「大企業じゃなくても夢がある。そんな会社を応援したい」社歌フェス企画者の狙い

2018年1月5日
3月17日(土)、東京・恵比寿で「ベンチャーソングフェス」というイベントが開催される。スタートアップ企業や中小企業の経営者、社員、株主などに社歌の可能性を感じて楽しんでもらう、というもの。広がる社歌ブームの一つといえるこのイベント、企画・主催者にその狙いを聞いた。

■はじまりは「ベンチャー企業の離職を減らしたい」という思いから

 「ベンチャー企業をはじめ、大きくなくてもビジョンをもって頑張っている会社の離職を減らしたいんです」。そう語るのは、組織向けエンターテインメントコンテンツの企画・制作を手がけるMuron(ミューロン)の根木啓輔氏。エンターテインメントを活用し、組織作りや活性化のコンサルティングを行っている。あえてベンチャーソングと銘打っているのも、組織活性を目的とした次世代型社歌、という意味を込めてとのこと。自身も2017年1月に個人事業主として会社を設立し、名刺の肩書はベンチャーソングライター。学生時代はプロのミュージシャンを目指し、その後ベンチャーのPR会社に入社。さらにスタートアップ向けのHR支援会社に転職した、という異色の経歴の持ち主だ。

組織向けエンターテインメントコンテンツの企画・制作を手がける「Muron」(ミューロン)の根木啓輔氏。「一緒に作る、一緒に歌う、一緒に聞く。社歌には繋がり合えるものがある。それを体験してほしくて、あえてフェスという体験型のイベントにしました」

■ビジネス経験で目の当たりにしてきた「経営者と社員の不幸なすれ違い」

 「前職では即戦力の採用が難しいベンチャー企業に対して、主にHR領域の課題解決をお手伝いし、そこで多くの経営者とお会いしてきました。創業したての企業を担当することもあり、社員や資本が少ないところがほとんどでしたが、みなさん“自分たちが未来の当たり前を作る”と信じている熱い人たちばかりでした。しかし事業を創る楽しさを一緒に実感する、経営者の苦しみや痛みも目の当たりにしてきました。それは離職する人が後を絶たないということ。原因の一つは、経営者と社員のコミュニケーション不足。志を共有できていないところが多かったのです」。氏が出会ったとある経営者は『リスクが高いフェーズでも信じてついてきてくれた社員には、大きな感謝と愛をもっている。だから離職されると、自分自身を否定された気持ちになる』と語ったという。

 「社員が出て行ってしまう経営者のショックは想像以上に大きいものです。その落胆ぶりを見て、自分だからこそできる支援のカタチを見つけたいと強く思いました」

 氏はもともと学生時代にプロのミュージシャンを目指していた。自分の路上ライブに毎回来て、お金を払ってライブハウスに通ってくれる人が、今日も良かった、また明日から頑張れると言ってくれたという。「そんな風に言ってくれる人がいてとても嬉しく、衝撃と感動を覚えました。同時に音楽のチカラを感じました」

 社員の心を繋ぎ止められない経営の現場、音楽で人を引きつけた原体験。その両者が結びつき、得意な音楽を活かして社員が働きたくなる組織をつくれないか、と思うに至ったという。次世代型社歌・ベンチャーソングの誕生だ。

 ちなみに、厚生労働省の平成28年雇用動向調査によると中小企業の離職率は、平成23年以降ほぼ継続して大企業を上回っている。100~299人規模の企業にいたっては、リーマンショック翌年の平成21年に迫る勢いだ。離職を増やさないためのコミュニケーションは、経営者にとって重要な課題と言える。

中小企業の離職率は、平成23年以降ほぼ継続して大企業を上回っている。100~299人規模の企業にいたっては、リーマンショック翌年の平成21年に迫る勢い(厚生労働省 平成28年雇用動向調査結果よりグラフを作成)

■多様化する価値観と組織のあり方。大切にしたい「みんなで体験する」価値

 とはいえフェスという形式は、少し突飛な印象も受ける。なぜそのような方法を選んだのか。

 「いま、働くことの価値観は世代によって大きく変化してきています。とくに30代以下は生まれた時から何もかもが揃っていて、何かが欲しい!と渇望できない世代。そんな人たちの幸福欲求の一つとして“良好な人間関係”というものがあります。それは単純な同僚ではなく、ビジョンや価値観を共有し理解しあえる関係のこと。インターネット越しのコミュニケーションではなく、人と人が一緒に何かに触れたり体験しなければ築くことができない関係です。社歌もそうだと思うんです。一緒に作る、一緒に歌う、一緒に聞く。そうすることで繋がり合えるものがある。それを体験してほしくて、あえてフェスという体験型のイベントにしました」。確かに社歌にはさまざまなプロセスがあり、その醍醐味は、社員みんなで、という点。そこに注目したと言う。

 「さらに最近は終身雇用の崩壊や働き方改革の促進に伴い、組織のあり方も変わってきています。人材の流動化、副業・兼業の自由化、在宅などですね。そんな中で給与や昇格といった分かりやすいインセンティブ以外で、どうやって社員の心を会社に引きつけながら、活気のある組織にしていくか。そのとき感情に訴えるエンターテインメントが効果を発揮すると考えています。その可能性も、頭とカラダで感じてほしかったんです」

「ベンチャーソングフェス」は、スタートアップ企業や中小企業の経営者、社員、株主などに社歌の可能性を感じて楽しんでもらう、というもの(ベンチャーソングフェスWEBサイトより)

■大きくなくても夢がある。そんな企業を応援するイベントを目指す

 熱い思いから企画されたベンチャーソングフェスは、目下さまざまなプログラムを準備中だ。

 「音楽を活用して組織活性を行っている企業の事例紹介はもちろん、その歌をライブ形式でお披露目してもらうことを考えています。さらに特別コンテンツとして、社会人が即興ラップでバトルする今話題の『ビジネスマンラップトーナメント』も用意しています。エンターテインメントのイベントなので来場した人が楽しめるのは絶対的な要素ですから。リスクを負って会社を経営し、夢に挑んでいるみなさんを応援するイベントです。私もみなさんに負けないよう、自腹でライブハウスの恵比寿リキッドルームをおさえてしまいました。500人以上を集める予定なのですが、集客はまだまだです。まさに背水の陣です(笑)。だから、というわけではないのですが、ぜひ多くの人に参加してもらいたいですね」

即興ラップでバトルする今話題の『ビジネスマンラップトーナメント』など、ベンチャーソングフェスでは、さまざまなプログラムが用意されている(ベンチャーソングフェスWEBサイトより)

 運営費用はクラウドファンディングで1月18日まで募っており、参加方法はベンチャーソングフェスのWEBサイトで発信中。ご興味のある方は一度見てみると、社歌のイメージが変わるかもしれない。

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

    2018年12月7日

    インタビュー

  • 「自動車整備工場」の二代目女性社長という生き方

    町工場を思い描く時、脳裏に浮かぶ代表的な業種のひとつが自動車整備工場です。どこの地域にもあり、油まみれで働く工員の姿が“勤勉な日本の労働者”をイメージさせるのでしょう。そんな日本の高度経済成長を支えた会社を事業承継し、新たな時代に向けて活力を与えようとする女性社長がいます。横浜の町の一角で昭和39年に創業した「雨宮自動車工業株式会社」代表取締役の小宮里子さんです。

    2018年11月26日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【後編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。後編では代表取締役・杉山智行さんの現在のビジネスに至るストーリーをお送りします。

    2018年11月22日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【前編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。金余りの国・日本から資金を必要とする発展途上国へとお金の流れをつくる「インパクト投資」がいま、国内外で大きな注目を集めています。金融の新しい波とは何か? クラウドクレジット代表取締役の杉山智行さんに前後編の2回で話を聞きます。

    2018年11月20日

    インタビュー

  • 移住者への事業承継を積極推進! 七尾市の地域創生はここが違う

    地方の中小企業において最重要といってもいいのが「事業承継」です。後継者不足が「黒字なのに廃業を選ぶ」という事態を招いています。中小企業がなくなることはそのまま地域の衰退につながるため、それを食い止めなければ地方創生も危うくなります。その課題に官民ネットワークという手法で解決しようというプロジェクトが石川県七尾市で始まりました。「家業を継ぐ」という家族経営的な風土を排し、首都圏の移住者からも後継者を募るという試みです。

    2018年10月26日

    インタビュー

  • 社長業は突然に。経営破綻をV時回復させた「ひとり親方」の覚悟

    いま、東京近郊では2020年に向けた鉄道関連の工事が盛んに行われています。電車の中から窓越しに見える風景で印象的なのは、狭い場所ながら太い鉄の杭を打ち込むダイナミックな重機の姿です。そんな特殊な条件をものともせず、日本の建設・土木業の優秀さを示す仕事を50年にわたって続けてきたのが、横浜にある「恵比寿機工株式会社」です。しかし、創業者の晩年に会社が経営不振に陥り、倒産寸前まできてしまいました。その窮状を救ったのは職人たちのリーダーであるひとりの職長でした。

    2018年10月15日

    インタビュー

  • 「水素水」をもっと日本の企業、事業所へ!〜 ウォーターライフケアという新発想

    昨年、東京都健康長寿医療センター研究所がガイドライン「健康長寿のための12か条」を発表しました。そのエビエンスブックでとりあげられたもののひとつが「水素水」です。病気の予防領域において水素の有効性が認められつつあることで、今、その存在に改めて光が当たっています。今回、紹介するのは、水素を安く簡単に提供する装置、水素水サーバーを開発・販売する「株式会社 ドクターズ・マン」です。

    2018年10月9日

    インタビュー

  • 「横浜のストーリー」を練りこんだ「あられ」「柿の種」は、なぜこんなに美味しく感じられるのか?

    ナポリタン味のあられ「横浜ナポリタン」やビールにピッタリの柿ピーの「横濱ビア柿」をご存知でしょうか。これらユニークな商品を製造・販売しているのが、横浜で創業89年になる「株式会社美濃屋あられ製造本舗」です。ビール、ナポリタン、BARなど横浜が発祥とされるものをモチーフにした、どこにもない横浜オリジナルの米菓子は、どのような背景から生まれたのでしょうか。

    2018年10月1日

    インタビュー