[PR]「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/静岡編2~静岡銀行~

2018年3月13日
シリーズ「『おもてなし規格認証』で会社が変わる!地域が変わる!」では、おもてなし規格認証で「変わる」地域と会社(事業所)をピックアップ。その「変わる」現場を、リポートします。

静岡銀行は、中部・東部・西部の3つの地域の代表店舗――本店営業部、浜松営業部、沼津支店――で金認証を取得している。紅認証は国内の全店舗で取得。商店街などひとつのエリアで加盟店すべてが認証を取る=「面的」な流れができるように様々な方法で案内を行っている

■銀行だからできるソフトとハードのバックアップ体制

――おもてなし規格認証はサービス業に向けた制度です。静岡県のサービス業の状況を教えてください。

県内のサービス業ですが、基本的には静岡は人口規模で全国の3%くらいのシェアがあり、都道府県別では10番目に位置しています。そういう人口規模に応じたサービス業の集積があります。中でも観光業は非常に主要な産業の一つになっています。一番代表的なのは伊豆ですが、その他にも富士山周辺、浜松の浜名湖などがあります。

――おもてなし規格認証を取得することのメリットをどのように事業者の皆さんに伝えているのですか。

まずサービス品質を「見える化」できることをお話しします。それだけではなく認証取得をきっかけに業務の棚卸しをして、さらにIT導入や人材教育という項目を通じて、サービスレベルを今よりも引き上げることができる。「業務や社員の意識アップのツール」として使えますよ、ということもアピールさせていただいています。

――補助金などの公的支援では対応するセミナーも実施されていますね。

「おもてなし規格認証とIT導入補助金」という組み合わせでセミナーをやらせていただいています。IT導入補助金については、セミナー内で具体的なITツールの紹介も交えています。

補助金などの公的支援では、「おもてなし規格認証とIT導入補助金」という組み合わせでセミナーを実施。IT導入補助金については、セミナー内で具体的なITツールの紹介も行っている。特に人手不足に対応するための生産性向上については反応が高いという(H29年のおもてなし規格認証活用セミナー(チラシ兼申込書)より)

――事業者の皆さんはどういった点に興味を示されますか。

人手不足に対応するための生産性向上については反応が高いです。特に宿泊・旅館業は人手不足が深刻なので、少ない人数でどうやって付加価値を上げていくかに関心があるのだと思います。

ある旅館さんでは、大型の改装にあわせて旅館全体のレベルアップを図りたいと考えていらっしゃいます。そういったソフト面での向上について、おもてなし規格認証をうまく活用している例もあります。

――おもてなし規格認証取得後、銀行ならではのフォローはあるのですか。

先ほどの旅館の改装投資という事例もそうですが、銀行の本業である融資で対応させていただきながら、ソフト面でおもてなし規格認証取得を目指していただくというかたちは好事例だと思います。これまでの融資にプラスアルファの支援、ソフト面でのフォローもできるというのが、静岡銀行が支援事業者として活動していて意味のあることだと思っています。

――ひとつの入り口で両面を解決する、非常にうまい連動ですね。

おもてなし規格認証を取得された事業者さんから「客観的な基準モノサシができてよかった」という声をよく聞くんです。旅館やホテルの評価は口コミや旅行予約サイトなどの主観的な評価が主流ですが、おもてなし規格認証は客観的な基準を設けていることが喜ばれているように感じます。

■おもてなし規格認証でエリア全体を盛り上げていきたい

――静岡県は「金認証」を日本で最多数獲得しています。

静岡商工会議所さんと金融機関が連携して旗振りを行なったことが最大の要因だと思います。銀行は非常に多くの取引先やお客様を抱えている。一方、商工会議所さんも会員を数多く抱えていらっしゃいます。既存の地域における事業者さんのネットワークをもつ両社が、自分たちの会員やお客様に対してPRして制度の普及を図っていったことがポイントだったと思います。

――静岡銀行自身も金認証を取得していますね。

金認証を銀行業界として初めて取得しました。おもてなし規格認証制度の認知度を高めてステータスを作りあげるために私たちが率先するべきだと考えたからです。金認証は3店舗、紅認証は国内の全店舗で取っています。金認証は、中部・東部・西部の3つの地域の代表店舗――本店営業部、浜松営業部、沼津支店――で取らせていただいています。

――静岡銀行と静岡商工会議所という地域にとって信頼の高い二者が旗振り役を担ったということが信用につながっているように思えます。

そういった意味で静岡県がおもてなし規格認証のモデルケースになればいいと思っていますし、モデルケースとして他の地域でも広まって制度自体が普及して認知度が高まってステータスも上がっていくという形に発展してくれれば非常にいいなと思いますね。

――おもてなし規格認証をさらに広めるためのプランやビジョンを教えていただけますか。

ひとつはIT導入補助金の公募が始まるので、それに合わせたご案内をしていきたいということ。もうひとつは「面的」におもてなし規格認証取得事業者を増やしていきたいと考えています。面的にとは、ある地域で集中的にとか、商店街で加盟店すべてが紅認証を取るといったような流れです。エリア全体で「おもてなし規格認証でまちが盛り上がっている!」となればうれしいですね。
●問い合わせ先

★おもてなし規格認証2018
https://www.service-design.jp

★静岡商工会議所(経済産業省 おもてなし規格認証 認証機関)
http://www.shizuoka-cci.or.jp/omotenashi/

★静岡銀行(経済産業省 おもてなし規格認証 支援事業者)
http://www.shizuokabank.co.jp
《HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

おもてなし規格認証新着記事