漫画『GIANT KILLING』に中小企業の組織マネジメントを見る

2016年6月16日
最近、漫画雑誌「モーニング」(講談社)が発売される木曜日が待ち遠しい。年棒を切り口にしてビジネスマンとしての野球選手の人生設計をシビアかつコミカルに描いている『グラゼニ~東京ドーム編~』や、架空の私立中学にある投資部を舞台にお金や不動産をめぐる経済の仕組みについてわかりやすく絵解きする『インベスターZ』といった「モーニング」の連載で描かれているお金や仕事にまつわる物語は、とても身近なものとして迫ってくるのだ。
 最近、漫画雑誌「モーニング」(講談社)が発売される木曜日が待ち遠しい。

 30代を超えると青年漫画誌で描かれている恋や夢に思い悩む青少年の葛藤は、年々ピンとこなくなってきているが、年棒を切り口にしてビジネスマンとしての野球選手の人生設計をシビアかつコミカルに描いている『グラゼニ~東京ドーム編~』(原作:森高夕次、漫画:アダチケイジ)や、架空の私立中学にある投資部を舞台にお金や不動産をめぐる経済の仕組みについてわかりやすく絵解きする『インベスターZ』(作:三田紀房)といった「モーニング」の連載で描かれているお金や仕事にまつわる物語は、とても身近なものとして迫ってくるのだ。
 中でも中小企業で働く経営者・中間管理職の組織マネジメントについて、とても参考になるのがサッカー漫画『GIANT KILLING』(作:ツジトモ、原案:綱本将也)だ。

 本作はJリーグのクラブチーム・ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の監督・達海猛を主人公に、プロサッカーの世界を描いた漫画で、現在40巻まで刊行されている。

中小企業の組織マネジメントの物語としても読める『GIANT KILLING』。サッカーを通して描かれる「組織における個人の有り方」は、違う業種の人間にも共感できるものがあるはずだ(「モーニング」(講談社) 2016年4/28号より)

 35歳の達海は元々、10年前にETUを引っ張っていた天才選手だったが、ある日、イングランドのプロチームに移籍するため海外に旅立ってしまう。達海がいなくなったETUは人気も実力も急落し、今では毎年残留争いを続ける弱小クラブへと転落。一方の達海も足を故障してチームを解雇され、その後行方知れずになっていた。そんな達海がETUの監督として復帰するところから物語はスタートする。
 ETUにとって達海は裏切り者。そのためキャプテンの村越茂幸を筆頭とする選手たちは達海のやり方に当初は反発する。しかし、一見デタラメともいえる達海の指導を受けるうちに選手たちは自分の弱点に気づき、一人、また一人と自分の殻を破って成長していく。
 見どころは何といっても試合場面。達海が敵チームのデータを研究し尽くした上で立てる大胆な作戦と、その作戦についていくことで成長する選手たちの活躍。そして、どのタイミングで選手交代をするのかといった監督同士の駆け引きに引き込まれる。
 同時に本作はすぐれた群像劇でもある。

 監督の達海とキャプテンの村越や達海の再来と言われるFWの椿大介といった選手たちはもちろんのこと。他にも10年前にETUのGM(ゼネラル・マネージャー)をやっていたが、弱小化したチームの責任をとって、現在は流浪のスカウトマンをやっている笠野。かつて達海にあこがれていた広報の永田有里、ETUへの出資に疑念を持っているスポンサー会社の副社長・浅倉秀和。フリー・ジャーナリストの藤澤桂。そして、ETUサポーター集団・スカルズのリーダー羽田政志と、達海の復帰とともに戻ってきた田沼吾郎たち旧サポーターチームとの対立と和解。もちろん他のチームの監督と選手の人間模様も描かれており、彼らの姿を追っていくだけで、地域に根差した小さなプロサッカーチームがどのように運営されているのかは頭に入ってくる。
 フロント、監督、選手、サポーター。それぞれの力を結集して戦うのがいいサッカークラブだ、と達海は繰り返し語るのだが、観客も含めたプロサッカーに関わる人々を細やかに描写する本作のスタンスにそれは現れている。

 その一方で、チームのために選手が自分自身を犠牲にしようとする態度に対しては、達海は繰り返し苦言を呈す。特にFWに対しては、それが徹底されており、土壇場では自分でゴールを決めるエゴイストであれと言う。

 「チームのために」というメンタリティを達海が良しとしないのは、かつて達海自身がETUのために選手生命を犠牲にした過去があるからだ。
 10年前、ETUは達海を中心としたチームだったが、いつしか選手もフロントも達海に依存するチームとなり行き詰っていた。当時、GMだった笠野は、達海に依存するチームの悪循環を断ち切るために、達海を海外に行かせたのだ。

 チームの人間が同じ方向を見ていることは大事だが、チームのために個人が犠牲になることはあってはならない。時にチームのことなどお構いなしに自分のエゴを貫くくらい強固な意思がないと点は取れない。

 サッカーを通して描かれる、「組織における個人のあり方」は、違う業種の人間にも共感できるものがあるのではなかろうか。
 「チームのために」ということを言い訳にして、向上心を失っていた自分に気づいた村越はキャプテンの座を辞退し、1サッカー選手としてワールドカップの日本代表を改めて目指そうと誓う。選手としての自分を高めることこそが、チームのためになると気付くのだ。

 タイトルの「GIANT KILLING」(ジャイアントキリング)とは「番狂わせ」「大物食い」といった意味で、弱小チームが強豪チームに勝つ時に使われるスポーツ用語。

 自分に自信のない椿に「お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ」と達海は言うが、「番狂わせ」という奇跡を起こすために必要なのが、一人の天才ではなく様々な人々の地道な積み重ねであることを、本作は教えてくれる。

●関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • NHKドラマ『透明なゆりかご』 私たちのすぐとなりにある現実。働く男性にこそ、見てほしい

    NHKで金曜夜10時から放送されているドラマ『透明なゆりかご』は、海辺にある小さな病院・由比産婦人科を舞台にした物語です。時代は1997年。高校の准看護学科で学ぶ17歳の青田アオイは、産婦人科で看護師見習いとして働くことになります。

    2018年9月14日

    コラム

  • 中小企業の生命保険活用法! 

    中小企業経営者で生命保険について理解しているかたは意外と多くありません。今回はそんな保険の入り方についてです。

    2018年9月12日

    コラム

  • もうインバウンド集客で悩まない!

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

    2018年9月7日

    コラム

  • 人手をかけない売上アップ・お客様満足アップの切り札に! チャットボット徹底攻略【前編】

    新規のお客様からの問い合わせは、商談につながる重要なきっかけです。また、既存のお客様からの問い合わせや手続きは、お客様の満足度を高め次の注文につなげるためのチャンスです。とはいえ、問い合わせに答えるだけでは売上にも利益にもつながりませんから、できれば省力化したいもの。お客様からの問い合わせへの対応や各種手続きの受付に、「チャットボット」を利用する企業が増えています。

    2018年9月6日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ④『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』

    今月の一冊は、シリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者によるハウツー本です。今どきのアメリカの経営者スタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には、おすすめしたくなる内容です。この一冊を長沖さんが「斜め」から分析します。

    2018年9月4日

    コラム

  • 企業の電話対応が劇的に変わる!? CTIの上手な活用方法【後編】

    会社に入ったばかり、新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか? そんな恐怖の電話対応から解放されるサービスがあります。それが 「CTI」です。シリーズ後編ではユニークな活用事例をお伝えします。

    2018年8月31日

    コラム

  • TVドラマ『dele』 二人の軽妙な会話が作り出す、今までにない“新しい”バディもの

    テレビ朝日系金曜深夜の『dele』はデジタル遺品を題材とした連続ドラマだ。物語の舞台は、依頼人が設定した時間を超えてパソコンやスマホに触らないと通知が行き、デジタル遺品を消去してくれる会社。この会社を経営する車椅子のプログラマー・坂上圭司(山田孝之)と、会社に雇われている何でも屋の真柴佑太郎(菅田将暉)の二人が、デジタル遺品の消去を依頼した故人のことを調べるうちに意外な真相にたどり着くというのが、本作の見所だ。

    2018年8月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ③ 『自己愛過剰社会』

    現代人の傾向としてあげられるのが「自分のことが大好き、自分を実際以上に素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい」。企業の発するメッセージにも同様の傾向が出てきています。とくにSNSを通じたPR活動において顕著です。さてその流れをどう分析すればよいのでしょうか?

    2018年8月9日

    コラム