インバウンド・地域活性に関するニュースまとめ一覧

地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官 画像
インバウンド・地域活性

地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

第2回は宮崎県日南市のマーケティング専門官、田鹿倫基さんです。「儲ける」の先鋒となるマーケティングで地域活性に取り組んでいます。そしてプロとしてたどり着いた先は、地元の中小企業にとっての「人事」と「生産性向上」の必要性でした。

地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長 画像
インバウンド・地域活性

地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

「地方の行政官と話をしたい! 」第1回は、北海道天塩町の副町長、齊藤啓輔さんです。前職は総理官邸で国際広報、その前はロシアとの北方領土交渉を担っていた外交官です。16年に志願して天塩町副町長に着任したという、ちょっと変わった経歴の持ち主です

富裕層インバウンドの法則その6 画像
インバウンド・地域活性

富裕層インバウンドの法則その6

これからの富裕層インバウンド戦略に戦略的広報という視点は絶対に欠かせない。自分で調べ、交渉し、企画し、レファレンスも周辺の人脈を駆使して自分で取る。主体的な動きができる戦略的広報経験者(普通の広報経験者ではない)には注目が集まる時代になるだろう。

2017年の旅行業界トレンド「ブリージャー」 画像
インバウンド・地域活性

2017年の旅行業界トレンド「ブリージャー」

出張旅行にレジャー旅行をつなげる「ブリージャー(ビジネス+レジャー )」ブームは今後も続き、2017年は出張旅行者が出張そのものに付加価値見つけ出すなどの変化が見られそうだといいます。

【那覇型ビジネス成功の理由:2】バーコードが生む観光サービス 画像
インバウンド・地域活性

【那覇型ビジネス成功の理由:2】バーコードが生む観光サービス

株式会社Paykeではバーコードを撮影することで、商品情報を多言語で紹介するアプリを提供。今では登録メーカーが400社を超えるまでに成長しました。コンサルやログデータの販売を含むプラットフォームビジネスとして、沖縄から全国へとその提供エリアを広げつつあります。

大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE 画像
インバウンド・地域活性

大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

大手企業の3次請け、4次請けの下請けとしての案件が多い地方の中小IT企業。この状況を変えるべく、長野県で設立されたのがグローバルICTソリューションズ協同組合だ。スケールメリットを生かした営業活動を展開し、すでに大規模案件の受注にも成功している。

「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は? 画像
インバウンド・地域活性

「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

2016年春から夏にかけてバス業界に大きな変化が起こった。中国からのインバウンド・ツアーが急減し、貸切バスの稼働率が低下したのだ。中国からのツアーへの依存度が大きかった事業者では、稼働は半減したという。インバウンドはバス業界にとって一時的な現象だったのか?

公共工事激減でも建設業が元気なまち(岩手県紫波町) 画像
インバウンド・地域活性

公共工事激減でも建設業が元気なまち(岩手県紫波町)

地方の衰退はかつてないほど深刻さを増しています。そんな中、持続可能な地域経営のあり方として「公民連携」の手法を取り入れ、町の負担を最小限にする「稼ぐインフラ」投資により税収を増加、公共事業に依存しない地元建設業の育成につなげた町があります。

【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は? 画像
インバウンド・地域活性

【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は?

沖縄に2015年にオープンした“交流型滞在ホテル”が、インバウンド比率8割と訪日観光客に人気だ。なぜ、ホステルやゲストハウスではないのか? そこには住人交流型“ソーシャルアパートメント”で培ってきた、独自の経営戦略があるという。

魚肉も美味!キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス 画像
インバウンド・地域活性

魚肉も美味!キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス

キャビアの生産量で日本一を誇る宮崎県。その生産現場には、新たなビジネスのチャンスがあった。かつては廃棄されていたシロチョウザメの肉をレストランに売り込む。養殖業者の女社長が考えた、そのビジネス戦略とは?

富裕層インバウンドの法則その5 画像
インバウンド・地域活性

富裕層インバウンドの法則その5

最近購読しているメールマガジンに見入ってしまった言葉があったので今号でぜひ考え方として紹介してみたい。曰く、「顧客を創る顧客」を創るのが顧客視点の経営の本質である、と。

遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由 画像
インバウンド・地域活性

遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

瀬戸内海の小さな島にある1棟貸しのコテージが、インバウンドから注目を集め、シーズン中の稼働率は9割を達成している。元はシーズンオフに使われていなかったコテージが、なぜここまでの集客を行うに至ったのか?

「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は? 画像
インバウンド・地域活性

「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

今年に入り、高速バスに「超豪華車両」の登場が続いている。先陣を切ったのは「ドリーム・スリーパー2」。超豪華車両は、主に東京~大阪間に投入される。東京~大阪というといかにも大動脈だが、実は高速バスにとって開拓が遅れていた市場だ。

書籍「世界を動かす地域産業の底力」に学ぶグローカル視点の重要性 画像
インバウンド・地域活性

書籍「世界を動かす地域産業の底力」に学ぶグローカル視点の重要性

広島県の南東部に位置する府中市。その産業の歴史は古く、今も第2次産業の就業者が4割を超える、国内有数のものづくりの街だ。旧来の技術を様々な先端技術や製品に蘇らせ、世界展開に成功している企業も多い。そこには一体どのような要因があるのだろうか?

インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい 画像
インバウンド・地域活性

インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

先日、女性をターゲットとするメディアの編集者から「どうもインバウンドの外国人と30代の女性のニーズは被っているらしい」という話を聞きました。その時は「へぇ、そうなんですか」と感心して終わったのですが、ふと思い返してみると符合する事例が多数思い浮かびます。

富裕層インバウンドの法則その4 画像
インバウンド・地域活性

富裕層インバウンドの法則その4

富裕層インバウンドが本格的になればなるほど彼らの存在感も増してくるはずだ、と私は常々考えている。なにせ、外国人の旅行ガイドは法制度上原則彼らしかできないのだから。

“派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る! 画像
インバウンド・地域活性

“派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

 インバウンドの増加に伴い、その集客につながるような取り組みが観光向けの施設で増えている。中には、いわゆる外国人が考える“ザ・日本”を前面に打ち出した、写真映えのする派手な演出も少なくない。

地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~ 画像
インバウンド・地域活性

地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

八戸港館鼻岸壁の日曜朝市は、規模や賑わいで函館をはるかに凌駕します。ただ全国的な知名度では函館や他の市場に大きく水をあけられていました。2008年、2年後に迫った東北新幹線新青森駅開業を見据え、八戸の新たな魅力づくりが求められました

「コメの文化」と我が国のバス事業 画像
インバウンド・地域活性

「コメの文化」と我が国のバス事業

唐突だが、日本は「コメ」(稲)文化だ。稲は、例えば麦と比べると、一粒の種籾からの収量が多い。そのため、狭い土地で多くの人口を養える。土地生産性が大きいのだ

~劇場型で魅せる飲食店:3~ビール愛好家を惹きつけるブルーパブとは? 画像
インバウンド・地域活性

~劇場型で魅せる飲食店:3~ビール愛好家を惹きつけるブルーパブとは?

 大量生産による大衆的な売れ筋商品よりも、少量多品種の個性あるモノづくりが注目される時代である。このような時流に乗ってブームを呼んだものの一つが、小規模醸造によるクラフトビールだろう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 最後
Page 1 of 32
page top