[PR]「おもてなし規格認証」の最高位 「紫認証」取得事業所に聞く 4(後編)~パナソニックセンター大阪~

2018年4月10日
「おもてなし規格認証」の最高位である「紫認証」に6事業所が認定されました。期待を大きく超えるサービスを提供する事業所に対して付与されるのが紫認証です。認定機関による厳正な審査を経て、2月26日の「伸び盛り企業会議2018」(日本経済新聞社主催)で発表、表彰されました。

――心に残るお客様とのエピソードを教えてください。

体がご不自由な娘さんとご高齢のお母様がお越しになられたことがありました。娘さんはなかなか外に出たがらず、家にこもることが多かったそうです。そこをお母様が無理やりグランフロント大阪までお連れになり、たまたま私どものショウルームにお立ち寄りいただきました。

「バリアフリー・ヴィラ」という介護リフォームの住空間をご覧いただいているときに、ナビゲーターがお声がけをしたのです。娘さんは赤い洋服に赤い帽子をお召しになっていて、偶然、赤い電動歩行器を展示していたものですから、「赤いお召し物がお好きなんですか? よかったらこの赤い電動歩行器をお試しになりませんか」とお勧めいたしました。アシスト機能のある電動歩行器は坂道でもスーッと楽に登っていけます。最初は躊躇されていましたが、それを体験された娘さんはすごくお喜びになられ、「この電動歩行器が欲しい!これを使ってどんどん外に出ていきたい」とおっしゃられたんです。お母様からは「たまたま連れ出した娘が、自分から外に出ていきたいと言いだすなんて思いもしなかった。人生が変わるくらいの転機です。」というお言葉をいただきました。

赤いお召し物から赤い電動歩行器をお勧めしたナビゲーターの感性があったからこそ、お客様のRe-Life(リライフ)につながった良い例として共有した事で、スタッフのモチベーションも高くなりました。こういったマニュアルでは学べない出来事を事例として蓄積して、お客様サービスの向上を図っています。

パナソニックセンター大阪 所長の淺田洋史さん。パナソニックセンター大阪は、自分らしい夢や想いをかたちにしたいという大人世代に対し「Re-Life Story~もっと、人生を、新しく」をテーマに、ライフスタイルを提案する施設

――パナソニックセンター大阪はショウルームの新しいあり方を提示しているように思います。

紫認証を取得できましたが、改善事項はまだまだあります。パナソニックセンター大阪にお越しになった事を機に、"そうか、これがしたかったんだ!"と気付いていただき、その憧れのくらしを実現いただけるよう、これからも切磋琢磨して参りたいと思います。ありがとうございました。
《HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

おもてなし規格認証新着記事