の新しい波とは何か? クラウドクレジット代表取締役の杉山智行さんに前後編の2回で話を聞きます。

    2018年11月20日

    インタビュー

  • 移住者への事業承継を積極推進! 七尾市の地域創生はここが違う

    地方の中小企業において最重要といってもいいのが「事業承継」です。後継者不足が「黒字なのに廃業を選ぶ」という事態を招いています。中小企業がなくなることはそのまま地域の衰退につながるため、それを食い止めなければ地方創生も危うくなります。その課題に官民ネットワークという手法で解決しようというプロジェクトが石川県七尾市で始まりました。「家業を継ぐ」という家族経営的な風土を排し、首都圏の移住者からも後継者を募るという試みです。

    2018年10月26日

    インタビュー

  • 社長業は突然に。経営破綻をV時回復させた「ひとり親方」の覚悟

    いま、東京近郊では2020年に向けた鉄道関連の工事が盛んに行われています。電車の中から窓越しに見える風景で印象的なのは、狭い場所ながら太い鉄の杭を打ち込むダイナミックな重機の姿です。そんな特殊な条件をものともせず、日本の建設・土木業の優秀さを示す仕事を50年にわたって続けてきたのが、横浜にある「恵比寿機工株式会社」です。しかし、創業者の晩年に会社が経営不振に陥り、倒産寸前まできてしまいました。その窮状を救ったのは職人たちのリーダーであるひとりの職長でした。

    2018年10月15日

    インタビュー

  • 「水素水」をもっと日本の企業、事業所へ!〜 ウォーターライフケアという新発想

    昨年、東京都健康長寿医療センター研究所がガイドライン「健康長寿のための12か条」を発表しました。そのエビエンスブックでとりあげられたもののひとつが「水素水」です。病気の予防領域において水素の有効性が認められつつあることで、今、その存在に改めて光が当たっています。今回、紹介するのは、水素を安く簡単に提供する装置、水素水サーバーを開発・販売する「株式会社 ドクターズ・マン」です。

    2018年10月9日

    インタビュー

  • 「横浜のストーリー」を練りこんだ「あられ」「柿の種」は、なぜこんなに美味しく感じられるのか?

    ナポリタン味のあられ「横浜ナポリタン」やビールにピッタリの柿ピーの「横濱ビア柿」をご存知でしょうか。これらユニークな商品を製造・販売しているのが、横浜で創業89年になる「株式会社美濃屋あられ製造本舗」です。ビール、ナポリタン、BARなど横浜が発祥とされるものをモチーフにした、どこにもない横浜オリジナルの米菓子は、どのような背景から生まれたのでしょうか。

    2018年10月1日

    インタビュー