インバウンド・地域活性に関するニュースまとめ一覧

“派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る! 画像
インバウンド・地域活性

“派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

 インバウンドの増加に伴い、その集客につながるような取り組みが観光向けの施設で増えている。中には、いわゆる外国人が考える“ザ・日本”を前面に打ち出した、写真映えのする派手な演出も少なくない。

地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~ 画像
インバウンド・地域活性

地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

八戸港館鼻岸壁の日曜朝市は、規模や賑わいで函館をはるかに凌駕します。ただ全国的な知名度では函館や他の市場に大きく水をあけられていました。2008年、2年後に迫った東北新幹線新青森駅開業を見据え、八戸の新たな魅力づくりが求められました

「コメの文化」と我が国のバス事業 画像
インバウンド・地域活性

「コメの文化」と我が国のバス事業

唐突だが、日本は「コメ」(稲)文化だ。稲は、例えば麦と比べると、一粒の種籾からの収量が多い。そのため、狭い土地で多くの人口を養える。土地生産性が大きいのだ

【劇場型で魅せる飲食店:3】ビール愛好家を惹きつけるブルーパブとは? 画像
インバウンド・地域活性

【劇場型で魅せる飲食店:3】ビール愛好家を惹きつけるブルーパブとは?

 大量生産による大衆的な売れ筋商品よりも、少量多品種の個性あるモノづくりが注目される時代である。このような時流に乗ってブームを呼んだものの一つが、小規模醸造によるクラフトビールだろう。

HJHJアーカイブス:04「新宿つな八に、なんで外国人の行列が?」 画像
インバウンド・地域活性

HJHJアーカイブス:04「新宿つな八に、なんで外国人の行列が?」

 HJHJアーカイブスでは、年末にもう一度振り返りたい記事をピックアップしてお届けします。第四回目はインバウンドが集まる東京・新宿の中でも、その行列が一際目立つあの飲食店についての話題です。

HJHJアーカイブス:01「世界のエル・ブリを唸らせた日本酒」 画像
インバウンド・地域活性

HJHJアーカイブス:01「世界のエル・ブリを唸らせた日本酒」

 「HJHJアーカイブス」では、年末にもう一度振り返りたい記事をピックアップしてお届けします。第一回目は史上最多となる41個のメダルを獲得し、日本中を熱狂させたオリンピックにちなんだ、あるモノづくりのエピソードです。

【劇場型で魅せる飲食店:2】製造工程の見える化&カルチャー化 画像
インバウンド・地域活性

【劇場型で魅せる飲食店:2】製造工程の見える化&カルチャー化

 カカオ豆の選別から製造までの全工程を、ショコラトリーが単独で手がける「Bean to bar」。別名クラフトチョコレートとも呼ばれる、このムーブメントはアメリカで生まれ、日本でも一躍注目を集めている。

歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド 画像
インバウンド・地域活性

歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド

 地域経済活性化支援機構(REVIC、今井信義社長)は、宮崎県日南市の飫肥(おび)地区で古民家を活用した宿泊事業を支援する。Kiraku Japan(東京都港区、サンドバーグ弘社長)が同市内で実施する二つの古民家再生にフ […]

「フリー乗車券」は高速バスのFIT対策に有効か? 画像
インバウンド・地域活性

「フリー乗車券」は高速バスのFIT対策に有効か?

「高速バスのFIT対策」というと、行政や業界からはすぐに「フリー乗車券(乗り放題きっぷ)」というアイデアが挙がる。「全国の高速バスを1枚のきっぷで」「いや、まずは地域単位で」という話になる。だが、それは少し安直な発想だ。

富裕層インバウンドの法則その3 画像
インバウンド・地域活性

富裕層インバウンドの法則その3

自社で人を出して毎日リサーチさせる「効率的なムダ」を観光協会や自治体も予算を振り向ける時期にきている。「想定ターゲットを絞りきる因数」を見つける、だれでも明日からできることーー富裕層インバウンドを捉える視点の有用な考え方としておさえておきたいところだ。

【コト消費化するインバウンド:3】美容サロン、日本の流行を感動に! 画像
インバウンド・地域活性

【コト消費化するインバウンド:3】美容サロン、日本の流行を感動に!

 爆買いのトレンドに乗ってブランド街やデパートが人気を集め、今なお都内でも有数のインパウンドが集まるスポットとなっている銀座。ここで、流行りの“コト消費”が騒がれる前から、インバウンド対策を行っている美容院がある。

【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術 画像
インバウンド・地域活性

【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

 これまで観光スポットと爆買いに集中していた訪日観光客。その活動範囲がFIT(海外個人旅行)やリピーターの増加とともに、街中へと広がりつつある。駅前などによくあるマンガ喫茶や温浴施設などで、訪日観光客の姿を見かけるようになった。

【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費” 画像
インバウンド・地域活性

【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

 近年では消費者がマスの価値観に浸るより、ニッチな個性を求める傾向にある。購買の指針として背景にあるストーリー性への共感が重要視され、その中で“作り手の見えるモノづくり”への評価が高まってきた。

越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴 画像
インバウンド・地域活性

越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

 中国人の消費行動に大きな影響を与えるのは、テレビや新聞、雑誌の広告ではなく、SNSによる口コミだと言われている。実際にWeibo(ウェイボー)やWeChat(ウィーチャット)といった、中国のSNSで公式アカウントを取得し、情報発信に力を入れる日本企業も多い。

【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験! 画像
インバウンド・地域活性

【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

 訪日観光客のニーズがモノからコトへと移る中で、そのすそ野がさまざまなサービス産業へと広がりつつある。

「社会的行為」から「個人的体験」へ。変化を迫られる観光 画像
インバウンド・地域活性

「社会的行為」から「個人的体験」へ。変化を迫られる観光

戦後の経済成長を背景に、大型宿泊施設や航空路線などの充実により低価格かつ気軽に一般市民が旅行を楽しめるようになった現象が、マス・ツーリズムである。だが旅行目的の細分化が進み、有名観光地を巡るだけの定番化された旅行では消費者が満足しないというのだ

富裕層インバウンドの法則その2 画像
インバウンド・地域活性

富裕層インバウンドの法則その2

富裕層インバウンドの法則その2。今回は一般的な外国人旅客に人気のある商品から外国人富裕層へのアナロジーを考える。外国人旅行者に大変人気のある商品は、日本酒テイスティング、相撲朝稽古見学、ローカルバーホッピングの3つ。1点1点アナロジーを考えていこう。

地域経済社会の創造と発展に求められる「多様性」「異質性」 画像
インバウンド・地域活性

地域経済社会の創造と発展に求められる「多様性」「異質性」

地域のポテンシャルと産業集積、諸方面の力を糾合連携させるだけでは「十分条件」にはならないというのが、この10年余のさまざまな地域での経験が示すところである。ではなにが足りないのか?

【規制緩和が生む新観光業:2】地域力で稼ぐツアー事業 画像
インバウンド・地域活性

【規制緩和が生む新観光業:2】地域力で稼ぐツアー事業

 インバウンドの増加に伴い、旅行業法の見直しも進むなか、ツアーや通訳をサービスとして販売する際に、従来は必要だった免許が不要になることが予想される。

【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる 画像
インバウンド・地域活性

【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる

 近年、インバウンド(訪日外国人旅行)が急増し、今年中には2000万人を超える勢いだ。政府は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される20年に向け、これをさらに倍増させるという目標を掲げ、新たな施策を次々と打ち出しはじめた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 最後
Page 1 of 31
page top