「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社に聞く1(後編)~万協製薬~

2018年4月19日
グローバリゼーションの進展や飛躍的な情報技術の発達、劇的な人口動態の変化などの要因により、企業をとりまく経営環境は著しく高度複雑化し、不透明性を増している。その様な状況下において、変化に柔軟に対応し、自己変革を通して新しい価値を創出することにより、持続的な競争優位性を築きあげていくことが企業経営にいま、強く求められている。そんな「卓越した経営」のモデルケースとなるのが、日本経営品質賞の受賞企業だ。
 2017年度受賞組織のうち、中小企業部門で受賞した経営者に話を聞く、その第1回は「万協製薬株式会社」(三重県)。前編に引き続き、代表取締役の松浦信男氏に経営品質向上の秘訣を尋ねる。

★「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社に聞く1(後編)~万協製薬~

2017年度の「日本経営品質賞」で中小企業部門受賞した万協製薬株式会社。2009年に続き今回が2度目の日本経営品質賞の受賞となる。写真は2月23日に行われた授賞式で。左が万協製薬代表取締役の松浦信男氏

■「社員重視」の制度・仕組みを導入する

 日本経営品質賞が掲げる「卓越した経営」。それを実現するために必要なのが、「顧客本位」と「独自能力」だ。しかし、「顧客本意」の対応力も「独自能力」の発揮も、社員という存在なくしては実行できない。社員を重視することを「経営品質から教えてもらった」と語る松浦氏。万協製薬では、社員を重んじその成長を促すための仕組みや制度が積極的に導入されている。

 例えば、2009年頃から同社では製造の各工程や業務において一区切りにできる作業単位を「モジュール」と呼び管理し、その習熟度により「見習い」から「指導者」までのレベル分けを行なっている。属人的な暗黙知が介在しがちな業務や作業を明確化された手順とすることにより、客観的な評価と合理的な習得が可能になる。それはPDCAサイクルを回していくことを容易にするのみならず、社員の課を超えたジョブ・ローテーションをも容易にする。

 事実、2008年には29.8%だったジョブ・ローテーション率は、2016年には40.2%にも向上したのだという。「モジュール」は、アウトプットの質を一定水準に保ち顧客満足度を高めることに寄与すると同時に、社員個々人が目標意識を持ちそれに沿ったキャリアパスを描き自己実現・成長していくことにも大きく貢献するのだ。

異なる部署に所属する数名で「ファミリー」をつくり、そのメンバーでの食事会や旅行を会社が費用負担する「プチコミファミリー制度」も、部署を超えた社員の交流、職場における不安や不満を解消するための同社ならではのユニークな制度

 また、異なる部署に所属する数名で「ファミリー」をつくり、そのメンバーでの食事会や旅行を会社が費用負担する「プチコミファミリー制度」も、部署を超えた社員の交流、職場における不安や不満を解消するための同社ならではのユニークな制度だ。「顧客が大事なのは当たり前のこと」と前置きした上で、松浦氏は続ける。

 「でも、社員がいなかったらそもそも何もつくれないじゃないですか? 僕はお客様との関係よりも、社員との関係によりフォーカスするべきだと思います。お客様は、吊り橋の端にある留め具のようなものですね。それがなかったら向こう側には渡れないので、もちろん大事な存在です。だけど、橋を渡る時に留め具を見てるかといえば、そうではない。一緒に渡っている子たちに『もうちょっとで向こうに着くから元気出して渡ろう!』って声をかけながら渡るべきでしょう」

 社員のモチベーションが高まれば、生産性は向上し、価値創出力は高まっていく。従業員満足度(ES)を適切にマネジメントし高めていくことによって、顧客満足度(CS)をも高めていくこと。いずれかを犠牲にすることでもう一方を成立させるのではなく、両者を両立させるためのヒントを同社の取り組みに見出すこともできるのではないだろうか。

社員のモチベーションが高まれば、生産性は向上し、価値創出力は高まっていく。従業員満足度(ES)を適切にマネジメントし高めていくことによって、顧客満足度(CS)をも高めている。「社員がいなかったらそもそも何もつくれない」(松浦氏)

■社会の公器としての企業

 松浦氏は、ビジネスにおいて、経営において、「ただ儲かればいい」「ただ会社が存続していけばいい」などといった考え方を決して是とはしない。

 「多くの中小企業の経営者は『自分の会社が必要とされているか?』と聞かれた時に、『納税も雇用もしているし商品も売れているから、社会にもお客さんにも必要とにされてるんじゃないか』って答えるんですけど、そういうことではないんです。本質的な意味で、その会社が未来へつながるような社会的インパクトを持っているのかどうかとういことが重要なんです」

 会社が存在することにより、社会をどの様に活性化させることができるのか―― 。常に同氏の意識の根底に横たわっているその想いは、社員と顧客と共に価値ある製品を社会に送り出していくということだけに留まらず、自分たちがその一部として存在している地域社会への貢献というかたちでも具現化されている。

 三重大学と提携し「地域イノベーション学会」を立ち上げ、三重県立相可高校とスキンケア製品の共同開発を行い、三重県が子どもの環境に対する意識向上を目的として実施する「キッズISO14000プログラム」に参画し小学校で出前授業を行うなど、同社はさまざまな取り組みを通して地域の人材育成、活性化にコミットし、未来の希望をつむぐ役割を引き受けている。
「人に必要とされる会社をつくる」とは、松浦氏が自身の著書のタイトルに掲げた言葉だ。その決意は、同社がかつて創業の地である神戸にあり、創業者の父のもとで社長室長を務めていた時に阪神大震災に被災した経験、そこで味わった辛酸――誰からも必要とされていないという感覚――に起因している。

 「工場が全壊しても、会社を続けたいと想いがあったんです。だけど、親父からも社員からも、当時の取引先からも『そんな無理せんとやめようや』って言われて…。僕が普通の経営者の方と違うのは、非常に若い時、32歳の時に、社会に捨てられたような感覚、社員に裏切られたような感覚を知ってしまったということはありますね」

 「人から必要とされなかった」から、「人から必要とされる」ことを目指した。社員から、顧客から、そして自分たちを取り巻く社会の人々から必要とされる会社となること。その想いが原動力となり、万協製薬は三重県の地で奇跡的な復活を果たすこととになったのだ。

万協製薬では、社員を重んじその成長を促すための仕組みや制度が積極的に導入されている。製造の各工程や業務において一区切りにできる作業単位を「モジュール」と呼び管理し、その習熟度により「見習い」から「指導者」までのレベル分けを行なっている

■「経営品質」は、想いと数値を両立させるためツール

 変革への、価値創出への想いがある。しかし、それだけでは十分ではない。自分たちが行なっている行動や業務プロセス、導入している仕組みや制度が果たして本当にそこに寄与する有効なものであるのか。経営品質への取り組みは、それを正しく見極め是正していく上で、非常に有効な手立てだと松浦氏は述べる。

 「日本経営品質賞の一番いいところは、応募のために提出する報告書を作成するにあたって、自分たちが行ったイノベーションを、データとしてしっかりとアピールしなければいけないところだと思います。徹底的にデータを入れることになるので、思い込みは書けなくなるじゃないですか? 数字は嘘をつくことはできません。情熱的なリーダーシップと同時に、それを実現した成果としての数値の両方を求める。そのアセスメントのクールさこそが、僕が経営品質に取り組んでいる理由なんです」

 通奏低音として、熱い想いがある。しかし、それを実現するためには冷静な判断が不可欠だ。その往還から自己変革を続け価値を創り出していくこと。万協製薬の歩んできたそんな軌跡は、“希望”として多くの経営者を鼓舞するものであるだろう。同社がこの先どの様に変革を遂げ、新しい価値を生み出していくのか、その歩みから目が離せない。
(インタビュー/加藤陽之 構成/藤川貴弘)

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコト」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

    2018年6月13日

    インタビュー

  • 100年続く老舗建設会社の4代目は元テレビマン。伝統と革新で時代とあゆむ

    日本には数多くの「100年企業」があります。そこには底通する「何か」があります。今回ご紹介する株式会社三木組は、明治30年に福井県に創業、大正12年、横浜に進出し、昨年120周年を迎えた「100年企業」です。5年前に創業家から三木康郎さんが4代目社長として就任、元テレビ局員という新たな視点から会社の変革に乗り出しています。三木社長に話を聞きます。

    2018年6月7日

    インタビュー

  • スマホとWiFiでお客様を招き寄せる! O2Oマーケティングの決定版登場

    スマホでの動画視聴の機会が増えるにつれ、通信量の節約となるフリーWiFiの需要が急激に高まっています。その状況を背景に、フリーWiFiを自動で検索/ログインし、全国35万スポット以上でWiFiにつなげるサービス「タウンWiFi」が今、爆発的に数字を伸ばしています。そのメリットは一般ユーザーだけでなく、飲食店やモール、商店街などの中小企業や小規模事業者の誘客ツールとして大きな効果を発揮します。スマホからお店への流れは小売店のマーケティングのあり方を一変する可能性を秘めています。株式会社タウンWiFi CEOの荻田剛大さんに聞きます。

    2018年6月4日

    インタビュー

  • 100年続く企業を目指せ! 信念の不動産会社の格闘記

    東京オリンピックを前にして、不動産業界は活況を呈していますが、浮き沈みの激しい業界の代表とも言えます。そんな不動産業にあって、安定して好業績を出し続けている会社が横浜にあります。(株)ハウスコーポレーションはビルを多数所有、ストックの構築により不況にも耐えうる経営を実践してきました。ハウスコーポレーション代表取締役の柿内一浩さんに聞きます。

    2018年5月29日

    インタビュー

  • タピオカドリンクをもっと身近に〜郊外から攻めて十代の人気を獲得!

    いま、台湾発のタピオカドリンクがブームです。原宿や代官山では海外資本が続々と専門店を出店しています。そんな中、タピオカドリンクを郊外からじわじわと人気商品にしている日本の中小企業があることをご存知でしょうか。そこにはどんな戦略があったのでしょうか。J・Jの忠岡鴻謹社長に聞きます。

    2018年5月25日

    インタビュー

  • 固定電話をITで生産性向上につなげる〜CTIを低価格で便利に

    中小企業や小規模事業者では、固定電話でのお客様とのやり取りが経営を支えています。ただ、共有化やデータ化などができず、効率が非常に悪いのが問題でした。生産性向上するにはどうすればいいのか? ITを使ってその答えを出したのが、株式会社シンカの「クラウドCTI『おもてなし電話』」です。シンカ代表取締役の江尻高宏さんに聞きます。

    2018年5月24日

    インタビュー

  • 次に来るのはバスのシェアリング、目指すは旅行業の民主化

    今、ビジネスを大きく成功させるために必要なのは、パイを奪い合うことではなく、新たなパイを生み出す「新業態」の開発です。では、どうすれば成功する新業態を生み出すことができるのでしょうか? 急速に広がるシェアリングビジネスに登場したのが、貸切バスの手配を手がける「ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社」です。代表取締役の西木戸秀和氏に話を聞きます。

    2018年5月17日

    インタビュー

  • アサヒグループホールディングス会長 泉谷直木氏に聞く②/経営者は「山頂の松」に学べ

    顧客価値を創出するための、卓越した経営。それを実践するロールモデルとなる組織・団体を表彰するのが、1995年に設立された「日本経営品質賞」です。この活動を支える経営品質協議会の副代表を務めるのが、アサヒグループホールディングス株式会社代表取締役会長の泉谷直木氏です。インタビュー後編では、変革の時代に多くの課題に直面する中小企業経営者が持つべき考え方や信念についてお話を伺います。

    2018年5月11日

    インタビュー