自動車・バイクに関するニュースまとめ一覧

自動運転のAI用トレーニングジムが登場/AI+人工知能EXPO 画像
イベント

自動運転のAI用トレーニングジムが登場/AI+人工知能EXPO

6月28日(水)から30日(金)まで東京ビッグサイトで開催中の「AI・人工知能EXPO」において、株式会社バーテックスは、ADAS(先進運転支援システム)の開発を支援するソリューションを展示している。

DeNAがAIを活用したタクシー配車アプリの実用実験 画像
IT業務効率

DeNAがAIを活用したタクシー配車アプリの実用実験

DeNAと神奈川県タクシー協会は、AIを活用したタクシー配車アプリ(iOS版のみ)の実用実験を今夏より約2か月間、横浜市の限定エリアで実施すると発表した。

転換期へ向かうバイク天国ベトナム、インターネットが市場を変える? 画像
海外進出

転換期へ向かうバイク天国ベトナム、インターネットが市場を変える?

道路を走っている8割以上がバイクのベトナム。アセアンで最大のバイク普及国だ。ホンダベトナム(HVN)も2017年度(17年4月から18年3月)はバイク10モデルを新たに投入する計画だけでなく、新たな大型バイク市場にも参入を予定している。

高速道路で初めての二輪車専用周遊パス、料金は1泊2日で2500円 画像
インバウンド・地域活性

高速道路で初めての二輪車専用周遊パス、料金は1泊2日で2500円

国土交通省高速道路課は、5月30日の自民党政務調査会二輪車問題対策プロジェクトチーム(PT)の会合で、実現すれば、高速道路始まって以来初めてとなる二輪車専用周遊パスの概略を提示した。

日産「攻めのIT経営銘柄」に選ばれる、3年連続 画像
IT業務効率

日産「攻めのIT経営銘柄」に選ばれる、3年連続

日産自動車は5月31日、収益拡大や事業革新などのために、積極的にITを活用している優れた上場企業「攻めのIT経営銘柄」に選定された、と発表した。

行くか降りるか? カーナビタイム「高速道路降りたらルート」機能を提供開始 画像
IT業務効率

行くか降りるか? カーナビタイム「高速道路降りたらルート」機能を提供開始

高速道路走行中に渋滞が発生した場合に、そのまま高速に乗っているのが早いのか、一般道に迂回した方が早いのか……。ナビタイムジャパンは27日より、iOS向けカーナビアプリ『カーナビタイム』にて、「高速道路降りたらルート」機能の提供を開始した。

自転車活用法、ビジネスにどう活かす? 画像
制度・ビジネスチャンス

自転車活用法、ビジネスにどう活かす?

 政府は1日、同日施行の自転車活用推進法に基づき、関係閣僚で組織する「自転車活用推進本部」(本部長・石井啓一国土交通相)と、国交省道路局に置いて本部の事務を処理する「自転車活用推進本部事務局」(事務局長・石川雄一道路局長 […]

オリックス、カーシェア誕生15周年を記念し、基本料金を値下げ 画像
制度・ビジネスチャンス

オリックス、カーシェア誕生15周年を記念し、基本料金を値下げ

オリックス自動車は、「オリックスカーシェア」が日本初の事業化から15周年を迎える記念として、4月1日より、月額基本料2000円を980円に値下げすると発表した。

首都高速会社が自動運転支援で異業種連携。3Dデータ×GISでインフラを点検 画像
IT業務効率

首都高速会社が自動運転支援で異業種連携。3Dデータ×GISでインフラを点検

 首都高速道路会社は高速道路の維持管理用3次元(3D)点群データの活用拡大の一環で、自動運転支援システム分野へのデータ提供に乗りだす。同システムに活用される3D地図基盤データを開発するダイナミックマップ基盤企画(DMP、 […]

高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は? 画像
海外進出

高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

日本の自動車産業で高成長を続ける数少ない市場である中古車輸出。中古車輸出が業界に与える影響とともに2017年の展望について考える。

トヨタ、16年のタイ製完成車輸出は15%減 画像
海外進出

トヨタ、16年のタイ製完成車輸出は15%減

【タイ】トヨタ自動車の2016年のタイからの完成車輸出台数は前年比15%減の31万8658台だった。完成車、部品などを含めた合計の輸出額は2427.2億バーツ。

タイとインドネシアのトラック市場、回復の兆し 画像
海外進出

タイとインドネシアのトラック市場、回復の兆し

日野自動車の梶川宏取締役専務役員は1月31日の決算発表会見で、同社の海外主力市場であるタイとインドネシアのトラック市場について「回復の兆しが出てきた」と、指摘した。

スズキ GSX250R、中国では即900台売れた! 画像
海外進出

スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

スズキ二輪事業本部の伊藤正義 本部長は、1月18日の『GSX250R』および『ジクサー』の新車発表会で、同社の二輪事業部の取り組みについて説明した。

日産がミャンマーで「サニー」の生産開始、市場拡大へ 画像
海外進出

日産がミャンマーで「サニー」の生産開始、市場拡大へ

ミャンマーでの市場拡大に意欲的日産自動車株式会社(以下「日産」)は1月18日、マレーシアを拠点とする多国籍企業「タンチョングループ」のミャンマー現地法人…

ホンダ中国販売、24%増の124万台…過去最高 画像
海外進出

ホンダ中国販売、24%増の124万台…過去最高

ホンダの中国法人は1月上旬、2016年の中国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、過去最高の124万7713台。前年比は24%増と、2桁増を達成した。

トヨタ、タイで新型「ヴィオス」発売 画像
海外進出

トヨタ、タイで新型「ヴィオス」発売

【タイ】トヨタ自動車は23日、1・5リットルエンジンを搭載したサブコンパクトセダン、新型「ヴィオス」をタイで発売した。

外国人インバウンド利用増えて、レンタカーと高速乗り放題セットに「昇龍道+R&H」 画像
インバウンド・地域活性

外国人インバウンド利用増えて、レンタカーと高速乗り放題セットに「昇龍道+R&H」

中部国際空港や名古屋駅などからレンタカーを利用、13都府県の高速道路乗り放題となる訪日外国人向け旅行商品「昇龍道+R&H」が発売される。R&Hの意味は、レンタカーと高速道路。

日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」 画像
制度・ビジネスチャンス

日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」

「今年1年おそらく平穏ではなく、タフでチャレンジングな年になると考える。それを上回るタフで強い事業展開を行い、変化をビジネスチャンスとしてとらえて、その結果日本市場に活気をもららす。そのように会員各社と取り組んでいきたい」

ホンダ八郷社長、2017年展望「薄曇りだが、北米と中国にチャンスも」 画像
海外進出

ホンダ八郷社長、2017年展望「薄曇りだが、北米と中国にチャンスも」

ホンダの八郷隆弘社長は1月5日に都内で開かれた自動車工業団体賀詞交歓会で報道陣の囲み取材に応じ2017年の見通しについて「薄曇り」としながらも、「北米と中国中心に新しいクルマも用意しているので、これに向かってチャンスかなと思っている」と述べた。

越境ECサイトで成功、海外に必要とされる中古車輸出とは? 画像
海外進出

越境ECサイトで成功、海外に必要とされる中古車輸出とは?

Eコマース(越境ECサイト)による中古自動車輸出を行うことで、従来の中古車ビジネスモデルから脱し、新たなビジネスモデルをつくり出した日系中古車企業、ビィ・フォアードの代表山川氏に、自社の輸出ビジネスの強みと展望について話を聞いた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 11
page top