アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

2016年11月23日
『君の名は。』の大ヒットを筆頭に『聲の形』や『この世界の片隅に』など、アニメ映画の話題作が今年は多数登場したが、今や実写よりもアニメの方がリアルな風景描写や人間同士のお芝居を丁寧に描くことができるという逆転が起こりはじめている。『舟を編む』はその極致とでも言うような作品だ。辞書編集部に様々な人々が結集し、辞書作りという一大プロジェクトを10年近い年月をかけて成し遂げる姿は、『プロジェクトX』のようでドラマチックだ。
 『君の名は。』の大ヒットを筆頭に『聲の形』や『この世界の片隅に』など、アニメ映画の話題作が今年は多数登場したが、今や実写よりもアニメの方がリアルな風景描写や人間同士のお芝居を丁寧に描くことができるという逆転が起こりはじめている。
 そのことをもっとも強く感じさせるのが深夜アニメのノイタミナ枠だろう。
 フジテレビ系で木曜日の深夜に放送されているノイタミナは人気少女漫画をアニメ化した『ハチミツとクローバー』や、オリジナルアニメの『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などといった人気作を輩出し、アニメファンではない一般視聴者からも注目されている。
 ノイタミナは、実写映画やテレビドラマでもやらないような、青春群像劇やお仕事モノをストイックに作っていて毎回驚かされるのだが、もしかしたらアニメというすべてが作り込まれた世界だからこそそれは可能なのかもしれない。
 現在、放送中の『舟を編む』はその極致とでも言うような作品だ。
  • (C)玄武書房辞書編集部 アニメ『舟を編む』/フジテレビ”ノイタミナ”にて毎週木曜24:55から。ほか各局でも放送開始
  • (C)玄武書房辞書編集部 実写映画やテレビドラマでもやらないような、青春群像劇やお仕事モノをストイックに製作している、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」。『舟を編む』はその極致とでも言うような作品
 本作は、玄武書房で働く営業部員の馬締光也(まじめみつや)が、辞書編集部にスカウトされるところからはじまる。

 大学院で言語学を専攻していた馬締は、苗字のとおりマジメで皮肉が通じない性格で、人とのコミュニケーションが苦手。しかし言葉に対する意識は鋭く、一つの仕事に対する集中力はけた外れ。そんな馬締にとって辞書作りは天職で、どんどん仕事に没入していく。

 しかし、辞書編集部は長年利益を出していなかったため、閉鎖の危機に陥っていた。

 辞書編集部に様々な人々が結集し、辞書作りという一大プロジェクトを10年近い年月をかけて成し遂げる姿は、『プロジェクトX』のようでドラマチックだ。しかし登場人物は物静かで淡々と行動しているというギャップが本作の面白さだ。

(C)玄武書房辞書編集部 得意とするスキルがそれぞれにあり、お互いの実力を発揮して辞書作りに邁進する。出版社という舞台で描かれる会社組織のチームプレイが見所のひとつ

 『舟の編む』(光文社)の原作小説を執筆した三浦しをんは、まほろ市という架空の町で働く二人の便利屋を主人公にした『まほろ駅前多田便利軒』(文藝春秋)を筆頭に、駅伝を題材にした『風が強く吹いている』(新潮社)や林業を題材にした『神去なあなあ日常』(徳間書店)などを手掛ける人気小説家。この『舟を編む』で、2012年の本屋大賞を受賞している。
 漫画業界の内幕を描いた漫画『バクマン。』(集英社)や『重版出来!』(小学館)、校閲という出版社にある誤字脱字等をチェックする部署を舞台とした『校閲ガール』(KADOKAWA)など、出版業界の内幕を描いた作品が大人気だ。次々と映画化、ドラマ化されており注目を浴びている。
 『舟を編む』はその先駆けとなった作品で、2013年に映画化された際には高く評価され第37回日本アカデミー賞の最優秀作品賞を筆頭に数々の映画賞を受賞している。
 現在、これらの作品が作られる背景には、出版関係者にとって自分たちの業界のことだから取材しやすいためリアリティを追及しやすいという側面があるだろう。雑誌や漫画は日常的に接していても、どのように作られているのかについては関係者でないとよくわからない、近くて遠い世界だ。
 もちろんフィクションであるため、多少の脚色はされているのだが、作品に触れることで、漫画や雑誌がどう作られているのかの内幕を知ることはできるのは実に楽しい。ましてや辞書となると、出版の仕事の中でも一番謎に包まれている。そんな辞書作りの過程が本作を見ることで理解できることが本作最大の魅力だろう。
 もう一つの魅力は出版社という舞台を用いることで描かれる会社組織の良さだ。

 辞書編集部には、辞書づくりに人生を捧げてきた定年間際の編集者・荒木、大渡海の監修を務める老国語学者の松本。事務作業を一手に引き受ける女性契約社員の佐々木。そして一見軽薄でちゃらちゃらしているが、コミュニケーションスキルの高さで馬締をサポートする西岡。
 決してみんなスーパーマンではないが、得意とするスキルがそれぞれにあり、お互いの実力を発揮して辞書作りに邁進する。決して声高には叫ばないが、そういった会社ならではのチームプレイは見ていて惚れ惚れとする。

 同時に魅力的なのは、仕事を通してそれぞれが心の内側で格闘している内面の問題がストイックに描かれていること。それは、馬締にとっては辞書に掲載する言葉の一つ一つを吟味して掘り下げていく作業であり、馬締と同じ家で同居する女でありながら板前として修業する林香具矢にとっては、料理を作ること。パソコンやスマートフォンが普及したことでSNSで他人とつながり続けることが当たり前の現代において、外界の声を遮断して黙々と自分の世界を追及する馬締たちのたたずまいはどこか美しく思う。
 電子書籍化が進み、数年単位で出版業界をめぐる状況が激変していく中で、10年近い歳月をかけて辞書を作るというのはとても贅沢な働き方で、利益が出ないことに苛立つ会社の気持ちもわからなくもないが、こんな風に仕事に打ち込めたら楽しいだろうなぁ、と思う。一生に一度はこんな大仕事をやってみたいものである。

関連リンク

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑩『マリア・シャラポワ自伝』

    ビジネスでは他人とつながったほうが良い結果が出る──この指針はあらゆるケースで全面適用に近づいているようにみえます。しかし本当にそうなのでしょうか? それでグローバルなサバイバル競争を勝ち残れるのでしょうか? ひとりきりになったときに、普段からどうすればよいのかーー今回おすすめしたいのは、個人の競争戦略の教本として読み応えだっぷりな『マリア・シャラポワ自伝』です。

    2019年10月15日

    コラム

  • 映画『記憶にございません!』ある日突然、自分が総理大臣をやることになったら?

    国民的映画監督の三谷幸喜が今回映画の題材に選んだのは総理大臣。しかも記憶を失った総理大臣! 着想のきっかけは「ごくごく普通の人間が、突然総理大臣になったらどうなる?」だったといいます。主人公を演じる中井貴一の悪戦苦闘は、若い頃の理想を見失ってしまったビジネスパーソンへのメッセージにもなっています。

    2019年9月30日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する④

    地方創生戦略の重点項目の一つ、デジタル活用共生社会「society5.0」。しかし、地方に行けば、情報リテラシーの格差が見られます。スマートフォンやSNSの普及により新たな人とのつながりやバーチャル・コミュニティが形成される一方、リアルな地域のつながりは希薄化、地域コミュニティ力は減退しています。今回は地域SNSを使い、新たな地域のつながり、コミュニティの活性に挑む、若き起業家の挑戦に着目、地域におけるデジタル活用の手法を追いました。

    2019年9月24日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.5 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。第5回は会社を興した後、初めて社員を採用した時の気持ちが揺れ動いた日々を振り返ります。

    2019年9月19日

    コラム

  • アパレル業界を変えるIT戦略! 熊本発ベンチャー、シタテルが描く「服の未来」【Vol.3】

    アパレル業界は、メーカー、工場ともにテクノロジー化が遅れており、在庫問題や工場稼働の不均衡、手作業による工数の増加など様々なビジネス上の課題を抱えています。そんななか、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする衣服の小ロット生産サービス「sitateru」が注目を浴びています。優れた技術力を持つ縫製工場の「時間・技術・資源」のデータ管理を行い、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする、衣服の小ロット生産サービスです。「sitateru」を提供しているのは、熊本発ベンチャーのシタテル株式会社。アパレル業界の課題をテクノロジーでどう解決するのか? シタテルCTOの和泉信生さんによる連載、その最終回です。

    2019年9月9日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する③

    今、地域に足りないものは何か? カギを握るのは連携協働、事業を推進するプレイヤーの存在です。連携というと、かつては官民や産学、産学官が一般的でしたが、その実態は名ばかり。真の連携、共創のパートナーシップはどうあるべきか。水津陽子さんのシリーズ第3回は、行政、市民、企業の三者が連携、地域のストックを活用し、老化した都市を再生した先駆的取り組みに迫ります。

    2019年9月2日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.4 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。第4回は起業と仲間の関係――「起業は一人でするべきか? それとも仲間と始めるべきか?」について考えます。

    2019年8月19日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑨『自然はそんなにヤワじゃない—誤解だらけの生態系』

    参院選が圧倒的勝負でもなかったことから、各陣営が都合のいい解釈で、勝利宣言や、健闘し宣言を続けています。どちらが勝とうが、惨事になっているはずだった。なのに比較的平静な選挙後。何だったのでしょう。今回は選挙後だから読んでおきたい本を何冊かピックアップします。

    2019年8月9日

    コラム