インバウンド・地域活性に関するニュースまとめ一覧

「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2 画像
インバウンド・地域活性

「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

インバウンドの旅行形態が昨年から急速に変化した。1.個人化 2.全国化 3.体験化した。バス業界では、貸切バス分野が失速し、インバウンド対応の主役が高速バス分野へと交代しつつある。では、貸切バス事業者にとってマイナスばかりなのだろうか?

富裕層インバウンドの法則その7 画像
インバウンド・地域活性

富裕層インバウンドの法則その7

富裕層マーケティングと言うと、相手が特殊な人種だ、という議論になりやすい。しかし、富裕層インバウンドを考えていく場合には、「その国と言葉で捉えた日本」という視点や「その国と日本の歴史的関係性」から目を離すことはできない

徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓 画像
インバウンド・地域活性

徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

この10年来大きな注目を集め、画期的なサクセスストーリーとして取り上げられてきたものの一つが、徳島県上勝町の株式会社いろどりの事業である。この厳しい時代にあればこそ、その普遍的な意義と教訓をいまいちど振り返るのも決して無駄なことではないだろう。

斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略 画像
インバウンド・地域活性

斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

昨年、岐阜県多治見市に産業ミュージアムが開館、話題を呼びました。入館者数の目標は年間2万5千人でしたが、開館1年を待たず、10万人を突破。予想の5倍以上という人気で平日でも客足は絶えず、館内は子連れの家族やカップルなど、老若男女であふれています

中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート 画像
インバウンド・地域活性

中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

ノルウェージャンクルーズライン社は4月21日、新型クルーズ船の「ノルウェージャンジョイ号」に、フェラーリのゴーカート場を設けると発表した。

日本の「グッドデザイン」を集めたショップが丸の内に誕生! 画像
インバウンド・地域活性

日本の「グッドデザイン」を集めたショップが丸の内に誕生!

グッドデザイン賞選定商品を集めたコンセプトストア「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」が4月28日に開業した。場所は東京駅前の商業施設「KITTE」3階で、店鋪の運営は野原ホールディングスが手がけている。

古都を愛する? 京都地下鉄沿線のパン屋「大集合」 画像
インバウンド・地域活性

古都を愛する? 京都地下鉄沿線のパン屋「大集合」

京都市営地下鉄を運営する京都市交通局は5月14日、京都府立植物園(左京区、烏丸線北山駅近く)で「母の日 地下鉄パンまつり」を開催する。開催時間は10時から15時まで。

多言語表示や自動配信、JR東海がネットや駅の運行案内を強化へ 画像
制度・ビジネスチャンス

多言語表示や自動配信、JR東海がネットや駅の運行案内を強化へ

JR東海は4月21日、駅やインターネットで提供している運行情報を充実させると発表した。まず2019年3月、同社ウェブサイトで提供している運行情報の充実化を図り、これ以降は駅改札口に設置している電光掲示板を順次リニューアルする。

最適な味のブレンド茶葉を販売! 70~90度の3種類、家庭でもおいしく 画像
インバウンド・地域活性

最適な味のブレンド茶葉を販売! 70~90度の3種類、家庭でもおいしく

 茨城県坂東市で県の銘柄茶「さしま茶」を生産・販売する「お茶の根本園」は、注ぐ湯の温度が70、80、90度で、それぞれ最適な味になるようブレンドした茶葉を開発した。3種類の茶葉の中から、消費者が好みに

イチゴ園のハウスに巨大迷路! リピーターも楽しめそう 画像
インバウンド・地域活性

イチゴ園のハウスに巨大迷路! リピーターも楽しめそう

 静岡県磐田市のイチゴ狩り園「くりみ苺(いちご)園」にある、ハウス内に設けた巨大迷路が話題を呼んでいる。木の板を組み合わせて、10メートル四方の巨大迷路を作成。巨大迷路の奥には高設栽培のベンチも設置し

空き家シェアで“周南版トキワ荘”が誕生! シバザクラがきっかけ 画像
インバウンド・地域活性

空き家シェアで“周南版トキワ荘”が誕生! シバザクラがきっかけ

 景観を守ろうと農家が植えたシバザクラをきっかけに、山口県周南市大道理地区に若い漫画家の卵らが移住し、地域に活気をもたらしている。シバザクラのデザインを地元のデザイン専門学校に依頼したことを契機に、空

地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官 画像
インバウンド・地域活性

地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

第2回は宮崎県日南市のマーケティング専門官、田鹿倫基さんです。「儲ける」の先鋒となるマーケティングで地域活性に取り組んでいます。そしてプロとしてたどり着いた先は、地元の中小企業にとっての「人事」と「生産性向上」の必要性でした。

地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長 画像
インバウンド・地域活性

地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

「地方の行政官と話をしたい! 」第1回は、北海道天塩町の副町長、齊藤啓輔さんです。前職は総理官邸で国際広報、その前はロシアとの北方領土交渉を担っていた外交官です。16年に志願して天塩町副町長に着任したという、ちょっと変わった経歴の持ち主です

富裕層インバウンドの法則その6 画像
インバウンド・地域活性

富裕層インバウンドの法則その6

これからの富裕層インバウンド戦略に戦略的広報という視点は絶対に欠かせない。自分で調べ、交渉し、企画し、レファレンスも周辺の人脈を駆使して自分で取る。主体的な動きができる戦略的広報経験者(普通の広報経験者ではない)には注目が集まる時代になるだろう。

2017年の旅行業界トレンド「ブリージャー」 画像
インバウンド・地域活性

2017年の旅行業界トレンド「ブリージャー」

出張旅行にレジャー旅行をつなげる「ブリージャー(ビジネス+レジャー )」ブームは今後も続き、2017年は出張旅行者が出張そのものに付加価値見つけ出すなどの変化が見られそうだといいます。

【那覇型ビジネス成功の理由:2】バーコードが生む観光サービス 画像
インバウンド・地域活性

【那覇型ビジネス成功の理由:2】バーコードが生む観光サービス

株式会社Paykeではバーコードを撮影することで、商品情報を多言語で紹介するアプリを提供。今では登録メーカーが400社を超えるまでに成長しました。コンサルやログデータの販売を含むプラットフォームビジネスとして、沖縄から全国へとその提供エリアを広げつつあります。

大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE 画像
インバウンド・地域活性

大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

大手企業の3次請け、4次請けの下請けとしての案件が多い地方の中小IT企業。この状況を変えるべく、長野県で設立されたのがグローバルICTソリューションズ協同組合だ。スケールメリットを生かした営業活動を展開し、すでに大規模案件の受注にも成功している。

「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は? 画像
インバウンド・地域活性

「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

2016年春から夏にかけてバス業界に大きな変化が起こった。中国からのインバウンド・ツアーが急減し、貸切バスの稼働率が低下したのだ。中国からのツアーへの依存度が大きかった事業者では、稼働は半減したという。インバウンドはバス業界にとって一時的な現象だったのか?

公共工事激減でも建設業が元気なまち(岩手県紫波町) 画像
インバウンド・地域活性

公共工事激減でも建設業が元気なまち(岩手県紫波町)

地方の衰退はかつてないほど深刻さを増しています。そんな中、持続可能な地域経営のあり方として「公民連携」の手法を取り入れ、町の負担を最小限にする「稼ぐインフラ」投資により税収を増加、公共事業に依存しない地元建設業の育成につなげた町があります。

【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は? 画像
インバウンド・地域活性

【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は?

沖縄に2015年にオープンした“交流型滞在ホテル”が、インバウンド比率8割と訪日観光客に人気だ。なぜ、ホステルやゲストハウスではないのか? そこには住人交流型“ソーシャルアパートメント”で培ってきた、独自の経営戦略があるという。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 最後
Page 1 of 32
page top