第2回社歌コンテスト「編集長賞」受賞者インタビュー/K-STYLE HAIR STUDIO

2018年2月8日
HANJO HANJOが、中小企業を応援する取り組みの一環として開催している「中小企業 社歌コンテスト」。第2回では第1回を上回る数の企業・団体から社歌動画の応募があったことに加え、昨年より多くの読者の皆様に投票にご参加いただきました。コンテスト期間中には、テレビ局や新聞社をはじめ、継続的にメディア取材を受けるなど、社歌ムーブメントは一過性の流行ではなく、スタンダードになりつつあるように感じています。
 いくつかある作品賞の中でも社歌にまつわる素敵なエピソードから最も印象に残った会社に贈られるのが、今回から新しく設けられた「編集長賞」。社歌に込められたストーリーをいかに歌や動画に落とし込むかがポイントとなります。初めてとなる「編集長賞」を受賞した東京都のヘアサロン、K-STYLE HAIR STUDIOの「日本一愛し愛される理容室 ~K-STYLEの理念ソング~」は社員の物語を強く感じさせてくれる社歌でした。
 受賞を記念してK-STYLE HAIR STUDIO代表の加藤進介さんに社歌制作の裏側や理念に込められた思いなどについてお話をうかがいました。

==

「編集長賞」を受賞したK-STYLE HAIR STUDIO代表 加藤進介さん。社歌のタイトルは「日本一愛し愛される理容室 ~K-STYLEの理念ソング~」。歌詞や映像から社員一人ひとりの物語が浮かび上がってくる

――社歌コンテスト「編集長賞」の受賞おめでとうございます。社歌「理念ソング」を作ろうと思ったきっかけを教えてください。

ありがとうございます。理容師はチームワークが大事であること、そしてK-STYLEの理念である「日本一愛し愛される理容室」に込めた思いを何か形に残したいと思ったことから、社歌の制作が始まりました。

「日本一 愛し愛される理容室」K-STYLE HAIR STUDIOの皆さん。3箇所でヘアサロンを展開、現在社員数は15名。東京の有楽町本店、神保町店に続き、今年、虎ノ門店をオープンした

――「日本一愛し愛される理容室」という理念にはどのような目的や意義が込められているのでしょうか?

まず社員を幸せにするということ。そして理容業界を盛り上げたいという思いや、理容を通してお客様に自信を持っていただきたい、お世話になった方々への恩返しをしたいという願いを込めています。

私たちの社歌はいわゆる「イメージソング」や「PRソング」ではなく、自分たちの理念や思いを共有する主に社内向けの歌です。ですから歌詞を作るにあたって社員一人ひとりの思いをヒアリングしたり、社員の親御さんやご家族からのメッセージを参照しました。できあがった歌詞を見たときは、家族のありがたさ、感謝や愛が反映されていて、思わず胸にこみ上げてくるものがありましたね。

――動画では、お店のある日比谷の風景から社員が働く姿へと場面が移り、それぞれの社員の歩んできた物語が浮かび上がってくるようです。「この広い東京でも私一人じゃない」という歌詞が印象に残ります。

K-STYLE HAIR STUDIOは地方出身の社員が多いのですが、東京で感じている孤独感を癒す仲間が一緒にいる、支えているよということを伝えたかったんです。

社歌を制作するにあたって、社員の親御さんやご家族からメッセージを書いてもらった。そこに綴られた言葉から「やさしい母のように」といった歌詞が生まれることに。「愛し愛される」の意味を社員皆で考えることが、最終的に社歌へと昇華していった

――映像と歌詞のバランスがよくできていると感心しました。社歌に対する社員のみなさんの反応はいかがですか?

動画が出来上がったときは少し照れ笑いでしたね(笑)。最初は社員が歌う予定ではなかったのですが、「ちょっと歌ってみようか」という感じから始め、最後にはみんなで歌うことになりました。

――お客様からも感想をいただいたとか。

お客様からは「(社員同士)仲良さそうだね」とコメントをいただきました。動画を見てくださっていること自体がうれしいですし、応援してくださっていることがとても励みになります。

――今後、会社として目標としていることはありますか?

今、働き方改革が話題になっています。理容業に限らずサービス業はグレーな部分もありますが、そんな中でもK-STYLE HAIR STUDIOはきちんとやっていきたい。例えば時短で働きたい人がいればそれに対応するシステムや環境を作ろうと考えています。理容師としての業務を維持しながら多様な働き方ができる環境を目指しています。それが社歌「理念ソング」にも込めたメッセージのひとつ「社員が幸せになる」につながると思っています。

●関連リンク

執筆者: 加藤陽之 - HANJO HANJO 編集長
コンピュータ関連の出版社からキャリアを始め、カルチャー雑誌などの編集長を歴任。これまで数多くの著名人をインタビューしてきた経験を活かし、HANJO HANJOでは中小企業経営者の深く掘り下げた話を引き出し続ける取材の日々。

インタビュー新着記事

  • 地方創生、こんなITが欲しかった! 地域経済の好循環をウェブで実現させる会社

    地方創生の切り札と目されるIT。都市部の大企業では、AI、ロボット、IoTが導入され、様々な業務を自動化しつつありますが、地方にはまだその恩恵は行き渡っていません。しかし、3Dプリンタやドローンの登場など、テクノロジーの民主化がその壁を打ち破ろうとしています。それら最新のITをウェブの技術を使って、ローカル・コミュニティーの活性化につなげようとするソフト開発会社があります。東京大学在学中に創業し、今年で11年目を迎えた「株式会社リアルグローブ」です。

    2018年8月10日

    インタビュー

  • 仕事も遊びもどちらも「オン」! 社内クラブ活動が人生を豊かにする

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「第19回サバニ帆漕レース」が、6月23-24日に開催されました。そのサバニ帆漕レースに、会社のクラブチームとして参加しているのがシステム開発の「株式会社アルファ・ウェーブ」です。会社には数多くのクラブがあり、その活動が仕事だけでなく社員の人生そのものにも大きな影響を与えているといいます。

    2018年8月3日

    インタビュー

  • IoTを本気で日本に普及させる! 通信インフラを牽引する異色ベンチャー

    「IoTの時代が到来した」。ここ数年来、この言葉を幾度となく耳にしてきました。しかし騒がれているわりには、日本でIoT製品を目にすることはあまりありません。日本のIoTビジネスがなかなか進展しない理由のひとつが、通信インフラが整っていないことにあります。この状況を変える通信サービスで注目されているベンチャー企業があります。昨年、起業した「センスウェイ株式会社」です。

    2018年7月30日

    インタビュー

  • 健康睡眠が日本の生産性を上げる! 寝具業界を変える高品質適正価格のマットレス

    これまで機能性敷布団やマットレスといえば高額なものが多く、一部の人にしか手の届かない高級品という印象でした。しかし反発性能が高い素材のマットレスの登場によって、その壁が崩されようとしています。そんな活性化する寝具業界にあって、『良い寝具を正しい価格で』をうたい、急速に消費者の支持を集めている企業があります。2011年創業の「ライズTOKYO」です。

    2018年7月23日

    インタビュー

  • マニュアルを革新する! 会社独自のノウハウを「見える化」で組織は進化する

    マニュアルと聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 電化製品やPC関連、あるいは接客のための読みづらい手引書・・・。しかし、そんなマニュアルのイメージを一掃し、新たなビジネスサービスとして提供している会社があります。「2.1」は会社に眠っている独自のノウハウをマニュアルによって可視化〜習慣化させ、業務の効率化や社内コミュニケーションの活性化をサポートすることで注目を集めています。

    2018年7月6日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中!ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【後編】

    縮小する印刷業界にあって、ダイレクトメールに一点集中することで売上げを伸ばしているのが「株式会社 ガリバー」です。後編では、代表取締役の中島真一さんの半生に焦点をあて、何が現在の会社経営につながったかを探ります。

    2018年6月22日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中! ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【前編】

    衰退する産業のひとつとしてよく取り上げられる「印刷業」。しかし、業界全体が厳しいなかでも、活路を見つけ、蓄積したノウハウと資産で、印刷の新たな未来を提示する会社があります。横浜にある「株式会社 ガリバー」です。そこには「一点集中」の戦略がありました。

    2018年6月20日

    インタビュー

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

    2018年6月13日

    インタビュー